2016年01月08日

2016年、明けましておめでとうございます。 ~チベット・ヒマラヤ~

2016年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末に大阪から東京へ転勤となった楠(クスノキ)です。

今回は私の好きな目的地の1つであるチベットについて、特にその中でも大好きな “山” をご紹介。

ネパールとの国境に立ちはだかるチベット・ヒマラヤ。
弊社では、歩かずに8,000m峰を望むことができるベースキャンプや
展望台にお連れできるコースがございます。

勿論、山の景色は天気が悪ければ見えませんので、
晴天率の高い時期のみの設定とさせていただいています (5月、9月、10月) 。

≪▲エベレスト≫ 
標高8,848m(地殻変動、地球温暖化により年々変化しているらしい。中国では8,844m)。
ネパール語でサガルマータ“世界の頂上”、チベット語でチョモランマ“大地の母神”という意味。
インド測量局の長官の名をとって英名エベレストとした。北極点、南極点につづく第三の極地。
初登頂は1953年5月29日エドモンド・ヒラリー、テンジン・ノルゲイにより東南稜から成し遂げられた。
日本人初登頂は有名な植村直己さん、松浦輝夫さん。
世界女性初登頂は、弊社にも所縁があり、多数世界各国最高峰を登られている田部井淳子さん。
世界初無酸素初登頂はラインホルト・メスナー。
現在の登頂者最高齢は80歳(三浦雄一郎さん)、最年少はなんと13歳(ジョーダン・ロメロさん)。

チョモランマB.C.
チョモランマB.C.

世界最高所のゴンパ(僧院)より撮影
世界最高所のゴンパ(僧院)より撮影


≪▲チョー・オユー≫ 
標高8,201mで世界第6位の山。8,000m峰の中では比較的登りやすく、危険度の低い山。
シェルパ語で“トルコ石の女神”という意味。初登頂は1954年オーストリア隊によって。
日本が誇るアルパインクライマー山野井泰史さん、長尾妙子さん夫妻もこの山で
輝かしい記録を打ち立てている(南西壁単独初登頂など)。

IMG_0638
チョー・オユーB.C.


オユー


≪▲シシャパンマ≫ 
標高8013m(8,027mとする説もある)。
14座ある8,000m峰の内、最後に登頂された山で、標高も14番目。
チベット語で“牛も羊も死に絶えて、麦も枯れる地方”の意味。
国境ではなく完全に中国領内にある8,000m峰唯一の山。
1964年中国隊により初登頂。
女性初、及び日本人初登頂は田部井淳子さん(1981年)。

IMG_0564
シシャパンマB.C.


IMG_0549


チベット・ヒマラヤの迫力はその場にいってみないと全く伝わりません。
歩かずに行くことができる、という点は非常に魅力です。
まさしくブログのタイトルどおり、「行って・見て・感じチャイナ!」 です。

山は登るばかりではありません。
様々な楽しみ方があります。
“見て楽しむ” のも立派な一つの方法です。

2016年は、日本を少し離れて、外国の山(しかも8,000m!)を見に出かけてみませんか。

西遊旅行が贈る、チベットの道しるべ

チョモランマB.C.とチベットヒマラヤの旅

歩かずに行く 8,000m峰五座大展望

青蔵鉄道で行く チョモランマB.C.とチベットヒマラヤの旅

聖地カイラス山巡礼とグゲ王国

staff_saiyu at 12:40│