at 17:48

2017年05月22日

お待たせしました! 世界の山旅 秋・冬号完成!

皆さんこんにちは、西遊旅行の森田です。
2017年 世界の山旅 秋・冬号が完成しました。

yama_000


なんと、今回は新企画6本を含む39本の特大ラインアップ!

今回のパンフレットも、ツアー担当者が一枚一枚の写真を吟味し、世界の山旅の魅力を一人でも多くの方にお伝えできるように、との思いと愛情を込めて作った力作でございます。

初めてのトレッキングでも安心の企画から、海外登山を何度も訪れてしまった方へおすすめのマニアックな企画まで目白押しです。

では、前回もご紹介いたしましたが、パンフレットの中で注目のポイントをおさらいです。

■ポイント その1 【まずは写真に注目!!】

IMGM9550


パンフレットを見ていただくと比較的多くの写真が並んでいるのが見て取れると思います。

「本当にこんな迫力のある山が見えるの?」
「本当にこんな写真が撮れるの?」

と、質問をいただく事がありますが、本当に見れるのです!

それもそのはず、山の写真は一部を除き、実際にツアーで訪れている最中に添乗員が撮影したものなのです。そのため、皆さんもツアーの最中にはパンフレットに掲載されているような大迫力のパノラマを見ることができ、写真も撮ることができるのです。
天候は確約できませんのでご注意ください。
日本では決して見る事の出来ない高峰群を写真に、そして想い出に残していただければと思います。

■ポイント その2  【歩いている人に注目!!】
DSC_0227_morita


「ヒマラヤとか海外登山と聞くと身構えちゃう。アイゼンとかピッケルとか特殊な装備が必要なんでしょ?」とお思いの方。

別段、特殊装備は必要ありません。
是非とも、歩いている方々の姿をご覧ください。
比較的、軽装備で歩いているのが見て取れると思います。
海外登山というと重装備の鎖場や危険箇所を想像しがちですが、特殊装備が必要なコースは限られており、ほとんどのコースが日本の夏山と同じような装備で臨むことができるのです。
さらに、多くの登山道はとてもよく整備されており、とても気持ちよく歩く事ができます。

皆さんが、トレッキング中の姿をイメージしやすいような写真をできる限り掲載させていただいておりますので、注目していただければと思います。

ネパールのツアーっを中心に、少しでも皆さんのご希望に沿えるよう数多くのコースをご用意しております。

「私でも行けるのかしら?」とご不安のかたは、ぜひお気軽にお問合せ下さい。
経験豊富なトレッキングスタッフがどんなことでもお答えいたします。

日本の山行では感じる事のできない壮大な景色。
8,000m峰が放つ気迫と大自然のエネルギー。
出逢ったことのない文化や人々。
様々な出会いが皆さんをお待ちしております!

「初めての海外トレッキング」はコチラ!

「 登山・トレッキング・ハイキング」ツアー一覧はコチラ!


at 08:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパールの祭り

2017年02月27日

マハ・シヴァラトリでサドゥーに会って来ました!

ナマステー!!

西遊旅行の坂本です。

2月24日は日本ではプレミアムフライデー(?)が始まった日のようですが、
ネパールでは「マハ・シヴァラトリ」というシヴァ神のお祭りでした!

ネパールでシヴァ神、といえばパシュパティナート。

PB190543 ■パシュパティナート

以前もブログで紹介させていただきましたが、
パシュパティナートはシヴァ神を祀る、ネパール最大のヒンドゥー教寺院です。

前回の記事はこちら!

ネパールやインドから、さらに観光客の人々と、本当に多くの人が来ていました。

_MG_0167 ■人々に語りかけるサドゥー

今回はパシュパティナートで出会ったサドゥー達をご紹介いたします。
サドゥーとはサンクリット語で苦行僧を意味し、
シヴァ神の格好を真似ている信者です。

_MG_0214           ■全身に灰を塗ったサドゥー


_MG_0144 ■車椅子に乗ったサドゥー


_MG_0174 ■何か飲んでいる様子。恐ろしくて何を飲んでいるのか聞けませんでした。。。


_MG_0149 ■日傘を差すサドゥー


_MG_0187 ■もちろん、若いサドゥーもいます


_MG_0219 ■道端に並んだサドゥー


普段はチップ(お金)をせがまれるため、良い印象はなかったですが、
こんなに一度にたくさん集まると、
なんだか、興味深いですね。

ネパールの文化、強烈でした!


西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン

at 19:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ネパールのおみやげ

2017年02月22日

ネパールのミティラー・アート紹介!

ナマステ!

西遊旅行の坂本です。
ネパールでは花のトレッキングシーズンが近づいてきております。
ポカラ方面へのツアーをお考えの皆様、これからでも手配は間に合いますので
どうぞお気軽にご連絡いただければと思います。

本日は最近人気のミティラー・アートをご紹介いたします。

_MG_0138 ■特徴的なタッチのミティラー・アート


一度見たら忘れない、独特な絵であることが多いこのミティラー・アートは
ジャナクプル郊外にあるミティラー地方の女性が描いています。

ミティラー地域発祥の絵(アート)のため、ミティラー・アート。
なんとも納得です。

_MG_0127 ■家の中の様子を描いた一枚


3000年も前から、ミティラー地方の女性たちは特徴的な絵を
家の壁に描いてきました。

IMG_5121 ■ミティラー地方の家


日々の祈りを表すものとして、親子代々、受け継がれてきたものだそうです。


IMG_5009 ■手のひらと掌外沿を使って描かれた壁


IMG_5112 ■カラフルな壁もあります

やがて、家の壁だけでなく、キャンバスにも絵を描くようになり、
今ではカトマンズ市内のお店でも見かけることが多いです。

マテラアート ■動物/人間/植物が描かれた絵

絵だけではなく、ミティラー・アートの描かれた小物入れや食器などもあります。
私の一押しは枝折りか、カレンダー。
お土産に好かれる事間違いなし!


カトマンズへお越しの際はぜひチェックしてみてください。


IMG_3182           ■ヒンドゥー教三大神が描かれたミティラー・アート




at 08:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ポカラ

2017年01月10日

西遊ネパールよりレポート ~ラニバンの丘からの朝日~

ナマステー!!

西遊ネパール駐在中の坂本です。
いよいよ春のネパールトレッキング説明会の開催が今週末となります。
皆さんのご参加を心からお待ちしております。


さて、本日はポカラにあります、「ラニバンの丘」のご紹介です。
「サランコットの丘」と同様、ポカラの人気スポットのひとつです。

PC051166 ■ラニバンの丘へ向かう途中にある、日本山妙法寺から見えるヒマラヤ


フェワ湖南方の丘にポツンと見える白いストゥーパが日本山妙法寺です。

PC061236 ■ラニバンの丘からの朝日と日本山妙法寺


日本山妙法寺は標高1,113mの丘にあり、日蓮系の宗教団体によるもので
世界各地で平和運動を展開し、平和を祈る仏塔、世界平和塔が
ここ、ポカラでも建立されました。

ここからおよそ20分ほど歩くと、ラニバンの丘へたどり着きます。
PC061242 ■ラニバン・リトリートからの朝日


この絶景を独り占めしたい!という方におすすめなのが、
こちらのラニバン・リトリートでの宿泊。
PC061255 ■ロビー兼お食事会場


PC061252 ■客室前のプライベート空間


PC051211 ■客室の一例


「eco friendly」なホテルを目指して、必要最低限のもの意外は置かない。
提供する食事も全て自給自足を目指しています、
とオーナーさんがおっしゃっていました。

この景色を、夕日も朝日も見ることができるのならば、
他になにもいらないだろうな。。。と思うばかりです。

PC051175 ■ダウラギリ(8,167m)も見えます!


ラニバン・リトリートまでは約500段の階段を登ります。
ちょっとした良い運動になりますね。

PC061260           ■およそ500段もの階段

アンナプルナの絶景を見ながらのコーヒー休憩もおすすめです!

現地法人、西遊ネパールでは、ポカラ発着のお得なツアーもございます。
>ラニバンの夜明け&日本山妙法寺ショートハイキング
 ポカラとアンナプルナの展望


どうぞお気軽にお問合せください。


at 08:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | カトマンズ盆地

2017年01月03日

西遊ネパールよりレポート ~チャンドラギリのケーブルカー~

ナマステ!!!

西遊ネパール駐在中の坂本です。
ネパールより、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年、初エベレスト遊覧飛行は残念ながらキャンセル。。。
元旦は天気が悪く、とても寒かったです。

さて、本日ご紹介するのはネパールでケーブルカー!!??
「チャンドラギリ~Where your wishes come true~」
PC241940 ■CHANDRAGIRI HILLS LTD.によるケーブルカー


カトマンズ市内からはおよそ1時間。
実はネパール国内ではマナカマナに続き2つめのケーブルカーです。

PC241803 ■ネパールにいることを忘れるハイテク機械


チケットは外国人が往復22USドル、
ネパール人は往復700ネパールルピー(2016年12月現在)。
雪国出身の私はスキー場のゴンドラが思い浮かびました。
PC241809 ■8人乗りのケーブルカー


昨年8月にオープンしたばかりの観光地のため、
外国からの観光客、よりはネパール観光客が多い印象でした。

PC241822 ■ケーブルカーからの景色


標高はケーブルカー乗り場で1,569M。
およそ15分の乗車時間を経て、頂上は約2,500Mです。

PC241838 ■左)マナスル山群、右)ガネッシュ山脈が見えます


PC241867 ■頂上の寺院


PC241904 ■展望台(当日は故障中で閉まっていました)


会議場やホテルも建設中でした。
何年かかるかは分かりませんが、ちょっとしたテーマパークになること間違いなしです!

PC241895 ■子供の遊び場

ネパールで人工芝!驚きを隠せませんでした。。

PC241830 ■おいしい空気を吸いにぜひいらしてください



そして!来週はいよいよ春のネパールトレッキング説明会です。
ネパールトレッキング説明会&相談会

【 東京 】 2017年1月15日(日)13:00 ~16:00
会場 : ICI石井スポーツ ici club 6F アースプラザ(神田・神保町)
参加費 : 無料(定員:50名様)

【 大阪 】 2017年1月15日(日)14:00 ~16:00
会場 : 西遊旅行 大阪支社
参加費 : 無料(定員:25名様)

予約制となっておりますので、お気軽にご連絡ください。
ご予約はお電話にて承っております(西遊旅行フリーダイヤル)0120-811391
※年始は04日からの営業です※

皆様のご参加、お待ちしております!



at 20:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | ポカラ

2016年12月20日

西遊ネパールよりレポート ~サランコットの丘からの朝日~

ナマステー!!

西遊ネパール駐在中の坂本です。
2016年も残りあと10日ほどとなりました。

カトマンズ事務所では年末のツアー、個人旅行の手配に関しての
最終確認に入っており、忙しい日々が続いております。
皆様のネパールでの日々が思い出に残るものになるよう、
スタッフ一同、尽力させていただきます。

さて、本日はネパール第二の都市「ポカラ」の人気スポット、
サランコットの丘から見える朝日をご紹介いたします。

ポカラはアンナプルナ方面へのトレッキング拠点であるだけでなく、
フェワ湖とヒマラヤの山々を眺め、リラックスできるリゾート地としても人気です。
サランコットはポカラ市内から車でおよそ1時間。
ヒマラヤ絶景ポイントとして知られています。

朝の5時にホテルを出発。
ホテルが集中している、フェワ湖のほとり:レイクサイドの夜景もきれいです。

PC050911 ■暗いうちに出発

お土産屋さんの屋上からの景色。
ここからさらに30分ほど歩いて頂上の展望台まで登ることも可能です。

PC050914 ■だんだん明るくなってきます


空が明るくなってくると同時に姿を現すヒマラヤ山群。
PC050930 ■アンナプルナⅣ(左:7525m)、アンナプルナⅡ(中央:7937m)、ラムジュン・ヒマール(右:6986m)


PC050932 ■アンナプルナ・サウス(7219m)、アンナプルナⅠ(8091m)、マチャプチャレ(6993m)


「魚の尻尾」の意味を持つ「マチャプチャレ」。
標高は低いですが、ひとつだけ手前にあるのでひときわ高く見えます。

PC050989 ■朝日が顔を出しました


PC050983 ■朝日に染まるアンナプルナ、マチャプチャレ


滞在時間は1時間~1時間半ほど。
じっとしているので朝日が出るまでは寒いですが、
目の前に広がる景色に圧倒され、あっという間に時間が流れます。

西遊ネパールでは、ポカラ発着のお得なツアーもございます。
>サランコットの丘・アンナプルナの展望

どうぞお気軽にお問合せください。

at 08:00│西遊ネパール - カトマンズ事務所 | チトワン

2016年12月16日

西遊ネパールよりレポート~チトワンジャングルアクティビティ②~

ナマステ!!

西遊ネパール駐在中の坂本です。

このごろ、気温がぐんと下がってきたように感じます。
年末年始、ネパールへいらっしゃる皆様!
寒さ対策をお忘れなく、日中は15℃前後まで気温が上がりますので
日中のお洋服もお忘れなくご準備ください。

おすすめの持ち物はこちらです!
■厚手のジャケット(ダウンジャケット)
■マフラー・手袋
■毛糸の帽子
■腹巻(お腹を壊しても大丈夫!)
■薄手の長袖(日中用)


さて、今回も前回に引き続き、チトワンのご紹介です。
前回の記事:西遊ネパールよりレポート~チトワン・ジャングルアクティビティ~

今回はラプティ川でのカヌー川下りです。

PC030641 ■カヌー乗り場


ライフジャケットを装着し、いざカヌーへ。

PC030650 ■足元に気をつけながら、1人ずつ乗り込みます


川下りをはじめて数分、早速野生のワニに遭遇しました。

PC030721 ■野生のワニ(ガリアル クロコダイル)


ネイチャー・ガイドが水鳥やワニを見つけ、教えてくれるので頼もしいです。

PC030679 ■ワニ捜索中

もちろん、いざというときは守ってくれるので安心ですね。

途中、クロコダイル・ブリーディング・センターに立ち寄ることも。
IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにおいて絶滅寸前といわれている
ガリアル クロコダイルの保護施設です。

PC030702 ■生後間もない、赤ちゃんワニです


生まれてから数年、保護したあとで自然に放すそうです。

PC030708 ■鼻が長いのが特徴です


センターの見学を終えて、再びカヌーへ。

PC030676 ■ひなたぼっこしている野生のワニに遭遇!


夕方のカヌー川下りでは美しい夕日もご覧いただけます。

PC030724 ■カヌーからの夕日


現地法人、西遊ネパールではチトワン方面への
ツーリストバスを利用したお得なツアーも発表しております。
>チトワン・ジャングルサファリ1泊2日 エコノミープラン
>コストパフォーマンス重視!ツーリストバス利用 チトワン・ジャングルサファリ2泊3日

チトワンでのバードウォッチングに特化したツアーもございます。
>チトワンの森でバードウォッチング2泊3日

ぜひお気軽にお問合せください。



Copyright(c)Saiyu Travel Co;Ltd. All Rights Reserved