at 19:16

2018年02月26日

旅の情報誌「きんと雲」パキスタン特集を発行しました!

1年に約3冊、西遊旅行が発行している旅の情報誌「きんと雲」
文章、写真、デザイン・・・全てを西遊旅行のスタッフが手がける手作りの雑誌です。

そんなきんと雲、38号目にして初めてのパキスタン特集号ができました!!

3A34F437-D865-4534-B330-AA96BF042299
(表紙はカラーシャ族の女の子。。

パキスタンは、西遊旅行が創業以来手がけてきて、特別な思い入れのある国
今回はいつもよりページ数を増やしてお届けいたします。

毎月ご案内を送らせていただいているお客様には、順次お手元に届くかと思いますが、
まだ届いていない!という方や、ちょっと読んでみたい!という方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。無料でお送りいたします。

24EE35D2-2902-4030-8B3E-4A8A27B2456A


スタッフ皆で一生懸命作りましたので、ぜひお読みください

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西遊旅行で行く!パキスタンツアーのラインナップはこちらから!
個人旅行の手配、ビザの手配、ビジネス視察等もお気軽にお問い合わせください!









at 17:01│西遊旅行パキスタン便り | パキスタン旅行事情

2018年02月09日

【2/24(土)2/25(日)東京・大阪開催】イベント「パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会」

いよいよ今月末に迫ってきました、西遊旅行恒例のイベント「パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会」

パキスタンを何度も訪れている西遊旅行のスタッフが、パキスタンの基本情報や、パンフレットでは伝えきれないそれぞれのツアーの魅力をご説明します。

パキスタンってどんな所なんだろう?治安は?現地での服装は?旅の予算は?などなど、どんなことでも、お気軽にスタッフにご質問ください

東京会場・パキスタン旅行説明会は、シルクロード情緒溢れるレストラン「キャラヴァンサライ パオ」をお借りしての開催。チャイと軽食をご用意しております。

東京会場・トレッキング説明会では小松 由佳さんによる講演会を予定しております。小松さんは、日本人女性として初めて世界第二の高峰K2を登頂された方。あの山の頂上からは、一体どんな景色が見えたのでしょうか?お話をお聞きするのが楽しみです!

27
バルトロ氷河・コンコルディアから望むK2

大阪会場では、説明会のあとに心斎橋のAli's Kitchenにて懇親会&お食事会を企画しました。パキスタン料理として、日本で初めてミシュランビブグルマンに掲載された人気のレストランです!

この機会に是非、一人でも多くの方にパキスタンの事を知っていただければと思います。
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

IMG_4212
※写真は2017年の懇親会の様子です。今年とは会場が異なります。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタン旅行説明会
2/24(土) 14:00~16:30 (開場13:30)

会場:キャラヴァンサライ パオ(東中野)
定員:40名様  参加費:無料
※途中、チャイと軽食をご用意してのチャイブレイク有り

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタントレッキング説明会
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料
講演会
講師:小松 由佳さん
2006年、"世界で最も困難な山"と称される世界第二の高峰K2(8,611m)に日本人女性として初めて登頂を果たした小松 由佳さんをお招きし、 K2登頂時のエピソードやカラコルムの山々の魅力についてお話しいただきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
■トレッキング説明会:13:00~14:45
■観光説明会:15:00~16:30
会場:西遊旅行大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 懇親会&お食事会
2/25(日) 18:00~19:30
会場:Ali's Kitchen(心斎橋)
定員:20名様  参加費:2500円(雲の会会員様:1500円)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お申し込み ・お問い合わせ方法
ご参加の際は、事前にインターネットまたは電話にてご予約ください。
インターネット:お問い合わせフォーム
電話:フリーダイヤル 0120-811391


※詳しくはこちらのページをご覧ください。

at 17:46│旅の本 | ラホール

2018年01月25日

【旅の本】ジャジューカの夜、スーフィーの朝 ワールドミュージックの現場を歩く

皆様、旅行記はお好きですか?もちろん私は大好きです!
どんな旅行記にもそれぞれ面白いポイントがあると思いますが、専門家が確固たる目的を持って旅をし、書かれた旅行記は、特に面白く感じます。
なぜなら、自分が行ったことのある国について書かれていても、全く違う姿を垣間見ることができるからです。
今回は、「音楽」をテーマに西遊旅行おなじみの国々について書かれた注目の新刊をご紹介します!

35B5BA58-9252-4AB7-A75A-D4CAC5704534


世界各地の旬な「音楽」を求めて

著者はサラーム海上(うながみ)氏。肩書きは「音楽評論家/DJ/中東料理研究家/朝日カルチャーセンター講師」と幅広く、その語学力と行動力、長年培ってきた知識、ネットワークを活かして世界各地の面白い文化を取材し、紹介されています。

この本には、パキスタンから始まり、レバノンイスラエルインドモロッコトルコの6ヶ国8回の旅の記録が収められています。

「ソング・オブ・ラホール」以前のSachal Studiosへ

第1章で紹介されているのは我らが「パキスタン」!!旅されたのは2012年の2月で、主に古都ラホールを取材されています。

氏がパキスタンを訪れるのはその時が初めてということでしたが、以前から注目していた音楽家達に直接アポをとり、スタジオや自宅へと精力的に訪れていきます。

最初に取材したSachal Studiosはその後、映画「ソング・オブ・ラホール」で紹介され、世界中で有名になったスタジオ。ここでは映画以前の物語が語られ、貴重な記録となっています(映画「ソング・オブ・ラホール」に関しては、神保監督のブログをご覧ください)。

「音楽」をテーマに語られるパキスタンの姿

各取材先では、音楽家たちがパキスタンで活動するからこそ直面する悩みや、それでもどうしてパキスタンで音楽活動を続けるのか、と言ったことが赤裸々に語られます。

要所要所で歴史や文化に関してもわかりやすく解説されていますので、パキスタンに行ったことがなくても、とても楽しく読むことができます

西遊旅行のツアーにお供して、また個人的にも何度も訪れたラホールですが、この旅行記は、私の全く知らないラホールの姿、人々の声を私に届けてくれました。

それは、長年独自の視点で世界中を周り、音楽を聞き、発信し続けてきたサラーム氏にしかできないこと。読んでからまたラホールに行きたくなりました!

*** 今回ご紹介した本 ***



*** 関連ツアー ***

シンド・パンジャーブ紀行
砂漠と遺跡のパキスタン。パキスタンをカラチからイスラマバードまで陸路で走破。南部・中部のみどころを網羅。モヘンジョダロ、ハラッパ、インダス文明の遺跡をじっくり見学。

個人旅行の手配も受け付けております!



at 06:13│西遊旅行パキスタン便り | パキスタン旅行事情

2018年01月12日

【イベント情報】パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会

3月からの杏の季節を皮切りに、2018年パキスタン北部の観光シーズンがスタート
パキスタンの観光ツアーから山旅まで、旅行の最新事情、今年の新企画など担当から詳しくご案内するイベント「パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会」を今年も開催いたします

12

東京会場・トレッキング説明会では小松 由佳さんによる講演会を予定しております。この機会に是非、一人でも多くの方にパキスタンの事を知っていただければと思います。

説明会の後には個別の旅行相談会も開催。団体ツアーだけでなく、個人旅行のご相談も承ります。スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタン旅行説明会
2/24(土) 14:00~16:30 (開場13:30)

会場:キャラヴァンサライ パオ(東中野)
定員:40名様  参加費:無料
※途中、チャイと軽食をご用意してのチャイブレイク有り

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタントレッキング説明会
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料
講演会
講師:小松 由佳さん
2006年、"世界で最も困難な山"と称される世界第二の高峰K2(8,611m)に日本人女性として初めて登頂を果たした小松 由佳さんをお招きし、 K2登頂時のエピソードやカラコルムの山々の魅力についてお話しいただきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
■トレッキング説明会:13:00~14:45
■観光説明会:15:00~16:30
会場:西遊旅行大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 懇親会&お食事会
2/25(日) 18:00~19:30
会場:Ali's Kitchen(心斎橋)
定員:20名様  参加費:2500円(雲の会会員様:1500円)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お申し込み ・お問い合わせ方法
ご参加の際は、事前にインターネットまたは電話にてご予約ください。
インターネット:お問い合わせフォーム
電話:フリーダイヤル 0120-811391


※詳しくはこちらのページをご覧ください。
※上記は2017年1月12日現在の情報です。

at 17:00│旅の本 | ラホール

2017年12月22日

【旅の本】ガンダーラの美神と仏たち その源流と本質

いよいよ12月!パキスタン南部〜中部の旅行のベストシーズンがやってきました。
夏は気温が50度を超える(!)こともある中部の都市ムルターンも、この時期は、昼は20度前後、朝晩は10度前後と過ごしやすくなっています。

