バルトロ氷河

2011年06月17日

夏はやっぱりバルトロ氷河トレッキング

アッサラーム・アレイクム!
東京本社の堤です。
いよいよ今年もカラコルムトレッキングの季節が始まりました。
私は今年も7月の「K2大展望 バルトロ氷河トレッキング」に同行いたします。
私にとって7月は毎年バルトロの月。25日間の長丁場。7月を日本で過ごした記憶が
・・・ほとんど残っていません。非常に光栄に思います!何と言っても、大迫力のK2
そして、スケールの違うカラコルムの名峰群の大展望・・・。山好きにとって天国の様な
場所に毎年行くことが出来、何て私は幸せなのでしょう。まだ、バルトロ氷河に言ったことの
ない方、いつかは行きたいと思っている方、是非今年行きましょう!私が同行させていただく
7月1日出発もまだ間に合いますし、8月19日・26日出発も既に催行決定しております。是非!!

さて、せっかくなので、バルトロ氷河のお話をさせていただきましょう。
今回はツアーリーダー堤が勝手に選ぶバルトロ氷河の好きな名峰ランキングです。
完全に個人的な見解ですが悪しからず。。。5位まで選びました。

まず第5位!
P7150768

ガッシャーブルムⅣ峰です。コンコルディアから特に近くに見えるこの山。
こいつが主役級の存在感を見せ付けてくれるのは、朝と夕方。朝は丁度
この山の上から日が登り、ダイヤモンドのごとく眩い光を放ちます。そして夕方、
真っ赤に焼ける姿は言葉にならない美しさです。

そして第4位!
P7170914

マッシャーブルム。カラコルム測量記号ではK1です。実はK2より偉いのです
(そうゆう意味ではありませんが・・・)。銃の引き金を意味するこの山、バルトロ氷河上の
ゴレ近辺で氷河左岸に見ることが出来ます。とにかく美しい。。

第3位は!
P7150787

ブロードピークです。やっぱり8,000m峰を見落とすわけにはいきません。K2の横に
どっしりと根を下ろし、そのドーム上の大きなピークが空を隠すかのごとく聳えています。
コンコルディアでのゆったりとした滞在中、双眼鏡でその山肌を良く見て下さい。テントや
登っている登山隊を実際に見ることが出来ることもあります。

そして第2位!
P7170910

ちょっと渋いですが、怪峰ムズターグタワーです。こんなクワガタの角みたいな
双耳峰、見たことありますか?もうとにかく格好良すぎるので私は、特別に
この山が大好きです。

最後に、第1位は!
P7150786

やっぱり、主役の座を譲るわけには行きません。世界第2位の高峰「K2」です。
終着地コンコルディアまで行かなければ見えない、何とも有り難い山です。
日本から13日目にしてやっとお目にかかれます。やっとの思いでこの堂々とした
山塊を眺める時、本当に涙がこみ上げてきそうになります。
ちなみに・・・コンコルディアで前代未聞の3連泊する西遊旅行のバルトロ氷河
トレッキング、今までK2を見ることが出来なかったことはありません!
抜群の立地にキャンプをし、四六時中K2を眺めることが出来ます。

P7160837

テントから。本当に幸せです。

他にも、まだまだ選ばれなかった、多くの素晴らしい峰々にお目にかかれます。

夏と言えば、海でも花火でも無く、カラコルムトレッキングです。
中でもバルトロは格別・・・。

皆様も是非!

西遊旅行で行く今季最後のバルトロ氷河トレッキング

tsutsumi_saiyu at 17:47|Permalink

2011年02月14日

K2の「K」は何の略?

2007K2バルトロ氷河トレッキング 275
K2(8,611m)

世界第二位の高峰K2ですが、この山の由来を皆様ご存知でしょうか。

1856年にインドの測量隊がカラコルム山脈の測量をはじめた時に、無名の
山にカラコルムの「K」を取ってK1、K2、K3といった順に測量番号を付けていったのが由来です。

K2は、カラコルム山脈最高峰ですが、K「2」ということから
高さを順番にしたものではないようです。
その後、測量時代にK〇と付けられた山には、現地名や英語名が名付けられていったようです。

K2も、中国語で「チョゴリ」(チベット系バルティ語で「大きい山」を表すチョゴリが語源)
と呼ばれています。また、この地域を探検したイギリス探検家の名前に由来してゴッドウィンオースティンと呼ばれる
こともありますが、現在でも「K2」と呼ばれるのが一般的です。

ちなみに、世界最高峰エベレストは、英語名「エベレスト」、チベット語では「チョモランマ」、ネパール語で
は「サガルマータ」と3種類の名前で呼ばれています。

いよいよ、夏のカラコルムのトレッキングを発表させて頂きました。
やはり、ご好評を頂いておるのは「K2大展望 バルトロ氷河トレッキング」です。

今週末19日は、パキスタン大使館で説明会を行います。
詳しくコースのご案内をさせて頂きますので是非、ご来場下さい。

ちなみに、K1は、「マッシャーブルム(7,281m)」。K3は「ブロードピーク(8,047m)」です。
バルトロ氷河からはこれらの山々もご覧頂けます。

2007K2バルトロ氷河トレッキング 096
K1(マッシャーブルム)
'06バルトロ氷河視察 498
K3(ブロードピーク)

西遊旅行で行くパキスタントレッキングの王道
「K2大展望・バルトロ氷河トレッキング」

K2大展望・バルトロ氷河トレッキングツアーレポート


西遊旅行 K2大展望・バルトロ氷河トレッキング WEB写真集
大阪支社:新井 俊明

arai_saiyu at 17:04|Permalink