高山植物

2016年07月27日

高山植物の宝庫「四姑娘山」

大阪支社の前田です。

梅雨明け早々、厳しい暑さになりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、7/10発「四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング」のコースに
同行させていただきました。

暑い日本とは違い涼しく、そしてたくさんの植物と出会い、
世界遺産の大自然にふれました。

riemaeda_0815 (233)


riemaeda_0815 (193)


今日はその世界遺産の1つ、「四姑娘山」についてご紹介します。

皆様、「四姑娘山」をご存知でしょうか。
中国、四川省にある四つの高山を指してこのように呼ぶのですが、
毎年ここにはたくさんの観光客が訪れます。
それは「四姑娘山」が珍しい高山植物の宝庫だからです。

riemaeda_0815 (279)


四姑娘山は、ヒマラヤの東側に位置する高山で、
四姑娘山(6250m)、三姑娘山(5664m)、二姑娘山(5279m)、大姑娘山(5038m)の四つの峰からなり、
パンダを虎から守って死んだ四人姉妹の伝説から女神の山と呼ばれ、崇められています。
頂は一年中雪に覆われ、この辺り一帯は、
ヒマラヤの青いケシ(幻のブルーポピー)をはじめとする高山植物が有名です。

riemaeda_0815 (203)


四姑娘山の観光地区は、四姑娘山、双橋溝、長坪溝、海子溝、巴朗山からなります。

今回は双橋溝、長坪溝、海子溝をハイキングしました。

海子溝は、主峰の南東側に広がる草地の多い渓谷です。
山上には多くの海子と呼ばれる湖があります。

鍋荘坪までハイキングをしました。

鍋荘坪は、四姑娘山を眺望できる丘で、
仏塔がありチベット仏教の祭りが毎年開かれているそうです。
ウスユキソウをはじめ、多くの高山植物の花が咲いていました。

この日はお天気にも恵まれ、四姑娘山の姿をしっかり見ることが出来ました。

riemaeda_0815 (231)


長坪溝は、主峰の西側に広がる急峻で森林の多い渓谷です。
長坪溝の入口には、ラマ寺の遺跡あり、ここから枯樹灘までハイキングをしました。

枯樹灘は、水没林がある浅瀬で、河床に枯れた木があります。

木の後ろに四姑娘山がそびえ立っています。

riemaeda_0815 (242)


途中、遊歩道の周りには、いろいろな高山植物の花が咲いていました。

双橋溝は、長坪溝の西側にある氷河浸食でできた渓谷です。
両側には急峻な岩峰がそびえ立っていますが、渓谷奥の紅杉林まで自動車道があります。
グリーンバス利用してまわり、途中下車してフラワーウォッチングをしました。
高山植物が満開でした。

riemaeda_0815 (204)


riemaeda_0815 (183)


riemaeda_0815 (269)


どこを歩いても、まるでヨーロッパアルプスのような素晴らしい景観が広がっていました。

10月にもツアー設定がございます。
お花だけでなく、秋は紅葉・黄葉が美しい季節。
大自然の素晴らしい景観を求めて、四姑娘山へ行ってみませんか。


そんな四姑娘山を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング



maedarie_saiyu at 19:00|Permalink

2014年07月14日

アムネマチン山麓でブルーポピーを観察

花の開花時期はその種類や年によって変わりますが、7月初旬から中旬は各地で 最も多くの花が見られる高山植物観察のベストシーズン。
昨年に引き続き今年も幻の花ブルーポピーを求めて青海省アムネマチンの山麓を訪れるツアーに同行させていただきました。例年よりも寒い日が続いたとのことで開花状況が心配されましたが、多種の花々の観察を楽しむことができました。今年観られた花々をご紹介します。

amunemaqin (2)
黄河源流域のオリン湖湖畔にてブルーポピー(メコノプシス・ホリドゥラ)

amunemaqin (3)
マチンへの道中にて赤のポピー(メコノプシス・ブニケア)

amunemaqin (4)
マトゥへの道中にてブルーポピー(ふちは紫、中心に向かって青色、2色の花弁)

DSC04605
マトゥへの道中にてイエローポピー(メコノプシス・インテグリフォリア)

それぞれの高山植物の観察ポイントは道路のすぐ脇の斜面にあるため、この地域では、歩かずに道中で高山植物観察が出来るのが大きな特徴です。
長い時間のハイキングが少し苦手という方にもぜひおすすめしたい高山植物の宝庫です。
来年の7月ベストシーズンに訪れてみませんか。

