西遊旅行パキスタン便り

2016年09月05日

パキスタン初の女性建築家ヤスミーン・ラリ氏が第27回福岡アジア文化賞芸術・文化賞受賞

パキスタン初の女性建築家ヤスミーン・ラリ氏が、第27回福岡アジア文化賞芸術・文化賞を受賞されました。

gamen_edited-1

画面は公式ホームページより。

“ヤスミーン・ラリ氏は、パキスタン初の女性建築家として現代建築を手がける一方、パキスタン・ヘリテージ財団を創設し、歴史的建造物の保存と修復活動を行ってきた。また、2005年パキスタン大地震を機に人道支援活動へも力を注ぎ、同国における社会文化活動の先駆的な女性リーダーとして、文化遺産保護と災害に強い社会づくりに貢献している。(福岡アジア文化賞公式HPより)”


福岡アジア文化賞は、アジア文化の保存と創造に貢献し、世界に対してアジア文化の意義を示した個人又は団体を、学術研究又は芸術・文化の分野から顕彰する賞です。

過去にはグラミン銀行を創設したムハンマド・ユヌス氏(バングラデシュ)や、映画「赤いコーリャン」のチャン・イーモウ監督(中国)、世界的に有名なカッワーリー歌手のヌスラット・ファテ・アリ・カーン氏(パキスタン)、日本からはペシャワール会の中村哲医師なども各章を受章しています。

9月18日(日)には、アクロス福岡にて、ヤスミーン・ラリ氏による市民フォーラムが開催されます。

『災害から創造的復興へ:素足の被災者を蘇らせたラリの草の根建築デザイン』
2016年9月18日(日)/14:00~16:00(開場/13:30)
アクロス福岡地下2階イベントホール
日本と同様に災害の多い国、パキスタン。ラリ氏は、2005年に7万人以上もの死者を出したパキスタン大地震を機に、人道支援活動に力を注いできました。持続可能な未来に向けた災害復興支援の方法とは!?文化遺産保護も手掛けるラリ氏が災害に強い社会づくりについて熱く語ります。
お申し込み・お問い合わせはリンク先「イベント参加申込み」欄からお願いいたします。

イスラーム化政策により、近年まで女性の社会進出が難しかったパキスタン。女性建築家として活躍していく中で、数々の困難があったかと思います。また、日本と同じく震災の多いパキスタンで、建築家として活躍されてきたヤスミーン氏のお話に、我々も学ぶところが多くあるのではないでしょうか。お近くにお住いの方は、是非行かれてみてください。

Text by Megumi Nakatani


nakatani_saiyu at 16:00|Permalink

2016年01月22日

【受付中!】2/27(土)パキスタン講演会@東京

東京本社の中谷です。

いよいよ開催まで約一ヶ月に迫ってきました、東京パキスタン講演会。
おかげさまでお申し込み・お問い合わせのお電話・メールを多数いただいております。

今回は、講演会の内容について詳しくご紹介したいと思います!

講師の麻田豊先生のご紹介
麻田豊先生は、元東京外国語大学准教授。
長年東京外国語大学でウルドゥー語や南アジアのイスラーム文化について教えてこられるかたわら、
演劇「はだしのゲン」をウルドゥー語訳され、インド・パキスタンの各地で上演してこられました。
また、日本でも映画祭で高い評価を受けたパキスタン映画「神に誓ってKhuda Kay Liye」(2007)、「Bol~声をあげる」(2011)の日本語字幕も監修。
弊社で以前開催したパキスタン映画上映会や2014年のパキスタン講演会でもご講演いただきました。

bol
パキスタン映画上映会の様子。今回も会場は同じiciアースプラザです。

麻田豊先生とパキスタン北部・バルティスタン地域
麻田先生は1980年夏に大阪外国語大学カラコルム学術探検登山隊の学術隊員として奥様とパキスタン北東部・バルティスタン地域に入り、チベット語の最も古い形を残していると言われるバルティ語の基礎語彙を調査。2004年と2014年にも同地域に入られました。

fushe
麻田先生が1980年に調査で入られたフーシェ谷(写真は2010年6月のものです)

