クレイドルマウンテン

2011年09月08日

かわいすぎるウォンバット

皆さんは、タスマニア島をご存知でしょうか?

オーストラリア大陸南東部に浮かぶこの島は、しばしば「世界で一番空気のきれいな場所」という代名詞で語られます。
その名にふさわしく、美しくダイナミックな大自然は素晴らしく、中でもオーストラリア大陸ともちがう独自の進化をとげた動物たちで出会えることが大きな魅力です。

タスマニアの動物といえば、タスマニアデビルを想像される方も多いと思いますが、私はもこもこした姿がかわいさNO.1の「ウォンバット」が一押しです!

ウォンバット④

この動物は、オーストラリア大陸及びタスマニア島の低木林や草原に分布する夜行性の哺乳類です。
生態は異なるのですが、コアラに近い種族であるため「陸のコアラ」と呼ばれます。
タスマニアに生息しているのは、ヒメウォンバットという種類だそうです。

弊社のコース「たっぷりタスマニア島大縦断 二大国立公園滞在」でウォンバットと出会うことができるのは、クレイドルマウンテンロッジ周辺のナイトウォーキングとトロワナワイルドライフパークです。

ナイトウォーキングは、野生のウォンバットに出会うチャンス!
日が暮れると、ひょこひょことかわいい姿を現します。ボタングラスという草が好物で、その付近に巣穴が多く見られます。

成長すると、大きさは人間の子供くらいになり、体重も19-33kgとずんぐりとした体つきのウォンバット君ですが、実は身軽で短い距離であれば、時速40kmほどで走ることができます。
私もナイトウォーキングで「走るウォンバット」を見た事がありますが、なかなか驚きのすばしっこさでした。

ウォンバット③
ウォンバット2

ウォンバットのかわいらしさを堪能できる点では、トロワナワイルドライフパークに軍配が上がります。
間近で見る姿は、まるで巨大なぬいぐるみの様で心が癒されます。
運が良ければ抱っこできるかもしれません・・・!

皆様、是非癒しの動物ウォンバット君に会いにタスマニアを訪れてみられてはいかがでしょうか。

「たっぷりタスマニア島大縦断 二大国立公園滞在」

kawamoto_saiyu at 13:55|Permalink