at 13:31

2018年07月27日

エベレストベースキャンプトレッキングの紹介

ナマステ!!

西遊ネパールのカナルです。

ネパールへ行かれていない日本人の方とお話しすると、”ネパールはエベレストの国ですね“、”カナルさんはエベレストに登ったことはありますか“とよく聞かれます。
“エベレストへの登頂は様々な面で難しいため、登頂したことはありませんが、エベレストベースキャンプまでは行ったことはあります”と答えています。”ベースキャンプとは何?“と聞かれる方も多くいらっしゃいますので、今日の投稿にて紹介させていただきたいと思います。
P3225824_momiyama カラパタールへ向かう道の途中にて

DSCF8061_suzuki-m トレッキングの途中にて見えるコシ―川とアマダブラム山


エベレストベースキャンプとはエベレスト登山される方の基地であり、標高5364mに位置します。周りは広く、目の前に見えるのは山のみ。ベースキャンプにいると、周りにあるすべての山が手で触れることができる錯覚を覚えます。360度になるヒマラヤのパノラマビューからエベレスト(8848m)、プモリ(7161m)、チョー・オユー(8201m)、ローツェ(8516m)、アマダブラム(6812m)など標高の高いクラスの山々とたくさんのピークを展望できます。

IMGP2100_komura エベレストベースキャンプヘ向かう団体

DSCF8118_suzuki-m エベレストベースキャンプにて


間近に迫る大迫力の山やピーク、チベットの五色の祈りの旗が青い空にはためき、雲は手を伸ばせば届きそうな距離にベースキャンプに存在するものもの全てがすれまでのトレッキングの疲れを癒すばかりか、時間と自分を忘れ、ずっとその白い峰々を前にただただ立ちつくしてしまうのみとなってしまいます。
また、ベースキャンプにはエベレスト登山の準備しているトレッカーや、良い天気を待ってキャンピングしている人々の姿もたくさんおり、賑わっています。

39112432_Unknown_ishihara ヒマラヤ山脈の麓に見えるベースキャンプ

39111520_Unknown_ishihara ベースキャンプから間近に見える山々


ここに辿り着くだけでも十分な体力が必要となりますが、年間数千人もの方がこのエベレストベースキャンプのトレッキングに参加されています。エベレストへは登りませんが、エベレストベースキャンプまでトレッキングすれば登山者の想いを感じることができる貴重な体験だと思います。

P3225836_momiyama トレッキング中の団体と山脈の景色


弊社ではエベレスト大展望エベレストベースキャンプ&カラパタールにて12泊13日というプランをご用意しています。コースに関しまして、詳しくはこちらにてご確認いただけます。

■西遊旅行、日本発着エベレストベースキャンプトレッキング■
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GTNP14/index.html 

■西遊ネパール、ネパール発着エベレストベースキャンプトレッキング■
http://www.saiyunepal.com/trekking/NT004-A/

まとまった日数と十分な体力が必要なコースではありますが、世界最高峰エベレストの圧倒的な迫力を間近で感じてみませんか。
挑戦したい方からのご相談・是非お待ちしております。

どうぞ、よろしくおねがいいたします。

at 19:17

2018年06月20日

ネパールトレッキングの説明会

ナマステ!!

西遊ネパールのカナルです。

みなさん、来シーズンのネパールのトレッキングツアーにはお申込みいただきましたでしょうか。
例年と同じように今年も既にたくさんの方よりお申込みいただいております。

弊社としても来シーズンに向けて準備を進めております。

さて、今回西遊旅行よりネパールの説明会が行われますので、ご案内です。
日付:
東京07月27日、14:00~17:00(東京本社)
大阪07月29日、13:00~16:00(大阪支社)
※東京本社は07月9日より移転いたしますので、ご注意ください。
説明会の住所や地図などはこちらにてご確認ください

今回対象となるコースは下記のリストのように合計17コースでございます。
はじめてのヒマラヤ のんびりハイキング アンナプルナ山群の好展望
ダウラギリ氷河展望ホテル滞在 ゆったりジョムソンハイキング
アンナプルナ・ダウラギリ周遊ハイキング
アンナプルナ内院トレッキング 二大ベースキャンプを訪ねて
アンナプルナ・サーキットハイライト トロンパス越え
アンナプルナ周遊 裏銀座ルートを歩く アンナプルナ&ダウラギリ
マルファから登るフレンチパス ダウラギリ大展望トレッキング
春のランタン谷トレッキング
のんびりシェルパの里歩きと絶景のエベレスト展望ロッジ滞在
エベレスト街道パノラマビュートレッキング 名峰ひしめく好展望地
エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え
エベレスト大展望 カラパタールトレッキング
ローツェ南壁大展望・チュクン・ピーク登頂 エベレストベースキャンプ
秀峰マカルーB.C.トレッキング
マナスル山群完全一周トレッキング
「マナスル三山」スカイライン・トレッキング
カンチェンジュンガ&怪峰ジャヌー大展望 ミルギン・ラ越え

