TERASAKA

2016年09月14日

ウユニ塩湖の思い出<寺阪編>

東京本社 寺阪です。

昨シーズンは2回、ウユニ塩湖のツアーに同行させていただきました。

ウユニ塩湖と言えば水面に映る鏡の世界が有名になっていますが、白く乾いた状態が広がる世界もとても美しいものです。雨季の始まりの頃だと、場所によっては水が溜まり、また違う場所によっては乾いた状態と両方見ることも出来ます。

IMGP0405


IMGP1702


また、新月の頃のツアーが一般的には人気ですが、新月でなくても月が出ない時間に星空を観察することも出来ますし、逆に月明かりに浮かぶ白い塩湖が広がる様子も美しかったりします。

IMGP0460


IMGP0139


つまり、どの時期に行っても存分に楽しんでいただける場所です。
是非、お休みの都合をつけていただいて、この景色をご堪能ください!


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!

terasaka_saiyu at 16:09|Permalinkmixiチェック

2016年09月02日

ギアナ高地~ハンモック泊とエンジェルフォール展望台ハイキング~

東京本社 寺阪です。

ギアナ高地のハイライトの一つであるエンジェルフォール、カナイマの町から日帰りで訪れるツアーが多いですが、西遊旅行ではエンジェルフォールが間近に迫るキャンプで1泊します。

キャンプ?ハンモック泊?と慣れない方はちょっと躊躇されるかもしれませんが、意外と快適に眠ることができます。また、蚊帳付なので虫の心配もいりません。

P9220224_fujitamihoko

【蚊帳付ハンモック】

そしてこのキャンプ泊の最大のメリットは、早朝の人の少ない中、エンジェルフォールの展望台に行けることです。また、東向きのエンジェルフォールへの順光が美しい時間に訪れることができることです。

展望台へは、ジャングルの中をハイキング。早い人だと1時間弱、ゆっくりでも2時間あれば到着できます。足に自身が無い方でも、キャンプ泊ならではのゆっくりとハイキングの時間が取れることもメリットですね。カナイマからの日帰りではこうはいきません。

DSC04015

【展望台への道】

展望台に着いた時、エンジェルフォールに霧がかかっていても、とても変わりやすい天気なのでしばらく待つと晴れ間がのぞいたりします(下の写真は霧の状態から30分弱で霧が晴れていきました)。
そしてまたあっという間に霧の世界に戻ったりします。
滞在時間が長いと霧が晴れるチャンスも多くなります。

IMGP5820

IMGP5823

IMGP5829



是非、ハンモック泊でエンジェルフォールを存分に楽しんでください。

IMGP5860

【キャンプ地から見るエンジェルフォール】

今シーズンは残り3コース。
秘境ギアナ高地をゆく
9/30発と10/5発は催行決定、11/2発は間もなく催行予定です。

09月30日(金) ~ 10月10日(月)
1万円値下げ・羽田深夜発
11日間688,000円
678,000円
10月05日(水) ~ 10月15日(土)
羽田深夜発
11日間678,000円
11月02日(水) ~ 11月12日(土)11日間678,000円





terasaka_saiyu at 12:27|Permalinkmixiチェック

2016年07月27日

レンソイス・マラニャンセス国立公園

東京本社 寺阪です。

先日、「秘境ギアナ高地とレンソイス」のツアーに同行させていただきました。
ギアナ高地のご紹介は別の機会にさせていただきまして、今回はレンソイスについて写真を元にご紹介していきます。

最近、テレビや本などで絶景の一つとしても紹介されることが多くなってきたレンソイス、正式名称はレンソイス・マラニャンセス国立公園といい、 「レンソイス」とはポルトガル語で「シーツ」、マラニャンセスはマラニョン州のという意味です。

南にあるパラナイーバ川が上流から運んできた砂に含まれる石英が、海流と風によって堆積して出来たもので、白い砂丘と雨季に降った雨による湖の青さのコントラストが絶景と呼ばれる所以となってます。

レンソイス観光の拠点となる街バヘリーニャス、まずここに行くまでも大変です。
ブラジルは日本の23倍という大きな国なので、サンパウロやブラジリアから国内線でマラニョン州の州都サンルイスまで2時間半~3時間半、そしてサンルイスからは車で4時間以上かかります。
さらにそのバヘリーニャスから1時間ほど、川を渡り、四輪駆動車でないと行くことのできない道を進んだところにレンソイス砂丘の入口があります。

DSC04321

このような四輪駆動車で移動します。

DSC04323

DSC04326

バヘリーニャスの町を流れているプレギシャス川には橋がないので、艀(はしけ)で渡ることになります。

IMGP6247

レンソイス砂丘の入口(駐車場)、まだ車が少ない時間です。

IMGP6246

真っ白な砂丘を登っていくと…

IMGP6248

眼下に美しい湖が見えてきます。

IMGP6253

砂丘を上り下りしていくつかのラグーン(湖)を巡ります。

IMGP6261

湖では泳ぐこともできます。

IMGP6262

IMGP6250

白い砂丘に囲まれたラグーン。

IMGP6271

美しい風紋も見ることができます。

IMGP6322

夕方になると見学の観光客も増えてきます。

IMGP6340

最後は砂丘の向こうに沈んでいく夕陽を見学。

IMGP6356

日が沈んだ後の夕焼けも綺麗です。


そんなレンソイス砂丘ですが、地上から見るのと合わせて見ていただきたいのが上空からの風景。
ツアーには遊覧飛行も含まれています。

IMGP6196

このような小型機で出発。
ちなみにセスナではなく、ブラジルのエンブラエル製でした。

IMGP6157

サンルイスを離陸し、眼下に見える小さな町の上空を通過。

IMGP6163

川の河口で蛇行している様子がよく見られます。

IMGP6166

しばらく進んでいくと遠くに白い砂丘が見えてきます。

IMGP6185

上空から見ると砂丘の間のラグーンとの美しさがよく分かります。

今シーズンのツアーは、9/8発(満席)と9/15(残席)となっています。
今年はちょっとお時間が合わないという方は、是非来年ご検討ください!

秘境ギアナ高地とレンソイス

terasaka_saiyu at 18:00|Permalinkmixiチェック

2016年06月10日

2016-17年 雨季のウユニ塩湖 ツアー発表会

(5/27の記事の再掲です)

東京本社 寺阪です。

おかげさまで今シーズンも約3ヶ月ちょっとの間に約500名のお客様を天空の鏡へとご案内させていただくことが出来ました。
本当にありがとうございました。

鬼が笑ってしまう来年の話ではありますが、もう2016年末から2017年のシーズンのツアーの発表が間近となってきました。
今年は次の日程で発表会を予定しています。

【東京】
会場 : ICI石井スポーツ アースプラザ  定員 : 50名様<参加費無料>
日時 : 6月18日(土) 14:00~16:00 (開場:13:30)

【大阪】
会場 : 大阪支社  定員 : 25名様<参加費無料>
日時 : 6月19日(日) 14:00~16:00 (開場:13:30)

それぞれの会場にて、スライドを交えてコース内容について弊社中南米担当よ り詳しくご案内させて頂きます。 (もちろん高山病対策や持ち物などご質問にもお答えいたします。)

詳細はこちらのページをご覧ください。

また、ツアー発表会へご参加ご希望の方は、お問合せフォームよりお申込みお願いいたします。

今年、2回ウユニ塩湖には同行させていただきました。
その時の写真をちょっとだけご紹介いたします。

IMGP1702


IMGP0481


IMGP0460


雨季のウユニ塩湖への旅は、2/8の未来世紀ジパングでも紹介された西遊旅行で!!

terasaka_saiyu at 10:04|Permalinkmixiチェック