SAIYAH便り

2016年11月15日

SAIYAHのワジッド氏、6400mの未踏峰に登頂成功!

西遊旅行のパキスタン現地法人SAIYAH(サイヤ)から、大ニュースが届きました!
専属コックのワジッド氏が、パキスタン北部ナガールの未踏峰・ディランチ山(6,400m)に登頂。
「ワジッド・ディランチ・ピーク」という名前が付きました!

頂上 (1)
「ワジッド・ディランチ・ピーク」山頂にて。ワジッド氏。

Daily Badshumal
パキスタンの新聞でも紹介されました!

ワジッド氏は弊社のパキスタントレッキングツアーに同行し、いつも美味しい料理でサポートしてくれるだけでなく、東京本社の楠と共にスパンティーク(ゴールデンピーク:7,027m)にも登頂するなど、登山家としても活躍しています。

登山は3日間に渡りました。10月17日の朝7時に登山を開始し、午後3時にベースキャンプへ到着。チャイの休憩のあと再び歩き始め、夜9時20分にキャンプ1へ。そこで翌28日の午前2時まで休息を取りました。その後再び登山開始。15時間20分の死闘の末、夕方5時20分、ついに6400mの頂上に到達しました。

頂上に居たのはわずか15分。すぐに下山を開始し、夜9時45分にキャンプ1へ、翌19日の早朝3時にベースキャンプへ戻ってきました。

頂上 (3)
チャイと簡単な食事で休憩。

頂上 (4)
再び登り始める。

頂上 (5)
山頂が目の前に。。

頂上
死闘の末、ついに登頂!登頂したのはワジッド氏のほかSajid Ali Mir氏、Mohammad Yaseen氏、Fida Hussain氏。

以前、日本にも来日し、料理の研修を行ったり、東京・大阪でのパキスタン説明会でお客様と交流したワジッド氏。次回来日時は、是非この登山の話も聞かせてもらいたいと思います!

東京
東京にて。

スパンティーク遠征時のレポートはこちら
西遊旅行で行く!パキスタンの山旅はこちら(2017年の新コースは2016年末発表予定)



nakatani_saiyu at 08:29|Permalink

2016年08月12日

「杏仕事」が始まりました。

西遊旅行現地手配法人サイヤのサリームさんから、前回の桑の実に続き、杏の収穫が始まったという便りが届きました。

funza (6)

春、美しい花を見せてくれた杏が、この時期たわわに実り、フンザの人々は「杏仕事」におお忙し。

funza (1)

このように手でもいだり(左端に収穫する女性の足が見えます)、

funza (5)

木をゆすって布の上に落としたりして、収穫します。

funza (2)

その後、種を取って、屋根の上に並べて干します。

funza (4)

夏~秋のフンザを旅していると、民家の屋根や

funza (7)

道端の石の上など、日当たりがよさそうな場所とみればどこにでも杏が干されています。
是非注目してみてください。

Photo by Saleem

大好評!秋のフンザへの旅。キャンセル待ちもお受けいたします!
クンジュラブ峠越え パミール大横断11日間
10/14発 【間もなく催行】
北部パキスタン周遊
10/8発 【催行決定】残席お問い合わせ
秋の大パキスタン紀行
10/12発 【催行決定】満席
10/19発 【催行決定】満席
黄金のシルクロード パミールを越えて西域南道へ
10/14発 【間もなく催行】
10/21発 【間もなく催行】


nakatani_saiyu at 11:19|Permalink

2016年07月04日

桑の実も実り始めました

前回のさくらんぼに続き、サリームさんから、またフンザの果物の写真が届きました。
今度は「桑の実(マルベリー)」です。
ビタミンCやカリウムを多く含み、美容効果も期待されている果物です。

今が旬の桑の実。赤や濃い紫色のものが有名かと思いますが、フンザには白い桑の実もあります。
夏の間は生で食べられますが、多くは厳しい冬のために干して保存します。

mulbury (5)
天日に干される桑の実とウルタル峰

mulbury (4)
厳しい冬に備えて桑の実を干します

Dry mulbury
干す前のみずみずしい桑の実

干した桑の実は、家庭の保存食にもなりますし、このように↓様々なナッツと混ぜてパックされて売られています。桑の実と一緒に混ざっている黒いものは、前回ご紹介したさくらんぼ。アーモンドのようなものは、杏の種の中身「杏仁」です。

mulbury (3)
少しわかりにくいですが、白っぽい実が桑の実。このパックひとつあたり300ルピー(約300円)位で売られています。お土産にも人気

この杏仁作りや、干し杏作りも、フンザの夏の大切な仕事です。が、今はまだ杏の実が緑色で、もう少し先の仕事になるとのことです。次回のレポートを、どうぞお楽しみに!

添乗員同行ツアーのほか、日本語ガイド付きの個人旅行の手配も致します

パキスタンフリープランはこちら
パキスタン個人旅行のお問い合わせはこちら

Photo by Saleem


nakatani_saiyu at 17:02|Permalink

2016年06月20日

今が旬!フンザのさくらんぼ

先週、フンザ出身の日本語ガイド・サリームさんからこんな写真が届きました。

funza (6)
たわわに実るさくらんぼです

春、杏の花咲く里として有名なフンザですが、杏のほかにもりんごやさくらんぼ、桑などたくさんの果樹が植わっています。

今、フンザはさくらんぼの季節真っ盛り。
カラコルム・ハイウェイを通って、パンジャーブ州やシンド州などの他の州に運ばれるだけでなく、
海外にも輸出されています。

funza (1)


また、6月下旬は晴天率も高い季節です。
フンザの中心地、カリマバードは、谷間にあり、周囲を見渡すと青空に映えるカラコルムの名峰群の眺めが楽しめます。

funza (5)
フンザの中心地カリマバードから望むラカポシ峰 2016年6月16日撮影。

funza (4)
同じくカリマバードから望むディラン峰

funza (2)


美味しいさくらんぼを食べに、是非夏のフンザにいらしてください!
添乗員同行ツアーのほか、日本語ガイド付きの個人旅行の手配も致します。

パキスタンフリープランはこちら
パキスタン個人旅行のお問い合わせはこちら

Photo by Saleem

nakatani_saiyu at 11:10|Permalink

2015年03月05日

恒例!パキスタンの旅 説明会2015 in 東京&大阪

恒例となりました、パキスタン説明会。2月28日には東京のパキスタン大使館にて、3月1日は西遊旅行・大阪支社にて行い、あわせて100名様を超えるお客様にご来場いただきました。

今年は西遊旅行パキスタンの代表、ヨーセフ・アクタール氏と、イスラマバードのレストランHANAのシェフ、サジャッド・アリ氏が来日。サジャッド氏は2月27日のパキスタン航空で来日したその日の夜から、説明会で皆様に食していただく「パキスタン弁当」の仕込みをしてもらいました。

厨房

西遊旅行の1階にある、レストラン「ムアンタイ・ナベ」の厨房でチキン・コルマを作る

パキスタン説明会  (9)

パキスタン大使館の説明会会場にて、SAIYAH代表のヨーセフ氏

パキスタン説明会  (1)

受付でスタンバイ、お客様をお待ちします。

パキスタン説明会  (3)

パキスタン北部の旅に関する展示コーナーも。

パキスタン説明会  (4)

西遊旅行では「フンザ・ハンドブック」をツアーご参加の方に差し上げているほか、閲覧用にこれまでのツアーのフォトブックなども作成しています。

パキスタン説明会  (7)

今年の東京パキスタン説明会では小西正捷先生(立教大学名誉教授)による、インダス文明の講演会も。

パキスタン説明会  (8)

「パキスタン弁当」、豆のパラオ、チキン・コルマ(ホワイトソース)、フンザ料理のブルシェピック、そしてナン(西遊グループのインド料理レストラン、マンダラより)。

パキスタン説明会  (5)

