at 08:00│ネパールの世界遺産 | 震災後のネパール

2016年11月21日

西遊ネパールよりレポート ~ボダナート寺院、完全復活~

ナマステ!!

西遊ネパール駐在中の坂本です。
本日はとっても、とっても嬉しいお知らせです!

PB190515 ボダナート完全復活!


昨年の震災後、修復中であったボダナートですが、
ついに修復工事が終了しました。

1年と半年以上の歳月をかけた修復作業。
写真は11月19日土曜日に撮影したものです。

PB190504 目が覆われているのがわかります。


20日の日曜日に大規模な「プジャ(神様への礼拝)」を行い、
目を覆っている黄色い布が外れるのだそうです。

PB190510 プジャのために集まった多くのチベット仏教徒


PB190526 プジャを翌日に控え、着実に準備が進んでいました。


PB190503 無料の健康診断も行われており、多くの人で賑わっていました。


日曜日は事務所が休みではないので、残念ながら様子は見に行けず。。。
ですが!これからネパールへ観光にいらっしゃる皆様!
震災後のボダナートをぜひご覧ください。

PB190524 見る人を魅了する巨大ストゥーパ


PB190506 繁栄を取り戻したボダナート


空港の近くに位置するボダナート。
ネパール滞在最終日、日本へ帰国前に観光にいらっしゃる方も多いです。

修復工事が終わった今、
ぜひボダナートにお越しください。

皆さんのお越しをネパールにて、お待ちしております。


西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン






at 08:00│ネパールの世界遺産 | 震災後のネパール

2016年11月18日

西遊ネパールよりレポート ~チャングナラヤン寺院の現在の様子~

ナマステ!

西遊ネパール駐在中の坂本です。

最近、朝晩冷え込むようになってきました。
日中は半そで1枚で大丈夫ですが、
夜はユニクロのウルトラライトダウンを愛用しております。

乾燥も気になってきました。
これからネパールへいらっしゃるお客様、
保湿クリームはお忘れなく!


さて、今回ご紹介するのは「チャングナラヤン寺院」。
昨年の地震で最も被害が深刻であった場所のひとつです。
写真は全て、今年の10月15日に撮影したものです。

PA150186
■チャングナラヤン寺院本堂

補強のためのつっかえ棒はそのまま残っていますが、
震災を乗り越え、堂々と建つ姿につい言葉を失ってしまいました。

震災の時も、震災のあともチャングナラヤン寺院を見守っていた神様たち。

PA150174
■ヴィシュヌ像(旧10ルピー札のモデルとなったものです)

PA150184
■ヒンドゥー教の神々の像

煉瓦を新しく、木彫りの装飾は一度乾燥させて、きれいに掃除してから組み合わせていくそうです。

PA150168
■ネワール様式の繊細な木彫り装飾


少し裏側へ回ると見えてくる震災の被害の大きさ。
完全な復興まではまだまだ時間がかかりそうです。
PA150150
■積み上げられた煉瓦


PA150151
■積み上げられた木材


PA150185
■復元できそうなものは保管し、以前の姿にできる限り近いかたちで再建する予定だそうです


PA150188
■お土産屋さんも再開しています


まだまだ観光にいらっしゃる方は少ないです。

ヒンドゥー教3大神のひとり、ヴィシュヌ神の化身である
ナラヤン神を祀る、ネパール最古のヒンドゥー寺院。

ぜひ、ネパールにお越しの際は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

西遊ネパール 現地発着ツアー
ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン

at 08:00│バクタプル | 震災後のネパール

2016年11月16日

西遊ネパールよりレポート ~古都バクタプルの現在の様子~

ナマステ!

西遊ネパール駐在中の坂本です。

本日はトレッキングにいらしたグループをお見送り、したかと思えば、
新たに別のグループが到着します!

現在も5つのグループがトレッキング中。
多くのお客様にネパールにお越しいただき、本当に嬉しい限りです。


さて、
ネパールはトレッキングだけではありません。

これまでブログでも紹介させていただきましたが、
観光名所である世界遺産はいくつもあります!

