ネパール 旅行事情

2017年07月31日

カトマンズ盆地の隠れた名所、絶景の望めるキルティプル(1)

ナマステ!
トレッキング担当の以頭です。

さて、今回は2回に分けて、ネパールの首都圏であるカトマンズ盆地の中でもでも知る人ぞ知る穴場、キルティプルをご紹介します。
キルティプルはカトマンズ中心部から5kmほど南西にある丘。この丘は現在のネパールという国の成り立ちにおいて重要な舞台となったのですが、それはまた後半に。

DSC04926

ネパール初の大学、トリブバン大学の校内を抜けるとキルティプルの丘が忽然と姿を表します。

キルティプルに行ったら、市内で最も高い場所であるウマ・マヘシュワール寺院やバグ・バイラヴ寺院といったヒンドゥー教のお寺に行ってみましょう。カトマンズ中心部よりも100mほど標高が高く、境内から北を望むと、ビルが密集したカトマンズの町とその後ろに控えるシヴァプリなどの緑が鬱蒼と茂った山、そしてさらにその奥の真っ白く雪をかぶったヒマラヤという三層が、まるで舞台の演出装置のように折り重なって見え、絶景です。

DSC04935

中央にある小高い丘は、世界遺産にも登録されているスワヤンブナートという仏教寺院です

また、キルティプルと言えば、カトマンズ盆地の先住民であるネワール人が多く住んでおり、今もネワール文化の中心地の一つとなっています。
市内にあるネワールレストランにも訪れ、ダルバートなどの有名なネパール料理とはまた一風変わったネワール料理もぜひ堪能してみてください。

DSC04932

ネワール料理の一つ、「チャタモリ」(米粉のピザ)

後半へ続く!

ネパールの食に興味のある方、下記のツアーは必見です。
キルティプルも訪れます。
世界遺産の街カトマンズのディープな散策とネパールの食文化探究の旅

ito_saiyu at 17:27|Permalinkmixiチェック

2017年02月22日

ネパールのミティラー・アート紹介!

ナマステ!

西遊旅行の坂本です。
ネパールでは花のトレッキングシーズンが近づいてきております。
ポカラ方面へのツアーをお考えの皆様、これからでも手配は間に合いますので
どうぞお気軽にご連絡いただければと思います。

本日は最近人気のミティラー・アートをご紹介いたします。

_MG_0138 ■特徴的なタッチのミティラー・アート


一度見たら忘れない、独特な絵であることが多いこのミティラー・アートは
ジャナクプル郊外にあるミティラー地方の女性が描いています。

ミティラー地域発祥の絵(アート)のため、ミティラー・アート。
なんとも納得です。

_MG_0127 ■家の中の様子を描いた一枚


3000年も前から、ミティラー地方の女性たちは特徴的な絵を
家の壁に描いてきました。

IMG_5121 ■ミティラー地方の家


日々の祈りを表すものとして、親子代々、受け継がれてきたものだそうです。


IMG_5009 ■手のひらと掌外沿を使って描かれた壁


IMG_5112 ■カラフルな壁もあります

やがて、家の壁だけでなく、キャンバスにも絵を描くようになり、
今ではカトマンズ市内のお店でも見かけることが多いです。

マテラアート ■動物/人間/植物が描かれた絵

絵だけではなく、ミティラー・アートの描かれた小物入れや食器などもあります。
私の一押しは枝折りか、カレンダー。
お土産に好かれる事間違いなし!


カトマンズへお越しの際はぜひチェックしてみてください。


IMG_3182           ■ヒンドゥー教三大神が描かれたミティラー・アート




sakamoto_saiyu at 19:00|Permalinkmixiチェック

2016年12月07日

ネパールの最新お土産事情

みなさんこんにちは。
西遊旅行の高根澤です。

 先日、10月27日出発のエベレスト街道の添乗に同行させていただきました。
トレッキング7日間、毎朝快晴でほとんど雲を見ずに、無事に終えることができました。

IMG_6116

エベレスト街道をゆく


 さて今回はネパールの最新お土産事情をご案内したと思います。
ネパールのお土産といえば、ナムチェバザールにたくさん売っている毛糸雑貨でしょう。これは多くの方が買っていく人気商品ではないでしょうか。
 特に下記の写真のように耳までの帽子や手袋が定番商品です。とっても暖かく、デザインも豊富ですので、お気に入りの一品をぜひ見つけてみてください。
 私のオススメは耳当て付きの帽子で、裏地がフリース素材になっているものです。エベレスト街道の朝晩は冷え込むので重宝します。

