at 16:20│ムンバイ 

2011年05月30日

現代と歴史の交差する街 ムンバイ

皆様こんにちは。大阪支社の清水です。

BRICSの一員であり、世界中のビジネス界が注目するインド。
今回は、その中でも、ビジネスや経済の心臓といわれているのムンバイについてご紹介します。

街の中心へ行くと大手企業の高層ビルが軒並み立ち並び、平日の通勤時間にはスーツ姿で街を行くサラリーマンの人々の姿をよく見かけます。

他方、ムンバイはまた、貧富の格差がとても激しい都市。
2001年に実施されたインド国勢調査によると、ムンバイはインドの中で第一の人口を抱える都市であり、その人口は実に約1190万人、うち約半数にのぼる580万人がスラム街に住んでいるという調査結果が出ています。

世界最高級の外車に乗り、何人もの召使いを雇って優雅な暮らしを送るお金持ちがいる一方で、
インド最大級のスラム街を抱え、貧しい人々がぎりぎりの生活を送っているのもまたもう一つのムンバイの姿。

ムンバイのスラム街で生まれ育った少年が、あるテレビ番組出演を機に大金持ち(ミリオネア)になっていく実話をもとにした映画『スラムドッグ・ミリオネア』が2008年度アカデミー賞を受賞したことは記憶に新しいですが、その映画の舞台になった都市でもあります。

アラビア海に面するムンバイは、歴史的にも海外とインドを結ぶ要港でした。
市を象徴するランドマーク的な存在として、港に立派に聳えるのは、1911年にイギリスの国王ジョージ5世とメアリー王妃のインド上陸を記念して建設されたインド門です。
門のすぐ後ろには、2008年にムンバイ同時多発テロの被害あったタージ・ホテル。現在は完全復活している姿が見えます。
インド門 DSC01398


イギリス植民地時代の遺産としては、その他にも、2004年に世界遺産に登録されたチャトラパティ・シヴァージ・ターミナス駅もここムンバイにあります。1887年に完成したイギリス植民地時代の代表的なゴシック様式の建物です。また、細密画をはじめヒンドゥ教ーや仏教の像などが多数展示されるチャトラパティ・シヴァージー博物館も、見所たっぷりです。

時代を更に6~8世紀頃まで遡り、ポルトガル人とインドの歴史的な交流を示す遺産もあります。
インド門の船着場から船で約1時間のところにある、エレファンタ島。
この島の岩山に彫って造られた石窟寺院は、1987年に世界遺産に登録されました。
寺院内部には、シヴァ神やブラフマー神、ヴィシュヌ神などが彫られています。
島の名前は、16世紀にポルトガル人が島にやってきた時、石で造られた象の像があったため「エレファンタ島」と名づけられました。
エレファンタ島DSC01390


現代インドのビジネスの心臓としての、ムンバイ。
そして、歴史的に要港として世界の窓口となった背景を持つムンバイ―。
現代と歴史の交差するとても魅力的な街です。

弊社では次のツアーで訪問していただくことが可能です。
是非、ご自分の五感で、感じてみてください。

ムンバイを訪れるツアーは下記ご参照ください↓↓
ナマステ・インディア大周遊
アジャンタ・エローラ 西インド世界遺産紀行


at 10:01│インド説明会 | ラダック

2011年05月18日

北部インド説明会<東京会場>無事終了しました

ジュレー(ラダック語であいさつをする時に使う言葉です)!

インドチームの野津です。
5/14(土)に北部インド説明会を西遊旅行系列・インド料理レストラン「マンダラ」にて開催。
おかげさまで28名様の御参加をいただき、盛況のうちに説明会を終了することができました。
御参加いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

さてこの説明会のために、弊社ラダック、ザンスカール方面のツアーを手配しております
ザンスカールトレック社・社長スタンジン・ラクパ氏が先週木曜日に来日をされました。

当日は、ラクパさんが作ったツァンパ(地元の人たちが朝食によく食べるもの)、ドライアプリコット、乾燥した杏の種を準備し皆さんに召し上がっていただきました。
P1010438
DSCN0716

ドライアプリコットと杏の種                     ツァンパを作るラクパさん

ツァンパは大麦の粉に溶かしたバター、そしてヤクのチーズを混ぜ、お湯を入れて練ったものです。
出来上がった時はとても香ばしい匂いがし、とても素朴な味わいです。
御参加の方も興味を持たれた方が多く、恐る恐るですが試食をされていらっしゃいました。
ドライアプリコットは、「パキスタンのものよりおいしいわ」とおっしゃられる方も多い程、味が良いです。
ドライアプリコット以外にも、アプリコットオイルや石鹸など、ラダックでは自然派化粧品が充実しています。
次回実際に足を運ばれた際には、お土産として買うこともお勧めです。

ラクパさんにもラダックの概要や変わりつつあるザンスカール地域のお話をしていただきました。
現在、インダス川とザンスカール川の合流地点からザンスカールのザンラまで、インド政府により道路工事が行われています。この工事が完了すると最低レーから2日かかる道のりがわずか3時間で行けてしまうという話・・・。
ラクパさんも「地元の人たちにとってはとてもいいことだけど、道が完成したら彼らを取り巻く環境も彼らの考え方も大きく変わってしまうだろう。道ができる前までに是非、行って欲しい」と複雑な表情でおっしゃっていたことが、とても印象的でした。

前半はトレッキングツアー、後半は観光のコースのご案内をさせていただきました。
今回は特殊な装備が必要なコース、又観光のコースでも冒険色が強いコースが多く、聞いていらっしゃる皆さんの目も真剣。熱心にメモを取られている方も多く、この地域への興味の高さがうかがえました。
DSCN0738
DSCN0765



今回説明させていただきましたツアーはおかげさまで多数、ツアーが決定しています!
まだまだ残席もございますので、是非ご検討ください。
<観光>
花のロータン・パスとダラムサラ
7/9発、7/16発は催行決定!残席わずかです。
ラダック8日間
7/6発へミス僧院のツェチュ祭見学コース、間もなく催行が決定します。
ザンスカール
お陰様で全出発日催行決定!
花のザンスカール
お祭りに合わせた2本のツアー共に、間もなく催行が決定します。

今回残念ながら御参加いただけなかった方、いつでも担当よりご案内させていただきますので
お気軽にお問い合わせください。
皆様のツアーへの御参加、心よりお待ちしております。


at 15:34│インド説明会 | ラダック

2011年05月16日

北部インド説明会〈大阪会場〉 終了しました。

皆様こんにちは。大阪支社の川口です。

夏のチベットシーズンを目前に、現地手配会社ザンスカール・トレックのスタンジン・ラクパ氏を招いて行いました北部インドの旅旅行説明会。

この週末、東京、大阪会場共に無事終了することが出来ました。
ご来社いただいた皆様、本当にありがとうございました。

そんな大阪会場の様子を少しご紹介。

まずは、説明会開始前。
P1010439
皆様に振舞うツァンパを作るラクパさん。

炒った大麦とバター、砂糖を混ぜたもので、現地では朝食としてよく食べられています。
P1010441


日本の黄粉に近い味でしょうか?素朴な味がバター茶との愛称ピッタリです。

皆様にはツァンパだけでなく、現地から持ってきた杏の種や干し杏を召し上がっていただきながら
和気藹々とした雰囲気の中トレッキング、観光の説明会共に終了。

特にトレッキングの説明では、高度順応の話から装備品の説明まで、実際に使用しているものをご覧いただきながらの説明となりましたので、より深く理解していただけたと思います。

P1010451


ラクパさんはたった一泊二日の短い大阪滞在となりましたが、大阪の夜景も十分に楽しんでいただけたようで。


説明会も無事に終わり、来月からいよいよ本格的にチベットのツアーがスタートします。
皆様により楽しんで頂けるよう、アジア班、山班一同精一杯頑張って参ります!




