2016年08月02日

パタゴニアの魅力 ~ヘネラル・カレーラ湖

大阪支社 高橋です。

 梅雨も明け、夏の風物詩である花火大会やお祭りが日本各地で行われておりますが、皆様のお住まいの地域の「夏の風物詩」と言えば、どのような催し物が行われているのでしょうか。

 私の住んでいる大阪では「日本三大祭の一つ水都大阪の天神祭」が行われました。

 大阪天満宮が創祀された翌々年の天暦5年(951)に鉾流神事が始まりました。
 鉾流神事とは、社頭の浜から大川に神鉾を流し、漂着した場所にその年の御旅所を設ける神事で、御旅所とは御神霊がご休憩される場所のことです。
 この御旅所の準備ができると御神霊は陸路で川岸まで出御、乗船して大川を下り御旅所へ向かうルートを辿りました。この航行が船渡御で、天神祭の起源とされています。
 船渡御で船がすれ違う時など、祭り中、あちこちで行われる「大阪締め(おおさかじめ)」。
 大阪締めとは、大阪を中心に行われている手締め(日本古来の風習の一つで、物事が無事に終わったことを祝い関係者が掛け声とともに打つ手拍子)で「手打ち」ともいいます。
 「打ちましょ」でチョンチョンと2回手を打ち、「もひとつせ〜」でチョンチョン、 最後に「祝うて三度」でチョチョンがチョンと打って締める。関西では、お祭りの時以外の証券取引所や経済会合でもこの大阪締めが用いられ、浪速の商人には欠くことのできない習慣です。

 諸説がありますが、大阪締めの発祥は生国魂神社の例祭で用いられていた囃太鼓に合せた手締めの簡略バージョンが天神祭を通じて現在の大阪締めになったといわれています。
<天神祭総合情報サイトHPより>


 少々、余談が長くなってしまいましたが、本題に。

 6月、各方面の別冊パンフレットを発表させていただきました。皆様、すでにご覧いただいたかと思いますが、ご興味あるコースはございましたでしょうか。

 私は「パタゴニア」のツアーを担当させていただいております。
 今シーズンは既存のコースに加え、新たに「中部パタゴニア」へも訪れる2コースの新企画を発表させていただきました。
 おかげ様で、パタゴニアへのお問い合わせが日に日に増えてきており、すでに催行をきめさせていただいたコースもいくつかございます。

patagonia_000

 パンフレットをまだ手に取られていない方、またパタゴニアへご興味ある方は、すぐにでも弊社へお問い合わせを・・・と言いたいところですが、まずはこのブログの続きをゆっくりご覧ください。

 昨年から、主に「南部パタゴニア」と言われる地域のみどころをブログにてご紹介させていただきました。
 
 南米でも1、2を争う大自然の美しさを誇るパタゴニアの魅力、中部地方へ目を向けると、まだまだたくさんの魅力あふれる名勝地が残されております。

 その1つが石灰質の山々が生み出した紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」です。

 まずは、その美しい湖面の色合いをご覧ください!!

56719878_l
【真っ青な水を湛えるヘネラル・カレーラ湖】

 「ヘネラル・カレーラ湖」(アルゼンチン名:ブエノス・アイレス湖)は、チリとアルゼンチンに跨るチリ最大の湖であり、アルゼンチンで4番目の大きさを誇る湖でもあります。

 周囲は石灰質の山々に囲まれており、そこから湖に流れ込む水も石灰分を含み、湖底に沈殿することで乳白色を帯びます。

 石灰分は水中の不純物を吸着する性質があり、そのため水は透明に澄みわたり、その湖の水が空の青を映し、乳白色から鮮やかなエメラルドグリーンに輝き始めます。

<西遊旅行のここがポイント!!>
 この美しき紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」では、ただ湖の展望を楽しむだけではございません。


 風光明媚な「アウストラル街道」を走行しながらの車窓風景より、ヘネラル・カレーラ湖の風景をお楽しみいただきます。

 「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」のコースでは、ヘネラル・カレーラ湖の南岸も走行し、チリからアルゼンチンへ陸路で抜け、各所の名勝地を巡りながら、南部の2大国立公園を目指します。

 各ツアーでは、ヘネラル・カレーラ湖畔で連泊を設定しており、連泊の中日には「神秘の大理石洞窟 マーブル・カテドラルのボートクルーズ」へご案内いたします。

 「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」では、ヘネラル・カレーラ湖に流入するレオネス川の上流に位置する「レオネス湖」にも立ち寄り、訪れる観光客が少ない「レオネス氷河」へもご案内いたします。

【購入写真】56719878_l (7)

5644082-Water-fall-near-Coyhaique-Patagonia-Chile-Stock-Photo
【ボートクルーズで巡る「マーブル・カテドラル」】

※まだまだ見どころの多い中部パタゴニア、「アウストラル街道」や「マーブル・カテドラル」のご紹介ブログは、追々発表させていただきます。

 今シーズンから「ヘネラル・カレーラ湖」へ訪れる企画として、2コース発表させていただきました。
 このブログをご覧いただき、「紺碧の湖へ訪れたい!!」と心躍られた方、ツアーへご興味ある方は、是非西遊旅行へご一報ください。
 
 パタゴニアの大自然のすばらしさを知っていただくため、今シーズンも「パタゴニアの魅力」のブログを定期的に発表させていただきます。お楽しみに!! 
 
 次回は「神秘の大理石洞窟 マーブル・カテドラル」について、ご紹介させていただきます。

 つづく・・・

<知られざる中部パタゴニアに訪れる新企画>
■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア
※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る11日間
※コンパクトな日程ながら、中部・南部の見どころはしっかり見学!!

■蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破
※神秘の大理石洞窟マーブル・カテドラルから世界の最果てウシュアイアまで完全網羅した19日間
※完全走破だからこそ出会える絶景の数々が、みなさんをお待ちです!!

<西遊旅行で行く パタゴニアのツアー>
■蒼き氷河の国 パタゴニア
※南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能

■ゆったりパタゴニア大縦断
※"世界の果て"ウシュアイアから名峰フィッツロイ聳えるチャルテンまで人数限定ゆとりの旅

■パタゴニア大縦断<年末年始特別企画>
※17日間コースの良いところを13日間に凝縮した、年末年始限定の特別企画。

■パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
※ベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる

■究極のパタゴニアトレッキング Wサーキット完全踏破とフィッツロイ山群大展望
※2大山群を訪れ、5つの名峰を展望するパタゴニアトレッキングの決定版


takahashi_saiyu at 19:33│ mixiチェック チリ | パタゴニア