デリー

2017年03月18日

2017年ゴールデンウィークはインドへ♫

世間ではお花見もこれからだというのに、西遊旅行ではゴールデンウィークのお申し込みのピークが訪れております。

今年はお休みの取り方によっては最大9連休!!このチャンスをお見逃しなく!!
ゴールデンウィーク出発ツアー早見表もご用意しています 

32


中でも人気なのは、5日間で行けるインドの旅。

催行決定インドの優雅な休日  東京発着 258,000円

催行決定タージ・マハルと聖地バラナシ 東京発着 228,000円

催行決定オリッサ石造美術と世界遺産スーリヤ寺院 東京発着 268,000円

orissa (6)
世界遺産スーリヤ寺院(オリッサ州)
全て、5月3日(水)発、5月7日(日)帰国の5日間
残席わずかとなっております! 


お申し込み、お問い合わせはこちらの「ツアーお問い合わせ」までお願いいたします 

nakatani_saiyu at 11:19|Permalink

2016年08月03日

大都会デリーの階段井戸 -Agrasen ki Baoli-

東京本社の中谷です。先日ついに発表されました、総合パンフレット140号。お手元にとどきましたでしょうか(無料でお送りしますので、お気軽にご請求ください!ご請求はこちら)。

この新しいパンフレットで発表したインドのツアーは13コース。新たなグジャラートの魅力に迫る新企画4年ぶりに復活したオリッサの民族コースなど、多種多様なコースをご用意しています。

今回のパンフレットでフィーチャーしている場所のひとつが階段井戸です。

baoli (3)
合わせ鏡を見ているようなアダーラジの階段井戸
 

baoli (2)
世界遺産ラーニキヴァーヴ(女王の階段井戸)。こちらの記事で詳しくご紹介しています。

階段井戸とは、その名の通り、階段のついた井戸です。普通の井戸と異なり、階段で地下に下りて行き、直接水をくむことができます。

baoli (5)
井戸の底から見上げた景色(アダーラジの階段井戸)

乾燥したインドで、水は生活必需品。水道のない村などでは、女性たちが水汲みに訪れ、ついでに涼んだり、世間話をしたり、情報交換をする場所として使われてきました。地域の支配者たちは、自らの権力を誇示するため、競って美しい階段井戸を建設しました。

baoli (4)
ラーニキヴァーヴの内部。長年柔らかい泥に埋もれていたため、現在も保存状態の良い彫刻を見ることができます。

今回のパンフレットでは、上写真のように豪華絢爛な階段井戸のほか、デリーの大都会の中に残る階段井戸・アグラーセンの階段井戸(Agrasen ki Baoli)を訪れるツアーも企画しました。

アグラーセンの階段井戸は、デリーの中心部コンノートプレイスの中心から南東へ、わずか300mのところにあります。背景はビル群。誰がいつ建設したのか、正確な記録はありませんが、伝説上の王アグラーセンによって造られ、14世紀に再建されたという言い伝えが残っています。

baoli (1)
都会の人々の憩いの場・アグラーセンの階段井戸。

その後、アグラーセンの階段井戸は大学生のデートスポットとして、地元の人々の散歩コースとして、人々に親しまれ続けてきました。

その立地の良さからか、アグラーセンの階段井戸はしばしばインド映画の撮影地として使われています。最も有名なものは2015年に公開された映画「PK(ピーケー)」。この映画は2016年10月に日本でも公開予定ですので、階段井戸のシーンに是非ご注目ください。

また、2016年7月に公開されたインド映画「Sultan(スルタン)」では、主人公であるレスラーが筋トレのためにアグラーセンの階段井戸を上り下りするシーンも。。

_V1_
アグラーセンの階段井戸で筋肉増強に勤しむ主人公。このあと重い煉瓦を階段にぶちまけていましたが、そんな大胆な使い方をするのによく撮影許可が出たなあ…インドの懐の広さを感じました。© Yash Raj Films

作った人がわからないくらいの古い歴史を持ちながら、人々の生活に根付き、親しまれ続けているアグラーセンの階段井戸。地元の人々とともに階段に腰かけ、昔のデリー、今のデリーに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

Text by Megumi Nakatani

アグラーセンの階段井戸も訪れる!140号発表コースはこちら
 


nakatani_saiyu at 11:42|Permalink

2012年08月31日

インドの駅と列車の風景

暑さもだいぶ和らいできました、デリーの西遊インディアからお届けします。

鉄道王国、インド。路線の総延長は60,000kmを上回り、そのネットワークはインドの隅々にまで張り巡らされています。西遊インディアの事務所のあるグルガオンにも路線が通っているので、今回はグルガオンからデリーまで乗ってみました。

乗車駅はグルガオン駅。グルガオンというと新興都市のイメージが強いですが、大規模な開発が行われる前から存在する旧市街があり、駅はその旧市街の中にあります。

インドの鉄道 (1)
グルガオン駅

入口から中へ入ると、まず切符売り場があります。切符売り場の窓口には人だかりができており、20分並んでようやく買えました。

インドの鉄道 (2)
切符売り場

切符を手に入れると、そのままプラットホームに向かいます。改札などはありません。切符売り場の反対側のホームに行くので跨線橋を渡りましたが、悠然と線路上を横切っている人も多いです。中には線路に座って列車を待っている人もいました。線路への立ち入りは相当自由なようです。

インドの鉄道 (3)
デリー方面を望む

ホームで待っていると列車がやってきました。車内がかなりの込み具合であろうことは、車両の屋根を見てわかりました。あんなところに好き好んで座る人がいるとは思えません。

インドの鉄道 (4)

列車は1分ほど停車したのち、突然動き出しました。ドアは走行中も開いたままなので、ドア付近の人は多少外にはみ出ます。それにより車内の混雑が少しだけ緩和されます。

40分ほど走りデリー市内のPatel Nagar駅に着いたところで下車しました。辺りはすでに暗くなっておりましたが、すぐそばにあるメトロ(近年建設されている市内を走る電車)の駅が明々と光っているのに対し、こちら側の鉄道駅の暗さは際立っていました。

インドの鉄道 (6)

今回乗った列車は予約不要の通勤列車でした。予約もなく短い時間で乗れるので、「インドの鉄道」を気軽に体験したい方はデリーに来られた際に「体験」してみてはいかがでしょうか。近代化すすむデリーで、昔ながらの「デリー」の雰囲気を味わえるかもしれません。

文・写真 西遊インディア 以頭祐志 Ito Yushi



ito_saiyu at 15:44|Permalink

2012年06月18日

デリーでアーユルヴェーダ Ayurveda

暑くなってきたデリーより、西遊インディアの便りです。
デリーはここ一週間、本当に暑くなってきました。この夏の時期にお勧めなのがアーユルヴェーダ。

カイラリ (1)

アーユルヴェーダは本来南インド発祥のインド伝統医学。
数日から数週間かけて治療を行うものですが、デリーでもア-ユルヴェーダを体験することができます。
そのなかでもお勧めの施設がカイラリ・アーユルヴェーダ・デリー店です。
週末はデリー在住のインド人会員でも混み合う、本格的なアーユルヴェーダ施設です。

その施設を少しご紹介します。
カイラリ (2)
デリー市内にして、庭の広い落ち着いた住居を利用したのがカイラリ・デリー店。

カイラリ (3)
カイラリはそのハーブ・オイルのクォリティーでも有名です。何種類ものハーブを1日~数日かけて作られたハーブ・オイルが並んでいます。また店内には南インドに展開するカイラリ・アーユルヴェーダ・リゾートの案内や紹介記事も。

カイラリ(4)
施術室へご案内。デリー店は現在4部屋の施術室があります。Doroniドロニいう木のアーユヴェーダ用の施術台が置かれた施術室。

カイラリ・デリー店は決して豪華なスパではなくあくまでもインドの一般施設。東南アジアのツボに効くマッサージでも癒し系のマッサージでもありません。ここでご紹介するアーユルヴェーダはインド伝統医学を体験するものです。

ではついでに人気のトリートメントも・・・

Abhyangamアビヤンガム 45分2000ルピー
ABHYANGAM -Special Herbal Oil Massage
アーユルヴェーダのハーバル・オイルを惜しみなく使ったボディ・マッサージ。 ヘッドマッサージ、全身のマッサージ、顔 のマッサージ、仕上げに効果をあげるためスチームで吸収をよくし、体・肌を活性化します。



Dharaシロダーラー 45分3000ルピー
SIRODHARA THERAPY (Dripping of Medicated Oil on the Forehead)
アーユルヴェーダといえばまずはこのシロダーラを連想される方も多いことでしょう。 暖かいハーブオイルを額の中心に落とし人間の五感に働きかけます。体と心のリラックスにお勧めのトリートメントです。


上記のアビヤンガムとシロダーラーを組みあわせたレジュビネーション(若返り、活性化)・セラピー 100分5000ルピーが担当者からの一番お勧めで、そして一番人気があります。
(2012年6月現在)

西遊インディアのホームページ「デリーでアーユルヴェーダ」で詳しくご紹介しています。

西遊インディア 田村暁
写真:澤田真理子, 施術写真はKairali Ayurvedic Resortより提供










tamura_saiyu at 13:11|Permalink

2011年02月16日

デリーから行くブータン旅行

デリーより、ナマスカール!

西遊旅行・日本オフィスで日本語研修を終えた、ブータン人2名、
ゲム・ドルジさんとウゲン・ドルジさんが、デリーに戻って来ました。
デリーを経て、空路ブータンに帰国していきました。


二人は日本語研修、ガイド研修のほか、休日は東京・大阪・京都など、
日本観光も楽しみ、日本食は天丼が一番美味しかったとのこと。

ブータンには日本大使館がありませんので、二人の日本ビザは
デリーの在インド日本大使館で取得しました。在インド日本大使館のビザご担当者様、大変お世話になり、ありがとうございました。


さて、インド在住の皆様へお知らせです。
西遊インディアでは、デリー発着のブータン旅行をご案内しています。
インド発着海外ツアー一覧 ブータン

ブータンの玄関口パロまでは、デリーから空路わずか2.5時間。
もちろん、日本語ガイドの手配も可能です(繁忙期を除く)。

インドにご滞在の間に、近くの神秘の王国・ブータンに足を運んでみませんか。
ブータンではインドルピーも広く流通しており、相場固定レートで1ヌルタム=1インドルピーで、
インドルピー現金がそのまま使えます。

日本の着物に似た民族衣装、日本人そっくりの人たちが、真心をこめて接してくれるブータン。
ブータンでブータン人と、日本とブータンの仏教の違いについて語ったり、
鎌倉の大仏や金閣寺の話をしてみるのもいいかもしれません。
そんなブータンで、昭和の原風景を感じてみませんか。焼き石で温める広い湯船にもつかれます!


ブータンの詳細情報はこちらをご参照ください。
西遊旅行の特集 ブータンの旅


IMG_5006 Bhutaneses in Delhi
ブータンでお待ちしてます!!


nakamura_saiyu at 00:48|Permalink