ラジャスタン州

2013年11月21日

最後のアジア・ライオンの暮らす森、ササン・ギル国立公園

ササンギル インドの森 (1)

Gir Forest National Park & Wildlife Sanctuary

ササンギル国立公園は1965年に設立されたグジャラート南部の国立公園で広さは1,412平方キロ。そのうちの258平方キロは国立公園として完全保護下にあり、1,153平方キロは保護区となっています。 ギル野生動物保護区は最後のアジア・ライオンが生息することで知られています。学術名Panthera leo percicaと呼ばれるライオンは、古くはメソポタミア、古代ペルシャ文明のレリーフにも登場し、現在のイラン・イラク・パキスタン・インドの南部地方に広く生息していましたが、現在はこのギル野生動物保護区にのみに残る貴重な存在となってしまいました。

ギルの森林は1900年代初頭にジュナーガルの王族が保護区とされ、そのころにはトロフィー・ハンティングによる乱獲のためアジア・ライオンの数は15頭にまで激減していました。その後の政府の森林局やNGOの人々の努力により、このギルの多様性ある落葉樹の森でアジア・ライオンはその数を増やし、2010年の調査では411頭(雄200頭、雌180頭、子供100頭)にまで回復しています。

ギル国立公園は乾燥したチークと広葉樹林の森、東部にはアカシアの林とサバンナが広がり、その中を7つの川が流れ4つの貯水池を作っています。300カ所ほどの動物の水場となる場所があり、暑気にはこの水が野生動物たちの命をつないでいます。国立公園の東部と西部でも気候・降水量が大きく異なり、アカシアの林やサバンナの広がる東部では年間降水量が650ミリですが、西部では1000ミリを超えます。


では、ササン・ギルで観察できる主な野生動物をご紹介します。

アジア・ライオン Asiatic Lion、キンイロ・ジャッカル Golden Jackal、インド・マングース Indian Mongoose、チータル Chital、ニルガイ Nirgai(Bluebull)、サンバー Sambar、ワイルド・ボアー Wild Boar、マーシュ・クロコダイル Marsh Crocodile そのほか、たくさんの野鳥。

観察のベストシーズン、というとやはり2月下旬~5月でしょうか。乾期は水場に動物が集まるので観察しやすいですが、暑すぎてライオンがだらけていることも(もともと夜行性の動物ですから、日中は寝ていますね)。

ササンギル インドの森 (3)
寝ているお母さんライオン

ササンギル インドの森 (2)
起きた!

ササンギル インドの森 (4)
眠~い子供たち。運よく子供連れのライオンに合うことができると観察のチャンス。子供は早く動くことができないので一カ所に長くいてくれます。

ササンギル インドの森 (7)
Tickell’s Blue Fly Catcher ティックルズ・ブルー・フライキャッチャー(ヒタキの一種)

ササンギル インドの森 (6)
Brahmany Myna ブラフニー・マイナ(九官鳥の一種)

ササンギル インドの森 (5)
Spotted Owlet インドコキンメフクロウ 
インドの森は「野鳥の楽園」と言われますが、それでも写真に収めようとおもうと結構苦労しますが、フクロウたちはあまり動かないので、しっかりと被写体になってくれます。

ササンギル インドの森 (8)
Chital(Spotted Deer)アクシスジカ  
インドの森で最も一般的な鹿

ササンギル インドの森 (9)
Nilgai ニルガイ 
体の大きな鹿でBluebullと呼ばれ、オスはグレー色の大きな体をしています(この写真は雌)。鹿とはおもえないほど大きな子もいます。

ササンギル インドの森 (10)
Sambar サンバー 
水場に多く集まり「水鹿」とも呼ばれます。丸い耳が特徴的。

ササンギル インドの森 (11)
Marsh Crocodile マーシュ・クロコダイル 
そして水場にはワニも。乾期の水の少ない時期には観察しやすいです。

現在のインドはサファリ・ブーム。
是非、アジア最後の貴重な存在であるライオンたちの住む森を訪問してみてください。

文・写真 Mariko SAWADA  澤田真理子

ササン・ギルへのアクセス
アーメダ―バードから車で7~8時間。ディゥなどその他のグジャラートの都市からもアクセス可能です。
サファリはジープの事前予約が必要です。国立公園内に入ることが許されるジープの数に制限がありますのでインドの祝祭日が重なる時期など早めの予約が必要です。


