番外編スリランカ Wildlife in Sri Lanka スリランカの自然特集ランタンボール国立公園のベンガルタイガー T-25 Dollar(Zalim)    子育てをしたオスのトラ

2014年09月21日

グジャラートの世界遺産 Rani Ki Vav ラニ・キ・ヴァヴ 女王の階段井戸

ラニ・キ・ヴァヴ (3)

2014年6月に新たに世界遺産に登録された階段井戸がパタンの郊外にあります。この井戸は11世紀のソランキ王朝の未亡人となった女王が、王の追憶と名声のために建設したと言われている階段井戸です。

「階段井戸」とは水が慢性的に不足するグジャラート州やラジャスタン州で多く見られる井戸で、貴重な水を人々に供給するだけでなく、水の蒸発熱を利用した天然のクーラーとしても利用されました。井戸の壁面にはヒンドゥーの神々や説話をモチーフにした精緻な彫刻が施されており、ひとつの芸術作品として涼をとりにくる人々の目を楽しませていました。

「ラニ・キ・ヴァヴ」はグジャラート最古の階段井戸で、奥行き64m、幅20m、深さ27mの長方形の形をした階段井戸は7層の階からなり、その壁面は800を越えるヒンドゥーの神々の像で覆われています。特にヴィシュヌ神の化身のレリーフの美しさ、精巧さには素晴らしいものがあります。

「ラニ・キ・ヴァヴ」はその後、サラスワティ川の氾濫により砂に埋もれ、忘れられていましたが、1958年以降、インド考古局 Archeological Survey of India により発掘・修復が行われ、その全貌を現しました。

世界遺産に登録される直前の4月、ラニ・キ・ヴァヴを訪問したときの様子です。

ラニ・キ・ヴァヴ (1)
遺跡の入り口にはインド考古局が発掘・修復を始めた当時の昔の写真を展示していました。

ラニ・キ・ヴァヴ (2)
遺跡公園内を歩いていて、突然現れる地下建造物、階段井戸。

ラニ・キ・ヴァヴ (5)
7層のテラスがあり、中央の壁龕にはヒンドゥー神話のモティーフが。

ラニ・キ・ヴァヴ (6)
壁龕を正面にのぞみます。

ラニ・キ・ヴァヴ (4)
階段の岩と岩を木のくいでつないでいます。

ラニ・キ・ヴァヴ (7)
階段を下ると、周囲をヒンドゥーの神々に囲まれます。

ラニ・キ・ヴァヴ (11)
当時の装飾、暮らしぶりが伺える彫刻。

ラニ・キ・ヴァヴ (8)
参拝に来ているグジャラートの観光客に出会いました。グジャラートらしい鮮やかなサリーの女性。

ラニ・キ・ヴァヴ (10)
テラスの天井も彫刻が施されています。

ラニ・キ・ヴァヴ (9)
こんなにかわいらしいモチーフも。

ラニ・キ・ヴァヴ (12)
壁面には幾何学的な模様も見られます。

ラニ・キ・ヴァヴ (13)
美しい、神々の姿。ここはたんなる「井戸」ではなく、「神殿」なのです。

ラニ・キ・ヴァヴ (15)
ラニ・キ・ヴァヴにはヴィシュヌ神とその化身の姿の彫刻がたくさん施されています。ヴィシュヌの化身のひとつ、イノシシ。

ラニ・キ・ヴァヴ (14)
井戸という日常の中に作られたヒンドゥー神話の世界と、精緻な建築美。

砂に埋まり忘れられていたことが、往時のままの美しい彫刻残る階段井戸の姿を残してくれたのです。

Photo & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子


西遊旅行のグジャラートの旅
グジャラート 魅惑のインド最西端の地をめぐる
グジャラート テキスタイル紀行

sawada_saiyu at 22:42│ グジャラート州 | インドの世界遺産
番外編スリランカ Wildlife in Sri Lanka スリランカの自然特集ランタンボール国立公園のベンガルタイガー T-25 Dollar(Zalim)    子育てをしたオスのトラ