今回は「バクタプル」のご紹介。

昨年の地震の影響は、確かに今も残ってはいます。
ですが復興も確実に進んでおり、ネワール族の誇る建築物・彫刻もご覧いただけます!!
写真は今年、10月15日に撮影した現在のバクタプルの様子です。

PA150219
■ニャタポラ寺院


建築物の中には、修復不可能なものも。
その場合は崩れた煉瓦をきれいに片付け、同じ建築物を新たに建てます。
IMG_20161015_134945
■王宮へと続く門


IMG_20161015_135033
■倒壊防止の木の杭が目立つお土産屋さん


IMG_20161015_134809
■広場でネパールの国旗を振る男性


PA150248
■女優?の写真撮影が行われていました


PA150243
■狭い路地には新しい看板が目立ちました


PA150197
■階段だけがむなしく残ります。。。


もちろん!
バクタプルに来たらヨーグルト!
ペロッと食べちゃいました。
IMG_20161015_135208
■バクタプル名物のヨーグルト


ネパールの現地法人、西遊ネパールでは
カトマンズ発着の観光ツアーやトレッキングツアーの手配を行っております。

専用車・国内線航空券の手配からカトマンズ1泊2日のツアーなど、
お客様のご要望に合わせてアレンジいたします。

どうぞお気軽にお問合せください。
現地法人 西遊ネパール ホームページ



ネパール 添乗員同行ツアー
ネパール 個人旅行・フリープラン
西遊ネパール 現地発着ツアー



at 18:09│西遊ネパール - カトマンズ事務所 

2016年11月14日

ネパールより、皆さんのお越しをお待ちしております!

みなさんこんにちは!

1ヶ月ほど前から西遊ネパール、カトマンズオフィスに
駐在しております、西遊旅行の坂本です。


ネパールでは今、まさにベストシーズンを迎えており、
駐在生活を始めてから雨が降った日は1日のみ!


ツアーから戻られたお客様からも、

「天気に恵まれましたー」

「毎日山が見えたの!」


と嬉しいお声をたくさんいただいております。


さて、本日はそんなネパールの事務所をご紹介いたします。

【正面入り口からの様子】
みんな待ってるよPHOTO

■写真に写っているのは弊社トレッキングガイドさん、コックさん!


【入り口の看板】
PA300388
■この飾りは10月末に行われたお祭り、「ティハール」の時の飾りです。



このまま、10月末~11月はじめに行われた「ティハール」について少しご紹介を。。。

通称、LIGHT FESTIVAL(光の祭り)として知られている、ネパールで
2番目に大きなお祭りです!

※今年は10月29日~11月02日の5日間でした※

【ヒンドゥー教の神様ラクシュミーを礼拝する日】
PA300407
■ネパール独特の甘~いお菓子やバナナ、りんごを備えました。


【女神ラクシュミーを導く道を作成中】
PA300397
■弊社スタッフのスニールさんが飾りから全て準備してくれました。


PA300399
■完成した様子。とってもきれい!


【1日の終わりには「ティカ」!】
PA300414
■おでこの赤いしるしは「ティカ」 神様の恩恵を示します。


以上、とっても簡単ではありましたが
西遊ネパール、カトマンズオフィスの紹介でした。




11月後半から年末にかけても多くのツアーを設定しております!

スタッフ一同、みなさんのお越しをお待ちしております!!

「ネパール山旅」
「ネパール山旅 全17コース」



at 11:16│エベレスト街道トレッキング | ゴーキョピーク登頂

2016年08月17日

ゴーキョ・リ&レンジョ・ラ~空前の大パノラマへ~

こんにちは。森田です。
みなさん、日本では夏山のシーズンを迎えていますがいかがお過ごしでしょうか。
私と言えば、先週末の土日を使い双六岳に行ってきました。
今回、ご紹介させていただくのはネパールのこのコース。


エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え


さて、こちらのコースの魅力は何と言ってもゴーキョからの大展望。
エベレスト、ローツェ、マカルー、チョーオユーといった8,000m峰の四座を含む、ヒマラヤの名峰群が立ち並んでいます。その様は、まさにエベレストという大城を守る巨大な城壁。
8,000m級の山々の迫力は目を見張るものがあります。

実際に昨年撮影してきた写真も交えてルートの様子をご紹介いたします。

[ナムチェ~ゴーキョ]
他のコースと同じく、ナムチェまでエベレスト街道を歩みます。
ゴーキョに近づくにつれ、白銀のチョーオユーが姿を見せ、我々の前に立ちはだかります。

DSC_0227_morita

■正面に聳えるチョーオユー

ゴーキョ手前には2つの湖があり、最後の3つ目の湖の湖畔にロッジが建てられています。

DSC_0242_morita

■ゴーキョロッジとチョーオユー

[ゴーキョ滞在]
日程にもゴーキョでの滞在が含まれており、ゴーキョピークへの登頂及び、チョーオユー展望地へと向かう事ができます。
ゴーキョピークからの写真をご紹介・・・・・・。

DSC_0264_morita

■タウツェ、チョラツェ

DSC_0266_morita

■エベレストが姿を見せる

DSC_0306_morita

■真っ赤に燃えるマカルー

DSC_0313_morita

■紅雲立ち昇るエベレスト

ゴーキョのロッジからエベレストは見えないため、夕景を撮影するのは簡単ではありません。
条件がそろった場合のみのご案内となります。

チョーオユーも展望地まで近づくと迫力満点の姿を見せてくれます。
DSC_0355_morita

■迫力のチョーオユー

[ゴーキョ~レンジョ・ラ~ナムチェ]
ゴーキョでの滞在を終え、5,000mへ再び挑戦。
レンジョパスを目指します。
星降る夜空を頭上に、エベレストの近くより日が昇り、次第にピークから見えた景色が再び見えてきます。傾斜はきついのですが、ゆっくりと深呼吸。

DSC_0378_morita

■レンジョパスへの急登

DSC_0401_morita

■後ろには大屏風

DSC_0408_morita

■エベレストとローツェ

峠の反対側にはロールワリン山群が見えてきます。

DSC_0425_morita

■急坂とロールワリン山群

美しいカルカの草原が広がります。

DSC_0429_morita

■カルカの草原

ナムチェに近づくとタムセルクが迫力を増し、今までとは違う姿をみせてくれます。
DSC_0450_morita

■形を変えたタムセルク

道中でカモシカの群れに遭遇しました。
繁殖期のため、毛がふさふさです。

DSC_0470_morita

■カモシカ

生活道からガレ場の続く急登など、表情豊かなルート。
5,000mへ、二度の挑戦。
8,000m峰4座展望。

こんなに盛りだくさんのツアーはなかなかありません!

今こそ、ネパールへ。

皆さんのお問合せをトレッキング担当一同、心よりお待ちしております!!

DSC_0495_morita

■ゾッキョもスタッフの一員です!

エベレスト山群大展望 ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越え




at 10:21

2016年06月03日

待望のネパールパンフレット、完成!!

皆さんこんにちは、西遊旅行の森田です。
2016年 世界の山旅特別編として「ネパールの山旅」が完成いたしました。

nepaltrek_2016_000


今回のパンフレットも、一枚一枚の写真を吟味し、ネパールの魅力を一人でも多くの方にお伝えできるように、との思いを込めて作った力作でございます。
全17コース。特別企画・新企画・改訂版がそれぞれ1コースずつのラインナップとなっております。
初めてのネパールトレッキングでも安心の企画から、ネパールへ何度も訪れてしまった方へおすすめのマニアックな企画まで目白押しです。

では、パンフレットの中で注目のポイントをご紹介させていただきます。

■ポイント その1 【まずは写真に注目!!】
IMG_5356


パンフレットを見ていただくと比較的多くの写真が並んでいるのが見て取れると思います。

「本当にこんな迫力のある山が見えるの?」とお思いの方。見えるのです!!
「本当にこんな写真が撮れるの?」とお思いの方。撮れるのです!!

それもそのはず、山の写真は一部を除き、実際にツアーで訪れている最中に添乗員が撮影したものなのです。そのため、皆さんでもツアーの最中にはパンフレットに掲載されているような大迫力のパノラマを見ることができ、写真も撮ることができるのです。
日本では決して見る事の出来ない高峰群を写真に、そして想い出に残していただければと思います。

■ポイント その2  【歩いている人に注目!!】
DSC_0545_morita


「ヒマラヤのトレッキングなんて私にはちょっと・・・・・・」とお思いの方。
是非とも、歩いている方々の姿をご覧ください。
比較的、軽装備で歩いているのが見て取れると思います。
ヒマラヤというと重装備の鎖場や危険箇所を想像しがちですが、特殊装備が必要なコースは限られており、ほとんどのコースが日本の夏山と同じような装備で臨むことができるのです。
さらに、「世界一の街道」と形容されるエベレスト街道はしっかりと整備されており、とても気持ちよく歩く事ができます。
皆さんが、トレッキング中の姿をイメージしやすいような写真をできる限り掲載させていただいておりますので、注目していただければ幸いです。

■ポイント その3 【復興しつつあるランタン谷を応援!!】
C2_TSUTSUMI


2015年4月25日、ネパール中部を大きな地震が襲いました。
崩れゆく建物の様子をテレビでご覧になった方も多いかもしれません。
その被害が最も大きかったトレッキング街道がランタン谷でした。
谷の各地でがけ崩れが発生し、ランタン谷は、大規模な地滑りや雪崩によって村全てが氷河と土砂に埋もれてしまったのです。それでも現在、地震の際にランタン村におらず被害に遭わなかった村人が中心となり、道やロッジの整備を進めるなど、ランタン谷は復興に向けて歩き始めています。
「世界で最も美しい谷」と呼ばれるランタン谷。
弊社では、実際に現地へ訪れる事が支援につながると考えていますので、是非皆さんも訪れてみませんか。

「憧れのエベレストへ」「初めての海外登山に」「懐かしの再訪に」
皆さんのご希望に沿えるように数多くのコースをご用意しております。
どんなご相談も、40年以上のネパールツアー実績のある弊社にお任せください。

美しい山々と、暖かいネパールスタッフが皆様をお待ちしております。

ネパールの山旅とは

ネパールの山旅 全17コース

at 17:05│アンナプルナ方面トレッキング 

2016年04月15日

「アンナプルナトレッキングの聖域」 アンナプルナベースキャンプ

大阪支社トレッキング担当の藤本です。

「アンナプルナ内院トレッキング 二大ベースキャンプを訪ねて」より帰ってまいりました。

アンナプルナ方面のトレッキングの一つの終局地
アンナプルナベースキャンプ。

世界第7峰のアンナプルナⅠ峰(8,091m)、アンナプルナサウス(7,219m)、マチャプチュレ(6,993m)を始め名だたる名峰群に囲まれた、まさに別天地です。

DSC02935

【アンナプルナサウスとアンナプルナⅠ峰】

DSC02951

【タルチョとアンナプルナサウス】

DSC02990

【ガンダウラチュリとマチャプチュレ】


始めは、雷雨や雹にふられ、つらい思いをしましたが
マチャプチュレベースキャンプ、アンナプルナベースキャンプについてからの
突き抜けるような快晴に全てが吹き飛びました。


アンナプルナベースキャンプからは
一瞬でしたが、朝焼けも見ることができました。

DSC02972

【赤く染まるアンナプルナⅠ峰】


アンナプルナベースキャンプには2泊。
滞在中、モレーン上を登り、行けるところまで行ってみました。
おそらく、標高は4300m強です。


DSC03002

【モレーン上の登山。すぐ右は氷河が見えます】

上まで行くと、アンナプルナサウスが近い!!
手が届きそうです。

DSC03010

【氷河とアンナプルナサウス】


春ならではのシャクナゲも咲いています。
DSC02675

【ネパールの国花 赤いシャクナゲ】

帰りに温泉があるのも、アンナプルナコースの良いところです。


アンナプルナ内院コースは今年の秋も開催します。
次のネパールのパンフレットは5月に発表予定ですので、秋の山旅の候補にいれていただけますと幸いです。


Copyright(c)Saiyu Travel Co;Ltd. All Rights Reserved