インドヒマラヤ

2014年04月18日

花咲くロータン・パスへ

インド好きの皆様、いかがお過ごしでしょうか。
日本もやっと春がやってきて、今年も桜がきれいに咲きました。
これからは、新緑の季節の到来です。

新緑の季節と言えば、北部インドも緑の美しい季節がやってきます。
これからインド平野は暑い暑い季節を迎えます。
しかし、インドは広い国です。少し北に上がると、山岳エリアがあります。

インドに山岳エリアがあることを意外に思われる方もおられるかも知れません。
6月、7月以降、緑や花の美しいインドがそこにはあります。
P7163539

P7163553



7月はブルーポピーやエーデルワイスなど、多種多様な高山植物が咲く美しい季節です。インドヒマラヤを背景に、色とりどりの花々の観察を存分にお楽しみいただけます。

西遊旅行では、高山植物が咲き乱れる7月のベストシーズンに限定し、ツアーを設定しています。

ヒマーチャル・プラデーシュ州には昔からインドのハネムーンとして人気のマナリという風光明媚な街があります。
そのマナリからラダックのレーへ抜ける峠がロータン・パスです。
標高は3,980メートル。冬は閉ざされており、丁度日本のゴールデンウィークくらいに再開されます。

ロータン・パス付近では、幻の花・ブルーポピーなどの花々が咲きます。
勾配のきつい箇所はありませんので、ゆっくりと散策を楽しむことができるのです。


P7163489

P7173589

P7163540

P7173619


お寺やガンジス河ばかりがインドではありません。
花と緑が溢れるインドを是非体験してみて下さい。

リピーターの方はもちろん、初めての方も新しいインドとの出会いがそこには待っています。


****ロータン・パスへ行く西遊旅行のツアー****
ロータンパス・パスとダラムサラ
インドヒマラヤ冒険行
チャンタン高原 天空の湖パンゴン・ツォとツォ・モリリ

sugimoto_saiyu at 21:03|Permalink

2012年04月30日

春・爛爛漫 ~薄紅色に染まったラダック~

apricot1
カルギルから西へ少し シラツェ村

いよいよ始まりました、チームインドの夏。
西遊旅行の夏・ラダックの夏

ラダックを訪れる8日間 
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN21/index.html
ラダックの生活を体験 
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN82/index.html
タボやカザといった至極の仏教芸術に触れる大冒険旅行 
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN23/index.html
インドチベット世界の極み・ザンスカール
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN24/index.html
標高4,500mの天空の湖ツォモリリ湖畔 チャンタン高原で行われるコルゾックフェスティバル
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GDIN83/index.html

などなど、夏のコースが目白押しです。

そんな季節を控え、一足早くラダックへ行ってきました。
目的は「咲き誇るアンズ」です。

4月14日発の「薄紅色に染まる聖域 春のラダック」の釣果をご報告します。

alchi1
アルチでは春を迎え、田起こしに精を出す人々の姿が。「ゾウ」が大活躍しています。
もちろん、「象」ではありません。ヤクとウシの掛けあわせを「ゾウ」と呼びます。

alchi4alchi3
アルチ僧院に咲く杏。夏とは違う穏やかな女性的な雰囲気が漂っていました。
7~8月に訪れるとオレンジの小さな杏がたわわに実っています。

ラマユルとダーへの分岐点を進んだところ(レド村)からの風景srts1
 杏畑を少しお邪魔しますsrts2
 マニ車の前で井戸端会議(スクルブチャン)skrbc1
 まさに咲いて乱れたダー村①dh1
 咲き乱れ過ぎ?ダー村②dh2
 

dh3
dh4
ダーに暮らす人々は「花の民」と呼ばれます。ビーズや古銭、そしてホオズキを頭に飾ります。おばあさんは細く幾本もの細い束にして長い三つ編みをしていました。「全部自分の髪?」と聞いたところ、抜けていく髪を集めて、地毛に縒り合せて長くしているそうです。お嬢さんの格好は盛装で、結婚式などの晴れの日にする格好です。羊の皮のマントを羽織り、頭の華やかな花は造花でした。

カルギルから西も花盛り。運が良かったのか、ご参加の皆様の日頃の行いの賜か、花三昧、春うららな9日間でした。
これから9月まではチームインドメンバー、足しげくラダックに通うことになりそうです。

skrbc2

村田知香 chika murata

murata_saiyu at 22:09|Permalink