ボリビア

2016年11月12日

アタカマ高地 アンデス最奥で感じた日本の景色

こんにちは大阪支社の前川です。

9月に南米、チリからボリビアにかけて広がるアンデス最奥のアタカマ高地を訪ねました。
アタカマ高地は太平洋プレートとナスカプレートと南米大陸のぶつかり合いで隆起でできたアンデス山脈に位置をしています。
海洋プレートの沈み込み帯の上側に乗った大陸プレートが、海洋プレートからの圧力を受けて隆起してできた、この構造は日本列島ととてもよく似ています。
そのため日本にも似た風景も見られました。
IMG_2221
【上空から見たアンデス山脈】

旅で最初に訪れるサンペドロ・デ・アタカマは、チリ北部、標高2,436mの高地に位置する町です。
まず一番最初に目に入るのが、まるで富士山のような「リカンカブール山」です。
別名「アタカマ富士」という名前がピッタリの山です。
IMG_2416

リカンカブール山以外にも、その姿が富士山にそっくりな山があちらこちらにありました。
IMG_2274
【ミスカンティ湖とミスカンティ山 富士山に良く似ています】

現在でもたくさんの火山の活動が活発なアンデスでは温泉もあります。

タティオ間欠泉は、標高4500mにある世界最高所の間欠泉です。大小80もの間欠泉が砂漠の大地から水蒸気を噴き上げる様は実に壮観で、早朝、朝日が昇る前がもっとも間欠泉の活動が活発で、日中も同じように活動をしていますが水蒸気が見えにくくなるので観光には早朝の時間が適しています。IMG_2341
IMG_2336
【早朝はマイナスの気温になるので露天風呂の入浴には覚悟がいります!】IMG_2348
【間欠泉を見ながらの朝食】

ソル・デ・マニャーナは、地下活動を想像するには十分な位、勢いのある泥の間欠泉でした。
IMG_2446
IMG_2444


ポルケス湖畔になる天然露天風呂。足湯を楽しみました。IMG_2432
IMG_2434



アタカマ高地はアンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため、年間の降雨量はとても少ない地域であり、乾燥した場所です。
また、標高が高く澄み切った空気が天体観測に適しており、ヨーロッパ南天天文台をはじめとする世界の天体観測施設が設けられています。夜には満天の星空、天の川を眺めることができます!
KOJI1098

アタカマ高地では天の川にリャマの姿がみえるといいます。日本とは逆に見える南半球の満天の星空は息をのむ美しさでした。



maekawa_saiyu at 18:00|Permalinkmixiチェック

2016年11月05日

南米三大祭り オルロのカーニバル

大阪支社の前川です。

毎年、好評をいただいております雨季のウユニ塩湖。
年末年始、また新月の頃に出発予定のコースでは既に催行が決定しているコースも増えてきました。

大阪では先日、雨季のウユニ塩湖説明会を開催いたしました。
多くの方にご来場いただき、映像を見ながらウユニ塩湖での楽しみ、また持ち物や服装等をご案内させていただきました。IMG_0187_maekawa

IMG_0211_maekawa


説明会にご参加できなかった方には、弊社ホームページ「ウユニ塩湖特集」では細かくウユニ塩湖について掲載をしておりますの是非ご覧ください。

http://saiyu.co.jp/feature/uyuni/

来年2月にはオルロのカーニバルが開催されます。
オルロのカーニバル?!あまり聞きなれないお祭りかもしれませんが、ブラジル・リオのカーニバル、ペルー・インティライミ(太陽の祭り)に並ぶお祭りがボリビア・オルロのカーニバルで、南米3大祭りの1つなのです。

16世紀にインカ帝国を滅ぼしたスペインは、銀やスズなどの鉱山採掘の労働力として先住民や黒人奴隷らを支配し、キリスト教(カトリック)への改宗・布教をすすめました。
『オルロのカーニバル』のダンスには様々な種類がありますが、中にはスペイン人を悪魔に反映されたダンスもあります。
また、アンデス文化が色濃く残っており、様々なフォルクローレの音楽や踊りを楽しむことができます。
bolivia 134

bolivia 104

bolivia 114

bolivia 122


にぎやかな音楽、そして色とりどりの衣装が印象的なオルロのカーニバルをご覧いただけるコースは
こちらから↓
雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!


maekawa_saiyu at 13:24|Permalinkmixiチェック

2016年09月16日

すり鉢の中の町・ラパス ~ウユニ塩湖以外の楽しみ~

4069

こんにちは。東京本社の荻原です。

本日はウユニ塩湖関連の多くのツアーで最初に訪れる町・ラパスをご紹介いたします。

ボリビアの首都は憲法上はスクレとなっていますが、行政・立法府がある事実上の首都はここラパス。
中心部の標高は3,600mほどですが、ツアーでは南部地区にある3,300mの場所にあるホテルに2連泊。ウユニ塩湖へ行く前に、高度順応ができる日程にしております。

