maedarie_saiyu

2016年07月27日

高山植物の宝庫「四姑娘山」

大阪支社の前田です。

梅雨明け早々、厳しい暑さになりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、7/10発「四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング」のコースに
同行させていただきました。

暑い日本とは違い涼しく、そしてたくさんの植物と出会い、
世界遺産の大自然にふれました。

riemaeda_0815 (233)


riemaeda_0815 (193)


今日はその世界遺産の1つ、「四姑娘山」についてご紹介します。

皆様、「四姑娘山」をご存知でしょうか。
中国、四川省にある四つの高山を指してこのように呼ぶのですが、
毎年ここにはたくさんの観光客が訪れます。
それは「四姑娘山」が珍しい高山植物の宝庫だからです。

riemaeda_0815 (279)


四姑娘山は、ヒマラヤの東側に位置する高山で、
四姑娘山(6250m)、三姑娘山(5664m)、二姑娘山(5279m)、大姑娘山(5038m)の四つの峰からなり、
パンダを虎から守って死んだ四人姉妹の伝説から女神の山と呼ばれ、崇められています。
頂は一年中雪に覆われ、この辺り一帯は、
ヒマラヤの青いケシ(幻のブルーポピー)をはじめとする高山植物が有名です。

riemaeda_0815 (203)


四姑娘山の観光地区は、四姑娘山、双橋溝、長坪溝、海子溝、巴朗山からなります。

今回は双橋溝、長坪溝、海子溝をハイキングしました。

海子溝は、主峰の南東側に広がる草地の多い渓谷です。
山上には多くの海子と呼ばれる湖があります。

鍋荘坪までハイキングをしました。

鍋荘坪は、四姑娘山を眺望できる丘で、
仏塔がありチベット仏教の祭りが毎年開かれているそうです。
ウスユキソウをはじめ、多くの高山植物の花が咲いていました。

この日はお天気にも恵まれ、四姑娘山の姿をしっかり見ることが出来ました。

riemaeda_0815 (231)


長坪溝は、主峰の西側に広がる急峻で森林の多い渓谷です。
長坪溝の入口には、ラマ寺の遺跡あり、ここから枯樹灘までハイキングをしました。

枯樹灘は、水没林がある浅瀬で、河床に枯れた木があります。

木の後ろに四姑娘山がそびえ立っています。

riemaeda_0815 (242)


途中、遊歩道の周りには、いろいろな高山植物の花が咲いていました。

双橋溝は、長坪溝の西側にある氷河浸食でできた渓谷です。
両側には急峻な岩峰がそびえ立っていますが、渓谷奥の紅杉林まで自動車道があります。
グリーンバス利用してまわり、途中下車してフラワーウォッチングをしました。
高山植物が満開でした。

riemaeda_0815 (204)


riemaeda_0815 (183)


riemaeda_0815 (269)


どこを歩いても、まるでヨーロッパアルプスのような素晴らしい景観が広がっていました。

10月にもツアー設定がございます。
お花だけでなく、秋は紅葉・黄葉が美しい季節。
大自然の素晴らしい景観を求めて、四姑娘山へ行ってみませんか。


そんな四姑娘山を訪れるツアーはこちら
↓ ↓ ↓
四姑娘山麓と九寨溝・黄龍ゆったりハイキング



maedarie_saiyu at 19:00|Permalink