講演の内容について
今回は、改定コース「北部パキスタン周遊」や「花の桃源郷フンザとバルティスタン」でも訪れる、バルティスタン地域を中心にお話しいただきます。
1980年代に行かれたバルティスタンと現在のバルティスタンの様子、
チベットとの文化的・民族的なつながり、
かつて探検家や旅行者の交通の要衝だった歴史など…
パキスタンに行ったことがない方にもわかりやすい内容でお話しいただく予定です。

khaplu
かつての居城を改造したハプルー・パレスホテル

参加費は無料ですが、お席に限りがありますので、
ご参加いただける方は、お手数ですが電話・メールにて事前申し込みをお願いいたします。

パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会
【東京】 2/27(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料
東京開場にご参加の方に抽選でパキスタン航空無料航空券をプレゼント!

nakatani_saiyu at 12:00|Permalink

2015年03月05日

恒例!パキスタンの旅 説明会2015 in 東京&大阪

恒例となりました、パキスタン説明会。2月28日には東京のパキスタン大使館にて、3月1日は西遊旅行・大阪支社にて行い、あわせて100名様を超えるお客様にご来場いただきました。

今年は西遊旅行パキスタンの代表、ヨーセフ・アクタール氏と、イスラマバードのレストランHANAのシェフ、サジャッド・アリ氏が来日。サジャッド氏は2月27日のパキスタン航空で来日したその日の夜から、説明会で皆様に食していただく「パキスタン弁当」の仕込みをしてもらいました。

厨房

西遊旅行の1階にある、レストラン「ムアンタイ・ナベ」の厨房でチキン・コルマを作る

パキスタン説明会  (9)

パキスタン大使館の説明会会場にて、SAIYAH代表のヨーセフ氏

パキスタン説明会  (1)

受付でスタンバイ、お客様をお待ちします。

パキスタン説明会  (3)

パキスタン北部の旅に関する展示コーナーも。

パキスタン説明会  (4)

西遊旅行では「フンザ・ハンドブック」をツアーご参加の方に差し上げているほか、閲覧用にこれまでのツアーのフォトブックなども作成しています。

パキスタン説明会  (7)

今年の東京パキスタン説明会では小西正捷先生(立教大学名誉教授)による、インダス文明の講演会も。

パキスタン説明会  (8)

「パキスタン弁当」、豆のパラオ、チキン・コルマ(ホワイトソース)、フンザ料理のブルシェピック、そしてナン(西遊グループのインド料理レストラン、マンダラより)。

パキスタン説明会  (5)

お土産は、これも恒例となったケウラ塩鉱の「ピンク岩塩」とフンザのドライ・アプリコット。

皆様にご来場いただき、ありがとうございました。
大阪支社の説明会終了後の1枚。

パキスタン説明会  (10)


まもなく、パキスタン北部のベストシーズンが始まります・・・

西遊旅行パキスタンチーム&SAIYAH




sawada_saiyu at 16:39|Permalink

2014年10月16日

ついに発表!春のフンザ6コース

3月末から4月にかけて、杏の花に彩られる北部パキスタン。
今年もパンフレットが完成いたしました。

新企画 花の桃源郷フンザの旅 9日間 〈東京・大阪発着〉
花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間 〈東京発着〉
春の大パキスタン紀行 18日間 〈東京発着〉
花の桃源郷フンザを歩く 11日間 〈東京発着〉
シムシャール村・タガムの祭りと杏の里めぐり 15日間 〈東京発着〉

hunza-1
杏の花咲くフンザの谷とラカポシ

hunza-2
杏の花満開の桃源郷フンザ

hunza-3
桃源郷フンザの中心地カリマバード/バルチット城にて

2015年の注目ポイント
①新企画!土曜発、日曜日帰りの9日間コースを発表!!
花の桃源郷フンザの旅 9日間ではタイ国際航空利用、土曜発日曜帰りで
今まで花の時期のフンザに行きたくても行けなかった…というお仕事をされている方にもおすすめです。

②フンザに計5泊 「花の桃源郷フンザを歩く」 は歩かない人も参加可能です!?
皆様にお楽しみいただくため、あちこちの観光を盛り込んでいる西遊旅行のツアー。
一度花の時期にフンザを訪れ、「次に来たときは何もせずボーっとホテルで過ごしたい」
「一人できままに散策したい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが「花の桃源郷フンザを歩く」のコースです。
フンザの中心地カリマバードに4連泊、好展望地ドゥイカルに1泊(ドゥイカルに宿泊するのはこのコースだけです)。
他の方が歩かれているときに、ホテルに残ってぼんやり贅沢な時間を過ごすことが可能です。

毎年全てのコースが催行決定する、季節限定の人気のパンフレットです。
出発日によってはすぐに満席になってしまいますので、是非お早めにお申込みください!

