at 17:23

2016年05月26日

インドヒマラヤの王者 カンチェンジュンガ(8,586m)

インドの北東シッキム州とネパールに跨って
インドヒマラヤの王者 カンチェンジュンガ(8,586m)はある



大阪支社トレッキング担当の藤本です。


カンチェンジュンガ。
エベレスト、K2に次ぐ、世界第3峰。
堂々たる山容。
カンチェンジュンガは、チベット語で「偉大な雪の5つの宝庫」の意味で
その名の通り、主峰の周りにもピークがあり、さらにその周りにも7000m級の山がひしめきあっています。

かつては、世界最高峰とも考えられていました。

DSC01086_fujimoto

【ゴーチャ峠から仰ぎみるカンチェンジェンガ南壁


毎年、晴天率の一番高い秋に、カンチェンジュンガのツアーを設定しています。


カンチェンジュンガ大展望シッキムヒマラヤトレッキング

インドのシッキム州側より、5日間かけて、カンチェンジュンガが間近に迫る
ゴーチャ峠を目指す、人気コースです。

宿泊地は4000mを越え、歩く距離も長く大変ですが
その分、カンチェンジュンガが近づいたときの感動もひとしおです。

朝焼けを見るチャンスもあります。


DSC01059_fujimoto

【ゴーチャ峠の途中の展望台から見る、朝日に染まるゴーチャピークとカンチェンジュンガ】


天気が良ければ、道中のトレッキングも最高です。

DSC01039_fujimoto

【ラムニへ向かい道中。正面にはカンチェンジュンガ】


下山後、ダージリンでは世界遺産のトイトレインに乗って
歩いた山々を眺望することができます。

DSC01280_fujimoto

【トイトレインとカブルー、カンチェンジュンガなどのインドヒマラヤの山々】



そして、今年はネパール側からカンチェンジュンガに迫るツアーを新発表しました。

カンチェンジュンガ&怪峰ジャヌー大展望ヤルン氷河からミルギン・ラ越えトレッキング


ダージリンからは遠くにしか見えない、怪峰ジャヌーも間近に見ることができます。
カンチェンジュンガの初登頂ルートでもあるヤルン氷河を目指します。



カンチェンジュンガを間近に見る、トレッキングツアー。
是非、今年の秋の候補にお入れください。




at 15:32

2016年04月12日

蘇る、聖なるキナバル山

西遊旅行トレッキング担当の森田です。

都心では桜の花も散り、日に日に暖かくなっておりますがいかがお過ごしでしょうか。
今回は東南アジア最高峰でもあるキナバル山の現状報告をさせていただきます。
近頃は某バラエティー番組でも女性タレントが挑戦していました。

去る、2015年6月5日にマレーシア・ボルネオ島にてマグニチュード(M)6.0の地震が発生しました。地震の影響により、複数の登山者が犠牲になり約140人が足止めとなりました。山頂近くのトレッキングルートが落石により寸断される状況となり、弊社でも取り扱っていたマシラウルートも当面通行禁止となっています。

中でも山頂付近にある、通称「ドンキーズ・イヤー(ロバの耳)」と呼ばれる花崗岩の奇岩が折れてしまいました。写真は2011年に撮影したものと、2016年3月に撮影したものです。

図1

【2011年撮影 ロバの耳】

図2

【2016年撮影 ロバの耳】

2つの写真を見比べていただくと、2016年に撮影したものでは左耳が折れているのが見て取れると思います。幸いにも、折れた耳は登山道とは裏側に落下していったそうです。

さて、ロバの耳は折れてしまいましたが美しいジャングルの植生と花崗岩の景観は失われてはいません。地震が発生して以降、登山客が減少し、それに伴い多くのポーター達が転職してしまっています。しかし、トレッキングルートは崩落個所も含め、危険な所は全て整備されています。

登山道まではコタキナバルから車で約2時間半。
PHQ(パーク・ヘッド・クオーター)と呼ばれる事務所で入域の許可を申請します。
登山の開始はティンポンゲートです。

DSC_0793

【登山口 ティンポンゲート】

鬱蒼としたジャングル地帯をひたすらに登って行きますが、ルートはとてもよく整備されていて30分に1カ所の休憩所も設置されています。

DSC_0690

【とてもよく整備された登山道】

道中では、色とりどりの熱帯ならではの植生をお楽しみいただくことができます。
数多くのランやウツボカズラ、シャクナゲもご覧いただけます。

DSC_0687

【キナバルバルサム(通称ミッキーマウスフラワー)】

DSC_0685

【小型のウツボカズラ】

DSC_0764

【シャクナゲ】

山小屋では夕食はブュッフェ形式となっており、日本人には馴染みやすい中華風の味付けです。
外国人トレッカーが集まり、にぎやかな夕食となります。
なんと言っても、食材の豊かさに少々驚かされます。
3,300mの山小屋ですが、肉や野菜が豊富で、ビールも(もちろん山価格なのですが・・・・)用意されているのです。日本の山小屋のようにヘリコプターでの荷揚げではなく、全て人力で運搬されているのです。
現地の方々の強さに驚かされます。

