タミル・ナードゥ州

2013年11月19日

南インド ラーメーシュワラムへの旅

ワナッカム!
皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。
私は、10月に少し休暇をとり、大好きな南インドへ旅に行ってきました。
今回は、その旅の一部をご紹介致します。

目指したのは、南インドはタミル・ナードゥ州にあるインド屈指の聖地、ラーメーシュワラム。
屈指と言っても、知っている人は少ないのではないでしょうか。

このラーメーシュワラムとは、「四大神領(インドの東西南北を護る聖地)」の一つにあたり、南を護っています。
また、「12の光輝くリンガ(ジョーティリンガ)」の一つでもあり、ヒンドゥー教徒なら誰もが一度は巡礼に行きたいと思う所です。

マリンブルーに光るマンナール湾に突き出た半島の先にあり、海を隔てたその向こうにはスリランカがあります。
海峡には、アダムス・ブリッジと呼ばれる7つの小さな島がスリランカへと連なっています。

このラーメーシュワラムは、インド二大叙事詩「ラーマーヤナ」ゆかりの地です。主人公ラーマ王は、魔王ラーヴァナに誘拐されたシータ姫を救うために、猿の神ハヌマーンの力を借り、ラーメーシュワラムからランカー島(スリランカ)へと橋を掛けて渡ったとされています。
魔王ラーヴァナを倒し、シータ姫を救ったラーマ王が、穢れを浄めて神に感謝し祈った場所にラーメーシュワラム最大の寺院、ラーマナータスワミ寺院があります。

PA304657
ラーマナータスワミ寺院の東の門搭

とても立派なお寺で、南北に約200メートル、東西に約350メートルという大寺院です。また、素晴らしいのは中の回廊。高さは9メートル、全長は1220メートルにも及び、合計1200本の柱には3000以上もの力溢れる彫刻が刻まれ、天井には極彩色のヤントラ(宇宙の神秘を象徴するデザイン画)が描かれています。
また、中には22の聖なる井戸があり、禊の場として機能しています。

P1161838
寺院の中の回廊

そんなラーメーシュワラムへの道のりは、タミル・ナードゥ州第二の都市、マドゥライから始まります。バスも列車も出ていますが、今回は列車を使いました。
朝6:25頃、少し明るくなった中を出発した列車は、快調にラーメーシュワラムへと進みます。インド本土から島には、パーンバン橋と言う長さ2キロに及ぶ、インドで最初にできた閘門式の橋が掛かっており、美しい海の上わずか3メートルの所をゆっくりと進んで行きます。目の前に広がる海のその美しさには目を奪われます。
インド人の乗客たちも携帯のカメラで嬉しそうに写真を撮っていました。

PA294467
列車の中の様子

PA294499
車窓から

PA294598
閘門式のパーンバン橋

島に到着した後、宿に荷物を置き、直ぐに島の終わりに位置するダヌシュコディと言う村を目指しました。
オートリキシャで約40分。着いたのは、真っ青なインド洋とベンガル湾に挟まれたムーンラムチャッティラムと言う漁村。ここから先は、オートは立ち入り禁止です。1964年のサイクロン以降、ジープかテンポでしか入域できなくなったそうです。テンポは20人集まらなければ出発しません。

PA314815
ムーンラムチャッティラムから見るインド洋

インド洋の壮大な波を見ながら待つこと約30分。20人が集まりやっと出発です。体の大きなインド人たちと寿司詰め状態で浅瀬の海をガタガタと進むこと30分。遂にダヌシュコディに到着です。

PA294592
浅瀬をテンポで進みます

PA294583
テンポの中の様子

もともとは、活気のある村だったダヌシュコディ。1964年、サイクロンに襲われてから廃墟のようになってしまいました。今は、古い列車の駅や珊瑚でできたキリスト教会の残骸と、小さな集落がある程度です。

PA294577
珊瑚でできた教会

その先4キロ進んだ所が、インドの終わりです。残念ながら、テンポの停車時間は30分だけ。全く影のない炎天下、気温38度の中を歩いて4キロ進むのは危険です。別手配をしたジープでなければ行くことができません。
今回は、本当の端まで行くことはできませんでしたが、いつかまた訪れたいと思います。

南の端にある小さな島、ラーメーシュワラム。そこは、伝説と篤い信仰が今も息づく聖なる島。
どこまでも美しく広がり、のどかで静かな海に心が癒される素敵な場所です。

PA304722
夕日に染まるラーメーシュワラム

PA314767
朝日


▼西遊旅行の南インドの旅
「楽園の南インド周遊」 

sugimoto_saiyu at 17:56|Permalink