at 17:00│インドの花 | ヒマーチャル・プラデーシュ州

2011年05月13日

花咲くロータンパスでブルーポピーと出会う

皆様こんにちは。
東京本社の橋本です。

前回「インド・ヒマラヤのお花見街道 Rohtang La ロータン・ラを越えて」でご紹介したインドのブルーポピーですが、お花見が楽しめるコース「花のロータンパスとダラムサラ 幻の花・ブルーポピーを求めてハイキング」でのハイキングの様子をご紹介いたします。

ヒマーチャル・プラデーシュ州のマナリ(2,050m)から専用車に乗り換えてロータン・ラ(3,980m)を目指します(ラとは峠という意味です)。
峠には北面と南面があり、ブルーポピーは南面で見られます。南面をハイキングする時は、山の中腹で車を降り、そのまま高い所から山の斜面をじぐざぐに降りて行きます。途中、所々足場の悪い所もありますが、みなさんでゆっくり進みますので問題ありません。お花や風景の写真を撮ってただく時間もたっぷりとあります。

RIMG0289
RIMG0276


 南面をハイキングしている様子

ハイキング中の服装ですが、天気が良ければ薄手の長袖と長ズボンで大丈夫ですが、峠は風が強く吹き、気温がぐっと下がります。また雨が降る可能性もありますので、ゴアテックスなど防水素材の上下が分かれる雨具をお持ち下さい。
靴は、くるぶしまである軽登山靴もしくは底がしっかりとした運動靴が良いです。

ブルーポピーは岩場の影や、小道から少し外れた、人目にはぱっと目につかないような所に咲いています。ぜひ恥ずかしがりやのブルーポピーを見つけて下さい。


ロータンパス北面には高所特有の小振りな花々が咲いています。北面までは専用車で一気に行き、峠周辺を自由に散策していただきます。こちらは平地なので体力的には全くきつくありません。

RIMG0538
RIMG0477



RIMG0516
RIMG0536


ロータンパス北面に咲く花々と湖

今年の夏は気軽に、幻のブルーポピーと峠の緑豊かな景色を見に行きませんか!

ロータン・ラのお花を観察できる西遊旅行インドの旅2011
「花のロータンパスとダラムサラ 幻の花・ブルーポピーを求めてハイキング」
「インドヒマラヤ冒険行 キナール・スピティ・ラホール、3つの谷からレーを目指す」


at 12:24

暑いデリーで熱いモノ!

デリーよりナマステ~!

ここデリーは4月中旬よりもう夏本番モード。
近ごろ昼間は連日で40℃を越えてきております。。。暑い暑い・・・。
さて、今日はちょっと前ですが先月のお話をしたいと思います。

先月、日本ではほとんど報道されませんでしたが、インドでは国中が大注目した出来事がありました。
それがインドの国民的スポーツ、クリケット。
日本ではあまり馴染みのないスポーツですがイギリス生まれの貴族のスポーツ、平たく言いますと野球の元祖でもあります。
そんなクリケットがインドでは人気スポーツ、ダントツでNO1。
世界的人気のサッカーでもなければ日本のように野球でもないのです。
インドでスポーツといったら、これしかないと言う位に、インドの皆さんはクリケットが大好きです。

クリケットW杯3

大人も子供も寝ても覚めてもクリケット、ちょっとした広場があれば始まるのはクリケット。
男の子の夢はクリケット選手で女の子の夢はクリケット選手のお嫁さん。
その夢かなわず大人になっても娯楽はクリケット。
とにもかくにもインドのスーパースターといったらクリケットの名選手なのです。
もしかしたら日本の王・長嶋を凌ぐ位のカリスマ性ではないでしょうか!

そんな国民的スポーツ、クリケットのワールドカップが3月~4月にかけてインドを中心に開かれたのです。4年に一度の大イベントが地元開催ということで、インドでは連日大盛り上がり、去年のサッカー・ワールドカップなど足元にも及ばない位の盛り上がりを見せました。
インドの試合がある日はどこもかしこも家庭も職場もTVをつけ、子供はもちろん大人も昼間から観戦しながらの仕事になります。
クリケットW杯1


そんな盛り上がりが頂点を迎えたのが3月末に行われた準決勝のインドVSパキスタン戦。

これまでの両国の歴史的背景もあり、印パ対決は両国民にとっては絶対負けられない因縁の対決です。その上、インドはその前の試合で何とここ12年負けなしで3連覇を達成していた優勝候補の大本命オーストラリアを打ち負かしての準決勝ですから、その盛り上がりはただ事ではありません。
インド中が異様な盛り上がりを見せたのは言うまでもありませんでした。

どれくらい盛り上がったかといいますと・・・
試合の当日は政府のお達しで急遽ゲームのある午後から国民の休日になってしまいました。
これで分かりますよね。

『仕事なんゾしてる場合じゃない!』のです。
当然、午後からは政府機関や会社がほぼ全て閉まってしまいましたので、街も通りもガラガラです。

クリケットW杯2

さて、その注目の結果は・・・僅差でインドの勝利!!とても良いゲームでした。

さあ、インドが勝利したものですからそこからが大変。
試合終了の瞬間から、インド国中が歓喜のるつぼと化しました。
街のアチコチから何百・何千という花火が打ち上げられ、街のいたるところで爆竹が盛大に鳴らされ、若者はバイクにまたがり奇声と共に走り回り、アチコチの家の中からは楽隊が音楽を盛大に鳴らし始め、人々が踊り狂い・・・それが一晩中続いたのでした。

日本ではサッカーや野球のワールドカップがどれだけ盛り上がっても、ここまで熱狂することはないだろうな・・・と考えると、ここまで入り込めるナショナリズムが少し羨ましくも感じました。
クリケットW杯4

さて、ではその後ワールドカップのチャンピオンシップの行方はと言うと・・・・
4月上旬の決勝でこれまた快進撃を続けてきたスリランカを撃破して、何とインドが28年ぶり2度目のチャンピオンシップに輝いたのです!!
この日もまた、試合終了と同時に街は興奮そしてお祭りムードに包まれたのは言うまでもありません。
何せ28年ぶりの世界一ですから!!

ただ・・・しばらくして気付きましたが・・・、
その喜び方・盛り上がり方は明らかに準決勝の時より穏やかなのです。
国民みな胸を張って世界一を喜んで入るのですが、あの準決勝の印パ戦後の狂ったような喜び方、興奮の仕方はほとんど見れませんでした。

ふと、印パ戦の翌日に知り合いのインド人がなかば怒鳴りながら言った言葉を思い出しました・・・。

「おめでとう、次は決勝戦だね!」と話しかける私に、
「決勝なんかどうでもいい!」「パキスタンに勝てればそれでいいんだ!!」と・・・。

インドナショナリズムの本当を見た気がしました・・・凄いというか・・・恐いというか・・・。

デリーより
田村 暁


at 18:26

2011年05月07日

デリー 夏到来!

インドといえば「暑い」。
暑い国インドの首都デリーにも夏が到来しました。
5月から6月下旬のモンスーンシーズンが始まるまでは暑くて暑くて。
そんな夏を乗り切るデリー夏の風物詩をお届けします。

IMGP0519
まずは、何といっても暑いインドに行くならばマンゴーを食べずには帰れません。
5月はまだ少し早く、7月は真っ盛り。そして、8月下旬には市場から姿を消します。
今は出始めなので、1㎏=100Rs(200円)くらい、1kgで4個くらいです。
しばらくすると、値段も少し下がってきます。

IMGP0524
バラフというアイスキャンデー。1本2~5rs=4~10円くらいです。
味はバニラでもなく、ココナッツでもなく・・・。ただ甘いだけです。
インド人の大好物アイスクリーム。会社でも、ちょっと一息というときには、「アイス食べる?」、
外食のあとも「アイス食べてく?」と声がかかります。
インドで最も気をつけないといけない「下痢」。
工場で作られていて、きちんと袋や箱に入っているものは、恐らく問題はないとおもいますが、
この写真のように露店で売っているものにはご注意下さい。決しておすすめいたしません。決して。

IMGP0525
これはラッシー屋さん。ラッシーは年中ありますが、この茶色のカップは素焼きで、インドではずっとこのカップが使われてきました。素焼きのカップは冷たいものは冷たいままキープできる優れもの。しかも、原則としてこのカップは使い捨て。飲み終わると店先でバリーンと割ってしまいます。
しかし、昨今この素焼きのカップがプラスチックの使い捨てグラスに座を奪われつつあります。
余談ですが、ここ数年でプラスチックごみがどんどんと増え、デリーでは「Keep Green No Plastic」と町に看板が掲げられ、実際にスーパーでもレジ袋をくれないところが増えています。

IMGP0527
ニンブー(ライム)・パニ(水)。ライムを搾り、それを大きなステンレスのボックスにたっぷり入れている水で割ります。
水だけも売っていて、水だけなら1rsくらい、ライム入りなら2~3rsくらいです。
デリーの人は1日に3ℓくらいの水は簡単に飲むそうです。たしかに、どこにお邪魔しても「かけつけ1杯」といわんばかりに、グラスになみなみと注いだ水がまず出されます。そして、それをチビチビではなく、一気に飲んでグラスを返します。
暑い日中はそれくらい水分を取らないと、もたないのでしょう。これもお客様には決しておすすめしていません。

IMGP0531
そして、これは何でしょう。
「カクリー(きゅうり)」です。日本でも夏に露天できゅうりのお漬物を割り箸に差して売っているようなものです。生のカクリーに塩や好みでマサラ、チリ・ペーストを塗って食べます。大体1~3rs。高くても5rsがせいぜいです。
これは彼らにとって水分補給のおやつです。ダイコンのときもありますが、やはりきゅうりがメジャー。
子供に大人気です。

6月下旬までが盛夏のデリーですが、今、皆様にご紹介しています「スピティ谷」を訪れるコースや「ラダック・ザンスカール」を訪れるコースはこれからが短いベストシーズンです。
6月下旬から8月末まで。そのチャンスを逃すとまた来年となります。今年は是非是非インドのヒマラヤ、雄大な自然が残るインドヒマラヤに訪れてみてください。


chika murata


at 13:36│ザンスカール | インドの国立公園・野生動物

2011年05月04日

ザンスカールのヒマラヤ・マーモット

ザンスカールのヒマラヤ・マーモット Himalayan marmot 

marmot03マーモットは、ネズミ目リス科マーモット属の動物。インドで見られるマーモットはヒマラヤ・マーモット Himalayan marmot と呼ばれる種類でパキスタンのデオサイ高原からラダック、ザンスカール地方の標高4,000mを越える高地の草原や山肌に巣穴を作って暮らしています。冬は冬眠するそうですが、ツアーで訪れる夏には、日光を求めて草原や岩の上でひなたぼっこしている、かわいらしい姿を見ることがあります。

marmot01マーモットは社会性の高い動物で、危険が迫ると警戒音を発して知らせあうとのこと。ザンスカールへの道中、ランドゥムからペンシ・ラにかけての高地では、移動する車の中から草原を走ったり、ひなたぼっこするマーモットを見ることがあります。





marmot02あまりにもかわいいので、マーモットに近づいてみると、気がついたマーモットは道路をわたり反対側の岩へ。なんとそこで4匹のマーモットが立ち上がり警戒音を発したのです。あまりストレスをかけると悪いのですぐにその場を撤収しました。




道が広くなり開発の進むザンスカールですが、この幸せなマーモットの楽園、いつまでも大切にしたいと思います。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子

マーモットと出会うことのできる西遊旅行インドの旅2012
「ザンスカール 今なお色濃くチベット文化を残す里パドゥムへ」