8219

高度順応だけではないラパスの魅力が、世界でも稀に見る独自の景観です。

町全体がすり鉢状になっており、斜面に家々が連なる光景は、ツアーのメイン・ウユニ塩湖にも引けを取らないものがあります。

18432


13657

家々が明かりを放つ夜の景色も圧巻です。

38855


22659

ツアーでは、2014年5月に完成したロープーウェイにご案内。ラパスの街を上空からご覧頂くことができます。

ウユニ塩湖から戻ってきた後は、ラパス市内のお土産屋が並ぶサガルナガ通り近くのホテルに宿泊。

かわいいデザインの雑貨などが安くて種類豊富。お土産に最適です。

27123


33852

ウユニ塩湖に加えて、ぜひラパスの町も存分にお楽しみ下さい。


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!

ogihara_saiyu at 08:44|Permalinkmixiチェック

2016年09月05日

雨季のウユニ塩湖の思い出<箭本編>

南米といえばリャマアルパカなどのラクダ科の動物をイメージする方も多いと思います。
せっかく南米まで来たらぜひ『リャマ』や『アルパカ』を見たいですよね。

実は、ウユニ塩湖周辺でもリャマや同じくラクダ科のリャマに出会えることがあります。
塩湖上には少ないですが、インカワシ島や、ウユニ塩湖の外周部では出会えるチャンスがあります。

以下、自分の撮った写真です。

放牧中のリャマ(ウユニ塩湖の沿岸にて)
llama


塩湖に迷いこんだビクーニャ
vicuna



南米アンデス地方に住むリャマの仲間(ラクダ科)は4種類だけ
ですがどれも見た目が似ています。
参考に簡単な識別法を載せておきます。

【家畜】
アルパカ
毛がモコモコで羊の様。耳がとがっている。背中が少し丸い。リャマより小さい。

リャマ
ラクダ顔。耳がバナナ状で丸い。背中が平ら。アルパカより大きい。

【野生】
ヴィクーニャ
体が小さく、小顔&細身で引き締まっている。一番分かりやすい。

グアナコ
体がビクーニャの2倍。主にアルゼンチン。リャマにそっくり。家畜化される前のリャマともいわれる。

この地域ならではの可愛らしいラクダ科の動物に出会えるのもウユニ塩湖観光のもう一つの楽しみです。ぜひ雨季のウユニ塩湖のパイオニアの西遊旅行でウユニ塩湖へ!

<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!

staff_saiyu at 18:39|Permalinkmixiチェック

2016年08月31日

ウユニ塩湖の思い出<高根澤編>

こんにちは。

西遊旅行、トレッキング担当の高根澤と申します。
今回は私のウユニ塩湖の思い出をご紹介致します。

みなさん関野 吉晴氏をご存知でしょうか。
探検家で人類学者で武蔵野美術大学教授にして、医師でもあります。
彼を一躍有名にした冒険があります。
1993年からアフリカに誕生した人類が、ユーラシア大陸からアメリカ大陸にまで拡散していった、
約5万3千キロの旅「グレートジャーニー」の冒険です。
関野氏はこの壮大な旅の中で「ウユニ塩湖」を自転車で走破したのです。

その時の放送を見て初めて「ウユニ塩湖」に出会いました。
その景色の壮大なこと、果てしのない白い地平線。
いつか絶対にこの目で見たい、と心に誓いました。

CIMG1543_teraoka

果てしのない白い地平線


みなさんも本や雑誌、テレビなどで一度はウユニ塩湖を見たことがあると思いますが、
この素晴らしい景色をぜひ肉眼で、そして身体で感じて頂きたいです。

私はその後、実際にウユニ塩湖を訪れました。
その時の感動は今でも忘れません。
こうして添乗員として訪れていますが、
毎回その景色に息を呑み、見入ってしまいます。

■DSC01436

幻想的な世界

ぜひ、パイオニアである西遊旅行企画のウユニ塩湖のツアーをご検討ください。
忘れられない景色がそこにはあります。

西遊旅行・高根澤


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!

staff_saiyu at 19:06|Permalinkmixiチェック

2016年08月29日

雨季のウユニ塩湖の思い出<若井編>

西遊旅行 大阪支社の若井です。

情報過多の時代、どうしてもイメージが先行してしまうため、
「いつ行けばイメージ通りの風景が広がっているのか」
という質問をよく受けます。

この答えに困るのは、水の量はもちろんですが、天候、時間によって刻々と状況が
変わってしまうからです。

「同じ風景は存在しない」
それがウユニの最大の魅力です。

そして、「水は動く」ということ。
この動きをどれだけ把握、予測できるかによって、ウユニの満足度が決まります。
滞在中は休む間を惜しんで、「水を求める」という毎日になります。
遺跡の観光のように何か対象物があるわけではありませんので、ここを見たらOK
というものではないのが難しいところです。

ウユニは、「経験」がすべてです。
社として蓄積してきたデータを基に、ドライバー、ガイド、添乗員が「絶景」を見せる旅です。


私は夜から朝になる時間帯が好きです。地球の動きを感じるからです。

DSC_1144


R0014349


この瞬間もウユニでは「見たことのない風景」が広がっています。
それを考えると、またあの地に立ちたいと思います。


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!