添乗員同行、日本から出発するササン・ギルのアジア・ライオンに出会うサファリツアー
インド二大国立公園サファリ最後のアジアライオンが暮らす森ササン・ギルとベンガルタイガーが暮らす森ランタンボール

西遊インディアのインド発着現地ツアー 
インド・サファリ 最後のアジア・ライオンの暮らす森、ササン・ギル国立公園2泊3日
 



sawada_saiyu at 09:50|Permalink

2012年04月16日

SAMODE PALACE サモード・パレスでの宴(2)

darbar night06
4月初旬4日から5日間と6日間のツアーにわかれて西遊旅行としては珍しい、ジャイプール郊外のサモード・パレスで「マハラジャの宴を楽しむ」特別企画がありました。

2日間にわたって、サモーデ・バーグ(ムガール庭園での宴)と、パレスでのダルバール・ナイト(宮殿でのマハラジャの宴)を楽しむ何ともリッチなツアー。日中は自由参加とはいえ、ジャイプールツアー、工芸品めぐりツアー、村歩きツアー、アーユルヴェーダに走り回り、夜は宴という、まさに西遊旅行らしい「優雅なインド」でした。

「ダルバール・ナイト」ハイライトの夜の様子です。
サモード・パレスの麓にある城下町の庭に集合。ここから昔のマハラジャの凱旋をイメージしたらくだカートによるプロセッションが始まります。
darbar night01
松明の明かりに照らされ、楽隊とともに城下町をとおりサモード・パレスへ。この日は満月でもありムード満点でした。

そしてサモード・パレスに到着。暗闇の中にライトアップされたパレスと花火が上がります!
darbar night02

花が敷き詰められライトアップされたパレスの階段を上り中庭からプールサイドへ。darbar night03


中庭をとおり、シシュ・マハル(鏡の間)からダルバール・ホール(かつてのマハラジャの謁見の間)へ。
darbar night04
ダルバールホールでのシャンパン・カクテル。西遊旅行社長の外ノ池からご参加の皆様へのごあいさつに続き、スタッフの紹介。慣れない場にスタッフも緊張です。

そしていよいよテラスへ。シルバーターリーの夕食とともに、音楽と踊りが披露されます。
darbar night05


darbar night07最後は豪華な花火が。
テラスから見上げるサモード・パレスの夜空を飾りました。

そして何よりも西遊旅行のスタッフ一同が感動したのは、サモード・パレスの人たちが彩色したお米でつくってくれた
“SAIYU TRAVEL INDIA”。
西遊旅行にとっても、西遊インディアのスタッフにとっても記念すべき夜になりました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

文・写真 
Mariko SAWADA  澤田真理子
写真提供 中野浩子









”サモード・パレスでのウェディング・パーティーや催し物をご検討の方、これまでにサモード・パレスでの結婚式やプージャ、パーティーを手掛けてきた西遊旅行、西遊インディアまでぜひご相談ください。”

sawada_saiyu at 22:44|Permalink

2012年04月15日

SAMODE PALACE サモード・パレスの宴(1)

Samode Tour06
4月初旬、5日間と6日間のツアーにわかれて西遊旅行としては珍しい、ジャイプール郊外のサモード・パレスで「マハラジャの宴を楽しむ」西遊旅行の現地法人・西遊インディアの初の企画ツアーを行いました。

日本からのお客様総勢64名様と5名の西遊旅行社員と添乗員、6人の西遊インディアスタッフ、それにネパール西遊旅行のラビさん夫妻、アフガニスタンから安井浩美さん、インドからのお客様たちも参加した総勢80名を越えるツアーでした。

2日間にわたって、サモード・バーグ(ムガール庭園での宴)と、サモード・パレスでのダルバール・ナイト(宮殿でのマハラジャの宴)を楽しむリッチな企画だったのですが、日中は自由参加とはいえ、ジャイプール観光、工芸品めぐり、村歩き、アーユルヴェーダにと動き回り、夜は宴をする、まさに西遊旅行らしい「優雅なインド」。