お土産は、これも恒例となったケウラ塩鉱の「ピンク岩塩」とフンザのドライ・アプリコット。

皆様にご来場いただき、ありがとうございました。
大阪支社の説明会終了後の1枚。

パキスタン説明会  (10)


まもなく、パキスタン北部のベストシーズンが始まります・・・

西遊旅行パキスタンチーム&SAIYAH




sawada_saiyu at 16:39|Permalink

2014年03月19日

皆様日本でとてもお世話になりました。

皆様こんにちは、

日本ではとてもお世話になりました。

私は1月の10日に日本に来まして今度、
3月の21日にパキスタン帰ります。

あと2日間だけ日本にいます。
日本にいる間すごくお世話になりました。

皆様のおかげで日本に来て行きたい所は行かれました。
日本に来て見たい物も見られました。

色々美味しい食べ物もたべられました。
2か月半でだいたい日本の私の興味がある歴史の場所や物
も見られてとても嬉しいです。

それで私が書いたブログも見ていただいてほんとうにありがとう
ございます。

またパキスタンに書いてから時間開いている時書きます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




rehmat_saiyu at 11:42|Permalink

2014年02月20日

神田明神参拝して豆まき行事をやりました!!

皆さんこんにちは、

この前野本主任と神田明神で豆まきをやりました。
とてもとても楽しかったです。
初めてこのような日本の文化を見ました。
IMG_5004
(神田明神にあるおに)
ものすごく混んでいて交代で豆まきのをやりました。
たくさんの会社員や商売している人も来ました。
IMG_5005
(神田明神の七福神)
イスラーム教では1人の神様アッラーを信じていますが,
日本では色々な神様がいます。
神田明神は商売の神様で、未来の商売がうまく行くように
いっぱいの人々が参拝しました。
IMG_5016
(神田明神に参加した方)
神田明神で税務署所長が面白い話をしました。
商売がうまくできるようにちゃんと税金を払ってくださいと言いました。
豆まきでたくさんのみかんと豆を取りました。
さいわいなことに皆より私の身長が高くていっぱいの物を取りました。
IMG_3031
(そろそろ豆まきが始まります)

IMG_3032
(よしたくさんの物をとりましょう)
神田明神の豆まきの行事で日本の有名な女優と俳優も来ました。

IMG_5029
 (神田明神に来た女優と俳優)
イスラーム教の行事の多くは動物を生贄にしてお祝いします。
イスラーム教では、こんな行事はないので、初めて、見てびっくりしました。

神田明神は面白くて楽しかったです。

Rehmat Ali
アリ

パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら


rehmat_saiyu at 11:58|Permalink

2014年02月13日

パキスタン日本語ガイド、アリの日本体験!東京タワーへ行きました!

皆様こんにちは、

先週東京タワーを見て来ました。とても楽しかったです。
高い所に上って見たいと言う夢がかないました。
電車に30分ぐらい乗って出口から出たらちょっと
遠くに東京タワーが見えました。
IMG_4972
東京タワー

歩いて約15分で近くに見えまして最初写真を取りました。
夕方の時間でしたので赤い電気がついていて、
遠くからきれいに見えました。
高いたてものを近くから見れたのは私にとって初めての経験でした。
高くてずっと上まで見ようと思いましたが、
あまりにも高くてだんだん首が痛くなりました。

東京タワーの近くにある高いビルも低く見えましたのでもっとこわかったです。

IMG_4968
東京タワーの150メートルの展望台から取った写真

それから日本人の友人が上りましょうと言いました。
高い所から下を見るのはにがてなので最初断わりました。
しかし、「ここまで来てタワーに上らないとここに来る意味がない」て言われたから,
友人と上りました。

最初150メートルまで上りました。
エレベーターでだんだん高い所まで上って行ったら心がどきどきしました。
上って150メ―トルまで行ったらもうこわくなって、
下を見たら長い時間いることができなくなってしまいました。
友人が「さらに100メートル上りましょう」と言ったのですぐことわりました。
そして「早く下りましょう」と言いました。
IMG_4967
明るい時に取った東京タワーの写真