DSC_0769

【山小屋の夕食】

早めの就寝をし、深夜2時半頃に起床。
まだ日が昇らない間からヘッドランプを装着し山頂へ向けて出発します。
次第に明るみ始め、花崗岩の奇岩群はオレンジ色にライトアップされていきます。

DSC_0703

【キナバル山の夜明け】

暗い間はわかりませんが、登頂後の下山では正面にはキナバルサウス(3,921m)の雄姿が雲海に浮かび、背後には山頂でもあるローズピーク(4,095m)が見えてきます。
このあたりからは、冒頭に写真を掲載したロバの耳も美しく見えます。

DSC_0721

【雲海に浮かぶキナバルサウス(3,921m)】

DSC_0719

【東南アジア最高峰 ローズピーク(4,095m)】

明るくなると地震によって岩肌が大きく削れている箇所などが見えてきますが、ルートはレンジャー隊によって整備され、柵やロープが新設されています。
一部、ロープをつかみながら進むところもありますが、比較的安全に通行が可能です。

DSC_0746

【崩落した岩】

DSC_0750

【復旧している下山道①】

DSC_0755

【復旧している下山道②】

DSC_0761

【眼下には雲海が広がる】

日中のキナバル山は海からの風が雲を発生させやすく、眼下に広がる雲海を多くの確率で目にすることができます。多くの国のトレッカーが集まるため、山小屋の確保が少々難しくもあります。例年と比べて、比較的登山客が少ない現在であれば山小屋もご案内しやすくなっております。

昨年の地震発生より約一年。
ルートも安全が確保され、しっかりとした整備が施されているキナバル山。
花崗岩が織りなす美しい景観美。世界有数の生物多様性が豊かな森。
鬱蒼とする山道で汗をかき、山頂で目にする花崗岩のカーペットは一見の価値があります。
ゆっくりと標高を上げて登って行くため、高山病にもなりにくく、初めての海外登山にはうってつけです。

東南アジア最高峰、地震より蘇った聖なる山が、
皆さんをお待ちしています。

今こそ、キナバル山へ・・・・・・。


キナバル山の旅(キナバル山登頂)|特集|西遊旅行


at 19:10

2016年01月28日

台湾最高峰 玉山登頂ツアー ゴールデンウィーク追加設定

西遊旅行 大阪支社トレッキング担当の藤本です。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

海外登山入門として人気の台湾の玉山登頂ツアー
ゴールデンウィークに追加設定をいたしました!

台湾最高峰・玉山(3,952m)登頂4日間

東京(羽田空港)発着で設定をしておりますが
別途、関西空港などの、地方空港発着も手配を承っております。


富士山(3,776m)より高い、かつて新高山(にいたかやま)と呼ばれていた玉山。
山小屋も完備し、日本からも4日間で登山をし、最後は台北で観光もして、帰ってくることができます。

登頂日は、真夜中にヘッドランプの明かりを頼りに、ジグザグ道を登っていきます。
森林限界を超えるころには、空がうっすらと明るみ始めます。
苦労して登った山頂から、見る朝日は感動もひとしおです。



DSC_0712_morita

【入山口 ここから登山開始です】

DSC_0740_morita

【玉山山頂から見る朝日】



ツアーレポートはこちら


今年のゴールデンウィークに、台湾の玉山登頂はいかがでしょうか。
皆様のご参加、お待ちしてます。








at 19:41

2016年01月26日

パキスタントレッキング説明会開催!!

皆様、今年も3月からの杏の季節を皮切りに、2016年パキスタン北部の観光シーズンがスタート。そこで、パキスタンをより深く知っていただくために、毎年恒例パキスタン説明会を開催します!今回はトレッキングと観光の開催日を分けてより細かくご案内致しますのでこの機会にパキスタントレッキングの魅力をお伝えできればと思います。

リピーターも多いパキスタンのトレッキング。来シーズンの新コース、王道のナンガパルバットとラカポシハイキングやバルトロ氷河トレッキングの他、年に1回しか訪れることの出来ないヤク数千頭とワヒ族の人々の大移動を追うシムシャル・パミールなど珍しい山旅もスライドを交えてのコース紹介、パキスタンの山旅の様子や装備などスタッフが細かくご案内いたします。 説明会の前後の時間には個別の相談会も開催します。経験豊かなスタッフが、ツアー、個人やグループの山旅までしっかりご相談に応じます。

スタッフ一同、ご来場をお待ちしております! 