staff_saiyu at 10:32|Permalinkmixiチェック

2016年08月17日

『雨季のウユニ塩湖の思い出<中村編>』

東京本社、中村です。
私の『雨季のウユニ塩湖を訪ねて』の思い出をご紹介します。

雨季のウユニ塩湖での一番の思い出は、何と言っても、夕陽・夕焼け鑑賞です。
夕陽・夕焼けの名所は、世界中に無数にあると思いますが、
雨季のウユニ塩湖の夕陽・夕焼けは、個人的にはベスト5入り、
もしかすると、世界一美しい夕陽・夕焼けかもしれません。

1-P1284145


ウユニ塩湖に滞在中、夕陽・夕焼けのチャンスが何度かありますが、
毎日、見え方、色付き、景色が異なりますので、
毎日、異なった夕陽・夕焼けをご覧いただくことができます。

2-P1284237


乾季のウユニ塩湖も、もちろん素晴らしいのですが、
雨季のウユニ塩湖の夕陽・夕焼けは、本当に格別です。

ウユニ塩湖にまだ行かれていない方はもちろん、
乾季は行ったけど、雨季は行っていない方、是非、雨季の時期にも行ってみてください。
記憶に残る最高の夕陽・夕焼けをご覧いただけると思います。

3-P2250029


夕陽・夕焼けの写真撮影の時は、デジタルカメラの設定を夕陽・夕焼けモードにするのをお忘れなく。
高価なカメラでなくとも、難しい設定をしなくとも、
最近のデジタルカメラの夕陽・夕焼けモードなら、感動の瞬間を切り取ってくれるはずです。

4-P2249527


雨季のウユニ塩湖で、世界一の夕陽・夕焼け見に行くなら、
雨季のウユニ塩湖のパイオニア、西遊旅行でお出掛けください。

■ウユニ塩湖のご紹介
■催行状況はこちらから


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!


nakamura_saiyu at 09:30|Permalinkmixiチェック

2016年08月12日

『雨季のウユニ塩湖の思い出<森田編>』

こんにちは。
西遊旅行トレッキング担当の森田です。
今回は、私の中に色濃く残るウユニ塩湖の想い出をお伝えします。

見渡す限り広大な塩の湖が広がるウユニ塩湖。
日本では決して見ることのできない壮大な景観を満喫しましたが、
その中でも記憶に刻まれた1つの珍現象をご紹介。

『車を追いかけてくる、魚島の親子』
私たちが滞在していた間は幸運にも雲一つない快晴。
鏡張りを見せてくれる水を求めて、塩の海原をジープに分乗して走ります。
ふと、不思議な感覚が。
走っているのに止まっている・・・・・・。
塩湖の上には道路はなく、景色も遠望のため、同じ場所にとどまっている気がするのです。
車はエンジンの音を響かせ、シートに振動が伝わってきているので確かに走行しています。
この奇妙な感覚は、浅草花やしきにある「びっくりハウス」に似ていました。
ふと、窓の外に不思議な景色が。
魚の親子が同じ場所に佇み、車について来るように見えるのです。
実際は蜃気楼によって景色が歪んで見えているわけなのですが、非常に不思議な感覚でした。

↓これが、その写真です
DSC_0320


まるで、水平線を見失うような鏡張りの景観。
空を覆いつくし、日本ではほとんど見る事のできない南十字星が輝く満天の星空。
今回は、そんな魅力溢れるウユニ塩湖の知られざる珍現象をご紹介させていただきました。
ぜひ、訪れてみませんか?

■ウユニ塩湖のご紹介
■催行状況はこちらから


<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!


staff_saiyu at 18:06|Permalinkmixiチェック

2016年08月09日

『雨季のウユニ塩湖の思い出<藤田編>』

西遊旅行の藤田です。

今回、ここAVENTURAには初めて記事を書かせていただきます。
昨年末、ウユニ塩湖に同行させて頂きました。

さて、ウユニに行く前には様々な期待や心配があると思いますが、きっと多くの人が一度は考えるのは次のことでしょう。

「鏡張りは見られるのだろうか?見られなかったらどうしよう・・・と。

正直に言って、これは取り越し苦労です!
現地に行けば、どんなコンディションであれ、ほぼ確実に一度は必ず鏡張りを見ることが出来ます!
と、断言できます

IMG_1022_fujita-t


ここに掲載した写真は人類の進化の過程という、ウユニ塩湖にいる日本人の99.7%が挑戦する、最もベタ中のベタな写真です。
(関係ないですが、この写真を撮る場合は真ん中の人が一番キツイです。笑)
一見無いでもない様な写真ですが、この写真は上下を反転しています!
上が塩湖で下が空なのです!

このくらいのクオリティーの鏡張りであれば皆さん誰だって(写真が下手な私だって)撮影できます!

実は、昨年末はかなり水も少なく鏡張りを映すには厳しい環境でしたが、プロフェッショナルなガイドさんのアドバイスがあれば、誰でもこのレベルの写真は撮影できました。
西遊旅行のウユニのツアーは、ウユニに行けば色々なアイデアの引き出しを持っているガイドさんと共に周れます!


