チベット子供村

2013年08月17日

リトル・ラサ-ダラムサラ ~ヒマーチャル、旅の途中②~

「花のロータン・パスとダラムサラ」の見所をもう一つご紹介、ダラムサラです。


訪れたのは、「リトル・サラ」と呼ばれるダラムサラ(ヒマーチャル・プラデーシュ州)です。
ここは、1959年にダライラマが亡命して以来、チベット亡命政権が置かれている都市です。
当時インドの首相だったネルー氏が、閑静なこの町をチベットの人々の為に用意しました。
もともとは、イギリス人たちが避暑地として住んでいた町です。
チベットの人々は、ダライラマに謁見する為、そしてチベット人としてのアイデンティティを持ちながら
生きる為にこの地を目指します。

P7133383
ダラムサラの中心・マクロードガンジ

その逃避行は、国境警備の手が薄くなる厳冬期に集中するそうです。
凍傷により手足を失ったり、命の危険を冒してでもヒマラヤ山脈を越えてやってくるのです。

中には小さな子供もいます。
彼らは、もう二度と両親と会えないかも知れないのです。
そんな子供たちの暮らす場所、チベット子供村があります。
そこには、乳幼児~18歳くらいまでの子供たちが、約2,000人も暮らしています。
ホームと呼ばれる宿舎で、男女5歳~18歳までの子供たちが、
お互いの面倒をみながら家族のように暮らしています。

またベビーホームには、5歳以下の子供たちが暮らしています。

P7133376


あどけない笑顔を見せてくれる彼らが、辛い越境を経験し、ここへやってきたなんて信じられません。
少しでも力になることができれば・・・
そう思いました。

また、ダラムサラにはノルブリンカ芸術文化研究所があり、チベットの精神的・文化的遺産、伝統芸術・技術を保存し発展させる為の取り組みが行われています。
ここでは、タンカを描いたり、刺繍をしたりする作業を見ることができ、チベット人のこれからの希望の光を感じることもできます。

P7153414
タンカを描く青年

また今回、このノルブリンカのワークショップでは、チベットの精神的指導者として、
ダライ・ラマ、パンチェン・ラマに次いで重要な人物とされているカルマパにも謁見することができました。
彼は、私たちを見て、軽く会釈をして下さいました。
残念ながら写真を撮ることは許されませんでしたが、忘れることはないでしょう…


「チベット」と聞くと辛い歴史を思い浮かべがちですが、
ここダラムサラへ来ると、その歴史もさることながら、前を向いて歩んでいるチベット人の強い精神力を感じます。

リトル・サラ「ダラムサラ」。チベット本土に行かれた方もそうでない方も、ぜひ一度足を運んでみて下さい。私たちに、チベットのことを知る機会を与えてくれます。



sugimoto_saiyu at 15:56|Permalink