2014年のツアー「花のアムネマチン山麓と黄河源流域を訪ねて」

hayashi_saiyu at 20:00|Permalink

2011年06月27日

九寨溝・神々の宿る仙境

碧くきらめく湖水群と豊かな森林に彩られた、四川省の景勝地・九寨溝。
一体どのように観光するのか?その様子をご紹介します。

珉山山脈の懐深くに抱かれた九寨溝。唯一無二の美しさを保護するため、九寨溝は一般の観光バスでの乗り入れは出来ません。指定の駐車場から徒歩にて、入り口へと向かいます。中では、環境に配慮したグリーンバスと徒歩にて「Y」字に分かれた3つの渓谷内に点在する湖や滝を巡ります。エリア中には多くのバスが絶えず走っていますので、混載バスご利用の場合でもさほど待たされることはありません。
見学ルートは全て整備された木道なので歩きやすく、平坦な道がほとんどです。この木道は点在する見所を細かく結んでいますので、周り方次第ではじっくり時間をかけて、本格的なハイキングも楽しむ事が出来ます。

四姑娘九寨溝 084
四姑娘九寨溝 127


随所には環境に配慮した清潔なお手洗いが完備。中国の観光地の中でもこういった設備はかなり充実しているといえるでしょう。
昼食は境内にある観光センターにて。3つの渓谷を結ぶ中間地点にありますので、午前・午後と1日観光する際に大変便利です。


九寨溝といえば鮮やかな色合いの湖水群のイメージが強いですが、点在する大小の滝も見応えがあります。300m以上の幅を誇る諾日朗(だくじつろう)瀑布や、樹正溝(じゅせいこう)瀑布の展望はまさに圧巻の一言。碧く静かに輝く湖での様子から一転、水の見せる荒々しい姿を見ることが出来ます。

四姑娘九寨溝 141
四姑娘九寨溝 152



ブルーとエメラルドグリーンが湖底で溶け合い生まれるその独特の色合いはあまりに鮮やかさに、自然のものとは信じられないくらの美しさです。しかし、九寨溝はまさに自然が作り出した珠玉の芸術。夏は雪解け水で水量が増し、湖や滝の迫力が最も増す季節です。青と緑の世界に彩を添える、高山植物の数々も見逃せません。

四姑娘九寨溝 106
四姑娘九寨溝 105



訪れる季節によって全く違った表情を見せる九寨溝。何回でも足を運びたくなります。


nomoto_saiyu at 18:00|Permalink

2011年04月08日

花咲く、雲上の丘 初夏の四姑娘山麓

花では、四姑娘山も負けてはいません!

CIMG3482
四川省にある四姑娘山麓。初夏の四姑娘山麓は、ヒマラヤの女王・幻のブルーポピー他「高山植物の宝庫」として知られています。

四姑娘山観光の基点となるのは、チベット族の町・日隆。ここから近くの渓谷や峠へ、トレッカーは大姑娘山アタックへと向かいます。






日隆の周りにはいくつもの花観察スポットがありますが、今回はその中で私が一番気に入っている場所をご紹介したいと思います。
その場所は、鍋庄坪(カソウヘイ)。
大姑娘山のベースキャンプ「老牛園子」への道途中にある丘です。

入山事務所の反対側、舗装道路のすぐ脇から突如山へと分け入る道が始まります。
道端に咲く花を眺めながらのんびり歩いていくと、視界が急に開けました。そこには・・・・
四姑娘四姑娘2

山の斜面一面に広がる、真っ白な花畑。
残念ながらこの日はお天気が悪く、山を展望することは出来ませんでしたが、低くうっすらと霞がかかった中一面に広がる、真っ白な花畑はまさに「幻想的」という言葉がぴったりでした。鮮やかさはないけれど、山水画のような趣のある風景。ブルーポピーやキバナシオガマといった色とりどりの花々も勿論楽しむ事が出来ましたが、何故かこの場所が一番強く、印象に残っています。


初夏の鍋庄坪を訪問するツアーはこちら
四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング10日間
花咲く峠を越えて 四姑娘山麓フラワーハイキング6日間
花の四姑娘山トレッキングと大姑娘山登頂10日間



nomoto_saiyu at 19:52|Permalink

2011年04月05日

花満開のアムネマチンの麓へ

間もなく高山植物の花々の咲き乱れる夏がきます。

hanabatakeamnematin (1)


様々な高山植物の中でもブルーポピーは「幻の花」とも呼ばれる珍しい花。
このブルーポピーが群生して花咲く地域が青海省のアムネマチンの麓にあります。

amnematin (4)amnematin (3)


花の開花時期はその種類や年によって変わりますが、7月初旬から中旬が
最も多くの花が見られる高山植物観察のベストシーズン。
青海省のブルーポピーは茎が太く、高さは15cmほど、
そして花の色は濃いブルーや薄い紫。

そして、ブルーポピーだけではなく、イエローポピーやレッドポピーを同時に観察できることも。

amnematin (5)yellow popy


花畑は道路のすぐ脇の斜面にあるため、この地域では、歩かずに道中で高山植物観察が出来るため、長い時間のハイキングが少し苦手・・・という方でも大丈夫。

今年の夏は、知られざる高山植物の宝庫・青海省がおすすめです。


「花のアムネマチン山麓と黄河減流域を訪ねて」コース

hayashi_saiyu at 18:11|Permalink