C4_KAAWAMOTO

コンコルディアより望むK2(8,611m)

1、パキスタントレッキング説明会&相談会

【東京】 2/14(日) 13:30~16:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料

2、パキスタン講演会・旅行説明会

【東京】 2/27(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料

ICI石井スポーツ ici club 6F アースプラザ
東京都千代田区神田小川町3-6
※地下鉄「神保町駅」 または 「小川町駅」より徒歩約7分
※白いビルです。「THE NORTH FACE」横のエレベーターで6Fへ

3、パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)

【大阪】 2/28(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

予約制となっておりますので必ず弊社へご連絡ください。
ご予約はお電話にて承っております (西遊旅行フリーダイヤル)0120-811391

残席、限られておりますのでお早めのご連絡お待ちしております!
皆様とお会いできる事を心より楽しみにしております。

西遊旅行山組一同

at 20:59

2015年12月22日

【速報】2月10日発 ミルフォード・トラック 空席でました!!

こんにちは。大阪支社の城戸です。

『2月10日発 ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック 』ですが、2席空きがでました

先日、空席がありました1月20日発も現在は満席になった為、2月までで、残席があるのは、『この2席だけ』です。
お早目にお申込み下さい。

12月25日にツアーの申し込みを締め切ります。

関連リンク
ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック
ツアーレポート ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック

at 11:17

2015年12月16日

キナバル登山ルート(レナウルート)が再開しました!!

こんにちは。
西遊旅行トレッキング担当の神谷です。

日に日に寒さが増してきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は言わずと知れたマレーシア最高峰・キナバル山について、2015年6月5日に発生した地震の影響を報告します。

修復していた山小屋から山頂までの登頂ルートが12月1日からの再開予定通り、新しい「レナウルート」が開通し、登山者の受け入れが再開されました。

弊社でもこの知らせを受け、いよいよキナバル登山ツアーを再開いたしました!!

またマシラウルートに関しましては、2015年12月現在、復旧できておらず、依然、通行不可能な状況です。マシラウルートを含むツアーにつきましては、代替日程にて改めてツアーを発表してますので、詳細は弊社ホームページをご覧ください。

■新設定「ゆったりキナバル山(4,095m)登頂 6日間」

新しくできたレナウルートは今までよりも300mほど距離が長くなるだけで、木製の階段などもしっかり整備されています。

【レナウ登頂ルートの木製階段】
【レナウ登頂ルートの木製階段】

【レナウ登頂ルートの木製階段】
【レナウ登頂ルートの木製階段】

復旧作業の早さには、驚くばかりですね!

【山頂へと続くレナウ登頂ルート】
【山頂へと続くレナウ登頂ルート】

地震の影響により、しばらく閉山されていたキナバル山ですが、今では登山客が戻ってきました。

海外トレッキングが初めての方やお仕事の都合で短期間しかお休みが取れない方におすすめのコースです。
団体ツアーだけでなく個人旅行の手配も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

■「西遊旅行 個人手配旅行」

是非、この機会に新ルートで登頂してみてはいかがでしょうか。
皆様のご参加、お待ちしてます!!

at 14:03

2015年12月01日

1月20日発 ミルフォード・トラック 残り2席あります。

こんにちは。大阪支社の城戸です。

皆様、来年ののご予定はお決まりでしょうか?
1月20日発 ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック 』ですが、2席、空きがでました。
12月、2月共に満席の為、2月までで、残席があるのは、『この2席だけ』です。

ミルフォード (97)
             マッキノン・パスよりU字谷を望む

ミルフォード・トラックは厳しい入域規制を敷いており、1日50名に限定されています。
トレイル中のロッジには、洗濯場、乾燥室があり、最低限の着替えでご参加でき、また、温水シャワーや水洗トイレなども完備されており、毎日気持ちよくハイキングを楽しむ事が出来ます。

IMG_8208
              アーサー川を渡りマッカイの滝へ


ミルフォード・トラックと並び人気のルートバーントラックのハイライトである『キーサミット』にも訪れ、たっぷりとお楽しみいただく10日間です。

コースの内容はこのブログではお伝えできませんが、お問い合わせいただけましたら、いつでもトレッキング担当より『ミルフォード・トラック』の魅力をお伝えいたします。
是非、お問合せください。

関連リンク
ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック

ツアーレポート ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック