民族

2016年08月08日

~茶馬古道をゆく~ 宝山石頭城

今回は「茶馬古道をゆく大理・麗江からシャングリラへ」のコースをご紹介させていただきます。
私のお気に入りの場所、麗江のさらに北にある「宝山石頭城」です。

麗江市内からは車で約4時間、村の上方にある駐車場まで分乗車で向かいます。
その地形から、見下ろすことのできる景色にまず、息を呑みます。

DSC02645_komeda


長江の支流、金狭江の峡谷にある巨大な岩の上に築かれた集落は、3方向が断崖絶壁となっており、
城砦と呼ぶにふさわしい佇まいを見せてくれます。
宝山石頭城は元代の1277年から1294年の間に築城されたと言われています。
当時、宝山州と呼ばれたこの地は、自然により形成された難攻不落の砦で、
この地に居住していた少数民族・ナシ族はかつて戦乱を避けるため、
山腹に沿うようにして村を築きました。

さて、車を降りてからは、歩いて村の中へ進んでいきます。
ここを歩くのは、荷物を運ぶ馬や鶏などの家畜か村人です。

DSC02683_komeda


DSC02699_komeda


人一人通れるような細い道を下った先にある、民家の宿泊施設が、その日お休みいただく場所になります。

点在する民家に沿って、岩の上に路が敷かれており、
屋内の柱、水瓶、テーブル、長椅子、食器棚、暖炉等は岩によってできていています。

DSC02700_komeda


村には展望台があり、隔離されたその空間にしばし心洗われ、
夕食は皆でテーブルを囲って、民家の庭で鍋料理をつつきあいます。

DSC02729_komeda


DSC02739_komeda

《民家で料理をふるまってくれた女性》

村には街灯などはなく、夕食後に見た星空がとても綺麗でした。

雲南省の麗江に来たからには、
有名な世界文化遺産の古城だけでなく、こんな魅力的な宝山石頭城にぜひとも足を運んでください。

そんな宝山石頭城を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
「茶馬古道をゆく大理・麗江からシャングリラへ」
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GCCN65/index.html茶馬古道をゆく 大理・麗江からシャングリラへ



komeda_saiyu at 19:30|Permalink