TAKAHASHI

2017年08月04日

パタゴニアの魅力 ~パタゴニア 氷河の崩落

 大阪支社 高橋です。

 猛暑日が続いておりますが、皆さん体調は崩されておりませんでしょうか。

 いよいよ私の大好きなパタゴニアのシーズンが近づいてきました!!
 6月に発表させていただきました「パタゴニア」のパンフレット。一度はご覧いただけましたでしょうか。

 今シーズンも、日々お問合せが増えてきており、催行間近というコースも増えてきております。
 「今年こそは絶対にパタゴニアへ!」とお考えの方、また「パタゴニアへ行ってみたいな~」とお考えの方、気持ちが高まっている今こそ、是非パタゴニアへ足を向けてください!
 私自身も、今年もパタゴニアのツアーへ同行させていただきたい・・・毎年そう思っています。

 今回、パタゴニア観光における楽しみの1つである「氷河の崩落」についてご紹介します。

 パタゴニアで氷河の崩落をご覧いただけるポイントとして有名なのは、アルゼンチン側では「ペリト・モレノ氷河」、チリ側ではパイネ国立公園にある「グレイ氷河」です。
 氷河を眼前に望む展望台や、氷河の迫力に迫る氷河クルーズの船上から崩落をご覧いただくことができます。

C2
<ペリト・モレノ氷河(ロスグラシアレス国立公園)>

KW2A2342
<グレイ氷河(パイネ国立公園)>


 氷河の崩落は、専門的用語としては「カービング (calving)」と言います。
 カービング (calving)とは、氷河、氷床、棚氷の末端から大小の氷塊が海洋や湖に崩壊する現象をいい、calveという動詞は「動物等が子を産む」という意味であります。

 calvingの日本語訳として分離や氷山分離と呼ばれていましたが、これは南極やグリーンランドの氷床や棚氷から巨大な氷山を産出するものを対象として名づけられたものだそうです。
 パタゴニアのような山岳氷河や谷氷河の末端から氷塊や氷片が湖に崩落する現象は、「末端崩壊」や「末端分離」と呼ぶのが適当とされていますが、最近ではすべてを総称して「カービング」と呼ばれることが多いようです。
■IMG_8552
<ペリト・モレノ氷河の崩落の瞬間>


 氷河の崩落の頻度が上がる時期は・・・パタゴニアの夏の時期にあたる1月、2月と言われています。
 では、1月、2月以外では頻度が下がり、崩落をご覧いただくチャンスがないのかと言えば・・・そんなことはありません。
 実際、私もパタゴニアの初夏である11月や、秋の4月末に同行させていただいた際、幾度も崩落を見学することができました。
 
 では、どのような条件で氷河は崩落するのでしょうか。

 氷河や氷床の崩落は,末端が流出する水域が海水か真水かにより、そのメカニズムや動的特性が異なります。
 氷河の崩落に関する要素としては、氷河流動日射気温融解量降水量水温対流、さらに海水の場合は、波浪、潮汐、潮流、塩分など数多く考えられます。

 上記の「気温」や「日射」「融解量」という要素が、夏に大きな影響が見られる要素である点から、「夏が崩落の頻度がアップ!!」と紹介される所以です。
 
 ただ、夏以外でも上記の要素の中から、様々な要素が重なり、氷河の崩落をご覧いただける可能性は十分にあります。
 1月、2月に行けず、氷河の崩落が見られないかもしれないからパタゴニアの旅行をあきらめる・・・そのようなお声をよく聞きますが、そのようなことはなく、観光シーズン中はいつでもご覧いただけるチャンスはあることだけはお伝えしておきます。

 ペリト・モレノ氷河の展望台で氷河を楽しむにあたり、私のおススメの方法をご紹介します。
 展望台にある木道で、観光客の少ないポイントへ足を運び、周りの方々と協力し合い、共に足を止め、一度目を閉じて、ペリト・モレノ氷河を「耳」だけで感じてみてください。
 目を閉じると、ペリト・モレノ氷河の末端で氷の動きによって氷河が擦れ合う音、時折「パキッ」っと氷河がひび割れる音とともに、国立公園内に生息する野鳥の鳴き声や、周囲のナンキョクブナがなびく木々の音などが相まって「美しいパタゴニアの音」を体感できます。
 あるガイドに教えてもらった観光方法ですが、おススメの観光方法ですので、是非一度体験してみてください。

 最後に、ペリト・モレノ氷河の崩落の瞬間の連続写真を、実際は24連写でおさめたものですが、その一部をご照会します。

つづく・・・

<ペリト・モレノ氷河の崩落の瞬間>

IMG_8547

IMG_8549

IMG_8551

IMG_8554

IMG_8555


<西遊旅行で行く パタゴニアのツアー>

■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア
※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る12日間
※私のおススメ、知られざる氷河「レオネス氷河」へ訪れるツアーはこのコースだけ!!

■蒼き氷河の国 パタゴニア
※南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能!
※パタゴニアの見どころをしっかりおさえた11日間。

■ゆったりパタゴニア大縦断
※"世界の果て"ウシュアイアから名峰フィッツロイ聳えるチャルテンまで人数限定ゆとりの旅!
※パタゴニアの4大景勝地を網羅した南部パタゴニアツアーの決定版!!

■パタゴニア大縦断<年末年始特別企画>
※17日間コースの良いところを13日間に凝縮した、年末年始限定の特別企画。

■パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
※ベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる!


takahashi_saiyu at 19:11|Permalinkmixiチェック

2017年06月30日

パタゴニアの魅力 ~2017-18年 「パタゴニア」パンフレットを発表~

大阪支社 高橋です。

梅雨のジメジメした気候が続く毎日。皆さん体調など崩されておりませんか。
先日、弊社ツアーの「花のサハリン紀行」へ同行させていただき、「ホテイアツモリソウ」を観察してきました。
丸々と膨らみ、紅色の愛らしい花の姿を観察した際、私も思わず声を上げてしまうほどの美しさでした。
5日間というコンパクトな旅ですが、花好きの方にとっては様々な花を観察できるおススメのツアーです。
来年、是非「花のサハリン紀行」へご一緒しませんか?