今シーズンに参加される皆様にも素晴らしい景色がご覧いただけますように・・・。

<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
 人気No.1  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
雨季のウユニ塩湖ツアー決定版!塩のホテルに3連泊、奇跡の絶景を心ゆくまで堪能する人気のコース。3回の星空見学にもご案内。

 新企画  古都スクレ滞在とウユニ塩湖
ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 “白い都”スクレと“銀の都”ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。

 土曜発日曜着  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間。効率よく“天空の鏡”を巡ります。もちろん塩のホテルにも2連泊確約!3回の星空見学にもご案内。

 独自企画  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
お雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊!トゥヌパ山麓に残るウユニ塩湖の美しい原風景を楽しむ。

 ペルーも充実  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
ウユニ塩湖・マチュピチュ・ナスカの地上絵・チチカカ湖を一度に訪れる充実の14日間。旅の要所マチュピチュ村とウユニ塩湖で2連泊。ペルーとボリビアの人気観光地を効率よく巡る。

 時季限定  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖
夏のペリト・モレノ氷河、眼の前の景色がすべて鏡映しになる雨季のウユニ塩湖。2つの南米の大自然の奇跡を訪れる時季限定の特別コース!

staff_saiyu at 16:08|Permalinkmixiチェック

2016年08月04日

8月27日(土)雨季のウユニ塩湖 ツアー説明会 開催!

(8/4 再掲)

エケコ東京本社 奥井です。

おかげさまで、6月に今年末~来年3月の雨季のウユニ塩湖ツアーを発表させていただいて以降、今年も多くのお客様にお申込みいただいております。

とはいっても、今年は、弊社も力を入れてツアーを設定したため、どの出発日もまだまだ十分席に余裕があります。
そこで、6月にツアー発表会にご参加いただけなかった方のために、再度下記の日程で、雨季のウユニ塩湖 ツアー説明会 を実施させていただきます!

【東京】
会場 : ICI石井スポーツ アースプラザ  定員 : 50名様<参加費無料>
日時 : 8月27日(土) 13:00~16:00 (開場:12:30)
塩の結晶
【大阪】
会場 : 大阪支社  定員 : 25名様<参加費無料>
日時 : 8月27日(土) 14:00~16:00 (開場:13:30)

それぞれの会場にて、スライドを交えてコース内容について弊社中南米担当よ り詳しくご案内させて頂きます。 (もちろん高山病対策や持ち物などご質問にもお答えいたします。)
6月のツアー発表会の様子

詳細はこちらのページをご覧ください。

また、ツアー発表会へご参加ご希望の方は、お問合せフォームよりお申込みお願いいたします。


雨季のウユニ塩湖への旅は、先日2/8にテレビ東京系テレビ番組『未来世紀ジパング』でも紹介された西遊旅行で!!

okui_saiyu at 13:31|Permalinkmixiチェック

2016年07月06日

チリのアタカマ高地からボリビアへ。乾季に駆け抜ける絶景の大地!

南米の絶景は数あれど、チリのアタカマにかなう所なし。8年前に添乗したときの鮮烈な印象は今でも残っています。その素晴らしさを当時の写真とともにご紹介します。

初日、アタカマ高地の観光は中心であるサンペドロ・デ・アタカマからスタート。朝9時、バスを南に走らせます。放牧されているリャマや、アタカマの富士山こと「リンカン・カブール山(5,916m)」も見られました。

ミスカンティ (10)
▲ミスカンティ湖▲
サンペドロ・デ・アタカマから2時間。最初に到着したのは標高4,350mのミスカンティ湖でした。ミスカンティ山(5,622m)の麓にたたずむ広さ15k㎡、深さ34m(最深部)のエメラルドグリーン色のきれいな湖でした。そして、ミスカンティ湖のとなりには、ミニケス山(5,910m)の麓にたたずむミニケス湖がありました。ミニケス湖の大きさはミスカンティ湖の1/10。小さな湖ですが、Tagua Cornudoという水鳥の保護地区に指定されています。

ミスカンティ (8)
▲パハ・ブラバ(Paja Brava)▲
黄土色のピンピンとした草で、アルティプラーノに生える草です。屋根葺材などに利用し、ビクーニャのえさにもなります。

タティオ間欠泉 (10)
▲タティオ間欠泉▲
現地2日目。世界最高所(4,200m)の間欠泉、タティオ間欠泉へ。日の出を見るため、また気温の低いほうが、間欠泉の噴煙が高く、きれいに見えるとのことで、朝早い出発になりました。間欠泉は世界中の旅行者が集まるところ。朝早いにも関わらず、たくさんの旅行者が訪れていました。

ビクーニャ4
▲ビクーニャ▲
道中、ビクーニャの群れも見ることができました。ビクーニャは、この地方独特の動物。リャマよりも小型で、ほとんどが野生。その毛は貴重で、ほとんどがイタリアに輸出されているとのこと。昔は乱獲されていましたが、今は頭数も減ったため、国際協定により保護されており、ビクーニャを狩猟することは禁止されています。特別の許可を持った限られた人々がビクーニャを捕まえることができるのです。捕まえても毛を刈った後は、再びアルティプラーノ(高地平原)に放されます。

タティオ間欠泉 (26)
▲温泉にて▲
「高山病なんのその!」といった欧米人は、水着を着て、温泉につかっていました。ここは、高度4,200m。いやはや、すごい!彼らも高山病になることはあるのでしょうか?

