at 19:06│ラジャスタン州 | ヒンドゥー教

2017年12月04日

世界遺産ラージャスターンの丘陵城塞群と悲劇の王妃パドミニ

2013年世界遺産に登録された、「ラジャスタンの丘陵城塞群」。ジャイサルメールやジャイプールなどラジャスタン州の様々な都市にある6つの城塞がまとめて世界遺産に登録されています。今回は、それらの城塞の中でも日本ではまだあまり知られていない、チットルガール城(チットール城塞、Chittorgarh Fort)と、そこに暮らしていたという伝説が残る悲劇の王妃パドミニについてご紹介します。

15
チットルガール城

誇り高き勇敢な戦士ラージプート

インド西部のラジャスタン州。誇り高き勇敢な戦士として知られた「ラージプート」の人々が暮らしています。ラージプートの起源は定かではありませんが、5〜6世紀ごろ中央アジアからやって来た騎馬遊牧民によるという説があります。

かつて西インドにはラージプートによる様々な王朝が栄えました。街ごとに堅牢な城塞が建てられ、2013年には6つの城がまとめて世界遺産に登録されました。ジャイプルのアンベール城、ジャイサルメールのジャイサルメール城など、美しい街と巨大な城の姿はとてもエキゾチックです。

かつてのメーワール王国の首都・チットルガール

チットルガールは、ウダイプルから日帰りでも訪れることができる城下町。かつてメーワール王国というラージプートの王国の首都として栄えていました。

ラージプートはヒンドゥー教徒でしたが、周囲にはイスラームの王朝が栄えており、チットルガールはその歴史の中で3度侵略を受けました。

悲劇の王妃パドミニ

14世紀、メーワール王国にハルジー朝が攻め込みました。その原因となったのは、一人の美しい王妃だと言われています。それがパドミニ(Padmini, Padmavati)。インド全土でその美貌は評判になっており、王でさえ直視することができず、宮殿の中に大きな鏡を設置し、水汲みに来たパドミニが水面に映る姿をさらに鏡に写してこっそり眺めていたそうです。

ハルジー朝の王・アラウディンは、メーワール王にパドミニの姿を一目見せてくれたらメーワールへの侵略を諦めて撤退すると言いました。メーワール王は水面に映るパドミニの姿をアラウディンに見せましたが、その美しさをどうしても自分のものにしたいと考えたアラウディンは猛攻を仕掛け、ついに城は陥落。パドミニは敵の手に渡ることを拒み、城に残った女性たちと共に火の中に身を投げてしまいました。

15世紀に建てられた勝利の塔の周囲には、戦争で殉死した夫の後を追って自ら命を絶った女性たちの墓石があります。こうして16世紀までに13000人を越える女性がなくなりました。

そんな悲しい伝説を残すチットルガール城ですが、現在は地元の人々が家族連れで集まり、ピクニックを楽しむ姿が多く見られます。

14 24
(左)城塞から街を見下ろす (右)パドミニ宮殿

インドで物議を醸している大作映画「Padmavati」

2017年12月1日、この悲劇の王妃パドミニを主人公にした映画、その名も「Padmavati」がインドをはじめ全世界で公開されることになりました(なんと日本でも!)。

予告編がYouTubeに公開されていますが、当時の城塞の様子や人々の衣装などがものすごく豪華で、美しい細密画を見ているようです。


↑予告編です

23
↑王妃パドミニを演じるのは「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のディーピカー・パドゥコーンです

しかし、この映画の上映に対して、インドで大規模な反対運動が起こっています。パドミニが夢の中で敵であるアラウディンに恋をする描写があるそうで、「ヒンドゥー教徒とイスラーム教徒のロマンスなどけしからん」という意見や「夫の為に殉死したパドミニのイメージを汚す」と行った意見が。監督の家の前でデモがおこったり、映画の予告編を上映した映画館が襲撃を受けたりしています。

そして、12月3日現在上映予定日を過ぎてしまいましたが、未だに公開の目処が立っていません。映画は無事インドで、そして日本で、公開されるのでしょうか?無事公開になった暁にはぜひご覧になり、本物のチットルガール城を見にラジャスタンのツアーへお越しください!