パキスタンの冬のツアーと言えば「シンド・パンジャーブ紀行」です。このツアーは、南北に長いパキスタンを南から北へ走破し、点在する各時代の遺跡や建築物を見学するコースです。

「インダス文明期」「ガンダーラが栄えた時代」「ムガール帝国時代」などなど・・・このツアーで訪れる遺跡、建築物が作られた時代は様々で、それぞれの時代に関して膨大な書籍が出版されています。

今回から数回に分けて、これらのカテゴリごとに「この1冊はぜひ読んでいただきたい!」という本をご紹介します!

「京大学術調査隊を率いてきた筆者がその精髄を平易に解く解説書」

↑というのは本の帯に書かれている素晴らしい紹介文ですが、こちらが今回ご紹介する本『ガンダーラの美神と仏たち』NHKブックス, 1986. です。

IMG_20171209_112944


この本を執筆されたのは、樋口隆康先生。1943年に京都帝国大学を卒業後、まずは中国の敦煌、そして京大学術調査隊の一員としてインド、パキスタン、アフガニスタンなどの仏教遺跡を調査されました。

そのため、この本にはガンダーラのあったパキスタンの一部だけでなく、ガンダーラで起ったガンダーラ美術が影響を受けた・与えたアフガニスタンや中央アジアについても言及されています。

仏像が初めて作られたのは、ガンダーラとインドのマトゥラーだと言われていますが、マトゥラーの方の仏像の写真も載っていますし、チャイティヤー窟について解説する際はインドのアジャンター遺跡のチャイティヤー窟の写真も一緒に載っています。

ぜひ、カラーページの航空写真をご覧ください!!

この本はいわゆる「新書サイズ」なのですが、小さいながらカラー・白黒共にたくさんの写真が載っています。特に冒頭に載っているたくさんのカラー写真が魅力的です。中でも、もっとも感動したのはシルカップ遺跡の航空写真です。

シルカップ遺跡は西遊旅行のほとんどのツアーで訪れるタキシラにある、バクトリア人によって作られた街の遺跡です。ツアーでは、様々な建物の趾を見学しながら徒歩で見学しますので、その広さや街の作りを実感しにくいのですが、写真ではその大きさや碁盤の目のように計画的に作られた街の様子がよくわかります(周りの野原のような所にも、まだまだ発掘されていない遺跡があると言われています)。

この本が作られた1980年代、もちろんドローンはありませんでしたので、この写真は小型飛行機などで撮影されたのでしょうか。パキスタン政府との撮影交渉など、大変だっただろうな。。いろいろなことを考えてしまう一枚です。

他にも、同じタキシラにあるダルマラージカのストゥーパや、タフティ・バーイ遺跡、アフガニスタンとパキスタンを繋ぐカイバル峠、スワート渓谷などの写真が載っています。現在はツアーで訪れていない場所の写真もあります。

本生図・仏伝図のストーリーがたくさん載っています

ガンダーラでは、仏塔の周りなどにたくさんのレリーフが作られました。それらの多くには本生図(お釈迦様の前世の物語)や仏伝図(お釈迦様の生涯に起った出来事)が描かれています。この本には、代表的な本生図や仏伝図のストーリーがレリーフの写真と共に載っています!

ツアーで訪れるタキシラやラホールの博物館では、それらのガンダーラ時代のレリーフをたくさん見ることができますが、どの物語を表したレリーフなのか、説明が少なかったり英語で簡単に書いてあるだけだったりします。そのため、旅の予習や復習に、この本はとても役に立ちます。

もっともっと、レリーフの物語について知りたい!という方には以下の本もおすすめです。




こちらの本にも、たくさんのレリーフの写真と、その解説文が載っています。ペシャーワル博物館蔵のレリーフの写真が多いのも注目ポイントです。

*** 今回ご紹介した本 ***




*** 関連ツアー ***

シンド・パンジャーブ紀行
砂漠と遺跡のパキスタン。パキスタンをカラチからイスラマバードまで陸路で走破。南部・中部のみどころを網羅。モヘンジョダロ、ハラッパ、インダス文明の遺跡をじっくり見学。

シンド・パンジャーブ紀行 7日間 年末年始特別企画
7日間で古都ラホールやモヘンジョダロ、ハラッパを訪問。インドの国境で行われるフラッグ・セレモニーや、アレキサンダー大王時代に発見されたケウラ塩鉱山など知られざる見どころにもご案内。











at 14:16│フンザ | スカルドゥ

2017年10月14日

【発表!】春のフンザパンフレット2018

お待たせいたしました!今年も春のフンザのパンフレットが完成しました。
皆様お手元に届きましたでしょうか?
[画像:81489eaa-s.jpg]

funza (16)

発表と同時に多数お問い合わせをいただいており、すでに催行間近なコースもございます!!

funza (15)

パンフレットが届いていない方には、無料でお送りいたしますので、ぜひお問い合わせくださいませ。

funza (14)

2018年のコースは以下の5種類です。

funza (13)

花の桃源郷フンザの旅 9日間 3/17 、3/24 、3/31発 【東京・大阪発着】

タイ国際航空利用。お仕事をされている方でもご参加いただきやすい土曜発日曜帰りの9日間コース。カリマバードでは3連泊し、ゆったりと花咲く桃源郷を満喫していただきます。

funza (9)

花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間 3/23 、3/30 、4/6発 【東京発着】

フンザのカリマバードに3連泊、シガールに2連泊。上部フンザも訪問し、花だけでなく山の展望にもこだわった日程です。

funza (7)

春の大パキスタン紀行 16日間 3/19 、3/26発 【東京・大阪発着】

パキスタンを大縦断!5つの世界遺産を巡りながら桃源郷フンザへ。フンザの中心地カリマバードでは3連泊。パキスタンの魅力を存分に楽しむ16日間。

funza (18)

シムシャール村 タガムの祭りと杏の里巡り 14日間 3/28発 【東京発着】

シムシャールの春の到来を祝う祭り「タガム」の見学と杏の里を巡る14日間。パキスタン北部再訪の方のための特別企画。

funza (17)

花の桃源郷フンザを歩く 11日間 3/30 、4/6発 【東京発着】

杏の里に5泊滞在し、大好評の水路ウォークなど桃源郷を「歩いて」体感するハイキングコース。カラコルム山脈の好展望地・ドゥイカルにも宿泊。

funza (6)

ご不明な点がありましたら、お気軽にお電話、メールにてお問い合わせくださいませ。皆様のお申し込みをおまちしております\(^o^)/

at 19:45

2017年08月04日

黄金色に染まる 秋のフンザへ!!

DSC_0574_KAWAGUCHI
皆様、ご無沙汰しています。東京本社の川口です。
今年も、パキスタン北部のシーズンが到来しています。パキスタンと中国の国境、クンジュラブ峠は皆様、越えられたことがありますか?
今日は、秋の峠越えのご紹介です。







これまでは5月〜10月末までしか開いていなかった峠も、最近は工事が進み
4月頃から11月頃まで空いているとか。
DSC_0820_KAWAGUCHI


10月の峠は雪景色。この先は中国なので、写真は撮れません。
DSC_0828_KAWAGUCHI



9月頃から峠へと向かう上部フンザのポプラは黄色く色づき始め、10月も後半になると
カリマバードの辺りは美しい黄金色に染まります。

春夏秋冬、それぞれの魅力あるパキスタンですが、やはり秋は何度でも行きたいとファンが多いのも納得。そんな中でも私が大好きなコースが「黄金のシルクロード パミールを越えて西域南道へ」

1年間のインド赴任を終え、久しぶりにパキスタンを訪れて、「あぁ、やっぱり美しい」と改めて大好きになりました。青い空、白い雪山、黄金色に染まるフンザの谷というコントラストを堪能した後は、雪景色のクンジュラブ峠を越えて、ガラッと雰囲気の変わる新疆へ。

RIMG0134


早朝、ドゥイカルの丘から。
DSC_0644_KAWAGUCHI


DSC_0010_KAWAGUCHI生きて千年、枯れて千年、倒れて千年といわれる胡楊の木が黄色く色づくのもこの季節限定。
砂丘に点在する黄金色の大木。多くの遺跡が点在する道を通りながら、心地よい気候の中、美しい景色も堪能できる、本当に季節限定の特別企画です。

















初めてもパキスタンに行く方も、何度も訪れている方も、是非お問合せください。
秋のパキスタンに行くコースはこちらから!!