月の谷 (15)月の谷 (29)
▲月の谷▲
コヨーテの谷と呼ばれるその場所では格別なる景観が・・・。辺りの山は夕日に染まり、真赤に燃え上がるようでした。とても幻想的でした。

P9219583 ボリビア側イミグレ(4,300m)
▲ボリビア側国境事務所▲
サンペドロ・デ・アタカマの市内にある、チリ入国管理所にて出国手続き。そして、車で1時間、ボリビアの国境へと向かいました。ボリビア国境は標高4,800m。ここも風が強く、とても寒かったです。

国境~ヴィジャマール
▲ベルデ湖▲
国境から車で走ること10分、目の前にまさにエメラルドグリーンの湖が・・・。そう、ここはベルデ湖です。ベルデ=緑というように、まさにその名のとおり、クリームソーダのような緑色。その標高は4,350m。表面積は16k㎡。マグネシウムや硫酸、鉛などが水に溶けていて、湖の水は猛毒だそうです。通常は乳白色ですが、風が強い日は、湖水が攪拌されて緑色に変化するとのことです。

国境~ヴィジャマール
▲ダリの砂漠▲
「ダリの砂漠」といわれる場所で写真ストップをしました。ここの景観は、マドリッドのレイナ・ソフィア美術館に所蔵されているサルバドール・ダリの“Las Damas de Dali”という絵画の景観とそっくりだといいます。ダリは、当時、ここを訪れたという事実はないそうです。
たまたま、かつてこの地を訪れた西洋人旅行者が、この風景を見て「そっくり!」と指摘したそうです。なんとも不思議ですね・・・。

国境~ヴィジャマール
▲ソル・デ・マニャーナ▲
ソル・デ・マニャーナは別名「ゲイセル」とも呼ばれます。ゲイセルとはスペイン語で「間欠泉」の意。ここの標高は4,876m、もう日本よりも高い場所にいるんだという感覚がなくなってきます。ここは間欠泉というよりは地獄谷。硫黄のにおいがプンプン。でも、美肌にいいとされる天然泥パックは、持ち帰る方もいるんです。ここの泥が湧き上がった直後の温度は600℃。蒸気は、鉱山労働者の肺の治療に効くといわれます。

コロラダ湖 (5)
▲コロラダ湖のフラミンゴ▲
そして、フラミンゴのコロニー・コロラダ湖に到着。コロラダ湖は標高4,278m。表面積は60k㎡。水深は、たったの30cmほど。湖水のピンク色はプランクトンや微生物によって作られています。フラミンゴのピンク色も、このプランクトンの色素が影響しているそうです。ここには、世界に6種類いるフラミンゴのうち、3種類(ジェームスフラミンゴ、アンデスフラミンゴ、チリフラミンゴ)が生息しているそうです。たくさんのフラミンゴを見ることができました。

そして塩の大平原、ウユニへ塩湖へ。
DSC06469

ケメス~塩のホテル (27)
▲乾季には見渡す限り真っ白な光景が360度広がります▲

ケメス~塩のホテル (17)
▲塩湖中央にあるインカワシ島▲
ケチュア族の言葉で「インカの家」という意味。群生するサボテンが印象的です。乾季には必ず訪れ、上陸することができます。

雨季の”天空の鏡”も素晴らしいですが、どこまでも続く雪原を彷彿させる景色は言葉にならない美しさです!

西遊旅行で行くアタカマ高地のツアーはこちらから!

otomo_saiyu at 20:25|Permalinkmixiチェック

2016年06月10日

2016-17年 雨季のウユニ塩湖 ツアー発表会

(5/27の記事の再掲です)

東京本社 寺阪です。

おかげさまで今シーズンも約3ヶ月ちょっとの間に約500名のお客様を天空の鏡へとご案内させていただくことが出来ました。
本当にありがとうございました。

鬼が笑ってしまう来年の話ではありますが、もう2016年末から2017年のシーズンのツアーの発表が間近となってきました。
今年は次の日程で発表会を予定しています。

【東京】
会場 : ICI石井スポーツ アースプラザ  定員 : 50名様<参加費無料>
日時 : 6月18日(土) 14:00~16:00 (開場:13:30)

【大阪】
会場 : 大阪支社  定員 : 25名様<参加費無料>
日時 : 6月19日(日) 14:00~16:00 (開場:13:30)

それぞれの会場にて、スライドを交えてコース内容について弊社中南米担当よ り詳しくご案内させて頂きます。 (もちろん高山病対策や持ち物などご質問にもお答えいたします。)

詳細はこちらのページをご覧ください。

また、ツアー発表会へご参加ご希望の方は、お問合せフォームよりお申込みお願いいたします。

今年、2回ウユニ塩湖には同行させていただきました。
その時の写真をちょっとだけご紹介いたします。

IMGP1702


IMGP0481


IMGP0460


雨季のウユニ塩湖への旅は、2/8の未来世紀ジパングでも紹介された西遊旅行で!!

terasaka_saiyu at 10:04|Permalinkmixiチェック

2016年02月12日

南米各国の願掛け【髭のおじさん】

こんにちは。大阪支社の前川です。
今年の冬は比較的暖かいと思っていましたが、1月後半になり強烈な寒波がやってきました。
奄美では115年ぶりの雪が観測されたそうです。


皆さんは今年、初詣に行かれましたでしょうか?
昨年一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願された事でしょう。

世界にもさまざまな祈りの儀式がありますが、その中で南米で信仰されている
エケコ人形をご存知でしょうか?

