カーニバル

2016年11月05日

南米三大祭り オルロのカーニバル

大阪支社の前川です。

毎年、好評をいただいております雨季のウユニ塩湖。
年末年始、また新月の頃に出発予定のコースでは既に催行が決定しているコースも増えてきました。

大阪では先日、雨季のウユニ塩湖説明会を開催いたしました。
多くの方にご来場いただき、映像を見ながらウユニ塩湖での楽しみ、また持ち物や服装等をご案内させていただきました。IMG_0187_maekawa

IMG_0211_maekawa


説明会にご参加できなかった方には、弊社ホームページ「ウユニ塩湖特集」では細かくウユニ塩湖について掲載をしておりますの是非ご覧ください。

http://saiyu.co.jp/feature/uyuni/

来年2月にはオルロのカーニバルが開催されます。
オルロのカーニバル?!あまり聞きなれないお祭りかもしれませんが、ブラジル・リオのカーニバル、ペルー・インティライミ(太陽の祭り)に並ぶお祭りがボリビア・オルロのカーニバルで、南米3大祭りの1つなのです。

16世紀にインカ帝国を滅ぼしたスペインは、銀やスズなどの鉱山採掘の労働力として先住民や黒人奴隷らを支配し、キリスト教(カトリック)への改宗・布教をすすめました。
『オルロのカーニバル』のダンスには様々な種類がありますが、中にはスペイン人を悪魔に反映されたダンスもあります。
また、アンデス文化が色濃く残っており、様々なフォルクローレの音楽や踊りを楽しむことができます。
bolivia 134

bolivia 104

bolivia 114

bolivia 122


にぎやかな音楽、そして色とりどりの衣装が印象的なオルロのカーニバルをご覧いただけるコースは
こちらから↓
雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!


maekawa_saiyu at 13:24|Permalinkmixiチェック

2014年04月04日

大迫力!リオのカーニバル本戦を見学してきました!

今年の3月はじめ、リオデジャネイロで開かれた「地上最大のショー」といわれるサンバカーニバルを見学してきました!下の動画でその会場の臨場感を体感ください(少々ぶれてますが。。。)!



会場であるサンポドローモの常設会場が見え出すとすでに沢山入場している観客席、明るい照明が全体を照らし出してスタートを告げる花火が上がっていました。
入場パスでスタジアム内部の桟敷席へ。会場は全長650m(準備用でさらに200mあります)を1時間22分の間に通過しなくてはいけなく、1分でも増減あったら減点の対象となります。審査員席が丁度私たちの席の向かい側にあり、パレードの隊もとりわけこの付近で演技のアピールしているようでした。独特のパレードの山車と、踊り手、楽隊がチームごとに毎年違ったテーマに沿ってパレードを行います。その規模は1チーム4000人にまで上ります。昨年の浅草のサンバカーニバルが総勢4700人だったことを考えると、いかにリオのカーニバルが大きいかがわかります。どのチームもそれぞれのサンバのテーマ曲に合わせ、大迫力のパレードを披露し、会場を湧かせてくれました。

ちなみに、審査員による今年の結果(6位まで)は次のとおりでした。
       

1. UNIDOS DA TIJUCA
優勝回数(4回 1936年、2010年、2012年、2014年)
テーマ:2014年はブラジルの英雄、F1ドライバーのアイルトン・セナが亡くなってから20年にあたりまし て、このチームはセナをイメージにしたパレードを行いました。レース がスタートしてからドライバーたちが激しい争いを行い、終盤にはなんとセナが猛スピードで現れる演出で会場が盛り上がりました。

2. SALGUEIRO
優勝回数(9回 最後は2009年)
テーマ: 私たちの故郷、地球。人類の始まりから あらゆる民族が、命の始まりについて多数の伝説があります。ギリシア神話やブラジルの伝説などでも、太陽の神、空、風、水の神々が地球を作り上げた大事なものとされていて、この4つの要素をイメージにしたダンス構成。

3. PORTELA
 優勝回数(20回最多)
テーマ:リオの伝統的なリオブランコ通り、20世紀初めに建設されて以来リ オの発展の象徴であり、リオッ子の生活の中心である。この通りを川として表し、夢や希望や欲望が流れるような演出。そして、グアナバラ湾の水が溢れだし、青く染まる景色と平和の象徴のリオブランコ。

4. UNIAO DA ILHA
 優勝経験はありません。
テーマ:ゴベルナドル島が地元のチームですので、島・海をイメージしています。そして、今年は記憶の片隅のファンタジーを引き出してくれる、現実を忘れて夢を見せてくれます。子供のようにはしゃぐ喜びをテーマにしてます。

5. IMPERATRIZ
優勝回数(8回 3連覇の経験あり 1999年、2000年、2001年)
テーマ:『不可能を可能にするには、可能であると信じること から』 サッカーの試合でもそうであるように、試合が開始する、ブラジルサッカー界の王ジーコに捧げるパレードになりました。ワールドカップイヤーに相応しく、盛り上がりました。

6. GRANDE RIO
優勝回数はないが、3回の準優勝経験あり、10年連続TOP6である。
テーマ:創造的な季節は夏、太陽の季節をイメージにして、朝からゆったりと始まり、徐々に日差しも強くなり、ビーチの時間を表現しています。壮大なビーチに流れる波そして、船が希望を乗せて航海するような踊りを見せました。

この本戦が行われた3/1~3/4の期間はサンポドローモの会場だけでなく、コパカバーナ海岸やリオの街角でもサンバを楽しむ一般市民が見られ、町自体がカーニバルの雰囲気一色に包まれていました。今回見学しましたスペシャルチーム1日目の3/2に行われたサンバで最高位は6位にはいったグランデリオでした。ぜひ次回も生のカーニバルを観戦したいです!

DSCF0003
DSCF0045


DSCF0087
DSCF0160

DSCF0183
DSCF0060


ブラジルのご旅行は団体、個人旅行でも承ります!お問い合わせください。
メルコスールアワード2013 受賞コース! 「南北ブラジル・大自然を巡る旅」

ジャングルロッジ滞在とマナウスから河口ベレンまで 「ブラジル・大河アマゾン」

個人旅行 「ブラジル二大絶景 レンソイスとイグアスの大瀑布10日間」 



otomo_saiyu at 00:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック