at 06:20│フンザ | パキスタンの山

2017年05月31日

フンザの「あの山」に登った日本人登山家と言えば…

花の季節が終わり、フンザは山の展望が美しい初夏に。

西遊旅行の日本語ガイド、フンザ出身のサリームさんが美しい山の写真を送ってくれました。

image
5月半ば、フンザから望むラカポシ

フンザは、ぐるりをカラコルムの高峰に囲まれています。
ラカポシ、ディラン、ゴールデンピーク(スパンティーク)、ウルタルⅠ、ウルタルⅡ、フンザピーク…

image
5月前半、リンゴの花も

image
5月半ば、ゴールデンピーク

中でも見た目が特徴的で、一度で名前を覚えてしまう山が、フンザピークの隣に聳える「レディスフィンガー」です。

image
雲間から顔を出すレディスフィンガー、5月半ば

image
サリームさんとレディスフィンガー、これは秋に撮影

この山の名前の由来は、「女性の指のように細いから」とも、「オクラの形をしているから」とも言われていますが・・・。

この山の南西壁を日本人登山家3名が初登したことは、あまり知られていません。

その3名とは、登山家の山野井泰史さんと山野井妙子さん、そして中垣大作さん。

山野井さん夫妻は、ギャチュン・カン北壁からの壮絶な生還で有名です。泰史さんは、ブロード・ピーク(8047m)やK2(8611m)南南東リブなど、パキスタンの8000m峰も登頂されています。レディスフィンガーは約6000mと、前述の山々に比べれば低い山ではありますが、見るからに登るのが難しそう(というか、素人目には100パーセント不可能に見えます)な、あのトンガリ山・・・。

3名は、チョコバーやコップ一杯のおじやなどの食事だけで、12日間をかけて登り切ります。

山野井泰史さんは、その登山の多くを一人で、または奥様の妙子さんと2人で行う印象がありますが、この登山は中垣さんと3人で、他の登山よりは明るく楽しそうな雰囲気で(と言っても大変過酷だったとは思いますが)登っておられるのが印象的です。

その様子は、山野井さんの著書『垂直の記憶 岩と雪の7章』に書かれていますので、興味のある方はフンザに行かれる前にぜひ読んでみてください^^

Photo by Saleem 
Text by Megumi NAKATANI

フンザのベストシーズン到来!
西遊旅行で行く、パキスタンの旅はこちらをご覧ください^^







at 05:23│フンザ | SAIYAH便り

2017年04月15日

サリームのフンザ便り『花咲くフンザ2017』

日本でもお花見の季節が終わりつつありますが、パキスタンの北部・フンザでも

image


17862704_10212979726386643_663134998295697147_n

こちらは桜ではなく、杏のお花見でした
今年も無事全てのツアーが終了いたしました!

フンザ出身のガイド・サリームさんより今年のお花見写真と山の写真が届きましたので、ご紹介いたします。

image


フンザから谷を挟んで対岸にあるナガール村からは美しいウルタルが見えました!夏はもっと雪が少ないのです。

image


イーグルズネストから望むレディスフィンガーとフンザピーク

image


反対側を見下ろすとフンザの谷、朝日がのぼります。

image


フンザの谷から見上げるとウルタル、谷の斜面に淡い色の杏の花が咲いているのがお分かりでしょうか??

image


杏以外にも、アーモンドの花も咲いています。シーズンは杏の少し前。標高や日当たりによって、花の開花時期が変わります。

image


今年、4月頭だというのに雪が降った日もありました!フンザでもこの時期に雪は珍しく、この日は「杏と雪」の写真がニュースを賑わせていました。

杏の季節が終わると、次は夏の「山の展望のベストシーズン」が始まります!お申し込み、お問い合わせをお待ちしております^^

17884127_10213005188903190_1269101059295440599_n
左:レヘマットさん 右:サリームさん

Photo by Saleem

西遊旅行でいく!パキスタン北部のツアーはこちら

at 17:11

2017年03月23日

パキスタン旅行説明会 今年も無事終了しました。

皆様こんにちは。
東京本社の宇都木です。

IMG_4110


毎年恒例となった西遊旅行のパキスタン説明会。
今年は、3月18日(土)に、池袋のパキスタンレストラン「マルハバ」にて観光説明会を開催致しました。
今年は美味しいチャイを飲みながら説明会。
後半はパキスタン料理を食べながら賑やかな懇親会となりました。

IMG_4144

名物のタンドリーチキン

説明会には3/25から岩波ホールで公開されるパキスタン映画「娘よ」のPRを兼ねて、
岩波ホールの方から招待券もプレゼントも!


IMG_4212

お世話になったマルハバの店長さん、コックさんと。

パキスタンは、間もなくフンザをはじめとした北部山岳地域のシーズン到来です

パキスタン愛溢れるスタッフ一同、皆様と一緒にツアーに行けることを楽しみにしています!
お休みのところ、ご参加いただきましたたくさんの皆様、誠にありがとうございました!!


at 10:08│パキスタンの食 | ラホール

2017年03月18日

パキスタンで食べ歩き♫

パキスタンの街を歩いていると、道端に美味しそうな屋台や路面店が出ています。今回はちょっと小腹が空いたときにぴったりの、街角で出会える軽食をご紹介致します

IMG_0367


パキスタンの外で食べられるものの中で、一番人気は何と言ってもチャイでしょう。濃く煮出したミルクティーに砂糖をたっぷり入れたもので、ビスケットやクッキーと共にいただきます。

インドのチャイにはカルダモン、生姜などのスパイスが入っている印象ですが、パキスタンではスパイスを入れて作ることは少ないような気がします。

イギリス統治時代の名残で、お年を召した方の中には、熱いチャイをお皿に入れて、冷まして飲んでいる方も。

IMG_0480


お店で買い物をしているときも、「ちょっとチャイでも。。」と店員さんが出前を取ってくれるのもよくあるシチュエーションです。

パキスタンの西の方ではグリーンティーに砂糖を入れたカフワ、結婚式などのお祝いではナッツが浮かんだピンク色のカシミーリーチャイ、北の山岳地帯ではハーブティーなど、地域や場面によって様々なお茶を楽しむことができます。

IMG_2587


こちらの炒り豆屋さんのお店もよく見かけます。様々な豆やトウモロコシなどの穀物を、熱く熱した塩に直接入れて炒ってくれます。十分熱くなったら、写真の大きな穴あきおたまで、塩の中から豆だけを取り出し、古新聞や古雑誌で作った袋に詰めてくれます。

熱々で、塩味がちょうどよくて、とても美味しいこのおやつ。個人的なオススメは、ひよこ豆とトウモロコシを半々にミックスして炒ってもらう食べ方です。

IMG_0305


こちらはプーリーという揚げパンとチャナ豆のカレーです。薄く切った玉ねぎやレモンを絞ることも。近くのチャイ屋さんからチャイの出前を頼めば立派な朝ごはんです。お仕事前にパッと寄って、立ったままさっと食べて行くおじさんたちの姿を良く見かけます。

IMG_0413


こちらは超巨大なフライパン「タワ」でローストチキンを温めなおしてくれているところです。それだけでも美味しいのですが、お願いすれば、ヨーグルトやガラムマサラ、青唐辛子などで炒めなおしてくれます。

IMG_0418


チキンタワローストという別のお料理の完成です!ここによく冷えた生ビールがあったら最高なのに。。とつい思ってしまう美味しさです。こちらパキスタンでは、生ビールの代わりにコーラやサイダーで。ナンと一緒にいただきます

西遊旅行行く、パキスタンの旅はこちら



at 15:49

2017年03月03日

【プレゼント】パキスタン映画「娘よ」のチケットを2名様に

いよいよ3月!3月といえば、パキスタン映画『娘よ』が、3/25より岩波ホールほかにて上映されます!公式ホームページはこちら

musumeyo_poster_big


先日、神保監督のブログ「旅と映画」にて、この映画『娘よ』が紹介されました。北部パキスタンに行ったことがある方なら、写真をご覧になって「あっこれはフンザのあそこからの景色」「これはスカルドゥからちょっと行ったところ・・」と懐かしく思い出されるのではないでしょうか。

dukhtar_still02-1024x615


そして、3月18日池袋マルハバで開催される、西遊旅行のイベント「パキスタンを知ろう!パキスタン説明会&お食事会」にて、この映画『娘よ』のチケットを2名様にプレゼントさせていただくことになりました!

パキスタン旅行説明会
【 東京 】 3月18日(土) 14:30 ~16:30 (開場14:00)
会場:マルハバ(Marhaba) (池袋北口徒歩5分)
定員:30名様  参加費:無料
懇親会&お食事会(パキスタン料理)
【 東京 】 3月18日(土) 16:30 ~18:00
会場:マルハバ(Marhaba) (池袋北口徒歩5分)
定員:30名様 参加費:2,000円
ご案内ページはこちら


お席に限りがありますので、ご参加をご希望の方はお手数ですがご予約をお願いいたします

at 06:31│パキスタンの食 

2017年02月26日

【3/18東京】池袋のパキスタン料理店マルハバへ!

前回、パキスタンの名物料理についてご紹介させていただきましたが
記事をご覧になって、「パキスタン料理を食べてみたい!」と思われた方…

私たちとパキスタン料理店へ行きませんか?

IMG_6390_utsugi
※写真はパキスタン・ラホールのフードストリートです。

3月18日(土)、パキスタン料理店「マルハバ」にて、
パキスタン旅行説明会&懇親会・お食事会を開催いたします!


パキスタン旅行説明会
【 東京 】 3月18日(土) 14:30 ~16:30 (開場14:00)
会場:マルハバ(Marhaba) (池袋北口徒歩5分)
定員:30名様  参加費:無料
懇親会&お食事会(パキスタン料理)
【 東京 】 3月18日(土) 16:30 ~18:00
会場:マルハバ(Marhaba) (池袋北口徒歩5分)
定員:30名様 参加費:2,000円
ご案内ページはこちら


会の前半は、年末に新しく発表した「シルクロードパンフレット」内のパキスタンツアーについてご紹介
後半は、美味しいパキスタン料理をお召し上がりいただきます。
お一人でもどうぞお気軽にご参加くださいませ!


at 10:05│ラホール | パキスタンの食

2017年01月27日

ヤギのヒヅメカレー「パーエ」の名店「Phaja Siri Paye Lahore wale」

image


ラホールはグルメな街として有名。夜になると各地に歩行者天国のフードストリートが作られ、家族や友達同士で食事をする人々で賑わっています。

そんなラホールの名物料理のひとつが、ヤギの蹄のカレー「パーエ」です。

image


数あるパーエのお店の中でも、有名なのは「Phaja Siri Paye」
バードシャーヒーモスクの南側、シャーヒーモハラストリートに2店舗が隣接しています。
一見古い普通の食堂に見えますが、テレビや新聞の取材が来ているのを何度か見かけました。

image


大量のヤギの蹄が煮込まれる様子は、まるでとんこつラーメンのスープを作っているよう。
丁寧に下処理され、骨の髄までとろとろに煮込まれた蹄の濃厚なスープは、全く臭みがなく絶品です(最低でも6時間煮込み続けているとか・・・)。

DSCF3022


image


オーダーが入るとコックさんが骨を割って食べやすくほぐしてくれ、最後にスパイスをふりかけ味を整えてサーブしてくれます。

このお店ではパーエとナンしか売られていませんが、希望すれば隣接する食堂のカレーやチャパティ、チャイを一緒に頼むこともできます。

DSCF3021


料金は写真の量のスープ(これで一人前の半分です)にナンが3枚ついて約400円。
ラホールの普通の食堂で頼むチキンカレーなどの倍以上の料金ですが、お店はいつも地元のお客さんで賑わっています。

テイクアウトも可能ですので、チャンスがあれば是非ご賞味ください!

(文・写真 中谷愛)

講演会&旅行説明会のお知らせです

【観光】 3/18(東京)2/4(大阪)【トレッキング】2/26(東京・大阪)開催
パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会

※3月18日の東京開催では、池袋のパキスタン料理屋さん「マルハバ」にて、懇親会&お食事会もございます!
詳しくはこちらをご覧ください!