エケコ人形はボリビアやペルー、アンデス高地のアイマラ族やケチュア族の間で
「福の神」として大切にされている人形です。
大きさは数センチから数十センチと様々ありますが
頭にはいつも「チューヨ」と呼ばれる毛糸の帽子をかぶっています。
そして何よりの特徴がちょび髭のおじさんの姿なのです。

IMG_3726_suzuki


IMG_3725_suzuki


願掛けの方法はいたって簡単です。
自分の欲しいと思う物のミニュチュアをエケコ人形に飾ります。
ミニュチュアの種類はとても豊富で、目移りをしてしまいます。
袋に入った穀類(米、麦、キヌアなど)、缶詰の食料品、ビール、
現金(現地通貨よりドルやユーロの紙幣束が多く見られました)
パソコン、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、ステレオなどの家電品
車、バイク、パスポート、航空券、それに大学の卒業証明書も売られています。

P1140664_yafujita


P1140653_yafujita


IMG_4721

【エケコとは関係はないですが儀式に使う為のアルマジロも市場で売られていました。】


エケコ人形にタバコを吸わせると願いが叶うと信じられています。

エケコの起源は諸説有り、ティワナク文化の神事がインカ帝国に受け継がれたものだという説もあります。
インカの神ビラコチャと同一のものだとする説もあります。
願掛けでタバコを吸わせるのはアンデス地方で予言などの際にタバコの煙が必要とされていた儀式から来ているとされています。

日本ではお守りを一年後に神社やお寺に奉納しますが、エケコ人形も同じ習慣があります。
毎年1月24日に行われるアラシタ祭の際にエケコ人形を奉納し、市場で新しいエケコとミニュチュアを買い求めるのです。
各地でお祭りは開催されますが、最大の市場はボリビアのラパスで開かれる市場です。

愛嬌のある顔でお土産物としても人気があるエケコ人形。
ボリビア・ペルーの旅行の思い出にいかがでしょうか??


maekawa_saiyu at 18:30|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年11月14日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<廣野編>

東京本社の廣野です。
ウユニ塩湖には、添乗員として何度か同行させていただいています。
乾季、雨季、東のコルチャニ、北のタウア、空路、陸路など色々と体験させて
もらっていますが、その中でも特に印象に残っているのはウユニ塩湖北に聳える
トゥヌパ山!!

遠くから見た稜線はもちろん立派。高さは5,432mあります。
トゥヌパ山


より山に近づいて見てみると、色と形のおもしろい頂上になっているのです。
かつての激しい
トゥヌパ山



本物のミイラが残る洞窟があったり、
コケサのミイラ


リャマやビクーニャの群れに遭遇する確率もぐっと高いウユニ塩湖北岸。

ビクーニャ



西遊旅行では「トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖」というコースで、北岸のタウアという町に
宿泊し、トゥヌパ山周辺をじっくりと見学していただけます。

キヌア

こちらはキヌアの畑。このあと雨量が多くなると、成長して赤色に変わっていきます。

観光客も少なく、きれいな場所だったなあ~、という印象がとても強く残っています。
お客様よりお電話などでお問い合わせをいただいた際に、このコースを強く勧める社員が
いたら私かもしれません。

”トゥヌパ山”と、聞きなれない名前かもしれませんが、ウユニ塩湖周辺の隠れた(?)お勧め
スポットです!

みなさまにもぜひ訪れていただきたい場所です。

おまけ
リャマ

リャマの群れがすぐそばを通っていきました。
ふわふわの毛が逆光で光っていて可愛かったです。


関連ツアー
トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖





hirono_saiyu at 10:45|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年09月10日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<若井編>

西遊旅行 大阪支社の若井です。
私が同行させていただいたのは、奥井に続いて、2本めのツアーでした。途中のオルロの町で情報交換をしました。西遊初のツアーで使用した4WDが塩まみれだったこと、塩の湖を疾走したことがよくわかりました。これから
私たちも体験するのだと思うとワクワクしたのをよく覚えています。

かつては陸路でウユニを目指しました。土地に起伏がほとんどないため、遠くからは塩湖を望むポイントはなく、いつまでもその存在を確認できない、地平線にただ細長い白い筋が続くだけでした。塩のホテルに到着してもまだ見えない、あくまでも白い筋としてしか見えないのです。ジャンプをしたら少し筋が太くなったような気がしたものです。4WDで湖岸に到着して、初めて視界に白い世界が広がります。この劇的なウユニとの出会いがたまらないです。

その後、空路でも出かけましたが、機上からは、本来は塩潟であって、年中、水がある湖とは異なり、湖岸がはっきりせず、水が反射することもないので、塩湖としてはいまひとつ認識ができず、あの辺りという程度です。やはり、4WDで湖岸に近づいてはじめて、あの感動がやってきます。

白い塩の大地、うっすらと水の張った塩湖は空&雲と化し、宇宙まで届きそうな碧空、そこに舞うフラミンゴの群れ、どれをとっても心が震える瞬間が続く旅でした。

塩の結晶(最初のピラミッド型)を探し求めたのも懐かしいです。
塩のピラミッド


staff_saiyu at 14:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年09月07日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<楠編>

西遊旅行 大阪支社の楠(クスノキ)です。

私がウユニ塩湖を訪れたのは、3月(雨季)と9月(乾季)です。
水が張り鏡面の世界を魅せる雨季、広大な塩平原が果てしなく続く乾季、
ともに異なる感動がありました。
それでもやはり世界でも類をみない景色としてお勧めできるのは、雨季です。

私はトレッキング・登山ツアーの添乗に出ることが多く、
山をフィールドとした大自然は常に目の当りにしていますが、
自然が与えてくれる活力や解放感は雨季のウユニ塩湖には敵わないかもしれません。
プールや海水浴場で水に触れると、何故か心が躍りますよね?
あの感覚に近い部分もあったのだと思います。
少し興奮して泳いでみましたが(勿論水位は低いです。足首~膝下)、
傷口が塩水で沁みたのを覚えています。。。

また、ピクニックランチの茹でたじゃがいもを、足元の塩水で味付けをしながら食べたこともありました。
自然の中に身を委ねながらの食事は、それだけで一気に美味しさ倍増です!

トリック写真も笑いが絶えることのない一時となり良い思い出です。
アイデアは無限大なので、持参アイテムなど、色彩なんかも考慮しつつ、
事前に想定しながら挑むと更に楽しんでいただけるのではないでしょうか。

朝日や夕日、星空観察などに心癒される場面も多く、一日を通してご満足いただける
「西遊旅行の雨季のウユニ塩湖ツアー」。
本当にお勧めしたい目的地です!

IMG_0480


IMG_0784




<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖


staff_saiyu at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年09月04日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<中村編>

東京本社、中村です。
私の『雨季のウユニ塩湖を訪ねて』の思い出をご紹介します。

かの地での一番の思い出は、一日のハイライト、夕陽・夕焼け鑑賞です。
ウユニ塩湖の朝陽の美しさもさることながら、夕陽・夕焼けの美しさもまた格別です。
同じ場所で見る夕陽・夕焼けなので、同じように見えてもおかしくないのですが、
その日の雲の出方や天候によって、毎回異なる夕陽・夕焼けを楽しむことができます。

刻一刻と移り変わる幻想的な空模様は、本当に見逃せません。
ウユニ塩湖での感動的な瞬間を是非、西遊旅行でご覧ください。

P2249523 夕焼け@雨季のウユニ塩湖



<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

nakamura_saiyu at 19:17|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年09月01日

国境越え~ペルーからボリビアへ~

2015年6月の「ペルー・ボリビア アンデス縦断の旅」に同行させていただきました、
東京本社の寺岡です。
本日は、印象的だった国境越えについてお話ししたいと思います。


国境越えというと、何か堅苦しいイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
また、陸路国境越えというと、長い緩衝地帯をずっと歩くイメージもあります。
しかし、ペルーとボリビアの一国境であるデサグアデーロは、そんな想像をガラッと
変える、大変面白く興味深い場所でした。


国境越えの日、前日に宿泊していたプーノの街を出発し、途中、チチカカ湖のお写真
ストップを取りながら湖に沿ってバスを走らせました。
プマタという町の近くの小高い丘に停車し、インカ帝国発祥の地と言われる「太陽の島」も
遠目にぼんやりと見えました。ここまで来れば、デサグアデーロの国境はあと少しです。

チチカカ湖

【チチカカ湖】
チチカカ湖の水面は太陽に照らされてキラキラと輝き、所々に黒い物体が浮かんでいます。
「黒い物体」はマスの養殖をしている様子でした。
チチカカ湖のマスの生産は、ペルー国内において重要な産業です。

デサグアデーロの国境は、様々な品物が行き交う商業的な国境です。
私たちのグループが国境越えをした日はちょうど市場が立つ日で、大量の人々でごった
がえしていました。
ペルーとボリビアだとボリビアの方が物価が安いので、ペルー人はわざわざ国境を越えて
ボリビアにお買い物をしに来ます。
ボリビア人は逆に、人が集まりお店が出る市の日に、ペルー側に来てプラスチック製品などを
買いに来るそうです。

デサグアデーロ国境前(ペルー側)

【国境まで歩く】
市の日は人が多いため、出国手続きの建物近くまでバスで行けない。
そのためしばらく歩かなければいけないが、これが色々なお店・人とすれ違い面白い。
右側にある青い容器は、大量のオリーブ漬。


ペルー側の出国審査の建物に入り、必要書類を手にもって列に並び、順番が着たら書類を
見せ、スタンプを押され、手続き完了。サクサク進みました。
建物を出るとすぐ、チチカカ湖に注ぐ川に架かる橋があります。
これが、ペルーとボリビアの国境です。
大量の品物を積んでこちらに向かって来る荷車をよけながら、また、荷物をたくさん持った」大きな
体の女性とぶつからないようにしながら、橋の上を歩きます。
人々が着ている服が色とりどりなので、国境は大変カラフルな場所になっていました。