IMG_6175

シェルパの服装


さて次に、今回の添乗で見つけた最近のお土産を紹介します。

①ネパールの紅茶
これは昔からお土産としてありましたが、最近のものはパッケージがとても可愛いものが増えています。
ヒマラヤイラストのものや、私の一番のお気に入りは登山のイラストのパッケージです。

image1

上 トレッキングのイラストが可愛い
下 ヒマラヤの山と紅茶




②STARBUCKS COFFEE LUKLA
 ルクラの街にはお洒落なカフェが並びます。そのなかにSTARBUCKS COFFEE LUKLAがあります。コーヒーやドーナッツもいいですが、ここでしか買えないお土産があります。

IMG_6256

外観


 それがこちらの特性マグカップです。
 あのナショナルジオグラフィック(Instagram)で世界で最も美し山の一つと称している名峰アマダブラムのイラストが描かれています。とっても可愛いし、実際に自分の目で見たたアマダブラムを思い返すことができます。
このマグカップでコーヒーを飲むごとにに名峰アマダブラムに想いを馳せることができます。

image5




 今後ネパールに行かれる方、トレッキグの際はお土産も楽しんでいただければと思います。目をこらすとなかなか面白グッツがあるものです。

 それではネパールのご旅行でお待ちしております。

                                                  西遊旅行・高根澤



エベレスト街道パノラマビュートレッキング
エベレスト大展望 カラパタールトレッキング



takanezawa_saiyu at 11:00|Permalinkmixiチェック

2013年11月27日

ダウラギリを望む絶景とおもてなし タサン・ビレッジ

タサン・ビレッジ (7)
世界第7位のダウラギリⅠ峰(8,167m)のピークと氷河、トゥクチェピーク(6,920m)を眼前に望み、背後にはニルギリ(7,061m)、眼下にムスタン王国を水源とするカリ・ガンダキ川が流れる絶景にあるロッジ、タサン・ビレッジ。

贅沢な景色とおもてなしで有名なタサン・ビレッジへ行ってきました。
朝から快晴のポカラ。始発のジョムソン便は右手にアンナプルナを望みながら離陸、やがてダウラギリが現れ、20分ほどでカリ・ガンダキ川沿いの空港に着陸です。まだ陽が十分に当たらない朝7時、上着を取りだしまずは空港近くのロッジにてチャイ・ブレイク。そしてカリ・ガンダキ川沿いに歩きタサン・ビレッジを目指しました。

ジョムソンからマルファまでニルギリを左手に望みながら歩きます。マルファでは美しい村を巡り、再びカリ・ガンダキ川沿いへ。昼前になると川風がきつくなってきます。最後、ナウリコット村へ登りつめるとロッジ、タサン・ビレッジに到着です。

タサン・ビレッジ (2)
靴は入り口で脱いでぞうりに履き替えます。暖炉を囲むレセプションへ。

タサン・ビレッジ (3)
案内してもらった部屋。写真ではわかりませんが、寝具がとても快適。ロッジでこのレベルの睡眠を約束してくれる場所はありません。

タサン・ビレッジ (6)
屋上に行って見るとダウラギリとニルギリの両方の展望。

タサン・ビレッジ (1)
夕方、「ニルギリがきれいだ」とスタッフから声をかけられて屋上にあがると、まあ、見事に焼けていました。しばしかわりゆく山の色を眺めます。

タサン・ビレッジ (12)
夕食はこたつルームでした。夕食と歓談のひととき。

タサン・ビレッジ (11)
食事は日替わりですがこの日は日本食メニュー。懐かしい食材が並びました。

タサン・ビレッジ (14)
この日のメインディッシュはトンカツ。この高度で見事にさっくりとあがっていました。

朝陽のダウラギリ
早朝、屋上へ。昨日はダウラギリに雲がかかっていたので今日は展望が開けることを祈っていると、見事に朝陽が当たりました。ダウラギリⅠ峰、8,167mの頂から光が。神秘的な瞬間。

タサン・ビレッジ (15)
朝はカフェ風のレストランにて。

タサン・ビレッジ (16)
パンケーキの朝食をいただきました。

11月のタサン・ビレッジはヒマラヤの展望を楽しむトレッキング、ハイキングのお客様で賑わっていました。スタッフは是非、緑の美しい夏の時期にも来てほしいと。

湯たんぽも用意してくれあったかい夜を過ごしたタサン・ビレッジのスタッフに感謝し、輝くダウラギリ、ニルギリの峰、ナウリコットの村をあとにしました。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子






sawada_saiyu at 21:21|Permalinkmixiチェック

2011年04月13日

ネパールのお土産 その2

ナマステ!
先日「アンナプルナ内院二大ベースキャンプを訪ねて」のコースから帰国しました、
東京本社の津久井です。
今回のコースではA.B.C.(アンナプルナ・ベースキャンプ)から一面真っ白な雪景色の中のアンナプルナ山群を眺めることができました!午後の天気は崩れがちでしたが、春でしか見ることの出来ない風景と出会うことができました。

-------------------------

さて、本日はネパールのお土産・男性偏をお届けいたします。
とは言っても・・・・これが一番難しいですね。
それでも絞り出してみました!

◆まずはトピ。
トピとはネパールの男性が頭にかぶる伝統的な帽子のこと。
少し小さめに作ってありますので頭に載せるかたちでかぶります。
伝統のダカ織の鮮やかな色合いは日本には無い風合いがあり、ネパールに来た記念にと買われる方もいらっしゃいます。
同じくダカ織りのベストなども良いかもしれません。


◆日本では禁煙推進中+値上がり中で肩身の狭い喫煙者。そんな方へネパールのタバコ 
ネパールにもネパールのタバコがあります。各銘柄は下記。
・SHIKHAR シカール
・KHUKURI ククリ
・YAK     ヤク
・SURYA   スーリヤ
他にも違った銘柄があるかもしれません。
味も日本のものとは少し違うはずです。
YAKはパッケージがとってもネパールらしいので味にこだわりがなければ話の種に是非。(タバコの免税範囲は200本までです)


◆置物
渋めのものからモダンな物まで色々あります。
・ガネーシャ神の置物 :顔が象で体が人間の神様。お土産にはこの神様が一番人気!

・灰皿 :アンティークの物など飾っておくだけでも存在感がありますよ。

・シンギングボール :元々はチベットの仏具の一つで、瞑想や宗教儀式に使われるボールです。このボールの側面を擦ると美しい倍音が広がります。何とも不思議な音です。
言葉では説明しきれませんので、これだけは是非ご自身でその音色を聞いてみてください!



------------------------

その他にも男女問わず様々なお土産があります☆

◆食べ物ならまずはスパイスです。
下記に日本でも使いやすスパイスを載せておきます。

・マサラ
数種類のスパイスが既に混ざった状態のもの。ネパールではこれを伝統料理ダルバートに入れます。

・シナモンパウダー(スティック状のものもあります)
ミルクティーを作る際に一緒に入れて煮出すと香りのよいミルクティーの出来上がり!
IMG_6347

(シナモンパウダーとシナモンスティック)






・サフラン
お米と一緒に炊飯すれば鮮やかなサフランライスに。

・チリパウダー
どんなお料理にも使える唐辛子のパウダーです。
  ※飛行機に乗る際手荷物には入れられませんのでご注意を。

◆またナッツも安く手に入ります。
・アーモンド 60Rs~150Rs/500gm
・カシューナッツ 90Rs~200Rs/500gm
・ピスタチオ 250Rs~350Rs/500gm
(今回同行した「アンナプルナ内院トレッキング」の際、バザールでチェックした値段です。物価はあって無いようなものですので値段交渉は必須です。)


◆ネパールの文化、紅茶
ネパールではインド同様お茶を毎日飲む習慣があります。
「紅茶」と言ってもミルクティー用の葉っぱとブラックティー用の葉っぱは使い分けるのがネパール!ネパール国内、紅茶だけはどんな小さな町でも必ず手に入ります。測り売りですので好きな量を購入することができます。お土産にするなら200gm~250gmくらいずつパッケージに入れてもらえば良いと思います。

最近はネパール産コーヒーも販売されています。
IMG_6349
今回の「アンナプルナ内院トレッキング」同行の際初購入!
その名も「HIM CAFFE」どんな香りがするのでしょう♪これから飲むのが楽しみです。







さてさて、きりが無いネパールのお土産。
皆さんもネパールではの次にお土産散策をお楽しみ下さい!

tsukui_saiyu at 11:50|Permalinkmixiチェック

2011年03月11日

ネパールのお土産 その1

 春の足音が近づいてきました。ネパールはすっかり春を迎え、ポカポカと温かい陽気のことでしょう。

 さて、今回紹介するのはネパールのお土産についてです。
今回は女性にプレゼントしたら喜んでもらえそうな手軽なお土産をご紹介いたします。

ネパールといえば言わずと知れた「ヒマラヤ」ですね。
トレッキングや観光に来て、そんなヒマラヤにまつわるお土産を探していて目にするのはヒマラヤの美しい姿のポストカードなどでしょう。 しかし!
他にもこのヒマラヤとっておきのお土産があります。
ヒマラヤの高山では様々なハーブ(薬草)が採取できます。
IMG_4277このハーブを使った石鹸やシャンプー、ハーブ油がよく売られているのです。無添加の物が多いのでお肌にもやさしく、山の強い日差しに耐えたお肌をケアすることもできるのでお勧めです。
パッケージ、ラベルなども様々で女性に喜ばれる事間違い無しです!

 また、女性は甘い物にも目がありませんね!ネパール天然「ハチミツ」は意外と知られていませんが、ハニーハンターと言われる男性達が命がけで摂る貴重なハチミツがあります。これはどろどろっとしており、少し白っぽいのが特徴。
ハチミツ専門店などではみつろうキャンドルなども売られています。

 またネパールでは女性によって作られるハンディクラフトが沢山あります。これはネパールの女性支援にもなっていますのでお勧めです。
例えば、ネパールに育つ麻で作られた小物入れやバッグなどはデザインや色にもバラエティーがあり、つい迷ってしまいます。
麻の他にもいら草、草木染の生地、ネパール伝統のダカ織のショールなどもあります。どれも女性が主に作っています。もう少ししっかりしたバッグが欲しいという方には革でできたハンドバッグやショルダーバッグもあります。
IMG_1944
IMG_5988


 その他にも、「ロクタ」という木を使って作られるロクタペーパーの製品も人気です。これは日本でいう和紙のような紙で、素材の質感が感じられます。ロクタペーパーで出来たランプシェードやレターセット、またカレンダーなどがあり、そこに描かれたミティラーアートがネパールらしさを感じさせてくれます。
 ※ミティラーアート:ネパールの南、インドとの国境付近に広がるタライ平原のジャナクプールという町で主に伝統的に描かれてきたアート。デフォルメされた人や動物がポップで可愛らしい。
 

 まだまだ数え切れないほど沢山のお土産がありますが本日はこれくらいで。
 
 次回は男性用のお土産をご紹介いたします。

tsukui_saiyu at 10:54|Permalinkmixiチェック

2011年01月20日

エベレスト街道の居酒屋

2010年 タンボチェトレッキング 1562010年 タンボチェトレッキング 153


皆様、どうも初めまして。大阪支社の新井です。
これから、ネパールの山々、食事、とっておきの情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

ネパール、エベレスト街道沿いにはいくつも居酒屋があります。
今回は、この居酒屋について少しご紹介させて頂きます。

居酒屋といっても、現地の食堂で、通常はポーターや現地スタッフなどが
利用するような所です。標高が高い場所でのアルコールは厳禁なのですが、山から下山した
機会に行ってみました。

薪でたかれた暖炉がある台所で、まずは「ロキシー」を注文。ロキシーは、ネパールの家庭酒で
日本の焼酎に似たお酒です。ネパール米を1週間程発酵させて蒸留させて作ります。各
家庭によって味が異なるのが特徴です。このロキシーのつまみとして美味なのが
「スクティ」です。スクティは、乾燥させたヤクの肉を野菜などと一緒にピリ辛風に
炒めた料理です。これがやみつきになるほど美味しく、ロキシーも進むのです。

ロキシーを飲みながら、現地のポーターや居酒屋のおかみさんなどと話をしながら
飲むと、トレッキング中の疲れも癒されます。何度も同じトレッキング街道を歩くと
日本と同じように、自分の行き着けのお店も増えてきます。おかみさんや
そこの娘さんとも顔なじみになり、「また来たの!飲んでって!」と声を掛けられると
ネパールに帰ってきたのだなという気持ちになります。

ただし、標高が高い場所や、登山始まりの時のアルコールは控えていただく方が良いので
ご注意を。


arai_saiyu at 20:22|Permalinkmixiチェック

Copyright(c)Saiyu Travel Co;Ltd. All Rights Reserved