その中で、アンナプルナ方面は計7コースになります。
初心者向けの9日間のハイキングコースから、トレッキング経験者向けの14日間コースまで多数のバリエーションを揃えております。アンナプルナ山群、ダウラギリ、マチャプチャレなど8000m以上の山をはじめ、その周辺のピークの絶景を楽しみたい方、是非ご参加ください。

P3260207 アンナプルナ方面からご覧いただけるダウラギリ山


次はランタン方面のトレッキングです。「世界で最も美しい谷のひとつ」と称されるランタン谷に生活しているネパール人の生活、美しいランタン山群の他、ランシサ・カルカを目指すコースについても詳しくご紹介いたします。

P4100407 ランタン谷のトレッキングにてご覧いただける絶景


また、エベレスト方面のコースは計5コースをご紹介いたします。
エベレストをご展望いただける、初心者向けののんびりシェルパの里のハイキングコースを始め、エベレストベースキャンプはもちろん、ゴーキョ・ピーク(5,360m)頂上のコースまで幅広くご案内させていただきます。

39113088_Unknown_ishihara エベレストベースキャンプにてご覧いただける景色


その他、なかなかトレッカーが訪れることの少ないマカルー山域のトレッキングコース、日本隊が初登頂した唯一の8,000m峰マナスル登頂隊の軌跡を辿るルート、世界で3番目に高い峰カンチェンジュンガ(8,586m)山域を訪れるコースもご紹介いたします。
IMG_4745_wakai マナスル山の絶景


皆さんのご参加をお待ちしております。

お申込みやお問合せはこちらにて承っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

at 18:19│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパール 旅行事情

2018年04月19日

モンスーンのネパールって? 

こんにちは!西遊ネパールのカナルです!

ネパールの春はそろそろ終わりかけています。次は雨期「モンスーンの時期」がやってきます!
ネパールのモンスーンはだいたい6月~8月ごろです。この時期はモンスーンにとても影響され、観光ができないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はモンスーンのネパールもとても楽しんでいただけます。
DSC03079
アンナプルナ方面のトレッキングルート

まずは、モンスーンの時期になりますと、観光客が少なくなりますので、ホテル等へ交渉ができ、ややお安くツアーにご参加いただけることがございます。
また、川の水量が増え、田んぼはみどりに輝き、とても美しい景色がご覧いただけます。

ネパールは国土の8割以上が山の国です。雨期はヒマラヤの南側は雨の影響がありますが、
山を越えて北側に行けば、影響が少なく、ハイシーズン通りにトレッキングをお楽しみいただけます。ムスタン、マナン、ティリチョ湖、アンナプルナ方面はこの時期に観光される方も少なくありません。
その他、ジョムソンを経由していく、ヒンドゥー教聖地のムクチナート寺院も観光客が多く、特にインドから来られる巡礼者がたくさんいらっしゃいます。
P5027225_tsutsumi
ムスタン王国トレッキング、曇っていますがトレッキングは可能です

雨期ではカトマンズの世界遺産の観光はおすすめです。ネパールの雨期は1日中雨が降るわけではなく、主にお昼に降りますので、朝と晩は観光を楽しめます。
DSC03493
世界遺産バクタプル、雨上がりの一枚

タメル地区内のお土産さんは365日営業しているところが多く、その他レストランや飲食店も常に営業しております。また、お店には観光客が少なく(混んでおらず)ゆっくりショッピングやお食事を楽しんでいただけます。

DSC03486
バクタプルにてご散策いただける街並みーお土産屋さんも連なっています。

雨が上がったら、ポカラからアンナプルナ山脈の一部が見え、ポカラ周辺の短いハイキングにもご参加いただけます。また、チトワンにて様々なジャングルアクティビティをお楽しみいただけます。まれに山間部では道路が遮断されることがありますが、カトマンズ、ポカラなどの都市部はほとんどそのようなことはありません。
国内線が欠航になる可能性は高くなりますが、専用車やツーリストバスをご利用になれば、雨の影響極力受けることなくツアーを行うことが可能です。
DSC03277
少々曇っておりますが、山がご覧いただけます

ただし、雨期にネパールへ行かれますと、注意していただきたい点が何点かございます。
まず、トレッキングやツアーに参加されるご予定の方は朝お早めに出発されるように心がけてください。通常、雨が降るのは昼過ぎのパターンが多いです。特にトレッキング行かれる方は、
早朝に起きていただければ、山の絶景、場合により来光も楽しんでいただけます。
山のお天気は変わりやすく予想するのは難しいですが、当日のガイドと定期的に天気予報を確認し、次の日の予定を組んでください。
DSC03230
トレッキング中の様子

高度の低い場所へ行かれる方は、傘をお持ちいただければ結構ですが、長時間歩くようでしたら、カッパをお持ちください。また、防止加工が施された靴、数足の靴下、帽子とトレッキング用のストックをお持ちいただければ便利かと思います。
DSC03385
山々はモンスーンシーズンでもお待ちしております。

雨期にも観光のツアー手配を行っておりますので、どうぞご安心ください。
ネパールのお問合せをお待ちしております。

今年の雨期も楽しいネパールへ!!よろしくお願いいたします!!


西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン

at 09:30│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパールの祭り

2017年10月30日

チャットパルワ in ネパール【Chhat Parba Nepal】

こんにちは!
西遊ネパールのカナルです。

ティハール祭りの後、ネパールでは次のお祭り、チャットパルワが行われます。

ネパールの地理はタライ『平坦な部分、約17%』、パハッド『一般の山、約68%』、
ヒマル『ヒマラヤ、約15%』に分けています。

その中、主にタライ『平坦部分』の住民が行うお祭りがチャットパルワです。

IMG_4121_furuta_1


祭りの期間は長いですが、主な2日間のうちの1日目、
太陽が沈んだ後は家庭内にてファスティング【断食】が始まり、
次の朝日に水や果物、その他の贈物を授けた後、ファスティングが終わります。

IMG_3987_furuta_2

夕方の太陽と朝日に家庭の健康、子供の成長などへの感謝を見込め、
祈りを捧げるお祭りです。



IMG_3909_furuta_3
 
贈り物としてたくさんの果物【バナナ、生ココナッツ、サトウキビ、オレンジ、文旦等】と【生ウコン、お米、麦で造られた数多くのお菓子】が使われます。


IMG_4013_furuta_4

また、川沿いの空き地や池の周りは色やライトで綺麗に飾られます。


太陽へ祈りを捧げる人々自身も体を清め、綺麗な服装に着替えます。

IMG_3891_furuta_5

日の入りと朝日の時間に合わせて断食者は半身や全身で池や川の中に入り
清い水を授ける習慣があります。


それでは、また次のお祭りやイベントのブログアップして参ります。

チェックしてくださいね!

西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン


at 19:29│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパールの祭り

2017年10月24日

ティハール祭りinネパール パート2【Tihar Festival】

みなさん、
こんにちは!
西遊ネパールのカナルです。

前回に引き続き、ティハール祭りに関してブログをアップします。
今回は全5日間行なわれるお祭りのラスト2日、4日目から始めます。


④ 4日目は【ゴバルダンプジャー】
最近変わりつつありますが、ネパールは主な産業は農業です。
技術的に遅れており、いまだに田んぼで牛糞堆肥が使われています。

その牛糞が食べ物を作ってくれる大事な存在ですので、
神様と並ぶくらい大切であると信じられており、
4日目には牛糞にティカを挙げます。

同じ日に、牛にもティカを挙げます。
生まれたばかりの赤ちゃんに牛乳を飲ませ育てるのも、
牛が神様と思われている一つの理由からでしょう。

皆さんもご存知だと思いますが、ネパール人は牛肉が食べられません。

14633014_1273051086100389_8927860778135663175_n
こちらは、花と色粉の手作り絵です。


ゴバルダンプジャーが終わったら【デェウシー】が始まります。

デェウシーは子供たちが家庭を訪問し、歌やダンスを行なうことです。
子供たちは、ヤマラズ(日本で言われる閻魔様)のメッセージを各家庭に
運ぶドゥート【神の使い人】として多くの家庭を訪問し、
その家庭が良くなるように歌を歌ったり、ダンスをしたりします。

主に小さい子供のグループが来る習慣ですが、最近は大人グループも
ダンスしている姿が見うけられます。
家主も、家庭が良くなるようにと祈ってくれるドゥートに
お金・食べ物・お菓子・果物を挙げ、感謝の気持ちを伝えます。

14906864_1273051702766994_6132457195669105256_n
こちらは、花と色粉の手作り絵です。


⑤ 5日目は【兄妹の祭り】
この日はティハール祭りの最後の日、一番大事な日です。

出稼ぎで遠くまで行っている兄妹も里帰りし、
兄妹と一緒に時間過ごす習慣があります。
【sisters】は【brothers】の周りに油の丸いマークを付けると、
その中にヤマラズ神が入らないようになる力があると信じられています。

そこで【sisters】が【brothers】の長年寿命を祈ります。

【brothers】も【sisters】に果物・ギフト・お金などあげ、
自分を守ってくれたことに感謝します。

14907642_1273051566100341_7158725067766829249_n
ろうそくに火をともす様子


ティハールのお祭りでは、
たくさんの種類のお菓子を作り、食べる習慣があります。

5日間休んで、全人全力で楽しんでいるティハール祭りも、
ネパールのひとつの魅力です!



西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン


at 19:24│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパールの祭り

2017年10月20日

ティハール祭りinネパール ~光のお祭り~【Tihar Festival】

みなさん、
こんにちは!
西遊ネパールのカナルです。

今週末にネパールでは【ティハール祭り】が行われます。

【ティハール祭り】は主に兄妹のお祭りだと言われていますが、
そのほかにもたくさんの魅力があり、楽しいお祭りです。
Part 1a


今日は、ティハールお祭りについてご案内いたします。
ヒンドゥー教では、ヤマラズ神(日本で言われる閻魔様)がとても大事な存在です。

ネパールでは人が亡くなったら、天国か地獄へ行くのはヤマラズ神が決めることだと信じています。
ヤマラズ神が喜んだら、天国に行かせてくれると信じられており、
ヤマラズ神の周りを全て大事にしようとしています。


また、ディパワリ(ティハール祭りの別名)時期中、
ヤマラズ神が自分の妹に会いに行き、兄妹二人で良い時間過ごした、
という言い伝えがあることから、ティハール祭は
【兄妹】【brother - sister】
のお祭りとされています。


このお祭りは主に5日間、行われます。

① 1日目は【カラスのお祭り】
カラスは世界中を回ってヤマラズ神にメッセージを
持っていくと言われています。日常の生活でもカラスが鳴くと、
【ヤマラズ神のメッセージが届いた】
と恐ろしく言われることもあります。

そのつながりで、
【この人/家は良かった】と
ヤマラズまでメッセージ持っていってもらえるよう、
1日、カラスに良い物を食べさせます。




② 2日目は【犬のお祭り】
ヤマラズ神は4匹の警備犬と常に一緒だと言われており、
ヤマラズの門をくぐるには犬を通さないと行くことができない、と信じられています。

生きているうちに犬と関係を良くし、簡単にヤマラズの門をくぐれるよう、
1日、犬にマラ【花から作られたネックレス】をさせたり、
犬を綺麗に飾ったりします。
Part 1



③ 3日目は【ラクシュミープジャー】
ティハール祭りがヤマラズとラクシュミー神【美・富・豊穣・幸運を司る女神】を
祀るお祭りでもあり、3日目に各家庭にラクシュミー神を歓迎するために、
ラクシュミー神の写真にティカをあげ、家にラクシュミー神が入りやすいように
たくさんのライトを付けます。

家庭により、ラクシュミー神の為に、
外から家庭内の金庫周辺【常にその金庫に住んで頂くよう】まで
道を作ったりする習慣もあります。
part1c
主な色と言われている7色の飾り、ラクシュミー神を歓迎し始めている



Part1b
西遊ネパールでもラクシュミープジャーが始まりました!!

この日、ヒンドゥー教全ての家庭に写真のようなライトを付けるので、
ネパール国内は、とてもきれいに見えていますよ!


4日目からは次のブログでアップロードします。
ぜひチェックしてください!


西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン

at 17:07│ネパールの食と酒 

2017年09月01日

ネパール料理に舌つづみ!

ナマステ!!
先日開催いたしました、ネパール語通訳・翻訳家であり、
「指さし会話帳 ネパール編」の著者 野津治仁先生プレゼンツ「ネパールの夕べ」
会場は満席で、盛会のうちに終えることができました。
お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

IMG_8833

今回会場となった野津先生の経営する「ネパリダイニング ダルバート 大塚店」

IMG_8854

ネパールを知り尽くした野津先生によるスライドトークと、
なんと言っても本格的なネパール料理!
メニューひとつひとつの説明もしてくださり、
楽しく、美味しくいただくことができました。

IMG_8847

ネパール風蒸し餃子「モモ」
スパイスのきいた餡と、甘いソース(チャツネ)の相性が絶妙!

IMG_8857

お話の最後に「ダルバート」の登場!やさしい味で、何杯でも食べれてしまいます。。

ネパールのスペシャリストであり、
今まで食べたダルバートはなんと数千食にものぼるという野津先生。

そんな野津先生と一緒にネパールの街カトマンズを訪れる特別企画、

「世界遺産の街カトマンズのディープな散策とネパールの食文化探究の旅」
11月4日(土)出発 9日間 248,000円


世界遺産もしっかり観光しつつ、裏路地やローカル食堂など、
まさにディープなカトマンズを体感していただける内容です。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております!!


Copyright(c)Saiyu Travel Co;Ltd. All Rights Reserved