NAKAZAWA

2016年01月26日

パキスタントレッキング説明会開催!!

皆様、今年も3月からの杏の季節を皮切りに、2016年パキスタン北部の観光シーズンがスタート。そこで、パキスタンをより深く知っていただくために、毎年恒例パキスタン説明会を開催します!今回はトレッキングと観光の開催日を分けてより細かくご案内致しますのでこの機会にパキスタントレッキングの魅力をお伝えできればと思います。

リピーターも多いパキスタンのトレッキング。来シーズンの新コース、王道のナンガパルバットとラカポシハイキングやバルトロ氷河トレッキングの他、年に1回しか訪れることの出来ないヤク数千頭とワヒ族の人々の大移動を追うシムシャル・パミールなど珍しい山旅もスライドを交えてのコース紹介、パキスタンの山旅の様子や装備などスタッフが細かくご案内いたします。 説明会の前後の時間には個別の相談会も開催します。経験豊かなスタッフが、ツアー、個人やグループの山旅までしっかりご相談に応じます。

スタッフ一同、ご来場をお待ちしております! 

C4_KAAWAMOTO

コンコルディアより望むK2(8,611m)

1、パキスタントレッキング説明会&相談会

【東京】 2/14(日) 13:30~16:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料

2、パキスタン講演会・旅行説明会

【東京】 2/27(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料

ICI石井スポーツ ici club 6F アースプラザ
東京都千代田区神田小川町3-6
※地下鉄「神保町駅」 または 「小川町駅」より徒歩約7分
※白いビルです。「THE NORTH FACE」横のエレベーターで6Fへ

3、パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)

【大阪】 2/28(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

予約制となっておりますので必ず弊社へご連絡ください。
ご予約はお電話にて承っております (西遊旅行フリーダイヤル)0120-811391

残席、限られておりますのでお早めのご連絡お待ちしております!
皆様とお会いできる事を心より楽しみにしております。

西遊旅行山組一同

nakazawa_saiyu at 19:41|Permalink

2014年12月10日

花の桃源郷フンザを歩く!!

こんにちは、東京本社の中沢です。

来年の3月、4月のお花見のご予定はお決まりですか。
日本の桜もきれいですが、次のお花見はパキスタンの北部のフンザでのんびり滞在しながら楽しみませんか。

雪山に抱かれた早春の桃源郷には、杏やアーモンドや桃の花が咲きほこり桃色の風景が広がります。

春のフンザはまさに花の桃源郷という言葉がぴったりのシーズンですよ!!

3月27日発は、東京本社の「森田 将平」、4月3日発は、私、「中沢 伴行」が同行させていただきます
どちらの日付もすでに催行決定しており、残席も少なくなってきております。

来年のお花見は、「花の桃源郷フンザ」で決まりですね!!

DSC00009_nakazawa


DSC00050_nakazawa



花の桃源郷フンザを歩く

【ツアーレポート】春のフンザを歩く

nakazawa_saiyu at 16:07|Permalink

2014年05月02日

【山担当、一押ツアー!!!】花のグルジアハイキング

今年の夏のトレッキングはもうお決まりですか!?

まだどこに行くか迷っている方には、グルジアの北西部に位置する歴史的地域「上スヴァネティ地方」をご紹介したいと思います。

TC中村悦子


初めに、グルジアの上スヴァネティ地方とは、現グルジア共和国領の北西部の一角を占めている歴史的地域で、そこにある伝統的家屋、宗教建築、宗教的遺物などが世界遺産に登録されています。
トビリシから約460キロ、車で約10時間のところに、スヴァネティ地方の地方庁がおかれているメスティアがあります。トウモロコシ畑やソビエト時代の古い工場のある町を過ぎると、道の両側には深い山々が連なり、北側のロシアとの国境付近にはウシュバ山(4,700m)などの雪山を眺める事ができます。

上スヴァネティ地方では美しい伝統的建造物群と、文化的景観の中に咲き乱れる野花を見ながら
チャラディー氷河の展望地まで歩く氷河展望ハイキング、タマラ女王の塔へのフラワーハイキング、シハラ氷河展望ポイントまでのフラワーハイキングと西遊旅行のお勧めする3つのコースを歩きます。

TC中村泰也7日目

TC中沢シハラ氷河ハイク


世界遺産とお花を楽しむコースになり、道中、ジギタリス、カバノキ、フウロソウ、ノバラ、ハナダイコン、オレンジのケシなどをお楽しみいただけます。他にも民家風ゲストハウスに宿泊し普段では体験できないヨーロッパの田舎の雰囲気や、家庭料理をお楽しみいただけます。また、ワイン発祥の地と言われていてハイキングの合間には美味しいワインも堪能できます。

O TC中村


今年の夏は是非、グルジアでお花を楽しまれてはいかがでしょうか。
7月7日発は既に催行決定しており、7月3日発、7月14日発もまもなく催行決定です!!

nakazawa_saiyu at 13:52|Permalink

2014年02月25日

パタゴニア周遊トレッキングに行ってきました!

東京本社の中沢です。

先日、行ってきましたパタゴニアトレッキングの魅力について写真でご紹介したいと思います。

まず、パタゴニア地方について簡単にご紹介しますと、こちらの地域は、南米大陸の南緯40度以南に位置し南北に連なるアンデス山脈を境に、チリ側とアルゼンチン側に分かれます。
また、パタゴニアの国立公園は両国合わせて30ヶ所以上あり珍しい動植物、山や氷河や氷河湖など
雄大な自然の宝庫であり限りない魅力にあふれている地域です。

今回、私はパタゴニアで数あるトレイルの中でも最も人気の高いトレイルの一つのパイネ国立公園「Wサーキット」と世界中のクライマー憧れの名峰フィッツロイ山群でのトレッキング、世界最南端の街ウシュアイアの観光を満喫。本当に素晴らしい景観でまさに言葉で表せないとはこのことか…と感じました。そんな言葉で表現できない美しい世界を写真でご覧下さい!

パイネ国立公園「Wサーキット」

DSC09364

奇峰クエルノス・デル・パイネ(主峰2,600m)をハイキング。ペオエ湖畔からスタートし2時間ぐらいのハイキング。

IMG_0422

今回は残念ながら山頂は雲の中に隠れてしまいましたが、パイネ国立公園の最高峰のパイネ・グランデ(主峰3,050m)。隣にはパイネチコ(2,668m)という山も見えます。

DSC09400

パタゴニアを象徴すると言われるノトロの花。山や氷河も綺麗ですがお花はこの時期のパタゴニアの楽しみの一つです。

クライマー憧れの名峰フィッツロイ山群

DSC09586

文句なしの天気の中でフィッツロイ展望トレッキングに出かけました。
フィッツロイ山群はまさに芸術的な岩峰。実際に登頂したガイドさんが同行してくれ、登頂した話を聞きながらフィッツロイの展望を大満喫。

DSC09551

フィッツロイ山群のあるチャルテンは現地の言葉で「白い煙を吹く山」と呼ばれていて、ほとんど山頂が雲で隠れてしまいますが、岩峰セロトーレの全貌がはっきり見えました。

世界最南端の街ウシュアイア

DSC09321

ビーグル水道は、チャールズ・ダーウィンが乗っていたことで知られるビーグル号の名前からきています。岩場で休むオタリアの姿は愛でしいです。

DSC09289

ラパタイア湾に面した世界最南端の郵便局。ここから南極圏へはなんとわずか1,250km足らずです。

次期のパタゴニアトレッキングのベストシーズンは11月から3月です。フィッツロイとパイネ、パタゴニアの二大山群を奥深くまで歩き、パタゴニアの大自然を全身で体感して下さい!

nakazawa_saiyu at 19:16|Permalink

2013年05月10日

憧れのキリマンジャロへ登るためのステップアップ!!

KIRI


お客様よりいつかは、憧れのキリマンジャロに挑戦したいというお声を頂戴することが多いので
どのようなステップを踏んでいけば無理なくキリマンジャロに挑戦できるか!?をご案内したいと思います。

初めに、ご存知の方も多いと思いますが、アフリカ最高峰のキリマンジャロは標高6,000mへと迫る高所を長時間かけて歩くため、十分な体力と高所経験が必要な山です。

そのため、普段からの体力トレーニングは不可欠です。体力トレーニングに関しては日本でもできる為、問題はないですが、標高の高い山での一番の問題点は高山病にかかりやすいということです。キリマンジャロの場合、体力や経験などよりも、高山病をいかに回避するかが登頂へのカギになってきます。

高山病とは、高地において低気圧、低酸素に順応できないことにより人体に生じる一連の症状の総称のことです。キリマンジャロ登山において登頂を断念するに至る原因の99%がこの高山病と言っても過言ではありません。したがって、より確実な登頂を目指すに当たり、高山病についてよく理解し、標高6,000mへと迫る高所に登頂するステップアップが必要になります。

西遊旅行でご提案しているステップアップとしましては、まずは、富士山のような(3,000m峰)、そして4,000m、5,000mと徐々に標高を上げてご自身の体を高所に慣らせていくことです。時間や労力はかかりますが、この方法が皆様の夢に向けての一番近道だと思います。

標高4,000m、5,000m峰と言いましても、世界には数多くの素晴らしい山がありますので、私が自信を持って皆様にお勧めしたい山をピックアップしてみました。

ステップ①:標高3,000mの山旅
ロンボク島最高峰・リンジャニ山(3,726m)登頂
ギリシャ最高峰オリンポス山登頂と世界遺産メテオラ
ナンガパルバット北面・南面&カラコルム大展望ハイキング

ステップ②:4,000mの山旅
ゆったりキナバル山(4,095m)登頂とマシラウルート
北アフリカ最高峰・ツブカル山(4,167m)登頂カスバ街道と悠久のサハラ・モロッコ周遊の旅
ガルワールヒマラヤ・花の谷トレッキング
謎の空中都市を目指す 古代インカ道トレッキング

ステップ③:5,000mの山旅
カラコルム5,000m峰登頂と二大氷河トレッキング
パプア・ニューギニア最高峰ウィルヘルム山(4,508m)登頂とゴロカ滞在
花の四姑娘(スークーニャン)山トレッキングと大姑娘(タークーニャン)山(5,025m)登頂
ザンスカール・トレッキング完全踏破
カラコルム パトゥンダストレッキングと桃源郷フンザを歩く

憧れのキリマンジャロへの挑戦を全力でサポートさせていただきますので、是非、一緒に夢に向けての無理のない計画を立ててみませんか!?
皆様の挑戦お待ちしております!!



中沢 伴行

nakazawa_saiyu at 18:18|Permalink

2013年05月09日

「第2回山小屋サミット」に、西遊旅行がブース出展します!!

5月17日(金)・18日(土)の2日間、秋葉原で開催される「第2回山小屋サミット」に、西遊旅行がブース出展いたします。
当日は、全国各地の山小屋・山岳ガイド、国内外アウトドアメーカーが一堂に集まり、また、アウトドア用品の大バーゲンなど盛り沢山です。

西遊旅行のブースでは、弊社の登山トレッキングスタッフがご旅行のご案内・個別のご相談を承ります。
是非お買い物ついでに遊びにいらしてください。スタッフ一同お待ちしております!

title


詳しくは、「第2回山小屋サミット」に、西遊旅行がブース出展をご覧ください。

●開催要項
日時 : 2013年5月17日(金)13~19時、5月18日(土)10時~17時
会場 : ベルサール秋葉原 (JR秋葉原駅・電気街口徒歩4分)
入場料 : 無料
主催 : ISG 石井スポーツグループ


中沢 伴行

nakazawa_saiyu at 18:17|Permalink

2013年02月06日

【新パンフレット発表】世界の山旅

夏の時期に海外トレッキングをご検討の皆さん、新パンフレットが完成しました。
パキスタン、インド、中国のヒマラヤ方面や、世界の山々のコースと大変充実した内容になっております。

西遊旅行は、「大自然に抱かれながら、無理なくゆっくり歩き、安全な山行をお楽しみいただく」このことを第一に考え、皆様を憧れの山旅へご案内いたします。

【アジア・オセアニア】
ゆったりキナバル山(4,095m)登頂とマシラウルート
ゆったりキナバル山(4,095m)登頂マシラウルートとボルネオ自然紀行8日間
梅里雪山・内院ハイクと玉龍雪山の麓・麗江
花の四姑娘(スークーニャン)山トレッキングと大姑娘(タークーニャン)山(5,025m)登頂
長白山・天池展望トレッキングと北朝鮮国境を訪ねて
韓国第3の高峰・雪岳山登頂と聖山・五台山登頂
全羅南道二大名峰・月出山(809m)と頭輪山(703m)登頂
韓国・智異山(1,915m)大縦走
韓国二大名峰登頂 漢拏山(1,950m)・智異山(1,915m)と済州島満喫オルレハイキング
モンゴル最果ての花園を求めてアルタイ山脈トレッキングと大氷河展望
ロンボク島最高峰・リンジャニ山(3,726m)登頂
パプア・ニューギニア最高峰ウィルヘルム山(4,508m)登頂とゴロカ滞在

【インド・ネパールヒマラヤ】
ガルワールヒマラヤ・花の谷トレッキング
カンチェンジュンガ大展望 シッキムヒマラヤトレッキング
ダージリンから行くゆったり里山ハイキングと8,000m峰四座展望
ラダックの名峰 ストック・カンリ(6,153m)登頂
ザンスカール・トレッキング完全踏破

【カラコルム】
ナンガパルバット北面・南面&カラコルム大展望ハイキング
カラコルム パトゥンダストレッキングと桃源郷フンザを歩く
カラコルム5,000m峰登頂と二大氷河トレッキング
カラコルム&ヒマラヤ8,000m峰五座展望とK1 B.C.トレッキング
シムシャール・パミールトレッキングと6,000m峰登頂
シムシャール・パミール SIMSHAL PAMIR
K2大展望・バルトロ氷河トレッキング
究極のK2展望トレッキング バルトロ氷河からゴンドゴロ・ラ(5,680m)越え
ビアフォーヒスパートレッキング

【憧れの山旅・秘境の山旅】
イラン最高峰ダマバンド山(5,671m)登頂と
花のグルジアハイキングヨーロッパ最後の秘境スヴァネティ地方を訪ねて
ゆったりキリマンジャロ(5,895m)登頂
謎の空中都市を目指す 古代インカ道トレッキング
北アフリカ最高峰・ツブカル山(4,167m)登頂 カスバ街道と悠久のサハラ・モロッコ周遊の旅
ギリシャ最高峰オリンポス山登頂と世界遺産メテオラ

より皆様に満足していただけるようなコースを目指して、スタッフ一同を今年も努力して参ります。
また、皆様の目的の山に向かって全力でサポートさせていただきます!

トレッキングスタッフ一同


nakazawa_saiyu at 18:08|Permalink

2012年07月25日

イラン最高峰ダマバンド山(5,671m)登頂してきました!

こんにちは、東京本社の中沢です。

去る、6月30日から12日間でイラン最高峰ダマバンド山(5,671m)登頂のツアーに同行させていただきました。

トレッキングの初めは、拠点になるレイネから四輪駆動車でスタート地のゴスファンドサーラに出発します。
6月下旬からダマバンド山麓には赤いケシの花が咲き乱れていました。
また、山麓から望むダマバンド山は、その美しい山容から「イラン富士」と呼ばれています。
DSC05116


アタックキャンプまでの道はお花を眺めながら登って行きます。
所々、放牧の風景が広がっていてとても気持ちの良いトレッキング道です。
DSC05130


アタック前はしっかりと高度順応日を設けて、ゆっくりと進んでいきます。
標高4,000m以上はガレ場を登って行きます。数日前に降った雪のためガレ場には少し雪が着いていましたが安全に一歩一歩進んでいきます。
DSC05176

DSC05226


頂上付近は、雪も残っていましたが、無事に登頂!
中近東最高峰からの眺めを満喫しました。真下には湖や山々が広がり
言葉では表せられない美しさに目を奪われました。

そして登頂後は、中東でもその有数の歴史遺産であり世界遺産のペルセポリス遺跡、パサルガダエ遺跡、
古都イスファハンを訪問しました。
他にもひとなつっこいイランの人々とのふれあいや、美味しいイランの伝統料理を堪能したり、充実した内容で皆さま大変満足されておりました。
DSC05408

DSC05394

DSC05533


今年の募集は終了しましたが、是非次回の開催にご参加下さい。
イラン最高峰を登頂しましょう!

中沢


nakazawa_saiyu at 15:36|Permalink

2011年07月15日

ナンガパルバットに行ってきました!

アッサラーム・アレイクム!
トレッキング担当の中沢です。

去る、6月17日~7月1日までパキスタンの「ナンガパルバット北面・南面&カラコルム大展望ハイキング」に同行してきました。
パキスタンは現在ベストシーズンを向かえており、15日間とても天候が良く、北面のフェアリーメドウ、南面のヘルリヒコッファベースキャンプからは世界第9位の標高を誇るナンガパルバット(8,126m)、またラカポジペースキャンプからはラカポシ(7,788m)、ディラン(7,257m)などのカラコルムの高峰群を堪能することができました。
DSC02461

DSC02680

またラカポシベースキャンプ付近にはミナピン氷河があり、みなさん初めての氷河散策を楽しまれていました。
DSC02630

今回のトレッキングのハイライトの1つの「フェアリーメドウ」は、動物たちがのんびり過ごしていて、まさにそこはメルヘンな世界でパキスタンの荒涼とした大地とは違いのんびりした空気でとてもリラックスできる場所でした。
DSC02495

DSC02524

またそこからはナンガパルバットの主峰群を形成する北峰Ⅰ(7,816m)、Ⅱ(7,785m)、シルバー・ピナクルズ(シルバー・ゼッケン 7,597m)、ライコット・ピーク(7,070m)、ガナロ・ピ-ク(6,606m)、ライコット氷河の大展望を望むことができました。

わずか1日歩いただけで、こんなに素晴らしい6,000~8,000m峰が望めるの場所に行けるのは、きっとパキスタンだけなのではないかと思います。
パキスタンのシーズンはまだまだ続きます!8月12日からは「カラコルム5,000m峰登頂と二大氷河トレッキング」にも同行してきます。

他にも下記のようなトレッキングツアーがありますので是非、この機会にパキスタンの山々をご自身の足で歩いてみてはいかがでしょうか。

クンジェラブ峠越えナンガパルバット展望ハイキングとパミール大横断

カラコルム5,000m峰登頂と二大氷河トレッキング







nakazawa_saiyu at 16:59|Permalink