そのツアーの様子を2度にわけてご紹介させていただきます。

Samode Tour01
初日、パレスに到着。歓迎を受けて、パレスの中庭へ入りチェックインです。パレス内の案内(ダルバールホール、鏡の間など)、プールの案内を受け部屋へ。

Samode Tour02
到着してから夕食まであまり時間がありませんでしたが、素敵なサモード・パレスのプールを楽しまれた方も。

いよいよ、夜のライトアップしたサモデ・バーグへ。
Samode Tour03
サモードバーグはムガール庭園。美しくライトアップされた中を会場へ向かいます。

今晩はパーティーの前に西遊インディア設立の“オープニング・プージャ”も行われました。インドの神々への礼拝の儀式であるプージャについて、同じヒンドゥー教の西遊旅行ネパールの社長ラビさんが説明してくれました。インドではものごとを始めるとき、ビジネスを始めるときにプージャが行われます。
Samode Tour04
西遊旅行社長の外ノ池夫婦でプージャを受けました。このときに供物を奉げられたガネーシャ像はデリーに持ち帰り、西遊インディアの事務所に安置されています。

Samode Tour05
そしてパーティー会場。芝生の広場にムガール風の赤いテントがはられその下に席が設けられました。音楽とともにライブ・バーベキューのビュッフェ。最初の夜が更けていきます。

Samode Tour07最後の一枚は西遊インディアの現地スタッフ(二人はネパールのシェルパ族出身です)と西遊旅行のラダック・ザンスカールの手配をしているザンスカール・トレックのラクパさんの記念撮影。
西遊インディアのドライバー、ジャイシンも今日は制服ではなくクルタで。それぞれザンスカールやネパールの民族衣装で「オープニング・プージャ」に参加しました。



次回はサモ-ドの宴(2)、サモード・パレスのダルバール・イヴニングの様子をご紹介します。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子  写真提供:安井浩美 中野浩子

sawada_saiyu at 05:21|Permalink

2012年03月29日

SAMODE PALACE サモード・パレス

サモードパレス
サモード・パレスは16世紀、今から475年ほど前に作られたマハラジャの宮殿で、1987年に「パレスホテル」として生まれ変わりました。今でこそ「パレスホテル」という名前が一般化していますが当時では画期的なこと。かつての藩王マハラジャが支配者ではなくビジネスマンとしてデビューしたのです。

サモード・パレスは決して豪華絢爛な高級パレスホテルではありませんが、そのムガール・ラージプート族の伝統建築の美しさと保存のされ方は数多くあるパレスホテルでも特別な存在です。
もともと戦いの多かったラージプート族の宮殿はより「要塞」としての役割が大きいものでした。サモードでは19世紀初頭のマハラジャRawal Berisal ラワル・ベリサルとその後継者のRawal Sheo Singh ラワル・シェオ・シンがパレスの美を最大のものとしました。この時に、細密画で覆われたDarbar Hallダルバール・ホール(謁見の間)、Shish Mahal シシュ・マハル(鏡の間)が作られました。

まずはパレスの一部をご紹介しましょう。
もともと「要塞」としての要素の強い荘厳な作りのパレスの中でも最も美しい装飾が残るのは、かつてのマハラニが過ごした部屋やマハラジャの謁見の間ダルバール・ホール、鏡の間シシュ・マハルです。

サモードパレス ダルバールホールダルバール・ホール 
かつてのマハラジャの謁見の場で壁面は細密画で覆われています。現在はホテルのパーティー会場としてガラディナーがセッティングされたりしています。







サモードパレス シシュマハルダルバール・ホール かつてのマハラジャの謁見の場で壁面は細密画で覆われています。現在はホテルのパーティー会場としてガラディナーがセッティングされたりしています。







客室をつなぐテラスも細密画で埋め尽くされています。色があせていくため、村の職人によって伝統に忠実に保存と修復が行われています。

では、ホテルの機能面もちょっとご紹介。客室のタイプも様々ですので、ここではシンプルにご紹介ささていただきます。より詳しく見たい方はホテルのホームページをご覧ください。

サモードパレス 第2コートヤードレセプションとカフェのある第2コートヤード(中庭)。ショップ、バーもあり、ここではWIFIも使えます。









サモードパレス プールパレスのメインプール。これはホテルになってから新しく作られたものです。ダルバール・ホールのテラスに隣接し、自然に囲まれた気持ちの良いテラスプールです。奥にはスパ施設もあり、アーユルヴェーダ、マッサージの施術を受けることもできます。サモード・パレスにはプールがもうひとつありレストランの近くの屋上のプールは、まさに「隠れ家」的なとても素敵なプールです。
サモードパレス シンプルな客室これはシンプルなかわいらしいお部屋の例。ゴージャスな天蓋つきのベッドの部屋や景色、内装などすべての部屋が、個性があり異なった特徴を持ちます。








サモードパレス シルバーターリーそしてお食事。メイン・ダイニングではコンチネンタル、インド料理を提供してくれます。写真のものは「シルバー・ターリー」。インドの定食ターリーもこうやっていただくとなかなか豪華、最近おいしくなってきたと評判のインド産ワインを傾けていかがでしょうか。




サモード・パレスの滞在は、豪華な高級パレスホテルとはちがう、ゆったりとした自然な空間を提供してくれること、そしてモードの村出身の従業員のサービスと誇りです。
サモード・パレスでは、サモード村とその周辺の村の人々を最大限雇用し、地元の素材を使い、ホテルの内装や修復などもサモードの技術と伝統を使って行っています。かつては村と地域のパトロンだったマハラジャ。現在の後継者たちも村を守り続け、人々から愛されるビジネスマンとして活躍しているようです。

ガンゴール祭3月末に訪れた日は、この地域で祝われるガンゴール祭の日でした。女神像を肩と頭に乗せサモード・パレスを出発。パレスの楽隊が町を歩き、出店が立ち、子供達がまさに縁日をたのしんでいました。






歴史を感じるここちよい空間を提供するサモード・パレスはインドでも高く評価され、1991年にはロンドン・タイムスで世界で5番目のホテル、と評価されるにいたりました。

次回はサモード・パレスでのパーティーの様子をご紹介いたします。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子


sawada_saiyu at 21:57|Permalink

2012年02月10日

一歩踏み入ればそこはマハラジャの世界    ~サモード・パレス

デリーから約4時間、ラジャスタン州の州都ジャイプールからは1時間弱。
いにしえの城下町のたたずまいを残す人口8000人ほどの静かな村サモード。

16世紀に建てられた宮殿がそこに建ちます。
ラジャスタン風の景観、内装。外装は砂岩を基調とし、中は大理石の床、複雑な装飾が施された柱、
象嵌細工が施された壁、ラグジュアリーな絨毯、マハラジャのハンティングや花をモチーフにした壁画。
ダルバールホールと呼ばれる最も豪華な広間にはフレスコ画が飾られています。
07 Durbar hall
ダルバールホール
40部屋ほどのゲストルームはそれぞれ個性があり、2つとして同じ部屋はありません。
いづれの部屋もアンティークな装飾品やバスルームにはこだわりがあり、いわゆる大型のデラックス
ホテルとは一線を画します。
palace横長
samode palace外観

今回ご案内しています4月4日発「優雅なインドの休日」では、そんな宮殿に宿泊するだけではなく、
「マハラジャの宴」をお楽しみいただきます。

「マハラジャの宴」って…?

6
楽団のウェルカム

夕方、宴は始まります。
キャメルカートに乗って宮殿へ入城。揃いのユニフォームを着た楽隊に迎えられます。
その後、ウェルカムカクテルで乾杯をし、マハラジャの夕べ。
夕食は一体どんなメニューかは当日のお楽しみです。
陽がとっぷり暮れた後にはサプライズも。
インドならではの体験をお楽しみいただきます。

当日は少々おめかししてご参加ください。
といっても暑いインド。楽な恰好でお越しください。
以前、インドで買ってタンスに仕舞いこまれているサリーやパンジャビ、結婚式のために買って
その後、陽の目を見ていないベトナムのアオザイ、買ったはいいものの派手すぎるかしらと
躊躇されているワンピース…。
そんな出番を待ちわびているお洋服を詰めて是非遊びにいらしてください。


優雅なインドの休日5日間 サモード・パレス滞在とマハラジャの宴
優雅なインドの休日6日間 サモード・パレス滞在とマハラジャの宴&タージマハル

chika murata




murata_saiyu at 20:30|Permalink

2012年02月06日

栄枯盛衰 ~マハラジャが刻んだ足跡

1995年、もう15年以上も前になりますが、日本で初めてインド映画が大ヒットしました。
「ムトゥ 踊るマハラジャ」 
タイトルだけはご存知の方も多いと思います。
この映画がきっかけとなったか、それともバブル期に一世風靡したディスコがきっかけと
なったのか、日本でも浸透した単語「マハラジャ」。

「マハ」=偉大な、「ラジャ」=王
偉大な王として、栄華を極めたのも今は昔の話。
1877年英国領となったインドでは、500以上もの藩王国が存在しました。
そのトップに君臨したのがマハラジャと呼ばれる藩王。
統治面積の広さは様々でしたが、広い国は20万㎢。
ベラルーシやキルギスの国土とほぼ同じ広さです。 

……。 
わかりにくいですね。わかりやすい例えでいきますと、北海道の2.5倍の大きさを一人のマハラジャが
治めていたこともあります。
一方、東京ドーム2個分程度の領土だった藩王国も。規模は実に様々でした。

インド・パキスタンが分離独立したあと、藩王国は消滅し、マハラジャ、マハラニ(マハラジャの奥様)は
確固たるステータスを失うことになりました。
十分な教育を受けていた人が多かっただけに、廃刀令後の日本の侍と同じように、学校の先生になる
人も多かったそうです。

そんな中、現金収入を得るための手段の一つとして、邸宅をホテル化するファミリーもたくさんいました。
宮殿ホテル、ヘリテージホテルなどと呼ばれますが、インドには数えきれないほどあります。
ウダイプルの「レイクパレス」やジャイプールの「ランバーグパレス」は日本人の間でも知名度の
高い快適なホテルです。

しかし、田舎に行くと穴場のパレスホテルがたくさんあります。
部屋は3部屋のみ、お給仕は元マハラニとそのご子息、などという場合もあります。

たとえば、バスタールにあるカンケールパレス。ここは末娘が敷地内で幼稚園を運営し、次男は
パレスホテルの運営、長男はデリーで学校の先生。マハラニは本当に上品なお婆様。マハラニが
リビングに登場すると思わずソファーから立ち上がってしまいます。
リビングには昔、マハラジャが狩りをしてきたベンガルタイガーの剥製、ダイニングには侍女が
あおいだのであろう何mもある扇。ロイヤルファミリーの家にお邪魔をしたんだなという臨場感が満載です。

カンケール外観カンケールのトラ幼稚園児






[左]カンケールパレス外観
[中]ベンガルタイガーの剥製
[右]敷地内の幼稚園に通う園児

一方、残念ながら落ちぶれていくマハラジャも…。
ある地方の小さなパレスホテルでは、壁は剥がれ、ドアはかたむき、夜はネズミが走る…。
そんなところもありました。ただし、他のパレスホテルと変わらないのは、マハラジャ、マハラニの
気位の高さ。「品格」というか「オーラ」というか。丁寧に磨き上げた銀の食器。豪華な額に表装された
先祖代々の肖像画。身に着けているサリーも、きっと昔はいいものだったに違いない、
ちょっと古くなっただけ。

いにしえのインドに思いを馳せる「インドの宮殿ホテル巡り」。そんな旅もいいかもしれません。


さて、4月上旬、西遊旅行と西遊インディアが行うマハラジャの宴。
サモードパレスは、一体どんなホテルなのでしょうか。マハラジャの宴って一体?

これは次回にご紹介いたします。

優雅なインドの休日5日間  サモード・パレス滞在とマハラジャの宴
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN79/index.html
優雅なインドの休日6日間  サモード・パレス滞在とマハラジャの宴とアグラ訪問
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN81/index.html


chika murata

murata_saiyu at 09:30|Permalink