しかし、150メートルでもゆれたと感じたのでこわかったです。
もし高い所にいた時地震が来たらどうしようと思いました。
昔から日本でよく地震があると聞きましたのでこわくなりました。

それから早く下りられましたので安心しました。
こんど友人と一緒にスカイツリーに上るよていがありますが、
ぜったいに上りません。

私の人生で高い所に上るのはこれが最初でしたが最後にしました。


rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら



rehmat_saiyu at 17:09|Permalink

2014年01月30日

パキスタン日本語ガイド、アリの日本体験 上野にある国立博物館に行きました!!

皆様こんにちは。
先週日曜日会社の休みで友だちと一緒に上野にある、
東京の国立博物館に行きました。
とても楽しくていい勉強になりました。

私は仏教に興味がありまして、いっぱいの仏像を見ました。
仏像の中で観音菩薩がほとんどでした。

石や土や漆喰で作った仏像がもっとたくさんあると思っていましたが、
石や漆喰の仏像は少なかったです。

パキスタンの仏像は漆喰や石ですが、
初めて木で作った仏像を見てびっくりしました。

木で作った仏像をそんなにきれいに彫刻したなんて信じられないです。
六世紀から八世紀の奈良から持って来た仏像がたくさんあり
こんど機会があれば奈良に行って見たくなりました。

IMG_4980
木で作った仏様の仏像

IMG_4991
仏様の仏像

日本の歴史はだいたい紀元後3世紀と思ったけどもっと古い歴史
があるなんて知りませんでした。
上野の国立博物館に展示された物は紀元前の物もあって
感動しました。

IMG_4988
紀元前に造られた像

これからは奈良や鎌倉に時間があれば行って見たいです。

行きたい所がまだまだあります。
日本に来て新しい体験を楽しんでいます。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




rehmat_saiyu at 14:27|Permalink

2014年01月17日

パキスタン日本語ガイド、アリの京都の体験!!

皆様こんにちは、
日本到着してから西遊旅行の社員旅行で京都に行きました。
私の夢の一つがかないました。

京都はとても古い歴史を持っている町です。
京都は日本の古い都でした。
京都に色々な神社やお寺があります。
私は日本の友だちと一緒に京都の金閣寺や八坂寺や清水寺
の観光してとても楽しかったです。
日本に来る前、日本人がお寺や神社に行ってお祈りしないと思いましたが
たくさん日本人がお参りに来るのを見てびっくりしました。

京都に行くという夢がかない、私はとても満足です。

そして社員旅行のイベントの一つで初めて舞子さんを見ました。
日本人の何人かの友だちも「舞子さんと初めて会いました」と言いました。
日本人もなかなか舞子さんを見ないと知ってびっくりしました。
なかなか日本人も見えない物も見られて本当に日本に来られてよかった
と思っています。

IMG_20140111_084123
清水寺にはお地蔵様がたくさんありました。

IMG_1947
舞子さんとゲームをしました

これからこのブログで初めて日本の体験を
いろいろ書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら


rehmat_saiyu at 10:06|Permalink

2014年01月14日

パキスタンより日本語ガイドのアリさんが来日!!

1月10日、寒さ厳しい成田空港に、パキスタンツアーでおなじみの
現地日本語ガイドアリさんが到着しました。
3月中旬まで西遊旅行東京本社にいる予定です。


*********************************************************
皆様私はパキスタンからまいりましたアリと申します。
先週日本に着きました。海外は初めての経験です。
ずっと昔から日本に来る夢でしたが、やっと来れました。

IMG_20140110_121116


これからこのブログで初めて日本の体験を
いろいろ書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら



rehmat_saiyu at 13:33|Permalink

2012年12月03日

SAIYAH便り パキスタンからスタッフが来日

西遊旅行現地法人のSAIYAHから、手配担当のウスマンが研修にやってきました。
12月3日(月)から約1ヶ月間東京本社に滞在し、様々なことを学んでもらう予定です。
今日は、ウスマンからメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

====================================================

皆様はじめまして。イスラマバードのオフィスで皆様の旅行を手配しています、ウスマンです。

ご縁があって、12月初旬から約1か月、日本に行くことになりました。
この機会に日本人の生活スタイルを学んで、皆様が求めるサービスとは何かをしっかり習得して帰ろうと思います。

また、私にとっては初めての日本訪問。テレビや映画でみた東京をみることも楽しみにしています。

そして、日本から帰国するとすぐに3月。
北部の各地でアンズの花が咲く最も美しいシーズンで、私たちが最も忙しいシーズンです。
皆さまのニーズにあった、よりよいサービスの提供ができるよう、12月は目一杯学んでこようと思っています。

usmansan
西遊旅行東京本社のオフィスにて

SAIYAH・手配担当 ウスマン

====================================================

↓↓↓春のフンザを訪れるコースはこちら
①花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間
3/29発催行決定!3/22発催行間近!

②花の桃源郷フンザとバルティスタン 13日間
3/23、3/30発催行間近!

③春の大パキスタン紀行
3/22発催行決定!

④花の桃源郷フンザを歩く
3/29発催行間近!

⑤シムシャール村 タガムの祭りと杏の里めぐり
 ※こちらのコースの日程等は担当までお問い合わせください
3/27発催行決定!残席わずかです!

※催行状況は12/3(月)現在のものです。詳しくはお問い合わせください。

nakatani_saiyu at 16:55|Permalink

2012年11月26日

SAIYAH便り 犠牲祭(イード)のお祭り

遅くなりましたが、10月下旬にパキスタンで祝われた犠牲祭(イード)のお祭りに関してSAIYAHからとどいた便りをご紹介いたします。


10月下旬、全イスラム世界では巡礼月の犠牲祭(イード)が祝われました。
パキスタンでも10月27日に各地で羊やヤギ、牛などの家畜を屠る犠牲祭がおこなわれました。

伝統的には犠牲祭の1か月前までに家畜を家につれてきて餌をあげてかわいがり、犠牲祭の当日には子どもたちが動物が殺されるのを泣いて見送り、感謝して肉をいただくというものでしたが、最近では 買ってすぐに家畜を屠るので感謝の気持ちが少なくなったかもしれません。

yagi
ヤギを可愛がる子ども

その肉は3つの部分に分けられます。
1つは食を十分に得られない貧しい人々のために、もう一つは親族や知人のために、そして残りが自分たちに分けられます。
以前は冷蔵庫も電気もなく、いただいた肉を一気に食したものですが、今は冷蔵庫で保管できるようになったので数日にわたって楽しむことができるようになりました。

今年の犠牲祭の時期はパキスタン北部では黄葉・紅葉の季節でもありました。
10月には西遊旅行から3グループと個人旅行のお客様にフ ンザに来ていただき、「黄金の桃源郷」を堪能していただきました。

aki
秋の北部パキスタンにて

これから厳しい冬を迎えるフンザ。
春の杏の花の季節が待ち遠しいです。 

funza
春のフンザ 来年もスタッフ一同皆様をお待ちしております

↓↓↓春のフンザを訪れるコースはこちら
①花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間
3/29発催行決定!

②花の桃源郷フンザとバルティスタン 13日間

③春の大パキスタン紀行
3/22発催行決定!

④花の桃源郷フンザを歩く

⑤シムシャール村 タガムの祭りと杏の里めぐり
 ※こちらのコースの日程等は担当までお問い合わせください
3/27発催行決定!残席わずかです!

※催行状況は11/26(月)現在のものです。詳しくはお問い合わせください。

nakatani_saiyu at 09:54|Permalink

2012年08月29日

2012年の夏もラマダンもイードも終わり。SAIYAH便り

イスラマバードのSAIYAHより、久しぶりの便りです。

8月20日、ひと月続いたラマダン(絶食月)が明け20~22日の3日間、イードのお休みがありました。今年のラマダン期間中は夏休みにあたり、おかげさまでたくさんのツアーがありました。SAIYAHではラマダン期間中に働くガイドやコック、ドライバーはサービスと安全のために基本的に絶食をしていません。これはコーランの教えのなかにも「旅行中の人は絶食をしなくてもいい、ただしその後に絶食しなかった日数分の絶食をすること」とあるからです。今年はずいぶん多くのスタッフが、ラマダン後に「補償」として後日、絶食をすることになりました。

●DSC00033ラマダン期間中、SAIYAHではイフタール(一日の断食後の最初の食事、「断食を破る食事」)をオフィス前の駐車場で出稼ぎにきている人や十分な食事ができない人たちに振る舞いました(右写真)。
イフタールは皆で仲良く食べることが良いとされています。初めは10人ほどでしたがラマダンが終わるころには100人近くに。イード前にはみんな故郷に帰り始め、そして料理を作るコックさんも帰郷、それぞれが家族とイード過ごしたようです。

SAIYAHでのこの夏一番の話題は、映画「草原の椅子」のパキスタン・ロケでした。スタッフ総動員でスカルドゥ、フンザをめぐり映画撮影のお手伝いをしました。パキスタンではこれまで、「報道」とか「ドキュメンタリー」などの撮影はあっても日本の「映画」というのは初めてのこと。日本語ガイドだけでなく、車両チームまで手伝いに参加、映画作りにかかわれたことを貴重な経験と思っています。
この映画をきっかけにまた、パキスタンに興味を持ち、訪問するお客様が増えてくれればと思っています。映画は来年の初春に公開予定とのこと、われわれパキスタン人スタッフもそのときには日本へ行き、「日本の映画館」でこの作品、パキスタンの映像を見ることを今から楽しみにしています。

イスラマバードより、ヨーセフ
Yousaf Akhtar -SAIYAH

sawada_saiyu at 18:42|Permalink

2012年03月02日

パキスタン旅説明会 in パキスタン大使館 ご来場ありがとうございました

アッサラーム アレイクム、橋本です。

先週土曜日、2月25日に行われたパキスタン 旅の説明会2012には、たくさんの方にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
まずはパキスタン大使、ヌール・ムハンマド・ジャドマニ大使よりご挨拶をいただき、説明会スタートです。

説明会 (4)

午前中はパキスタンのトレッキングの説明。パキスタンの山や山脈についての概略、各コースの案内と、高山病について、また西遊旅行で行く山旅のポイントなどをご案内しました。

その後、大使館専属のパキスタン人コックさんが腕をふるったランチを召し上がっていただきました。
さすが、大使館専属だけあって、味は本格的な現地の味でした。

説明会 (1) ■メニュー■
 マトンコールマー
 チキンビリヤーニー 
  (チキンの炊き込みご飯)
 チキンカリー
 ダール (豆カレー)
 シークカバーブ (ひき肉のケバブ) 
 ナーン
 キール(パキスタン風ライスプディング)
 チャイ



午後はパキスタン往復航空券をかけてのくじびき大会。一瞬緊張した空気がホール内を包むなか、1名のお名前が読み上げられました。どきどきの一瞬でしたね。当選された方、おめでとうございます!

説明会 (2)

そして観光コースのご案内です。
パキスタンの国の概略と旅行事情、各コースのご案内をさせていただきました。なかでも今年から観光のコースにも設定されました「シムシャル・パミール SHIMSHAL PAMIR」のコースは、他ではなかなか見ることのできないクッチ、といわれるワヒ族の移動の様子や人々の生活の様子をご覧いただきました。

説明会5

当日は、現地日本語ガイドのマリック氏も来場していましたので、久しぶりの再会を果たされた方も多かったようです。パキスタン現地会社SAIYAHも、いつでもみなさまをお迎えし、安全に楽しくパキスタンの旅ができるよう、サポート体制は万全です。
パキスタンのこと、旅行情報も含め日本では情報が得にくいですが、今回の案内で少しでもパキスタンに興味を持っていただければ幸いです。

今回全面的にご協力いただいた、パキスタン大使館のHPにも、今回の旅行説明会のことが紹介されています。
パキスタン大使館公式ホームページ
http://www.pakistanembassyjapan.com/indexjp.html


西遊旅行 東京本社パキスタン担当一同



hashimoto_saiyu at 12:35|Permalink

2012年02月04日

夏山の準備を着々とすすめています

SAIYAHから最近のオフィスの様子が届きました。

こんにちは!
先日、パキスタン事務所サイヤーでは昨年ツアーの反省とサービスの品質を今一度見直す
ミーティングを行いました。その会議の中で議論に上がったもののひとつがトレッキングツアーの
新しい食事メニューの導入でした。
現在トレッキングツアーに同行するコック達がイスラマバードのオフィスに来ており、毎日新しい料理の
開発にトライしています。その内容はパキスタンの郷土料理やインターナショナルなメニューまで様々。
私達のオフィスでは毎日が食の祭りの様な雰囲気で、スタッフがどの料理がおいしいかの投票をしています。
選ばれた料理のいくつかは、今年のトレッキングツアーで皆様の食事のテーブルに並ぶことになると思います。是非、どんな食事がでるのか楽しみにして下さい。

saiyah ヨーセフ

P7180982P7140949P7140952







【左】きつねうどん トレッキングで疲れた体に和風だしが染み渡ります
【中】限られた調理器具で見事に仕上げるコックさんたち
【右】パキスタン料理と西洋料理MIXで体力を養う

murata_saiyu at 20:31|Permalink

2011年12月11日

チョリスタン砂漠 デラワールのキャンプ SAIYAH便り

SAIYAHからの便りです。
11月の「シンド・パンジャーブ紀行」のチョリスタン砂漠デラワールのキャンプの話題です。

デラワールのキャンプ01

冬のパキスタンのツアーといえば、「シンド・パンジャーブ紀行」。
カラチから世界遺産のタッタやインダス文明遺跡のモヘンジョダロなどを見ながらシンド州、パンジャーブ州南部まで走破する人気コース。私たちSAIYAHのスタッフにとってのハイライトはチョリスタン砂漠のデラワールのキャンプ。

デラワールのキャンプ02夏場はパキスタンの山で活躍しているスタッフがデラワール砦のキャンプ担当です。キャンプの準備はグループがデラワールに到着する前から始まります。まず、食料の買出し。食材は種類豊富なイスラマバードで買います。荷物を積んで14時間のドライブでキャンプ地に到着。着いたらお客様の泊まるテントを立てて拭いて干します。そしてキッチンテント、ダイニングテント、トイレテントの設営。お客さま用のテントがきれいになると用意してきたマットレス、寝袋を整えます。
デラワールのキャンプ03お客様が到着するまでの間、料理の下準備をし、地元の住民もやってきてマキ拾いを手伝い、デラワール砦まで行くラクダの準備をしてくれます。そしていよいよグループの到着。デラワール砦の夕陽に間に合うよう、お茶を準備し、グループは砦へ。その間、キッチンテントではコックのワジッドさんが食事の準備をします。たっぷりの野菜と魚、チキンをパキスタン料理、日本食、洋食テイストで準備。スィートも用意し大忙しです。

この一晩のキャンプはSAIYAHのスタッフがみんなで出かける機会でもあり「冬の楽しみ」のひとつになっています。
この冬、皆様をデラワールのキャンプでお待ちしています。

SAIYAHより、ヨーセフ YOUSAF AKHTAR 


西遊旅行のパキスタン南部の旅、チョリスタン砂漠のキャンプも楽しむコース
「砂漠と遺跡のパキスタン シンド・パンジャ-ブ紀行」

sawada_saiyu at 13:36|Permalink

2011年11月21日

2011年の犠牲祭 SAIYAH便り

SAIYAHからの便りです

今年の犠牲祭(イード・アル・アドハ)は11月6日にサウジアラビアなどのイスラム圏で、パキスタンでは11月7日を中心に祝われました。この犠牲祭では羊やヤギを屠り、貧しい人、家族も含めて皆で分かち合います。

私の生まれ育ったペシャワールでは、人々は犠牲祭の2~3週間前に動物を買い、家で子供たちが世話をします。そして犠牲祭の当日、その世話をし、かわいがってきた動物が屠られ、子供たちは当然泣いて悲しみ、その命に感謝して肉を食べます。そしてその肉を3つに分け、1つは貧しい人々に、1つは親戚に、1つは自分の家用にします。よく、この犠牲祭を「残酷」といわれるのですが、命に感謝し、動物が「肉」という食料になることを感じる日でもあります。しかし、都市で暮らす人が増え、動物を事前に飼うことなく「イベント」として屠るようになり、伝統も崩れかけてきたと感じます。
SAIYAHでは会社で動物を買って屠ることはしませんでしたが、お休みの2週間前に「犠牲祭祝い」のちょっとした臨時ボーナスがありました。これでみんなが動物を買って家族と犠牲祭を過ごします。先日、パキスタンのテレビで犠牲祭用に売られている5本角のヤギが紹介され、珍しさにたくさんの人が市場へ行きました。通常のヤギが3~5万ルピー(3~5万円)なのに対し、このヤギは100万ルピー(100万円)の値がついたそうです。
goat
そして知人からおもしろい写真が届きました。巨大ヤギ。写真に写っている男性が小さいのではなく、ヤギが大きいんです。このヤギは50万ルピー(50万円)。お肉になってたくさんの人に分かち合われたことでしょう・・・。

 SAIYAHより、ヨーセフ 
 YOUSAF AKHTAR 

sawada_saiyu at 11:39|Permalink

2011年01月26日

パキスタン現地連絡法人サイヤより

西遊旅行現地連絡法人サイヤの総責任者、ヨーセフ氏よりメッセージが
届きました。

2月に開催されます、西遊旅行パキスタン説明会にも現地から来日致します。


パキスタンより

私たちサイヤのスタッフはペシャワールで新年を迎え、スタッフ皆で地元の料理を味わいながら2010年の出来事を振り返りました。
2010年の経験を生かして、2011年もさらに質の高いサービスのアドベンチャーツアーを自信を持って提供いたします。

私たちは、ヴァリエーション豊かなトレッキングツアーがより快適なツアーになるように努力しています。
シェフも、メンバーの体調を保つために、おいしい健康的な料理をつくるようトレーニングを積んでいます。
冬には「シンド・パンジャーブ紀行」のツアーがありますが、デラワールでのテント泊の際には
ご馳走を召し上がりながら砂漠での暮らしを体感してください。

3・4月の「花の桃源郷フンザとバルティスタン」のツアーの準備も順調に進んでいます。
ギルギットからバルティスタン、特にフンザではアーモンドや杏や桃の花が鮮やかに咲きます。
平和な空気が流れる"花の谷"は変わらず今年も人々を魅了しつづけます。
そんな私たちの地を是非訪れてください。


[原文]

Apna Dess Pakistan

Saiyah Team started the new year 2011 with an excursion to Peshawar to enjoy the Tribal food, all the staff recalled the memories of the tours during 2010. After a successful 2010 SAIYAH feel more confident in providing quality services to adventure tours.

Most of the strenuous treks are now included in our itineraries and we keep trying hard to make these treks for the trekkers more and more comfortable. Our chefs are trained enough to cook tasty/hygienic food during treks and keep the members healthy.

During winters we have tours to Sind and Punjab where we arrange a camping night at Derawar providing sumptuous meals and show the desert life to group members.

We are now gearing up for making final arrangements for the upcoming Hunza Apricot Blossom tours during the months of March and April, when Gilgit-Baltistan particularly Hunza is full of pink Almond, white Apricot and peach flowers. These enchanting “Valleys of Flowers” continues to lure the tourists with their peaceful atmosphere.

Come and see our world with us.

arai_saiyu at 10:53|Permalink