インドの森

2016年10月14日

【発表!】ベンガルタイガーと出会う、こだわりのインドの森パンフレット

毎年ご好評をいただいている、インドの森・ベンガルタイガーを訪ねる旅
2017年の新コースを発表致しました!

●EB3I0542
ベンガルタイガー Bengal Tiger

tora (6)
インドクジャク India peacock

今年お届けするコースは以下の5本!
2009年の視察以降、述べ250名を超えるお客様をインドの森へご案内した西遊旅行。
毎年のツアーの積み重ねから学んだとらの習性や出生数、自然現象、
そしてインドの国立公園特有の予約システムなどを考慮し、
ベンガルタイガーとの出会いに徹底的にこだわったサファリツアーです。

ポイント①「カーナとバンダウガル」では8日間で計9回のサファリ!

今年復活したカーナとバンダウガルを訪れるコースでは、全日空を利用することで、8日間で計9回のサファリをお楽しみいただけるようになりました。
中でも、世界一のトラ生息密度を誇るバンダウガルで計6回のサファリを満喫します。

対象コース: ベンガルタイガーを求めて カーナとバンダウガル

to (6)
バンダウガル国立公園にて

ポイント② 新企画「バルディアとコルベット」では希少なネパールのトラを狙う!

西ネパールから国境を越えインドへ、ネパールとインドの「タイガーベルト」を行く新企画「バルディアとコルベット・コアゾーンサファリ」では、これまで観察が難しいとされてきたネパールのトラを狙います。また、インドでは、最古の国立公園コルベットの中でも、フォトグラファーに人気の「コア(中核)・ゾーン」になんと宿泊!宿の前を野生の象が通過する・・なんてことも!


to (7)
ジム・コルベット国立公園のベンガルタイガー

to (8)
バルディア国立公園の湿地とインドサイ

ポイント③ 新企画「西部インド・3大サファリ」ではインドのネコ科ビッグ3トラ・ライオン・レオパードと出会う!

「西部インド・3大サファリ」のコースでは、ベンガルタイガーに加え、インドのネコ科動物を代表するライオン(アジアライオン)、レオパード(インドヒョウ)の生息地も訪問。アジアライオンは世界でもササン・ギル国立公園にしか生息しておらず、貴重な出会いとなります。また、レオパードと出会うため、近年インド人カメラマンの間で話題になっているラジャスタン州・ウダイプル近くの渓谷・ベラへ。岩山をテリトリーとして、35〜40頭が暮らしています。 


to (5)
アジアライオンの赤ちゃん

hyou
ベラのレオパード(インドヒョウ)

こちらのコースが掲載されたパンフレット「インドの森サファリ」は本日より順次発送。10月15日ごろからお手元に届きます。手元に届いていないという方、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください

Text by Megumi Nakatani 

nakatani_saiyu at 18:57|Permalink

2014年10月27日

ランタンボール国立公園のベンガルトラ 木陰でお昼寝・・・T-72 (Sultan)

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (1)

ランタンボール国立公園のベンガルトラ、T-72 Sultan のサイティングの様子です。
2014年の4月のサファリのこと。この日は珍しく朝から「嵐」。オープンスタイルのサファリカーのためツーリストはみんなびしょぬれに。幸いなことに私たちがこの日訪れていたRoute-1には公園係員の小屋がありそこに避難しました。
「こんな天気だとトラは出てこないよね?」の質問に、ガイドさんも「そのとおり」。
他の公園でも聞いた話ですが、トラはあんまり塗れているところを歩くのは好きじゃないんだそうです。

気を取り直して午後のサファリへ。朝の嵐がうそのように晴れ渡りました。Route-2を走り始めました。雨上がりの森では、いろんな動物が活動。いつもの暑い乾燥した午後とはちょっと様子が違いました。
「あ、あしあと」

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (2)

朝の雨で地面がやわらかくなっていたところに、ビッグなパグ・マーク(あしあと)。しかもまだしめってるのでそんなに時間は経っていません。トラの歩いた方向に車を走らせると、木陰にねそべるT-72 スルタンがいました。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (3)
ビミョーな木陰に寝るスルタン。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (4)
ネコですね~ たらふく食べた後なのか、おなかも大きいスルタン。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (5)
カメラマンさんのシャッター音が響き渡る中どうどうのお昼寝。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (6)
イノシシ Wild Boarがそばを通ると反応しました。それはさすがに気になるようです・・イノシシおいかけはじめて草むらに。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (7)
そしてスルタンの後をおって全サファリカーが移動を開始、大混乱。この週末はインドの「グッドフライデー」の連休と言うこともあり、入場サファリカーの数が制限されているにもかかわらず、コントロールができておらず、身動きできないほどの車が公園内に入っていました。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (8)
草むらに隠れて狩をしようにも、どうも失敗したみたい・・・。トラの狩は20回に1度くらいしか成功しないといいます。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (9)
ほかのサファリカーもスルタンを探してレンズを覗き込んでいます。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (10)
どこにいったのかと思うと、サファリカーの真横から現れたスルタン。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (11)
もう、近すぎて写真は撮れません。せっかくこんなに近いので、レンズを通さず、目でトラを感じて楽しむに限ります。力強いトラの姿に感動。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (12)
スルタンはそんなツーリストの車の間をスイスイと歩き、水場へ。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (13)
途中、すりすりマーキング。

ベンガルタイガー ランタンボール T-72 (14)
スルタン、至福のひととき。

スルタンT-72は、T-22の子供で母親から独立し、縄張りを持ち始めたばかりの若いオスでこのとき3歳。まだ、動きに子供っぽさが残っている感じでした。


Photo & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子


西遊旅行のベンガルタイガーに出会う旅
ベンガルタイガーを求めて 沙羅双樹が美しいジャングルブックの森カーナと世界一のトラ生息密度バンダウガル国立公園
インド二大国立公園サファリ 最後のアジアライオンが暮らす森ササン・ギルとベンガルタイガーが暮らす森ランタンボール

★ベンガルタイガーの撮影を目的とされている方は弊社のインド・サファリ担当スタッフまでお問い合わせください。


sawada_saiyu at 11:53|Permalink