*** チットルガールを訪れるツアー ***

ラジャスタン 砂漠と色彩のインド三都周遊
2017年 12/9 発 
2018年 1/27 、2/4 、3/17 発
9日間 298,000円
1/27発 は【催行決定】、2/4発 は【間もなく催行】です!!
※データは2017年12月3日現在のものです。


at 19:04│旅の本 | ケララ州

2017年11月15日

【旅の本】南インドカルチャー見聞録

南インドに行ってみたいけど、どんなところなんだろう?
タージマハルやガンジス川のある北インドとはどんな違いがあるのだろう?
そう思ったとき、気軽に手に取れる楽しい一冊をご紹介いたします。

IMG_20171112_093705

著者は南インドに心を奪われたた4人の日本人

著者は写真家の井生(いおう)明さんと奥様の春奈さん、ミュージシャンの鹿島信治さんとアーティストの武田尋善さん。長年南インドに住んだり旅をしたりしていて「面白いな」「素敵だな」とビビッときて、長年溜めていらしたであろう写真とネタをこの本で惜しみなく紹介してくださっています。

料理、舞踊、映画、ファッション、日用品といった話題から、魔除けグッズやマッチ箱のデザイン、最近日本でも話題になっている手作り本の出版社タラブックスについてなど、一般的な話題からマニアックな話題まで網羅されています。

中でも南インド料理のコーナーはとっても充実しています。最近は日本でも「ミールス」や「ドーサ」などの南インド料理を食べられるようになりましたが、軽食やスイーツなどまだまだ知らない料理がたくさんあるんだなと読んでいてワクワクします(なんとサンバルやラッサムなどのレシピも載っています!)。

ガイドブックとしても優秀な一冊

本の最初にはチェンナイやマハーバリプラム、コーチンなど主要な街の説明があり、本の最後には愉快なタミル語の指差し会話帳や参考図書の一覧などもついていて、ガイドブックとしても優秀な一冊です。

著者のうちの2人、鹿島さんと武田さんは「マサラワーラー」というユニット名で南インド料理の「食べさせられ放題」イベントをされています。お二人の作った美味しい南インド料理をどんどん食べさせられる楽しいイベント。気になった方は、まずはイベントに足を運んでみられるのもいいかもしれません。

*** 今回ご紹介した本 ***

『南インドカルチャー見聞録』阿佐ヶ谷書院, 2014.

*** 関連ツアー ***

金子貴一氏同行シリーズ 南インド大乗仏教・密教の起源を探る旅
長年、仏教研究に勤しみ、仏教に関する執筆記事も多数ある金子氏と共に、大乗仏教の大成者 龍樹菩薩の史跡「ナガルジュナ・コンダ遺跡」、密教発祥の地ともされる「アマラヴァティ大塔」、密教曼荼羅の起源となる仏像群が見られるオリッサ州の仏教遺跡群を訪れて、日本仏教のルーツに迫ります。

南インド至宝のドラヴィダ建築を巡る旅
<新企画>世界遺産「大チョーラ朝寺院群」三寺院全てを訪問。南インドの至宝・ドラヴィダ様式の寺院を巡る旅。スリランカとの海の国境を隔てる聖地・ラーメーシュワラムにも訪問。

楽園の南インド
バックウォーターを巡るハウスボートの優雅なクルーズと旅世界遺産・ニルギリ山岳鉄道、聖地カンニャークマリも訪れる究極の南インドの旅。全都市でこだわりのホテルに宿泊、南インドの食も楽しむ。



at 19:30

2017年10月20日

季節限定の花畑 『カース高原』

皆様こんにちは。
東京本社の川口です。

先月は、新企画「花のカース高原ハイキング」に同行させていただきました。
カース高原ってどこ??
9月なのに花???

と、思われる方もいるかもしれませんが、インド最大の経済都市ムンバイから車で5時間程の場所。
2012年にユネスコの世界自然遺産にも登録され注目を集めています。
ここは水を通さない固い岩盤状の地層があり、雨期の時期には湿原が現れ、モンスーン明けの9〜10月上旬にお花畑へと変わります。

DSC_0135今年は雨も少なく、9月上旬ではまだ全体の15%ほどとのことでしたが、
それでもツリフネソウの群生をはじめとして、たくさんの花を観察できました。
※元々、栄養分の少ない土地なので全体的に花は小さめなものが多いです。






セラツム・クサギDSC_0087











DSC_0162
ヒルスタ・シバネム






DSC_0150ショウガの仲間








DSC_0147こっちはウコンの仲間らしい。








DSC_0217ホシクサ







アップダウンも無く、一日ゆっくりとカース高原で過ごした翌日は
近くのトーセガの滝へ。

DSC_0206


良い意味で期待を裏切る迫力がありました。
滝の近くも、カース高原と同じような地形なので、お花観察がしっかり可能です。
DSC_0226


インドにもまだ、こんなところがあったのか!?と思っていただける場所だと思います。
季節限定の特別企画になりますので、また来年のご参加、お待ちしています!!!




at 18:00

2017年10月04日

モルディブ ハニファルベイでマンタと泳ぐ!

皆様こんにちは!
東京本社の太田です。

先月のお話ですが、新企画「モルディブ ハニファルベイでマンタと泳ぐ」に同行させていただきました。
今回は、こちらのツアーの様子をご報告させていただきます。


P8210250

ツアーで滞在するダラバンドゥ島は、
外国人向けのリゾートではなく現地の人々が暮らす「ローカル島」。
モルディブにある1,190の島のうち有人島は約200といわれていますが、
ローカル島への観光客の滞在が許可されたのは2009年以降のこと。
観光客向けに開発された島とは違う、現地の方々の昔ながらの暮らしが息づいています。

IMGP1939

IMGP1940


宿泊するゲストハウスの一例はこちら。
リゾートホテルではありませんが、中はとても清潔。
中庭のベンチで、のんびりくつろぎのお時間をお過ごしいただけます。

ゲストハウスイメージ03


モルディブ郷土料理の一例です。
モルディブ料理といえば魚がメインなのですが、そのほとんどはカツオ。
スープで煮込んだカツオをごはんにかけて食べる「ガルディア」が定番です。
また、ツアー中はモルディブ風のシーフードバーベキューもお楽しみいただきました。

モルディブ料理


そして・・・ツアーのメインアクティビティは、
なんといってもハニファルベイでのマンタシュノーケリング!
バア環礁に位置するユネスコ保護海域ハニファルベイには、
毎年5~10月頃たくさんのマンタが訪れます(特にベストシーズンは8~9月)。
今回もマンタの大群と一緒に泳ぐことができました。

P8210124


ハニファルベイではマンタの保護のためダイビングは禁止されており、
シュノーケリングでのみ入域が許されています。
マンタは海面に浮かぶプランクトンを捕食するため、
ライフジャケットをつけたままでも目前にマンタの観察が可能です。

ベストシーズン限定企画のため本年度の募集は終了していますが、
マンタの大群と泳ぎたい方にはぜひ訪れていただきたいおすすめの場所です。

皆様からの意見を参考に、より良いツアーにしていきますので
来年度のツアー発表をお楽しみに!




at 09:07│グジャラート州 | インドの染織

2017年09月17日

今注目を浴びるグジャラートへ!

東京は渋谷区にある、渋谷区立松濤美術館。
現在、インドテキスタイルファン必見の展覧会が開催されているのでご紹介します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華
Hatanaka Kokyo Collection – Masterpieces of old Indian textiles
2017年8月8日(火)〜9月24日(日)
August 8 - September 24,2017
詳しくはリンク先をご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本画家、畠中光享氏のインド染織コレクションから約150件を選び、制作当初の姿である「布」という広い画面でみることによりその魅力を紹介します(紹介文より)。

会場では、ターバン用の布が天井から床まで何枚も並んでいたり、天然染料で染められた木版更紗やカシミール地方のペイズリー模様の織物があったり・・・その多くを、ガラス越しでなく、直接見ることができます。

展示をご覧になって、インドのテキスタイルについてもっと知りたい!現地でどんな風に作られているのかを見てみたい!と思った方は、ぜひ西遊旅行の人気ツアー「グジャラート・テキスタイル紀行」へ!

ツアーでは、インド最西のグジャラート州西部の街・ブジを拠点に、染め・織り・刺繍などが作られる村や工房を巡ります。また、手仕事が作られている現場を見るだけでなく、実際に職人さんとともにワークショップを体験します。

55
インドの人間国宝・ギータさん宅で刺繍のワークショップ

43
絞り染の工房にて。極小の「しぼ」でクジャクが描かれています

30
木版更紗アジュラクの工房にて。天然染料による木版更紗は一度廃れてしまいましたが、地元の人の努力により復活しました

テキスタイルファンのほかに、写真撮影やスケッチがお好きな方にもオススメのこのコース。 普段のツアーでは訪れないような村を訪問し、ワークショップの間は数時間滞在しますので、その間にゆったりと村での滞在をお楽しみいただけます。

グジャラート州はモディ首相の出身地だということもあり、近年開発が進められ、中心都市のアーメダバードはここ10年で近代都市に変貌を遂げました。

日本企業も多数進出し、日本の新幹線の技術を利用したムンバイ・アーメダバード間高速鉄道事業の起工式典に安倍首相が訪れたばかりです。

今、注目を集めるグジャラートへ。この秋、ぜひ訪れてみてください!

ご紹介したテキスタイルツアーはこちら!
グジャラート テキスタイル紀行 
10月21日(土) ~ 10月28日(土) 8日間 298,000円 催行決定!残席あります!

ほかにもあります!グジャラートを訪れるツアー!
グジャラート Gujarat 
11月18日(土) ~ 11月29日(水) 12日間 348,000円
02月03日(土) ~ 02月14日(水) 12日間 348,000円
02月21日(水) ~ 03月04日(日) 12日間 348,000円

美しきグジャラート 階段井戸とシャトルンジャヤ巡礼
11月18日(土) ~ 11月25日(土) 8日間 278,000円
12月27日(水) ~ 01月03日(水) 8日間 328,000円 満席!キャンセル待ち受付中 
01月27日(土) ~ 02月03日(土) 8日間 278,000円
02月17日(土) ~ 02月24日(土) 8日間 278,000円

※催行状況は2017年9月15日現在のものです。詳しくはお問い合わせください。

at 19:36

2017年08月15日

美しきインドの森へ

ナマステ!
こんにちは。大阪支社の杉本です。

皆さんはインドの森に足を踏み入れたことはありますか?
インドには、私たち日本人がまだまだ知らない豊かで美しい森があることをご存知でしょうか。
 
今回は、4つの国立公園を巡るツアーの一部をご紹介させていただきます。
 
***************************************************************************
 IMG_2103
バンダウガルにて

トラは食物連鎖のトップに君臨する森の王者。9つの亜種がある動物ですが、既にその内の3亜種が絶滅しており、残る6亜種も全てがレッドリストに掲載されている絶滅危惧種です。
 

20世紀初頭、世界に約10万頭のトラがいたと言われています。しかし、今日では3000~5000頭までに減ってしまっています。中でもインドは約1700頭の野生のトラ(ベンガルタイガー)が生息しており、世界一のトラの生息国です。
 

この100年の間でこれほどまでに野生のトラの生息数が減ってしまった大きな原因の一つは、生息地の約9割が失われてしまったこと。人口の増加に伴い森の開発が広がり、トラやその他の森の動物たちの住む場所がなくなってしまいました。トラは、縄張りを持つ動物です。その広さはオスは約30~40㎢、メスで約20㎢と言われます。人里が森の奥まで広がると、住む世界の境界が近くなり、トラと人間の間で衝突が起こってしまいます。人間にとって大切な家畜を襲うトラは、害獣として殺されてきました。

また、その美しい縞模様は、イギリス統治時代の官僚たちやインドのマハラジャたちの標的となり、「トラ狩り」が行われてきました。

更に、トラを原材料として使った漢方薬も作られ、当時は日本もその最大の市場でした。
 

その結果、トラは今絶滅の危機を迎えることとなってしまったのです。
IMG_2291
草むらで休むトラ
 ******************************************************************

ツアーでは、バンダウガル国立公園、カーナ国立公園、ペンチ国立公園とタドバ国立公園の4つの公園で
タイガーサファリを楽しみます。
 

バンダウガルは、世界でも有数のトラの遭遇率を誇るタイガーリザーブです。また、トラの保護にも成功をしていることでも有名な公園です。カーナとペンチは、キップリングの「ジャングルブック」の舞台になったことで知られています。そして、タドバはここ約5年で20頭程トラの生息数が増えたことで、タイガーサファリの人気が出てきた公園です。
 
IMG_2486
 カーナにて

ここ数年、あいにく良い雨に恵まれなかったMP州。水場の美しい森は、今シーズンは乾いた印象を受けました。それでも、新しい命の誕生という嬉しい知らせもあり、森ではアラームコール(捕食される動物が鳴らす警戒音)や鳥のさえずりが響いていました。
 

個人的に一番印象に残っているのはタドバでの出会いです。
 

モハリエリアには、ソナムという名のメスが縄張りを持っていました。
彼女には、4頭の子供たちがいます。また、タドバエリアには、マヤというメスがおり、彼女もまた3頭の子供たちがいます。私はマヤファミリー(通常トラは単独行動をとり、またオスは子育てには関わりません)と、ソナムの子供たちの父親であるバジェランガに出会うことができました。
 

タドバはMH州にありますが、昼間はまるで灼熱です。暑さが苦手なトラは木陰や水場にいます。この日、マヤファミリーはお気に入りの水場に来ていました。マヤの隣で3頭の子供たちはじゃれあったり、マヤに甘えたり。本当に美しいといしか言いようのない光景でした。

IMG_2797

IMG_2828
マヤと子供たち
 

翌日早朝、この日は少し気温が低く清々しい気候でした。森に入ると右から左からアラームコールが聞こえてきます。なんと素晴らしい響きでしょうか。まるで森が息づいているようでした。森の中でトラたちが闊歩していることが想像されました。それだけで胸が高鳴ります。すると、藪の中から物音が。静の中で動くトラの姿が目に入りました。バジェランガです。大きな体の立派なオス。彼は悠然と森の中を歩き、私たちのジープの前を横切り、また森の奥へと姿を消していきました。
 
IMG_2874
バジェランガ
 

先にも言いましたが、トラは食物連鎖のトップに君臨する動物です。トラが森にいるということは、森が豊かである証拠です。
 

一度野生のトラを見ると、その魅力を感じない人はいないのではないでしょうか。しなやかな筋肉、美しい毛並、鋭い眼光。これほど美しい動物は他にはいません。
 

3年前、野生のトラとの出会いを果たして以来、私はすっかりその虜になってしまいました。そして、守らなくてはならない動物であるというこを、改めて知ることとなりました。
 

皆様にも是非、この感動を味わっていただきたいと思っています。
そして、インドの奥深さも知っていただければ・・・と思います。
 

※トラとの遭遇は100%ではありません。自然のことですので、サファリをしてもトラに出会えないこともあります。


インドでサファリを楽しむツアーはこちら
↓↓↓


ベンガルタイガーを求めて タドバとバンダウガル

インド中央部の四大国立公園  ベンガルタイガーリザーブへ

インド西部・3つの国立公園を訪ねて

コルベット・コアゾーンサファリとランタンボール国立公園

チトワン国立公園とコルベット・コアゾーンサファリ

アッサム・カジランガサファリ





at 18:46│インドの国立公園・野生動物 | ベンガルタイガー

2017年06月30日

【発表!】ワイルドライフ🐯インド西部・3つの国立公園を訪ねて

6月中頃皆様にお送りしました新パンフレット「世界の野生動物に出会う旅- WILDLIFE OF THE WORLD -」! みなさま、お手元に届きましたでしょうか??

■sandai (12)
バニヤンの木が茂るランタンボール国立公園

(まだ届いてない!という方は、無料でお送りしますのでこちらまでご連絡ください

■sandai (15)
ムネアカゴシキドリ

このパンフレットでは、野生動物の観察に特化した、22種類のコースを掲載しております。

■sandai (9)
アジアライオンの親子(ササン・ギル国立公園)

その中で、インドを訪れるコースは5種類。どれもベンガルタイガーの観察をメインにしていますが、希少なアジアライオンやインドサイと出会える他の国立公園と組み合わせたりベンガルタイガーとの出会いにとことんこだわったりと、コースごとに特色があります。

■sandai (11)
準絶滅危惧種に指定されているブラック・バック(ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園)

2009年の視察以来、毎年、西遊旅行のスタッフがインドの各国立公園のスタッフと密に連絡を取り合い、

「この国立公園は今年子ども(ベンガルタイガーの、です)が●頭生まれたらしい!」とか、

「あの美しい●●(ベンガルタイガーの識別番号やニックネームです)が縄張り争いに敗れたらしい!」とか、

もはや国立公園内のトラの家族構成を把握しているくらい愛情たっぷりにツアーを作らせていただいております

■sandai (7)
岩場でくつろぐベンガルタイガー(ランタンボール国立公園)

インドの国立公園の予約システムは大変複雑で、流動的です。是非、西遊旅行のツアーで安心して訪れ、インドの自然とそこに暮らす野生動物の美を体感してください!

■sandai (8)
シマハイエナ(ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園)

ちなみに、今回の記事に使用している写真は全て、パンフレット7ページ

インド西部・3つの国立公園を訪ねて

のツアーのものです。動物の観察はもちろん、各地で滞在するホテルにもこだわりました。ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園では、グジャラート州で唯一のエコブティックロッジを確約しています。

■sandai (1)
お部屋の一例

Text by Megumi Nakatani

『WILDLIFE OF THE WORLD 世界の野生動物に出会う』内 インドの旅5種類

ベンガルタイガーを求めて タドバとバンダウガル

インド中央部の四大国立公園 ベンガルタイガーリザーブへ

インド西部・3つの国立公園を訪ねて←今回ご紹介したコースはこちら!

チトワン国立公園とコルベット・コアゾーンサファリ

コルベット・コアゾーンサファリとランタンボール国立公園