KW2A5102(ホテイアツモリソウ:布袋敦盛草:ラン科)
【アツモリソウ:ラン科(サハリンにて)】


では、近況はここまでとし、本題へ。

6月に発表させていただきました弊社パンフレット「パタゴニア」、皆さんご覧いただけましたでしょうか。

今年は全6コースを発表させていただき、すでにお申込みいただき、催行間近のツアーも出てきております。
06DM_PATAGONIA_000


「パタゴニア」は南米チリ・アルゼンチン、南緯40度以南のエリアの総称です。
国境線上に長く連なるアンデス山脈と、年間を通じて吹く強い風、そして何万年という歳月が造り出したフィヨルド。美しく、そして力強い大自然を体感できる「風の大地」。それがパタゴニアです。


皆様に南米屈指の大自然を誇るパタゴニアを体感していただきたく、西遊旅行ならではのこだわりも加えつつ、ツアーを造成させていただきました。

アルゼンチン側のハイライトは、何と言っても「ロス・グラシアレス国立公園」にある「ペリト・モレノ氷河」です。
南極、グリーンランドに次いで、地球上で第3の大きさを誇るパタゴニア氷床。
50近い氷河を擁するパタゴニア氷床の中で最も有名なペリト・モレノ氷河は、豊富な降雪と比較的高い気温により、融解と再氷結のサイクルが早いのが特徴です。
「生きた氷河」とも呼ばれ、中央部は毎日2m前後進んでいます。氷河の巨大氷塊が轟音と共に崩れ落ちる様子も頻繁に見ることができます。

南米の、パタゴニアの大自然を目の当たりにできる場所が、ここロス・グラシアレス国立公園です。

C2
【ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)】

■IMG_8552
【崩落するペリト・モレノ氷河(クルーズ船上より)】


チリ側でのハイライトは、ユネスコの保護区域に指定される自然豊かな「パイネ国立公園」です。
草原地帯、落葉樹の森、ツンドラ地帯など、変化に富んだ植生を持ち、多くの鳥類・ほ乳類が生息します。
この国立公園を特徴づけるのは、標高3,000mに及ぶ花崗岩の岩峰群。

険しい山々、氷河湖などが生み出す風景は、心躍るような感動と心安らぐ癒しが共存する場所とも言えます。

KW2A2464
【険しい山々が連なるパイネ国立公園(チリ)】

KW2A2524
【ゾディアックでセラーノ川クルーズを楽しむ】


何より、私のおススメしたいのは「中部パタゴニア」です。
一度はパタゴニアへ訪れた方にも、また初めてパタゴニアを訪れる方にも、是非訪れていただきたい場所です。

チリとアルゼンチンに跨る、チリ最大の湖「ヘネラル・カレーラ湖」

石灰質の山々に囲まれており、その石灰分が水中の不純物を吸着するため、水は透明に澄み渡り、空の青を映し、鮮やかなエメラルドグリーンに輝きます。

風光明媚なヘネラル・カレーラ湖の周辺には、様々な魅力ある景観が隠れています。

湖上に形成された大理石の奇岩群、長い年月をかけて浸食をうけ、不思議な形が造り出されました。
その奇岩群の中にある洞窟へ陽光が射し込むと神秘的な光景に包まれます。
それが「マーブル・カテドラル」です。

KW2A1689
【大理石洞窟「マーブル・カテドラル」(チリ)】


もう1つ、パタゴニア地方を担当させていただいる私が声を上げておススメしたいのが「レオネス氷河」です。
ハイキング、ゾディアック(強化ゴムボート)を利用し、ヘネラル・カレーラ湖へ注ぎ込むレオネス川の上流を目指し、その先に待ち受けているのが知られざる氷河「レオネス氷河」です。
規模こそペリト・モレノ氷河には劣りますが、訪れにくい場所に位置しているため、
雑音1つない静けさの中で見学する氷河の景観は、西遊旅行でしか味わうことのできない、まさに「至福のひととき」です。
私も昨年、このレオネス氷河へ訪れた際には、改めて「パタゴニアって素晴らしい」と、どこかのCMのフレーズのような一言を自然と発していたくらいです。

KW2A1577
【レオネス氷河で過ごす至福のひととき】


各地の見どころ、1回のブログでご紹介するのは不可能です。
皆様、まずはパンフレットをご覧下さい、そしてパタゴニアへ目を向けてください。
そして、是非とも南米の大自然「パタゴニア」へ訪れてみてください!!


昨年まで「パタゴニアの魅力」として、いくつか西遊旅行南米チーム・スタッフブログ「AVENTURA(アベントゥーラ)」で発表させていただきましたが、今年も1つでも多くの魅力を皆様へお届けしたいと思っております。

つづく。

<西遊旅行で行く 知られざる中部パタゴニアのツアー>

■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア
※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る12日間
※私のおススメ、知られざる氷河「レオネス氷河」へ訪れるツアーはこのコースだけ!!


<西遊旅行で行く パタゴニアのツアー>

■蒼き氷河の国 パタゴニア
※南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能!
※パタゴニアの見どころをしっかりおさえた11日間。

■ゆったりパタゴニア大縦断
※"世界の果て"ウシュアイアから名峰フィッツロイ聳えるチャルテンまで人数限定ゆとりの旅!
※パタゴニアの4大景勝地を網羅した南部パタゴニアツアーの決定版!!

■パタゴニア大縦断<年末年始特別企画>
※17日間コースの良いところを13日間に凝縮した、年末年始限定の特別企画。

■パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
※ベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる!

■ゆったりパタゴニアハイキングと最果てのウシュアイア<新企画>
※名峰フィッツ・ロイとパイネ山群の雄姿を厳選ハイキングで満喫!

■究極のパタゴニアトレッキング Wサーキット完全踏破とフィッツロイ山群大展望
※2大山群を訪れ、5つの名峰を展望するパタゴニアトレッキングの決定版!


takahashi_saiyu at 09:29|Permalinkmixiチェック

2017年04月21日

2017年 ギアナ高地の旅 旅行説明会

大阪支社 高橋です。

 大阪の方ではこぶしの花、桜のシーズンも一段落し、近所ではつつじの花が咲き始めました。
 毎朝の出勤の際には近所に咲く春の花々を鑑賞しながらのんびりと駅に向かう、春のひとときを楽しめるシーズンとなりました。皆様のご近所では、どのような春の花を楽しめるのでしょうか。

 弊社では先月「ギアナ高地の旅」という別冊パンフレットを発表させていただきましたが、すでにご覧いただけましたでしょうか。

Guiana_000jpg

 
 2017年もパンフレット発表に伴い、「ギアナ高地の旅 旅行説明会」を開催させていただきます。

 今シーズンは、観光、トレッキングコースを含め、4コースを発表させていただきました。
 
●エンジェルフォールへのボートの旅
●エンジェルフォールの麓でのハンモック泊のキャンプ
●エンジェルフォール展望台へのトレッキング
ロライマ山のヘリフライト
など、パンフレットをご覧いただくだけでは現地の状況など掴みづらいポイントも多いはずです。

IMGM4095
<ボートで川を遡りエンジェルフォールを目指す>


IMGM4081
<展望台から見上げるエンジェルフォール>


IMG_0535済
<遊覧飛行でギアナ高地最高峰ロライマ山に迫る>



 そんな皆様の不安や疑問を解消していただくため、弊社南米担当スタッフより、スライドを交えて詳しく説明させいていただきます。

 今シーズンは、是非ともコナン・ドイルが描いた「失われた世界」へ足を踏み入れてみませんか。
 「地球最後の秘境」とも呼ばれるギアナ高地はロマンと冒険心を掻き立ててくれる場所です。

 ご興味ある方は、まずは弊社が開催する「ギアナ高地の旅 旅行説明会」へご参加ください。

<ギアナ高地の旅 旅行説明会>
<開催要項>
【東京】
 会場:モンベル 渋谷店 5階
 定員:50名様/参加費無料
 日時:5月21日(日) 14:00~16:00 (開場:13:30)

【大阪】
 会場:西遊旅行 大阪支社
 定員:25名様/参加費無料
 日時:5月27日(土) 14:00~16:00 (開場:13:30)

<対象ツアー>
 ◇秘境ギアナ高地をゆく 12日間   
   ~ゆとりある日程でゆく「失われた世界」ギアナ高地
 ◇ギアナ高地ハイライト ロライマ山ヘリフライトとエンジェルフォール 9日間  
   ~土曜出発・日曜日帰着の9日間でギアナ高地を目指すハイライトコース
 ◇秘境ギアナ高地とレンソイス 12日間  
   ~南米の大自然にのこされた3つの絶景を訪ねる旅
 ◇秘境ギアナ高地を歩く 15日間  
   ~ロライマ山頂に3連泊し、驚異の世界をたっぷり堪能



 <お申し込み・お問い合わせ方法>
 ご参加の際は、事前にインターネットまたは電話にてご予約ください。
 インターネット:お問い合わせフォーム
 電話:フリーダイヤル 0120-811391

takahashi_saiyu at 19:23|Permalinkmixiチェック

2016年10月25日

パタゴニアの魅力 ~アウストラル街道 CARRETERA AUSTRAL~

 大阪支社 高橋です。

 早いもので、もう11月になりました。
 先日、富山県と長野県の県境を走る「立山・黒部アルペンルート」の紅葉のニュースを見ました。西遊旅行へ入社する前、国内添乗の仕事をしていた際、また個人的にも剱岳の登山や下の廊下のトレッキングなどにも訪れた思い出の場所。 特に黒部ダムの紅葉がとてもきれいでした。
 
 紅葉前線も徐々に南下しているようです。大阪に住んでいますが、今から紅葉が楽しみです。

 本日は、前回に引き続き「中部パタゴニアの魅力」についてご紹介させていただきます。
 これまで、順を追ってご紹介していきました中部パタゴニアの魅力ですが、それら見どころを1つの道が結んでいるのです。その道こそ、今回ご紹介する「アウストラル街道 CARRETERA AUSTRAL」です。

※本文へ入る前に、これまでの「中部パタゴニアの魅力」をご覧いただいていない方は、是非こちらのブログもご覧ください。

 ■「パタゴニアの魅力 ~マーブル・カテドラル CATEDRAL DE MARMOL ~」
 ■「パタゴニアの魅力 ~ヘネラル・カレーラ湖 Lago General Carrera ~」

 チリ・パタゴニアは、東に南米を縦断するアンデス山脈、西の太平洋岸にフィヨルド地形が続いています。
 このフィヨルド地形の間を、一本の街道が走っています。
 北はプエルト・モンから、南はアイセン州の最南部ビジャ・オイギンスまでの1,240㎞にわたり続く街道は「パタゴニアで最も美しい原始の姿を残した街道」とも言われています。

 そんなアウストラル街道ですが、実は歴史はさほど古くはないのです。
 1936年、プエルト・アイセンとコイヤイケ間を結ぶ道として造られたのが、アウストラル街道の始まりとされています。
 1960年代に入ると、隣国アルゼンチンからの侵略を防ぐため、太平洋岸の南部地域に道を造ることが国の最重要課題とされました。
 政治と軍の力で街道が大幅に拡張され、1983年にチャイテンからコイヤイケが開通。さらにその5年後に北のチャイテンからプエルト・モンと、南のコイヤイケからコクラネの間が開通しました。
 1999年にコクラネからビジャ・オイギンスへの道に至っては、現在も街道の拡張工事が一部行われています。

 アウストラル街道を南に向けて走行を重ね、峠を越えるごとに周囲の風景が変わっていきます。
 アラスカの風景を思わせるような樹林帯の風景ヨーロッパに聳える山々を思わせるような山岳風景街道に沿って流れる川の風景、そして遠くにはチリとアルゼンチンの国境に跨るヘネラル・カレーラ湖の風景が見えてきます。

 様々な風景で私たちを楽しませてくれる街道が「アウストラル街道」なのです。

<ここが西遊旅行のパタゴニア・ツアーのポイント!!>
 西遊旅行のツアーでは、雄大な山岳風景が広がるコイアイケから、チリ最大級の大きさを誇るヘネラル・カレーラ湖までの特に絶景ポイントの多い約200㎞を走行し、美しい街道の風景をお楽しみいただきます。
 また一部のツアーでは、アウストラル街道を走行した後、紺碧のヘネラル・カレーラ湖の南岸を走り、チリからアルゼンチンへ。そして、パタゴニアを代表する名勝が広がる南部パタゴニアへ。完全走破だからこそ出会える絶景の数々をお楽しみいただけます。


 これまでご紹介した「中部パタゴニアの魅力」はいかがでしたでしょうか?
 パタゴニアへ一度訪れた方も多いかと思いますが、この中部パタゴニアの魅力にふれられた方というのは少ないかと思います。
 是非、この魅力にふれてみたいという方、是非西遊旅行へご一報ください。

 なんと、私は11月9日出発「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」に同行し、これら中部パタゴニアの風景を、お客様とともに堪能させていただきます。
 帰国後、最新の風景を、「中部パタゴニアの今」としてご紹介できる日を心待ちにしております。

 まだまだ間に合います、中部パタゴニアへの旅。
 下記が西遊旅行で発表させていただいている「中部パタゴニアへのツアー」となっております。

 皆様からのご連絡お待ちしております。

 次回は、国境を越え、いよいよアルゼンチンの魅力を紹介していきたいと思います。

 続く・・・

<知られざる中部パタゴニアに訪れる新企画>
■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア 
 ※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る11日間!!
 ※11日間というコンパクトな日程ながら、中部・南部の見どころはしっかり見学!!
  12月23日(金) ~ 01月02日(月) 11日間 878,000円   
  すでに催行決定!!残席わずかです。

 ※先行予告!! 4月中旬に追加設定を計画中です!

■蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破
 ※神秘の大理石洞窟マーブル・カテドラルから世界の最果てウシュアイアまで完全網羅した19日間
 ※完全走破だからこそ出会える絶景の数々が、みなさんをお待ちです!!
  03月15日(水) ~ 04月02日(日) 19日間 1,190,000円
  <崩落の頻度アップ!迫力のペリト・モレノ氷河>
   お問い合わせお待ちしております。



takahashi_saiyu at 09:02|Permalinkmixiチェック

2016年09月10日

パタゴニアの魅力 ~マーブル・カテドラル CATEDRAL DE MARMOL ~

 大阪支社 高橋です。

 嫌という程、猛暑が続いた8月。
 9月に入り、夏休みを終え、ランドセルを背負った小学生たちの姿を出勤時に見かけるようになりました。
 ようやく暑さも和らいできたかと思えば、まだまだ残暑厳しい日々も…。皆様、体調管理にお気を付けください。

 6月に発表させていただきました「パタゴニアの旅」のパンフレット。
 おかげさまで、お客様よりたくさんのお問い合わせ、お申込みをいただき、ツアーの催行が決定に至ったコースもいくつがございます。
 南米屈指の大自然の美しさを誇る「パタゴニア」にご興味ある方は、お早目にお問い合わせを・・・と言いたいところですが、その前に私のブログもご覧ください。

 前回、今シーズンの新企画の中から中部パタゴニアの魅力の1つとして、石灰質の山々が生み出した紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」をご紹介させていただきました。

 今回は、ヘネラル・カレーラ湖に形成された奇岩群の1つ「神秘の大理石洞窟 マーブル・カテドラル」をご紹介いたします。

 チリとアルゼンチンの国境にまたがる中部パタゴニア地方に位置するヘネラル・カレーラ湖、その湖の中に形成された奇岩群の1つが“世界で最も美しい洞窟”と言われる「マーブル・カテドラル」です。

 マーブル・カテドラルのあるヘネラル・カレーラ湖は、石灰質の山々に囲まれております。
 マーブル・カテドラルは、これら石灰岩(大理石)によって形成されており、湖水により長い年月をかけて浸食を受け、まるでカテドラル(大聖堂)のような不思議な形が創り出されました。

【購入写真】56719878_l (7)
【湖上の大理石洞窟 マーブル・カテドラル】

 大理石はマグマに溶かされた石灰岩が再び冷え固まって形成され、長年の浸食を受けた結果、流れるようなマーブル模様を生み出しました。

【購入写真】56719878_l (5)
【マーブル模様が美しい洞窟内の風景】

 マーブル・カテドラルへ訪れる中部パタゴニアの2コースでは、ヘネラル・カレーラ湖畔のプエルト・トランキーロ(またはプエルト・グアダル)に宿泊し、ボートクルーズで大理石の奇岩群へ、さらに奇岩群にある大理石の洞窟へと迫ります。

 周囲は石灰質の山々に囲まれているため、湖に流れ込む水も石灰分を含み、湖底に沈殿することで乳白色を帯びます。
 石灰分は水中の不純物を吸着する性質があり、そのため水は透明に澄みわたり、その湖の水が空の青を映し、乳白色から鮮やかなエメラルドグリーンに輝き始めます。

 パタゴニアの青空が湖面を宝石のように青く染め上げ、更に太陽の光が洞窟内へと射し込むことで、神秘的な雰囲気に包まれた光景を創り出すのです。

5644082-Water-fall-near-Coyhaique-Patagonia-Chile-Stock-Photo
【幻想的な雰囲気に包まれたマーブル・カテドラル】

 稀有な絶景の宝庫として知られるパタゴニア地方、そのひとつが中部パタゴニアのヘネラル・カレーラ湖上の洞窟内に隠されているのです。

 今シーズンから紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」、神秘の大理石洞窟「マーブル・カテドラル」へ訪れる企画として、2コース発表させていただきました。

 このブログをご覧いただき、「神秘の洞窟へ訪れたい!!」「中部パタゴニアの魅力に触れてみたい!!」と心躍られた方、ツアーへご興味ある方は、是非西遊旅行へご一報ください。

 ちなみに、私は11月9日出発の新コース「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」へ添乗員として同行させていただくことが決定し、すでに心躍っており、仕事が手に付かない日々が続いております。

 次回は、パタゴニアで最も原始の姿を残した道と言われる「アウストラル街道」について、ご紹介させていただきます。

 つづく・・・

<知られざる中部パタゴニアに訪れる新企画>
■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア
 ※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る11日間!!
 ※11日間というコンパクトな日程ながら、中部・南部の見どころはしっかり見学!!
 ①11月16日(水) ~ 11月26日(土) 11日間 798,000円
  <マーブル・カテドラル観光のベストシーズン>
  すでに催行決定!!残席わずかです。
 ②11月30日(水) ~ 12月10日(土) 11日間 798,000円
  <マーブル・カテドラル観光のベストシーズン>
  間もなく催行。是非お問い合わせください!
 ③12月23日(金) ~ 01月02日(月) 11日間 878,000円
  <年末年始コース >
  すでに催行決定!!残席わずかです。

■蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破
 ※神秘の大理石洞窟マーブル・カテドラルから世界の最果てウシュアイアまで完全網羅した19日間
 ※完全走破だからこそ出会える絶景の数々が、みなさんをお待ちです!!
 ①11月09日(水) ~ 11月27日(日) 19日間 1,190,000円
  <マーブル・カテドラル観光のベストシーズン>
  すでに催行決定!!残席わずかです。
 ②03月15日(水) ~ 04月02日(日) 19日間 1,190,000円
  <崩落の頻度アップ!迫力のペリト・モレノ氷河>
   お問い合わせお待ちしております。



takahashi_saiyu at 08:00|Permalinkmixiチェック

2016年08月02日

パタゴニアの魅力 ~ヘネラル・カレーラ湖

大阪支社 高橋です。

 梅雨も明け、夏の風物詩である花火大会やお祭りが日本各地で行われておりますが、皆様のお住まいの地域の「夏の風物詩」と言えば、どのような催し物が行われているのでしょうか。

 私の住んでいる大阪では「日本三大祭の一つ水都大阪の天神祭」が行われました。

 大阪天満宮が創祀された翌々年の天暦5年(951)に鉾流神事が始まりました。
 鉾流神事とは、社頭の浜から大川に神鉾を流し、漂着した場所にその年の御旅所を設ける神事で、御旅所とは御神霊がご休憩される場所のことです。
 この御旅所の準備ができると御神霊は陸路で川岸まで出御、乗船して大川を下り御旅所へ向かうルートを辿りました。この航行が船渡御で、天神祭の起源とされています。
 船渡御で船がすれ違う時など、祭り中、あちこちで行われる「大阪締め(おおさかじめ)」。
 大阪締めとは、大阪を中心に行われている手締め(日本古来の風習の一つで、物事が無事に終わったことを祝い関係者が掛け声とともに打つ手拍子)で「手打ち」ともいいます。
 「打ちましょ」でチョンチョンと2回手を打ち、「もひとつせ〜」でチョンチョン、 最後に「祝うて三度」でチョチョンがチョンと打って締める。関西では、お祭りの時以外の証券取引所や経済会合でもこの大阪締めが用いられ、浪速の商人には欠くことのできない習慣です。

 諸説がありますが、大阪締めの発祥は生国魂神社の例祭で用いられていた囃太鼓に合せた手締めの簡略バージョンが天神祭を通じて現在の大阪締めになったといわれています。
<天神祭総合情報サイトHPより>


 少々、余談が長くなってしまいましたが、本題に。

 6月、各方面の別冊パンフレットを発表させていただきました。皆様、すでにご覧いただいたかと思いますが、ご興味あるコースはございましたでしょうか。

 私は「パタゴニア」のツアーを担当させていただいております。
 今シーズンは既存のコースに加え、新たに「中部パタゴニア」へも訪れる2コースの新企画を発表させていただきました。
 おかげ様で、パタゴニアへのお問い合わせが日に日に増えてきており、すでに催行をきめさせていただいたコースもいくつかございます。

patagonia_000

 パンフレットをまだ手に取られていない方、またパタゴニアへご興味ある方は、すぐにでも弊社へお問い合わせを・・・と言いたいところですが、まずはこのブログの続きをゆっくりご覧ください。

 昨年から、主に「南部パタゴニア」と言われる地域のみどころをブログにてご紹介させていただきました。
 
 南米でも1、2を争う大自然の美しさを誇るパタゴニアの魅力、中部地方へ目を向けると、まだまだたくさんの魅力あふれる名勝地が残されております。

 その1つが石灰質の山々が生み出した紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」です。

 まずは、その美しい湖面の色合いをご覧ください!!

56719878_l
【真っ青な水を湛えるヘネラル・カレーラ湖】

 「ヘネラル・カレーラ湖」(アルゼンチン名:ブエノス・アイレス湖)は、チリとアルゼンチンに跨るチリ最大の湖であり、アルゼンチンで4番目の大きさを誇る湖でもあります。

 周囲は石灰質の山々に囲まれており、そこから湖に流れ込む水も石灰分を含み、湖底に沈殿することで乳白色を帯びます。

 石灰分は水中の不純物を吸着する性質があり、そのため水は透明に澄みわたり、その湖の水が空の青を映し、乳白色から鮮やかなエメラルドグリーンに輝き始めます。

<西遊旅行のここがポイント!!>
 この美しき紺碧の湖「ヘネラル・カレーラ湖」では、ただ湖の展望を楽しむだけではございません。


 風光明媚な「アウストラル街道」を走行しながらの車窓風景より、ヘネラル・カレーラ湖の風景をお楽しみいただきます。

 「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」のコースでは、ヘネラル・カレーラ湖の南岸も走行し、チリからアルゼンチンへ陸路で抜け、各所の名勝地を巡りながら、南部の2大国立公園を目指します。

 各ツアーでは、ヘネラル・カレーラ湖畔で連泊を設定しており、連泊の中日には「神秘の大理石洞窟 マーブル・カテドラルのボートクルーズ」へご案内いたします。

 「蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破」では、ヘネラル・カレーラ湖に流入するレオネス川の上流に位置する「レオネス湖」にも立ち寄り、訪れる観光客が少ない「レオネス氷河」へもご案内いたします。

【購入写真】56719878_l (7)

5644082-Water-fall-near-Coyhaique-Patagonia-Chile-Stock-Photo
【ボートクルーズで巡る「マーブル・カテドラル」】

※まだまだ見どころの多い中部パタゴニア、「アウストラル街道」や「マーブル・カテドラル」のご紹介ブログは、追々発表させていただきます。

 今シーズンから「ヘネラル・カレーラ湖」へ訪れる企画として、2コース発表させていただきました。
 このブログをご覧いただき、「紺碧の湖へ訪れたい!!」と心躍られた方、ツアーへご興味ある方は、是非西遊旅行へご一報ください。
 
 パタゴニアの大自然のすばらしさを知っていただくため、今シーズンも「パタゴニアの魅力」のブログを定期的に発表させていただきます。お楽しみに!! 
 
 次回は「神秘の大理石洞窟 マーブル・カテドラル」について、ご紹介させていただきます。

 つづく・・・

<知られざる中部パタゴニアに訪れる新企画>
■マーブル・カテドラルと蒼き氷河のパタゴニア
※中部パタゴニアの見どころと、パタゴニアを代表する二大国立公園を巡る11日間
※コンパクトな日程ながら、中部・南部の見どころはしっかり見学!!

■蒼き氷河と風の大地 パタゴニア完全走破
※神秘の大理石洞窟マーブル・カテドラルから世界の最果てウシュアイアまで完全網羅した19日間
※完全走破だからこそ出会える絶景の数々が、みなさんをお待ちです!!

<西遊旅行で行く パタゴニアのツアー>
■蒼き氷河の国 パタゴニア
※南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能

■ゆったりパタゴニア大縦断
※"世界の果て"ウシュアイアから名峰フィッツロイ聳えるチャルテンまで人数限定ゆとりの旅

■パタゴニア大縦断<年末年始特別企画>
※17日間コースの良いところを13日間に凝縮した、年末年始限定の特別企画。

■パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
※ベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる

■究極のパタゴニアトレッキング Wサーキット完全踏破とフィッツロイ山群大展望
※2大山群を訪れ、5つの名峰を展望するパタゴニアトレッキングの決定版


takahashi_saiyu at 19:33|Permalinkmixiチェック

2016年05月04日

純白の砂丘と碧色の湖 ~レンソイス・マラニャンセス国立公園

 大阪支社 高橋です。

 皆さん夏のご旅行の計画はお決まりでしょうか。

 夏は世界各国の大自然が織りなす神秘的な景観をご堪能いただける絶好のシーズンです。
 

 本日は、世界各国にある様々な神秘の景観の中から、石英の砂が織りなす純白の砂丘が広がる「レンソイス・マラニャンセス国立公園」についてご紹介させていただきます。

 レンソイス・マラニャンセス国立公園は、ブラジル北東部に位置するマラニャン州にある広大な砂丘を主体とするブラジルの国立公園であります。

map[1]


 「レンソイス(Lençóis)」とは、ポルトガル語で「シーツ」を意味し、その名の通り、真っ白なシーツを広げたかの様に純白の砂丘が広がっています。
 その広さは何と15万5000ヘクタール(1550平方キロメートル)にもおよび、レンソイスの純白の砂丘は衛星写真からも確認できると言われています。

<純白の砂丘の正体>
 純白の砂丘、その正体は水晶を構成する鉱物である「石英(quartz)」です。
 レンソイス・マラニャンセス国立公園から100kmほど南に流れる「パラナイーバ川」が、上流から河口まで運ぶ土や泥には多くの石英が含まれています。
 この石英を含む土や泥などは河口に達した後、大西洋の海流へと入ります。その時、石英以外の混入物は海水に流されてしまう(砕け散り、海水に混じる)のですが、石英は砕かれずに残り、レンソイス・マラニャンセス国立公園の海岸近くまで運ばれます。
 海岸に打ち上げられた石英の砂は、風速90メートル以上の強風で国立公園まで吹き飛ばされます。
 数万年という長い年月の間、これらが繰り返され、石英の砂丘を創り出し、現在の姿になったとされています。 

※海流などによって研磨された石英が、砂丘を形成し、太陽の光に反射して白く輝き、
  純白のシーツ(= レンソイス)が広がるのです。 


C1_HIRONO
【純白の砂丘を歩く】

IMG_9059
【風紋が美しい純白の砂丘】


<レンソイスに出現する碧色の湖の正体>
 透き通る青空と純白の(石英の)砂丘の景観だけでも十分なレンソイス・マラニャンセス国立公園。
 そのレンソイス・マラニャンセス国立公園を、さらなる神秘の景観にしてくれるのが、純白の砂丘の谷間に現れる碧色の美しい湖(淡水池)です。
 これら碧色の美しい湖の正体は、なんと雨季のシーズン(1~5月)の間に降った「雨水」なのです。
 半年ごとにやってくる雨季(1~6月)。石英の層の下にある地下水が、雨季のシーズンに降った雨によって水位が増していき、砂丘の谷間に湧き出てきます。この湧き出てきた水が碧色の美しい無数の湖の正体なのです。

c2
【レンソイスの碧き湖と純白の白砂丘】

山田
【空から望む純白の砂丘と碧き湖のコントラスト】


 砂丘の間に出現する湖には魚も現れるのですが、乾季の間はどのように過ごしているか…まだはっきりとしていないようです。
 有力な説としては、魚卵が鳥類に付着して湖に運ばれてふ化するという説と、湖に住む魚が耐久卵を産み、地下水脈によるわずかな水分で乾季を過ごし、雨季に湖が出現した時にふ化するという説がありますが、レンソイスの不思議のひとつとされています。

P1250430
【湖に現れる魚の群れ】

 これら「碧色の湖」は、年中ご覧いただける訳ではなく、7月から9月にしか出現しません。

<ツアーのポイント!!>
 南米のツアーでは訪れ難い大自然の中に遺された三大絶景…エンジェルフォール、テーブルマウンテン群が聳えるギアナ高地、そしてレンソイス・マラニャンセス国立公園。
 これらを一度に訪れていただくため、さらに素晴らしい景観をご覧いただくため、レンソイス・マラニャンセス国立公園に「碧色の湖」が出現するシーズン、7~9月の期間限定ツアーとなっております。


 弊社ツアー「秘境ギアナ高地とレンソイス」では、レンソイス・マラニャンセス国立公園を訪れ、どこまでも続く純白の砂丘と、その砂丘の谷間に出現する碧き湖が織り成す自然の芸術を心ゆくまでお楽しみいただきます。
 純白の砂丘の上をのんびり歩いてみるも良し、碧き湖で遊泳を楽しむも良し、ゆっくり座って美しいコントラスを織り成す景観をただただ眺めるだけも良し。楽しみ方は様々です。
 
DSCN0632
【純白の砂丘を歩くも良し】

DSCF4598_otomo_ootomo
【碧き湖で遊泳を楽しむも良し】


 最後には、レンソイス・マラニャンセス国立公園に沈む夕陽を観賞し、夕焼けに染まる純白の砂丘の景観もお楽しみいただけます。

DSC04480_HIRONO
【レンソイスの純白の砂丘が夕焼けに染まる】


 ツアーでは、上空からも雄大なレンソイス・マラニャンセス国立公園をご覧いただくため「セスナ機による遊覧飛行」もお楽しみいただきます。
山田

c5
 「空から望む純白の砂丘と碧き湖の美しいコントラスト」


 ここ数年、テレビなどでも紹介されることが増えてきた「レンソイス・マラニャンセス国立公園」ですが、もちろん映像や写真でご覧いただくレンソイスの景観も素晴らしいですが、やはりこの神秘の景観はご自身の目でご覧いただくことを、体で体感いただくことを強くお勧めします。

