at 16:02│TrackBack(0)ラテンの動物 | ガラパゴス諸島

2011年02月02日

ガラパゴスのイグアナ

前回に引き続き、ガラパゴスのお話です。
イグアナは南米大陸から流木に乗って、この島にやって来たと考えられています。そして、ガラパゴスにはリクイグアナとウミイグアナの2種類がいます。リクイグアナはその名のとおり陸で生活し、ウミイグアナも陸で生活していますが、リクイグアナと共存するために同じものを食べず、海に潜って海藻を食べています。しかし、リクイグアナは、好物のサボテンの花や実が落ちてくるまでじっと待ち侘びるしかなく、その点、ウミイグアナは海に潜れば海藻はいくらでもあるので飢えることはありません。
近年、リクイグアナとウミイグアナの共存関係が崩れ始めているようです。サボテンの下にウミイグアナも居座るようになり、サボテンの花や実は食べませんが、メスのリクイグアナにちょっかいを出そうとしているのです。しかし、メスのリクイグアナはあっさりそれを拒否します。そんなやりとりの中で、ハイブリッド種と呼ばれる、リクイグアナとウミイグアナのハーフが生まれ始めているのです。

DSC_0243

【写真】希少なハイブリッド種のイグアナ

ウミイグアナとリクイグアナの恋物語は仕方ないとしても、温暖化によるエル・ニーニョ現象の影響で、体長が25%も短いイグアナが発見されていることは見逃せない話題です。彼らのために、地球のために、私たちに何ができるかちょっと考えてみませんか?

at 15:56│TrackBack(0)ラテンのトリビア | ガラパゴス諸島

ガラパゴスとニッポン

みなさん、こんにちは。
年末から太平洋を2往復し、来週からまた太平洋を横断してきます。
日々、時差ボケには悩まされています……。

さて先日、ガラパゴス諸島に行ってきました。その時、現地ガイドから興味深いお話を聞きました。ガラパゴス諸島は、日本と因縁のある島だったことをご存知ですか?
ガラパゴス諸島の空の玄関口のひとつ、バルトラ島の空港は、かつて米軍の空港でした。さかのぼること、1941年12月7日の真珠湾攻撃。旧日本軍による再攻撃を恐れていた米軍は、ある誤報に惑わされていました。真珠湾の次は、ワシントンを狙ってくる、いやサンフランシスコだ。いや違う、パナマ運河を攻撃してくるはずだ。当時、アメリカが占有していたパナマ運河をもし攻撃されたら、米軍にとってはそれこそ大打撃を被ってしまいます。つまり、パナマ運河への旧日本軍の攻撃に備えて、バルトラ島に米軍の空港を建設したそうです。結局、その後の戦局は周知の事実で、旧日本軍にはもうそんな力は残っていませんでした。つまり、完全な誤報だったわけです。戦後、アメリカから空港をエクアドルに移管されると、何度も補修され、現在はエクアドル空軍が管轄しています。また、第2次世界大戦中、一時は100名近くの米兵がここに駐留し、映画館やバーなども作られていたようです。

DSC_0407

【写真】このような廃墟が、バスの窓外に見られました。

さらに悲劇だったのは、バルトラ島に生息していたリクイグアナたちでした。心ない米兵たちは、リクイグアナをペットにしたり、射撃の的にしたりして遊んでいたのです。結果、バルトラ島のリクイグアナは、全滅寸前にまで追い込まれてしまいました。そこで、本来はしてはいけないことでしたが、バルトラ島と対岸のノースセイモア島は環境が同じだったため、チャールズ・ダーウィン研究所の研究員は、最後のリクイグアナをノースセイモア島に連れていって繁殖を試みたところ、環境に順応して上手く増えていってくれたそうです。

動物たちは人間を怖い存在だと思っていません。観光客の身勝手な行動によって、彼らが人間を怖いと思ってしまう日が来ないことを願うばかりです。そして、未来永劫、彼らをそっと見守り続けていきたいものです。

at 13:50│TrackBack(0)ツアー関連情報 | ボリビア

2011年01月18日

雨季のウユニ塩湖 出発日 再追加!

IMG_6977西遊旅行 オクイです。

さて、大変ご好評いただいている『雨季のウユニ塩湖を訪ねて』は、これからベストシーズンを迎えます。左の写真は、ついこないだの年末年始のツアーに同行させていただいたときの写真です。1月に入り、もっと雨が降っています。まさに、ウユニ塩湖は、これから雨季のベストシーズンを迎えます。

そこで雨季のウユニ塩湖を、より多くのお客様をご案内させていただきたいと思い、再度追加設定を発表させていただきました!

出発日     :3月5日(土)
期間      :10日間
ご旅行代金   :418,000円
燃油代(1/14現在): 56,900円
御一人部屋使用料: 47,000円

3月2日発と違い、カーニバル見学はありませんが、ウユニ塩湖3連泊と日程はほとんど変わりありませんので、ぜひご検討ください!!



at 13:13│TrackBack(0)

西遊旅行 中南米スタッフブログ オープン!!!

IMG_1154Buenas Tardes! ブエナス・タルデス

西遊旅行のオクイ@中南米担当です。さて、とうとう弊社でもスタッフブログなるものがオープンしました。

今後、積極的に中南米のトピックスなど、ご紹介させていただきますので、ぜひ皆さんご覧下さい!!