デサグアデーロ国境_橋の上

【ペルーとボリビアの国の境目】
橋の上には“welcome to Bolivia”の看板が。私は何度も人にぶつかりそうになりました。

デサグアデーロ国境_ボリビア側

【ボリビア側で見かけた両替商の女性たち】
「両替所がある」というガイドの案内で歩くと、そこにあったのはいわゆる”BANK”の建物ではなく、
青空両替商の女性。伝統的な衣装を着ているが、これは彼らの普段着。

ボリビア側の入国手続きの建物では長い行列ができていました。
とくに市の立つ日は人が多いので時間がかかってしまいましたが、一旦手続きが始まると
あっという間です。
手続きを終え、ボリビア側で私達を待っているバスまで歩きました。

デサグアデーロ国境_荷物を積んだバス

【荷物を積んだバス】
中には人、外には大量の荷物が。



埃だらけで、たくさんの人にぶつかりそうになる国境でしたが、そこは現地の人々の
「生きている空間」が広がっている貴重な場所でした。
陸路国境越えも、なかなか楽しいものです。とくにここ、ペルー~ボリビアの国境付近に
行かれる方は、ぜひお楽しみに!


■□■関連ツアー/ツアーレポート■□■
ペルー・ボリビアアンデス縦断の旅 14日間 
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GLPE16/index.html


イグアスの大瀑布とペルー・アンデス周遊 
http://www.saiyu.co.jp/newspaper/tc_report/america/080614GLPE14/index.html







teraoka_saiyu at 18:17|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年08月29日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<中沢編>

西遊旅行の中澤です。2番手として私がウユニ塩湖の思い出をご紹介します。

毎年、年末年始はウユニ塩湖に同行させていただいており、新年は必ずウユニ塩湖で初日の出を拝みます。

皆様、ご予定もあり初日の出のタイミングに合う方も少ないと思いますが雨季の時期は、鏡面に輝く朝日の美しさをご覧いただけます。

世界広しとはいえども、これほどまで朝日の美しさに魅せられる場所もないの で は…と感じます。

今年の雨季は是非、憧れのウユニ塩湖へ訪れてみてはいかがでしょうか。塩湖から登る朝日は一生忘れられない景色になること間違えありません。

是非、来年の旅行はウユニ塩湖から初めてみてください。

DSC08078_nakazawa



<西遊旅行のウユニ塩湖の旅>
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

staff_saiyu at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2015年08月13日

【シリーズ】雨季のウユニ塩湖の思い出<奥井編>

■8月から、添乗員として同行した弊社社員による雨季のウユニ塩湖の思い出 をご紹介していきます。


西遊旅行 営業課長の奥井です。
トップバッターとして、私が2010年2月に同行させていただいた西遊旅行初の『雨季のウユニ塩湖を訪ねて』の思い出をご紹介します。

あのころは、世界中のどこの旅行会社もシーズンオフの雨季にウユニ塩湖に行くツアーなど実施してなかったために、何もかもが手探り状態でした。

そんな中でも一番苦労したのが夜の星空観測。まず、ドライバーを説得するのが一苦労。どうして日本人が夜中にわざわざ塩湖に行きたがるのか、それを理解してもらうために、ドライバーたちと車座になってスペイン語で直接話をしたことを今でもよく覚えています。

まだ、現地の車の装備も十分ではなくカーナビ(GPS)もなかったので、夜真っ暗なウユニ塩湖に入るのには非常に大変でした。塩湖はどこも真っ平らに見えるウユニ塩湖ですが、実はしかるべきところから塩湖の中に出入りしないといけないのです。出入口以外は思いのほかぬかるんでいてスタックするからです。日中は轍が見えるのでいとも簡単にその場所を通っているのですが、夜は前方がわからないので、とくに塩湖からの出口が見えなくなるのが問題でした。そしてなにより、雨季の夜に塩湖に入っていった経験のあるドライバーがほとんどいないことが一番のネックでした。
その為、最初は1台空の車を塩湖の淵に待たせておいて、ライトで合図をして戻る方向を教えてもらう方法をとりました。
最初ですから、手探りで、どうやったら日本人のお客様にご満足いただけるツアーにできるか、それを現地のスタッフと一緒にみんなで考えて、編み出した方法でした。

星空見学だけではなく、タープを張って塩湖の上でピクニックランチをとるスタイルや、今では採取が禁止されるようになりつつある塩の結晶採り、小物を使ったトリック写真なども、現地手配のスタッフやドライバーと共に一緒に考えてツアーに取り入れた方法です。

今では各社ともに、いとも簡単にツアーを行っていますが、なにごともパイオニアになるのは大変なもので、非常な苦労をしたのを今でも覚えています。
IMG_7000


<関連ツアー>
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて10日間
  雨季のウユニ塩湖を訪ねて9日間
  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖
  ペルーボリビア アンデス縦断の旅
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

okui_saiyu at 21:26|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック