キャノピー

2016年11月07日

知られざる秘島 リトル・コーンアイランド

海から見たバンガローとビーチバー東京本社奥井です。

日本は日に日に寒くなる今日この頃ですが、今年も、良い季節が近づいてきましたね。
12月からゴールデンウィークにかけて、私にとっては一年の中で最も忙しく、でも最も良い季節でもあります。
何が良いかというと、やはり、鏡張りのウユニ塩湖が見える季節でもあり、エメラルドグリーンの美しいカリブ海を楽しめる季節でもあるからです。

ブルーホールIMG_3532

そんな中で、今回は今年の5月に私が視察してきたカリブ海に浮かぶニカラグアの孤島リトル・コーンアイランドをご紹介したいと思います。

リトルコーンアイランドはニカラグアのカリブ海側の沖合リトルコーン島はニカラグア本土の東、カリブ海に浮かぶ小さな島です。


面積は2.9km²、人口もわずか500人程度で、島に車はおろかバイクすらなく、島民の主な移動手段は徒歩か自転車です。人里離れた離島だからこそ、美しい大自然が手つかずで残されています。
私は10年以上前にこの島を訪れ、その手つかずの自然の美しさに痛く魅了されました。ただ、この島にある宿はバックパッカー向けの宿ばかりで、この島に訪れる外国人観光客はバックパッカーかヒッピーかといった感じでした。
バックパッカー御用達の宿カサ・イグアナ ヤシの木が生い茂るリトルコーン島
バックパッカー御用達の宿カサ・イグアナ(左)とヤシの木が生い茂るリトルコーン島(右)

この島に大きな契機が訪れたのが2013年。島の北側にリゾート・エコロッジのイェマヤ・アイランド・ハイダウェイ & スパがオープンしたのです。このリゾートは小さいながら全室オーシャンビューのバンガローを持ち、目の前に広がるエメラルド・グリーンのカリブ海を独り占めできるのです。特に世界中のヨガの愛好家から人気を集めており、全館貸切になることも多く予約は1年以上前から埋まっていることもざらにあるのです。
リゾートのバンガロー リゾートの眼の前に広がるエメラルドグリーンのカリブ海
全室オーシャンビューのバンガロー(左)とリゾートの眼の前に広がるエメラルドグリーンのカリブ海(右)

リゾート前のビーチとビーチバー カリブ海に沈む夕陽
リゾート前のビーチとビーチバー(左)とカリブ海に沈む夕陽(右)


この島は、そのリゾートの名の通り、文明から逃れ(=ハイダウェイ)、自然の中でゆっくりと体を休める隠れ家的な場所なのです。

今回、現地での交渉を経て、日本では唯一弊社だけがこのリゾートでの滞在を組み入れたツアーを発表することができました。
日本はおろか、まだ世界でもあまり知られていないカリブの孤島での素晴らしい滞在を、ゆっくりと堪能していただけます。
また、ツアーではそのほかにも、珍しいスコリア丘でのサンドボーディングやぐつぐつと湧いてる溶岩を見ることができるマサヤ火山などにも立ち寄る盛りだくさんの日程となっております。

ぜひ、みなさまのお申し込みをお待ちしております。
雲霧林の中を滑りぬけるキャノピー
雲霧林の中を滑りぬけるキャノピーを楽しむ

 カリブ海の隠れ家 リトルコーン島に滞在 
カリブの楽園リトルコーン島滞在と火の国ニカラグア
 12月30日(金) ~ 01月08日(日)  満席 
 01月28日(土) ~ 02月06日(月)
 03月07日(火) ~ 03月16日(木) まもなく催行
 04月28日(金) ~ 05月07日(日) ゴールデンウィークコース

okui_saiyu at 16:58|Permalinkmixiチェック

2014年05月30日

コスタリカの森でキャノピー

東京本社の廣野です。
今年の2月に中米のコスタリカへ添乗させて頂きました。

西遊では数年ぶりのコスタリカ1か国だけのコース。
エコツーリズムの発祥地としてよく名を耳にするモンテベルデ自然保護区ももちろん訪問するのですが、
今回新たに、キャノピーというアクティビティを取り入れてみました。

キャノピーとはどのようなものか皆様ご存じでしょうか??

簡単に言うと、森の中をターザンのようにロープを滑るアクティビティです。
DSC02911_hirono

モンテベルデの熱帯雲霧林の中に、高さや長さがまちまちのロープがはりめぐらされてあります。
ロープの発着地点間は徒歩で移動していただきます。
滑るときは、腰につけた器具をそのロープとつないで身を任せるだけ。
高所が苦手でなければ誰でもお楽しみ頂けます。


ヘルメットや手袋などの必要物は全て現地にて用意してあります。
スタッフのお兄さんたちに装着してもらい、森の中でまずは滑り方や注意点などの基本的な事項の
説明と練習があります。
DSC02886_hirono


それからいざ本番へ!

滑るロープは全部で10本ほど。
最初は少し緊張される方もいらっしゃいますが、何本か滑るとコツもつかめて面白くなります。
長いロープは1kmほどもあり、普通の散策とは違った森の景色をお楽しみいただけます。

うまく滑れるか心配…ロープの途中で止まってしまったらどうするの…という方もご安心ください。
優しいスタッフたちが全行程一緒にいてくれて、止まってしまったら助けにきてくれます。
1人で滑るのが怖い方は、スタッフが一緒に滑ってくれる「タクシー制度」もありますのでご安心を。
DSC02897_hirono

↑止まってしまったお客様を迎えに行く現地スタッフ

西遊旅行のコスタリカのコースで行くモンテベルデ自然保護区。
午前中はシダやコケの生い茂る熱帯雲霧林の中のトレイルを散策しながら、植物や動物の観察を
お楽しみ頂きます。幻の鳥ケツァール(カザリキヌバネドリ)も生息するエリアです。
DSCN4079_kawada

↑スコープからのぞいて見たケツァール

美しいモルフォ蝶も観察できるバタフライガーデンや、ハチドリが飛び交うハチドリギャラリーももちろん訪問。
DSCN4122_kawada
DSCN4101_kawada


そして午後、今回ご紹介したキャノピーをお楽しみいただくという、盛りだくさんの内容です。

2014年末から2015年3月にかけて、ツアーを設定予定です。
詳細の発表はこの7月となります。7月までの間でも、ご質問などございましたらお電話・メールにて
いつでも承っておりますので、ご興味を持って頂ける方はぜひお気軽にご連絡ください。

※コスタリカってどんな国??という方は下記のページもぜひご覧ください。
コスタリカ 太平洋とカリブ海に抱かれ人々が穏やかに暮らす中米の楽園へ









hirono_saiyu at 19:32|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック