アムリトサル

2014年08月15日

インドで生まれた宗教・シーク教

皆さまこんにちは。
いよいよ夏本番ですね。
毎日暑い日が続きますが、熱中症などにはくれぐれもお気を付けくださいね。

さて、今回はインドの宗教についてご紹介します。

インドで生まれた宗教には、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教、シーク教などがあります。

皆さまは、シーク教と聞いて、どういうイメージを思い浮かべますか?

 シーク教徒と言えば・・・「ターバンに髭」というスタイルが一般的なイメージです。しかし、それは私たち日本人のインド人へのイメージと同じではないかと思われる方もいるかも知れません。
 シーク教というのは、昔から裕福で教養があり、教育水準が高い層からの帰依が多かったのです。その為、社会的に活躍し、海外で働くシーク教が多いと言われています。つまり、昔から私たち外国人の目に留まってきたという訳です。
DSC_5293

DSC_5286


 シーク教の総本山は、アムリトサルにあります。アムリトサルとは、パキスタンと国境を接したパンジャーブ州の街で、16世紀頃にシーク教徒によって建てられた街です。そしてインドとパキスタンの間で、国境が開かれているのは、このアムリトサルだけです(パキスタン側はラホール)。
 
 この街にあるシーク教の総本山は現地語で「ハリマンディル」と言い、通称「黄金寺院」です。名前の通り黄金に輝くお寺です。また、こういったシーク教のお寺のことを「グルドワラ」と呼びます。
P7123316
黄金寺院
 
 シーク教は、16世紀にグル・ナーナクにより創められました。「シーク」とは、弟子を意味し、「グル」は、導師や聖人を意味しています。つまり、教徒は皆グル・ナーナクの弟子ということになります。
 教祖にあたる人はおらず、教典「グル・グランド・サーヒブ」をグルとしているのです。この教典は、実に1,430㌻もの書物で、英語に翻訳されインターネットでも閲覧が可能です。

 冒頭で、ターバンの話が出ましたが、このターバンはラジャスタン州などの民族衣装のターバンとも混同されがちですが、違うものです。長さ7~10m、幅は1.5mもの布を巻いています。髪をちょんまげにし、そこに布を引っ掛けるようにして強く巻きます。前方がきれいに反るように巻きます。ターバンを巻ける年頃になれば、自分なりに拘りをもち、巻き方を研究するそうです。しかし、このターバンは全く日除けにはならず、熱の放出を妨げ、むしろサウナのように蒸れるそうです・・・。

 そして、シーク教徒には大切な「5つのK」というものがあります。
  ・長髪・・・ケシュ
  ・ひざ上までのパンツ・・・カッチャー
  ・右手につけるバングル・・・カラー
  ・くし・・・コンガー
  ・短刀・・・キルパン
 これらの「5つのK」を大切にしているのは主流派のカールサー派。彼らは体に刃物を充てることを許されません。その為、髪と髭が長いのです(髪はちょんまげにし、ターバンを巻きます)。しかし、最近はターバンも時代遅れや、また頭痛の原因として、短髪でターバンを巻かない教徒の方も増えているようです。

 そして、大きな特徴をもう一つ。それは、「ランガ(共同食堂)」。シク教には、他の宗教を排除しようという思想はありませんが、カースト制は完全否定しています。ヒンドゥー社会において、異なるカーストの人間は食事を共にしてはならない、という厳然とした掟があります。材料もさることながら、食事の場そのものも大変重要な意味をなします(それは厳しい差別でもあるのです)。カーストそのものを否定したシーク教にとっては、そのようなタブーは全く意味をなしません。むしろ、全ての人間を差別することなく、皆一緒に食事をとるという制度を確立しています。食堂で供される食事は全て無料。誰でも頂くことができます。これは、全てのグルドワラで見られ、「セク」という奉仕活動により運営されています。
P7123329
ランガの様子
P7123326
皆で食器を洗っています
P7123323
おかずを作っています
P7123317
チャパティが焼けました

 また、ヒンドゥー教では、目上の人に敬意を示して、「足に触れる」という習慣があります。逆を言えば、位の高い人が目下の人の足に触れることは屈辱的なことです。シーク教では入口付近の靴を預かり番をしているのは、社会的地位の高い人が多いそうです。そんなところにも、カーストの否定を見ることができます。 

 インドに行くと、モスクに似たタマネギ頭のお城のような建物を良く見かけますが、それがグルドワラです。今まで、特に何も思わずに見てきたかも知れないグルドワラやターバンを巻いたシーク教徒。少し気に留めてみると、また違った感じ方ができるかも知れません。
IMG_7971
ニューデリーのグルドワラ


sugimoto_saiyu at 09:33|Permalink

2013年08月05日

印パ国境アムリトサル ~ヒマーチャル、旅の途中①~

今回は、「花のロータン・パスとダラムサラ」番外編その1、ということで、
お花以外の見所をご紹介します。


毎年催行されているこのコース。今年はいつもと少し違いました。

まずはじめに訪れたのは、シク教徒の聖地・アムリトサル(パンジャーブ州)です。
ここには、シク教の総本山、ハリマンディル(黄金寺院)があり、不死の池と呼ばれる水の真ん中で輝いています。

シク教徒というのは、一般的に頭にターバンを巻いた方が多くいます。
私たちのインド人のイメージと言えば、「ターバンに髭」ではないでしょうか。
そのイメージを植え付けているのは、恐らく海外で活躍することが多い彼らです。
ただこのターバンは、ラジャスタンなどの民族衣装のものとは異なります。
年頃になると、ターバンの巻方も自分なりに工夫し、こだわりがあるそうです。

P7123316
本堂の黄金寺院

この宗教は、カーストを否定するという精神のもとに成り立っているところがあり、
そういった場面を随所で見ることができます。

P7123329
シク教のお寺には、必ず食堂(ランガ)があり、全ての人が同じ所で同じ食事を一緒にとります。それは、階級によって一緒に食事をしないカーストを否定する精神の表れです。
ちなみにこの食堂、私たち旅行者でも食事を頂くことが可能です。

その他には、靴を預ける所がありますが、ここで靴の番をしているのも、身分が低い人たちではありません。
カーストの社会では、自分よりも身分の低い人の足を触る、ということは究極の侮辱です。
しかし、そんなことの意味をなさないシク教の社会では、階級に関わらず、靴番をするのです。

お寺の中では、お経とも言える音楽が流れており、とても心地良いです。


黄金寺院の後は、パキスタンとの国境・アタリーでのフラッグセレモニーを見学しました。
印・パの賑やかさをお互いに競い合うようにパフォーマンスが繰り広げられる様は、
なかなか見ごたえ有りです。

P7123340
大いに賑わうインド側の観覧席

インド側では、ボリウッド音楽が流れていてインドの方々が踊っていたり、
衛兵隊が脚を高くあげて行進をしたり。
こちらからは確認できませんでしたが、恐らくパキスタン側でも同じようなことが繰り広げられていたのでしょう。

インドとパキスタン、色々と問題を抱えていますが、
この光景を見ている限りでは、平和を感じることができました。



さて次は、リトル・ラサ「ダラムサラ」編です。

幻の花・ブルーポピーを求めてハイキング!「花のロータン・パスとダラムサラ」ツアー情報はこちら

インド添乗員同行ツアーこちら
インド個人旅行・フリープランこちら
SAIYU INDIAのホームページはこちら

sugimoto_saiyu at 18:25|Permalink