staff_saiyu

2015年11月26日

値下げのお知らせ!年末年始はエベレストを見に行こう!

こんにちは。東京本社の川本です。

年末年始のネパールトレッキングですが、値下げを発表いたしました。

12/26発「のんびりシェルパの里歩き」 東京発着3万円値下げ!

12月26日(土) ~ 01月03日(日)
東京(成田)発のみ3万円値下げ
年末年始特別企画 9日間 東京発着 428,000円⇒398,000円

また、年末年始の個人旅行に関して、お求め易い2つのプランを下記の様に発表いたしました。
【緊急企画】12/26(土)出発・ネパール個人旅行プラン発表!

【年末年始緊急企画】 12/26発限定
絶景広がる好展望地を訪れる ヒマラヤビューハイキング9日間
気軽にヒマラヤを大満喫! 絶景が広がるヒマラヤの劫展望地を巡る
368,000円【9日間】

【年末年始緊急企画】 12/26発限定
自由気ままに自分らしく カトマンズ・ポカラ フリーステイ9日間
キャセイパシフィック航空利用、香港乗り換えでその日のうちにカトマンズに到着!
日程のアレンジもお気軽にご相談いただけます。
268,000円【9日間】

年末のご予定がお決まりでない方、まだ間に合います。
年末年始はぜひエベレストを見に行きましょう!
お気軽にお問い合わせくださいませ。

C4


関連リンク
12/26発「のんびりシェルパの里歩き」 東京発着3万円値下げ!

【緊急企画】12/26(土)出発・ネパール個人旅行プラン発表!

kawamoto_saiyu at 18:07|Permalinkmixiチェック

2011年08月12日

越えてみよう!レンジョ・パス

こんにちわ、大阪支社の川本です。
暑い夏が続きますね。いかがお過ごしですか。
この夏を越えるといよいよネパールトレッキングのシーズン到来ですね!

さて皆さん、「レンジョ・パス」という峠をご存知でしょうか。
この峠は、エベレスト国立公園の中でも三大展望峠に数えられる絶景地です。
ネパールでエベレストトレッキングとなると、カラパタールの丘を思い浮かべる方も多いと思いますがレンジョ・パスも勝るとも劣らない良い所です。
峠へのアプローチは、先ずゴーキョから湖畔沿いを歩き少しずつ標高を上げゴーキョ・ピークへの分岐点を過ぎ、さらにひたすら直進を続けます。

道中2009三大峠越え 三大ピーク登頂 1093


途中、 ゴーキョ方面に振り返ると世界に14座ある8,000㍍峰のうちの4座を含む360度の大展望が目に飛び込んできます。北東に聳えるのは王者エベレスト。東隣に世界第4位ローツェ(8,516㍍) 、その東に目を移すと四角錐状の世界第5位秀峰マカルー(8,462㍍)が並ぶ姿は圧巻の一言!!
さらにチョラツェ、タウツェが続き、大展望にアクセントを加えてくれます。

休憩地から2009三大峠越え 三大ピーク登頂 1137


ルート上の休憩地は全て無名の展望地と言える程です!
標高も徐々に高くなり苦しくなってきますが、素晴らしい景色を目にすると体や足が何故か前へ、前へと自然に動き始めるから、驚きです。
最後の力を振り絞り、ついにタルチョはためくピークに到着すると、感無量。
正面の奥に横たわるロールワリン山群が我々を迎えてくれます。

ロールワリン山群グランドサークル16MAR2010 230


他にトレッカーはおらず、レンジョ・パスは我々だけで360度の展望を一人占め状態!
是非、皆さんもレンジョ・パスを越えてみてください。
そして静寂の中、大パノラマに酔いしれましょう!
ゴーキョピーク登頂とレンジョ・パス越え
8000峰4座と360度の大展望地 ゴーキョピーク登頂




kawamoto_saiyu at 21:55|Permalinkmixiチェック

2011年04月22日

アンナプルナ一周の最高地点 トロン・パス越え

大阪支社の川本です。
先日、アンナプルナ方面のトロン・パス(5,416m)越えのトレッキングの添乗から帰ってきました。
トロン・パスとは、アンナプルナ一周トレッキングの最高地点名です。
今回良いお天気に恵まれ、素晴らしい峠越えとなりました。

沢山の魅力を持つこのトレッキングですが、やはりアンナプルナ連峰展望が一番です。
道中、アンナプルナⅡ、Ⅲ、Ⅳが見えⅠ以外、アンナプルナ連峰の全てをご覧いただく事ができます。
「豊穣の女神」という名を授けられているだけあってたおだやかな姿が魅力です。
さらに、トレッキング序盤では、世界第8位峰マナスル(8,163m)の展望ポイントが!
ダラパニからチャーメの集落に行く間、昼食時に是非ロッジの屋上に上がってみて下さい。
お茶を飲みながらマナスルの豪快な姿を眺めている際、どなたかおっしゃいました。
「こんな幸せな瞬間があって良いのか・・・!」と。私も強く同感しました。

トロンパスNO1
 世界第8位峰マナスルの雄姿
宿泊する集落にスポットを当ててみるとトレッキング中盤に訪れる「マナン」が最大の癒しスポットですね。
この辺りでは、比較的大きな村でトレッカー向けのカフェ等も充実しています。
お茶とおいしいホームメイドクッキーで午後のほっこりしたひとときをどうぞ!
カフェの中には、包装されたヤクチーズを売っている所もあり、なかなか美味。お土産に買っている方もいらっしゃいました。秋には祭りがあり、ヤクを屠ります。ロッジでは、ヤクステーキが食べられます。
10月に行かれる方は是非、試してみて下さい。とても美味しいです。

道中アップダウンもありますが、実は比較的緩やかな道の続くこのトレッキング。
しかし、ハイライトの日はかなり充実の一日です。
峠越えの出発点は、トロン・パスの麓という意味があるトロン・フェディ。
深夜2~3時の出発となっております!今回、風も無く空には、星空が見れ絶好のコンディション。
あとは、高度順応に注意し励まし合いながら一歩ずつ歩むのみです。
トロン・パスの石碑が峠到達の20分前から見え出します。今回、皆様が無事に峠越えを果たされました。

話が少し飛びますが、トレッカーの中には、とんでもない冒険野郎達もいてびっくりしまた。
トロンパスからの滑降を楽しむためにマウンテンバイクを担いで登っている人達を多数発見。
あるフランス人の兄ちゃんは、しっかり有限実行し、私とハイタッチしました。
最高に気持ち良さそうでしたが、ちょっと真似できません!

トロンパスNO2
トロンパス(5,416m)にて

昔は、このコースをポカラまで約1ヶ月かけて歩いて一周するトレッカーもいたのですがジープ道の路線が年々拡大しており、その数は少なくなっています。
西遊旅行は、ハイライトであるトロンパス峠に焦点を当て14日間で他社よりも断然コンパクトな日程が魅力。
もちろん高度順応にも配慮しております。
6月下旬お届け予定の次回ネパールパンフレットにも設定予定ですので、皆様是非チェックされてみて下さい!

大阪支社:川本将士





kawamoto_saiyu at 18:29|Permalinkmixiチェック

Copyright(c)Saiyu Travel Co;Ltd. All Rights Reserved