 是非、このブログをご覧いただき、レンソイスの美しさにご興味を持たれた方、是非訪れてみたいと感じた方は、お気軽に西遊旅行までお問い合わせください。

■ツアーのご紹介
「秘境ギアナ高地とレンソイス」
※エンジェルフォール、ギアナ高地、そしてレンソイス 3つの遊覧飛行で南米の大自然を堪能
「南北ブラジル・大自然を巡る旅」
※広大なブラジルに点在する大自然のみどころの4カ所(パンタナール湿原、アマゾン川(マナウス)、イグアスの滝、レンソイスの白砂漠を巡る旅。
<今年レンソイスを訪れる方への朗報!!>
 2016年リオデジャネイロ オリンピック/パラリンピック期間中、日本、オーストラリア、カナダ、アメリカ合衆国の国籍の方が2016年6月1日から9月18日の期間に観光を目的としてブラジルへ渡航される場合、観光査証が免除されます。
 ブラジル査証申請にあたり、面倒な手続きが一切なくレンソイスへ訪れることができるのは今シーズンだけです。是非この機会をお見逃しなく!!
 


takahashi_saiyu at 20:19|Permalinkmixiチェック

2016年03月02日

パタゴニアの魅力 ~秋に訪れるパタゴニア

 大阪支社 高橋です。

 2016年を迎え、もう早いもので3月を迎えました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 まもなく春を迎え、私は、近所の桜の花、こぶしの花が咲く時期が待ち遠しく感じております。

 これまでいくつかご紹介させていただきました「パタゴニアの魅力」についてですが、今回ご紹介させていただきますのは「パタゴニアの魅力 ~秋に訪れるパタゴニア」についてです。

 パタゴニアを聞いて、どのような色を想像されますか?

 やはり、最初に浮かぶのは「蒼き氷河」の色であります「グレーシャーブルー」でしょうか。

C1

P2121577
【蒼き氷河が美しい ペリト・モレノ氷河】


 もしくは、色鮮やかに咲き誇る可憐な花々の色合いでしょうか。
IMG_8313

IMGM1118
【色鮮やかなパタゴニアに咲く可憐な花々】


※パタゴニアの可憐な花々については、下記のブログをご覧ください。


 今回ご紹介させていただく「パタゴニアの色合い」は、秋の時期に訪れる「紅葉のパタゴニア」です。

 秋のパタゴニアを彩るのは「ナンキョクブナ」となります。

 ナンキョクブナは、双子葉植物のナンキョクブナ科・ナンキョクブナ属(Nothofagus)のみの単型科で、アフリカを除く南半球の温帯から熱帯つまりニューギニア島、ニューブリテン島、ニューカレドニア、オーストラリア東南部およびタスマニア島、ニュージーランド、南米南部に約40種類が分布しております。
 ブナ科(北半球中心に分布)に似ており、かつてはブナ科に含められたこともありましたが、近縁ながら別系統であるため、現在では別の科となっております。

 ※ちなみに学名の「Nothofagaceae」は、ラテン語で「偽のブナ」という意味だそうです。
  実はナンキョクブナ属の命名者のカール・ルードヴィッヒ・ブルーム(Carl Ludwig Blume)が
  「南のブナ」属(Notofagus)と命名するつもりだったのですが、何らかの間違いで発表文献において
  "t"と"o"の間に"h"が入ってしまい、意味が大きく変わってしまったといわれています・・・。

 パタゴニアのナンキョクブナの1つである「パタゴニアブナ(学名 : Nothofagus obliqua)」は、チリとアルゼンチンの中部および南部に自生する落葉高木です。

 観光シーズン(12月~3月末)を終えると、パタゴニアは秋を迎え、静かな大地となります。
 秋を迎えて静かになったパタゴニアでは、これらのナンキョクブナの木々が徐々に紅葉をはじめ、ゴールデンウィーク時期には見事にナンキョクブナの木々が紅く燃えるような紅葉の景観を、また落ち着いた黄色の色合いの黄葉の景観が広がります。

 蒼き氷河のパタゴニアに、新たな魅力の色合いを演出してくれます。

<ここがツアーのポイント!!>
 観光のハイシーズンを終えているので、観光客も比較的少なく、静かな大地パタゴニアを体感できます。
 ゴールデンウィークという絶好の時期に紅葉シーズンを迎える「パタゴニア」。
 観光シーズンでは、見る事ができない「紅葉の色合い」が蒼き氷河の大地パタゴニアに、素晴らしいアクセントを加えてくれます。
 

 「紅葉のパタゴニア」シーズンの写真をいくつかご紹介いたします。

DSCF4222
【紅葉のペリト・モレノ氷河】
※先程掲載した「夏のペリト・モレノ氷河」と見比べてください。


Calafate1
【紅葉のロス・グラシアレス国立公園】
※ナンキョクブナには常緑高木もあるため、色合いも様々です。


XXPaine1
【紅葉のパイネ国立公園(トーレス・デル・パイネが遠望)】
※岩峰と氷河の景観に紅葉の色合いがプラス


XXPaine
【紅葉のナンキョクブナ】
※色鮮やかに色付くナンキョクブナ「レンガ」の葉


KW2A0389_takahashi
【紅く色付くナンキョクブナの葉】


KW2A0174_takahashi
【紅葉のパタゴニアで巣作りに励むマゼランキツツキのオス】


 紅葉のパタゴニアをご検討の方からの問い合わせについて、もっとも多いのが「秋になると氷河の崩落がみれないのですか?」との問合せです。

 私も昨年「紅葉のパタゴニア」へ同行させていただきましたが、幾度も氷河の崩落の音も確認でき、さらには、崩落のシーンも見学することができました。
 秋のシーズンのパタゴニアでの「氷河の崩落」の見学チャンスはございますので、ご安心ください。    

 今シーズンの「紅葉のパタゴニア」については、おかげ様で催行決定となりました。
 まだ残席もございますので、ゴールデンウィークのご旅行にお悩みの方、また1度パタゴニアへ訪れたことのある方も、是非パタゴニアのもう1つの魅力である「紅葉のパタゴニア」へ訪れてみませんか。

 私も再び「紅葉のパタゴニア」へ訪れてみたいものです!!!

■ツアーのご紹介
 4月28日(木)~5月8日(日) 11日間 「紅葉のパタゴニア」 



takahashi_saiyu at 19:35|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年12月27日

パタゴニアを体感するクルーズ ~③ビーグル水道クルーズ

 大阪支社 高橋です。
 
 間もなくクリスマス、さらには大みそか。2015年ももうすぐ終わりに近づいて きました。
 皆様にとって、今年一年はいかがでしたか。
 私はプレイベートで大きな決断をした一年でした。詳細をお聞きになりたい方 は、西遊旅行のツアーでご一緒した際にお話しいたします。

 本日は、「パタゴニアを体感するクルーズ」の最終回
 最後は、アルゼンチン・ウシュアイアで楽しむ「ビーグル水道クルーズ」 をご紹介させていただきます。

 「ビーグル水道」は、フエゴ島、ナバリノ島、オステ島とを隔てる海峡 のことであり、さらに は東の太平洋、西の太平洋を繋ぐ水路でもあ ります。ビーグル水道の真ん中はアルゼンチンとチリの国境とな ります。

 大西洋から太平洋までは約320km。幅はアルゼンチン・ウシュアイアのあたり で約10km、狭いところで約400mの場所もあります。

 ビーグル水道という名の由来は、チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年 にかけて行った「ビーグル号による地球一周航海」の際の経路 であったことか ら、その地球一周航海の際の船の名前から名づけられました。

map[1]


 ビーグル水道は、世界最果ての街・ウシュアイア(アルゼンチン)の桟橋 からスタートします。

IMG_0884


 このビーグル水道には、小さな島や岩礁がたくさんあり、船内からアザラシや オタリア(アシカ)、海鳥、ペンギンなどが生息しています。クルーズ を楽し んでいると、船内からそれらビーグル水道に生息している動物たちをご覧いただ くことができます。

IMG_0909
【ウシュアイアの空に舞う海鳥の 姿】


 このビーグル水道クルーズでは、船上から岩礁に集まる動物たちの観察や、 ビーグル水道上の島々へ上陸し周囲の景観をお楽しみいただきます。

IMG_0968


 海鳥の島と呼ばれる「ロス・パハロス島(Isla de Los Pajaros)」で は、ビーグル水道に生息する5種ほどのウミウ(Cormorans)が ご覧いた だけます。あまりにおびただし数のウミウのため、時折怖くなってしまうほどです。
 ただ、一匹、一匹をご覧いただくと、白と黒の羽毛に包まれた姿に、遠目から 「ペンギンが見えた~」と誤 解を招いてしまうほど、愛くるしい姿をし ています。

IMG_0981
【岩礁で羽を休めるウミウたちの 姿・・・ペンギンではありません】


 オタリオ(アシカ)の島と呼ばれる「ロス・ロボス島(Isla de Los Lobos)」、その他の岩礁ではオタリオ(アシカ)やアザラシたちの様々な 姿をご覧いただけます。
 岩礁の上に寝そべる姿、親に甘える子供たちの姿はもちろんの事、時折クルー ズのお客様へ何かを話しかけているのか?大きな鳴き声をこちらへ向け て発す るアザラシの姿などもご覧いただけます。

IMG_0988
【アザラシの親子:子供たちが親 アザラシに甘えています】


IMG_0986
【雄叫びを挙げるアザラシ】


 ビーグル水道クルーズを楽しんでいる中、ゲーブル島(Isla Gable)という島 の近くにあるペンギンの生息地も訪れます。

※ここがポイント!!
 このビーグル水道では、3つほどの島へ上陸するのみの短時間のクルーズもあ るのですが、西遊旅行のツアーでは、マゼランペンギンが生息する「ペ ンギ ン・コロニー(巣営地)」まで足を(船を?)伸ばします。


 ビーグル水道では、10月~3月にかけてマゼランペンギンがご覧いただけ、 ちょうど観光シーズンにあたるこの季節だからこそ、マゼランペンギン の観測 も楽しむことができるのです。

※そのため西遊旅行では、マゼランペンギン のコロニーまで足を(船を)伸ばすクルーズを選んでいま す!!

 マゼランペンギンは、大西洋側のアルゼンチンのパタゴニア沿岸から南米大陸 の先端部を回って、太平洋側のチリ沿岸とフォーランド諸島で生息し、 若鳥は 遠洋上で過ごします。
 太平洋側では、はるか北のペルーまで回遊します。
 冬には渡りをする若鳥もいて3000kmも移動したものもいるという記録もあります。
 繁殖地は南アメリカの大西洋沿岸および太平洋沿岸。南緯42~29度までの範囲 で、繁殖時期は9月初旬~10月に始まりますが、南に行くほど遅 くなります。
 その土地の植生をいかして繁殖しており、繁殖地は裸の土地、草地、海岸、絶 壁と土地ごとに様々。地表の砂が少なく粘土が多い場所ではトンネル (巣)を 掘り巣を作ります。
 強い風が入りにくい巣は繁殖率が高く、寿命は25~30年と言われています。
 マゼランペンギンの名前は、マゼランペンギンについて最初の報告をした探検 隊長フェルナンド・マゼランの栄誉をたたえで名付けられました。

IMG_0772


IMG_0762
【愛くるしいマゼランペンギンの 姿】


 「進化論」で知られるチャールズ・ダーウィンが1831年~1836年にかけておこ なった地球一周の経路であった「ビーグル水道」。
 全長320kmの全てを航海することはできませんが(いつの日か実現できれば参 加してみたいです)、ダーウィンが航海し た航路に思いを馳せながら、またビーグル水道に生息する愛くるしい動物たちの姿をご覧いただ きながら、極地の大自然を満 喫できる「ビーグル水道クルーズ」を是非お楽しみください。

 この極地の大自然を満喫する「ビーグル水道クルーズ」を楽しむため、是非今 シーズンはパタゴニアへ訪れて下さい。

 3回にわたりご紹介させていただきました「パタゴニアを体感するクルーズ」はいかがでしたでしょうか。
 このブログをご覧いただき、少しでもパタゴニアの大自然を感じていただけた ら幸いと思い、作成させていただきました。
 このブログをご覧いただき、パタゴニアへ興味を持たれた方は是非ご連絡くだ さい。
 パタゴニアの地に訪れると、ブログに掲載した素晴らしい景観、またそれ以上 の景観に出会え、感動を得られることを約束します。
 是非、一度パタゴニアの地へ訪れてみてください。

おわり

<ビーグル水道クルーズをお楽しみいただけるツアーのご紹介>
~南米大陸最南端・パタゴニアの大自然が創り上げた絶景を堪能~
蒼き氷河の国パタゴニア12日間

~世界の最果て・ウシュアイアから名峰フィッツ・ロイ聳えるチャルテンまで~
ゆったりパタゴニア大縦断17日間


takahashi_saiyu at 11:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック