ダー村

2016年11月17日

【発表!】杏の花咲く春のラダックへ

秋も深まってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
先週末から順に最新のパンフレットを送らせていただいております!
お手元に届きましたでしょうか?

anzu (15)

今日は、インド北西部・ラダックが薄桃色に染まる「春のラダック」のコースをご紹介いたします

anzu (5)

 四月中頃~四月末、ラダックは春を迎えます。
夏は民族衣装を着ていない人々も、この時期には温かい民族衣装を着て春の種まきに勤しんでいます。 

anzu (16)

ラダックの中心地・レーからインダス川に沿って、さらに北西へ。
パキスタン国境にほど近い町・カルギル周辺では、杏の果樹園とポプラの美しい風景を楽しむことができます。

anzu (11)

花満開の村。畑では麦が青々とした芽を出しています。

anzu (13)

橋を渡り、村の中へ。このあたりにはイスラム教の人々が暮らしています。

anzu (10)

カルギルへの途中、「花の民」と呼ばれる人々が暮らす、ダー村やガルクン村も訪れます。

anzu (8)

年に一度、青い空と杏の桃色、芽吹く麦の緑が輝く春のラダックへ。
西遊旅行イチオシのコースです。

薄紅色に染まる聖域 春のラダック」ツアー詳細はこちら
 

nakatani_saiyu at 16:03|Permalink