パキスタン映画『娘よ』新宿ケイズシネマで再上映中!!

2018年10月02日

【旅の本】死者の雨: モヘンジョダロの墓標

表紙にモヘンジョ=ダロが描かれたミステリー小説が出た!とあらば、買わないわけにはいきません。
本日ご紹介する本は、2018年9月21日に発売されたばかりの、こちら。

EAB880C2-4191-4A9A-BA21-0318F1A3B0EE


『死者の雨: モヘンジョダロの墓標』です。

モヘンジョ=ダロに滞在中の大学教授から、自分のポートレートを撮影してほしいと依頼されたカメラマンのアリス。現地に着いてみると、依頼主の大学教授が不審な死を遂げていて・・・。と言うストーリー。

舞台はモヘンジョ=ダロから日本の京都、シンガポール、イタリア、インド、そしてまたパキスタンのカラチからモヘンジョ=ダロへ、世界中を股にかけて、教授の死の謎を解くアリスと一緒に、世界旅行をしているような気持ちになる一冊です。

ひょんなことからアリスに同行することになった一石氏は、今までに見聞したことを決して忘れられないと言うカルマを背負っている男性。その“超”博識な一石氏が、各地の民族、言語、文化、風習、歴史についてアリスに解説しながら旅が続きます。

日本の知られざる言語と、“あの言語”に共通項があるなんて、、あの文化とあの文化が繋がっているなんて、、そしてあの民族とあの民族が、、?次々に繰り出される一石氏の斬新な説に、ページを捲る手が止まりません。

そして衝撃のラスト・・・!ネタバレになるのでこれ以上は書けませんが、実際のモヘンジョ=ダロには今のところ“あんなもの”が埋まっている情報はありませんので、この小説を読んで「モヘンジョ=ダロってどんなところなんだろう?」と思われた方は、西遊旅行のツアーで安心して訪問してくださいね

秋の北部パキスタンのシーズンが終わり、いよいよ冬は南部〜中部のベストシーズンです。本を読んでモヘンジョ=ダロとインダス文明に興味を持たれた方は、実際に現地を訪れてみてはいかがでしょうか?

*** 今回ご紹介した本 ***




*** 関連ツアー ***

シンド・パンジャーブ紀行
砂漠と遺跡のパキスタン。パキスタンをカラチからイスラマバードまで陸路で走破。南部・中部のみどころを網羅。モヘンジョダロ、ハラッパ、インダス文明の遺跡をじっくり見学。

個人旅行の手配も受け付けております!




nakatani_saiyu at 10:00│ 旅の本 | インダス文明
パキスタン映画『娘よ』新宿ケイズシネマで再上映中!!