2013年09月09日

悠久の歴史とロマン アジャンタ石窟寺院

やっと夏の暑さが落ち着き、朝晩は涼しくなってきました。
夏の疲れがとれて次の旅行の計画をしようとされている方も多いのではないでしょうか。

今回は、8月のお盆に訪れたアジャンタ石窟寺院をご紹介させて頂きます。

「アジャンタ石窟寺院」

その名を聞いて、「?」と思う方は少ないのでは。
歴史の教科書にも必ず載っている、インドが世界に誇る歴史遺産です。

1819年にイギリスの軍人ジョン・スミス氏が虎狩をしていた際、
蔦に覆われた崖に逃げ込んだ虎を目で追っていると、生い茂る蔦の隙間から石の建造物のようなものを発見しました。
ただちに多くの人が動員され、蔦を取り除くと、そこには崖の中腹をくり抜いた石窟が現れたのです。
それも一つや二つではなく、26もある壮大なスケールの石窟寺院でした。
P8133839
緑に包まれたアジャンタ石窟寺院

これは、アジャンタ石窟寺院発見の話です。
発見された石窟寺院は全部で26窟の仏教石窟寺院でした。

石窟の造営は、前期と後期の2期に行われました。前期はサータヴァーハナ朝の紀元前2世紀に、後2世紀からの中断の後に、5世紀末、後期の開窟がヴァータカ朝のもとで始まり、7世紀まで続きました。

壁画は、1500年の時を経てもなお、その輝きを失うことなく当時の壮麗さを私たちに伝えています。
P8133843
第1窟蓮華手菩薩

P8133847
第1窟金剛手菩薩

P8133857
第2窟インドラ(帝釈天)が生まれたばかりのシャカ族の太子を抱き上げる

壁画の題材は、仏伝やジャータカが主なものです。
ジャータカの多くは、釈迦の前世としての菩薩が様々な困難、試練に出合う話です。
当時、こういった壁画により、仏陀の教えを説いたのです。P8133878
第17窟六牙白象本生
六牙象は自ら牙を引き抜いて猟師に与えます。

アジャンタ石窟寺院は、ジョン・スミス氏に発見されるまで、
1000年もの間、ジャングルの中で眠っていました。

今も色鮮やかなこれらの壁画。
描かれた当時を想像すると、その美しさは計り知れません。

1983年世界遺産に登録され、アジャンタ石窟寺院群には世界中からその姿を一目見ようという人びとが訪れてきます。
皆様も是非、一度この壮大な歴史とロマンを肌で感じてみて下さい。

▼西遊旅行のアジャンタ石窟寺院に訪れるツアーはこちら
「アジャンタ・エローラ 西インド世界遺産紀行」 

sugimoto_saiyu at 17:59│ アジャンタとエローラ | インドの世界遺産