天気、治安、服装、道路状況等…ご不明な点や気になる点がありましたら、
お気軽に担当までお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120−811−391

nakatani_saiyu at 10:19|Permalink

2014年10月03日

日本で出会うパキスタンの手仕事

昔から弊社で人気の「世界の手仕事と出会う」ツアー。
インドのグジャラートバングラデシュラオス北部のサムヌアベトナム北部のハジャン省…。
様々な手仕事とそれが産まれた場所、作った人との出会いはかけがえのない体験になり、ご参加いただいた皆様からご好評をいただいています。

この秋、日本でも世界の手仕事と出会える数々の企画展が開催されています。
今回ご紹介するのは、東京・自由が丘で開催されているパキスタンの手仕事の展覧会です。

IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM
第17回展「パキスタンの民族衣装」- 沙漠と山岳地帯の手仕事 -
Pakistan Costumes — Sindh,Punjab,Baluchistan,N.W.F.P
2014年9月4日 - 12月20日 (期間中/木・金・土曜日のみ開館)
開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで) 入館料/300円

詳しい地図はこちら
pk

アフガニスタンと接する北西辺境州(現カイバルパフトゥンハー州)コヒスタンやチトラールに住む人々の独特な衣装、
インドのグジャラート州と接するシンド州のカラフルな刺繍の婚礼用衣装やベール、
イランと接するバローチスターン州の敷物などが展示されています。

今まで行かれた隣国の手仕事と比較してみるのも楽しいですね。

さて、この11月からベストシーズンを迎える、パキスタン南部を訪れる人気コース「シンド・パンジャーブ紀行」。

このツアーで訪れるシンド州では、アジュラクという布が有名です。もともとは木版で作られていましたが、最近はプリントものも多いようです。
sindh-2
モヘンジョダロ遺跡の土産物屋にてアジュラクを広げる男性

また、11日間コースで訪れるチョリスタンでは、周辺の村から村人たちが愛らしいアップリケの作品を持ってきてくれることも。
チョリスタンからインドのグジャラート州にかけては、土漠や砂漠が広がり、水が貴重です。そのため、人々は布を刺繍やアップリケで補強し、大切にしてきました。
sindh-1
チョリスタンで出会った村人たち

パキスタン南部を訪れる人気のコース「シンド・パンジャーブ紀行」。
おかげさまで全コース催行決定しています。是非ご検討ください!

11月07日(金) ~ 11月17日(月) 東京発着 11日間 催行決定
12月26日(金) ~ 01月05日(月) 東京発着 11日間 催行決定・残席わずか!
12月27日(土) ~ 01月02日(金) 東京発着 7日間  催行決定
02月06日(金) ~ 02月16日(月) 東京発着 11日間 催行決定

(2014年10月3日現在)

別件ですが、東京・駒場東大前の日本民藝館では、バングラデシュのカンタと日本の東北の刺子の企画展が開催されています。こちらのご紹介はまた別の機会に…。

nakatani_saiyu at 10:20|Permalink

2014年03月19日

皆様日本でとてもお世話になりました。

皆様こんにちは、

日本ではとてもお世話になりました。

私は1月の10日に日本に来まして今度、
3月の21日にパキスタン帰ります。

あと2日間だけ日本にいます。
日本にいる間すごくお世話になりました。

皆様のおかげで日本に来て行きたい所は行かれました。
日本に来て見たい物も見られました。

色々美味しい食べ物もたべられました。
2か月半でだいたい日本の私の興味がある歴史の場所や物
も見られてとても嬉しいです。

それで私が書いたブログも見ていただいてほんとうにありがとう
ございます。

またパキスタンに書いてから時間開いている時書きます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




rehmat_saiyu at 11:42|Permalink

2014年03月03日

2014年パキスタン講演会&説明会 開催いたしました

2014年3月1日、広尾のパキスタン大使館にて「講演会&説明会」を行いました。
たくさんのお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございます。

P3016021

午前中は、麻田豊先生(元東京外国語大学准教授)の講演会。
第一部として<パキスタンの概略>、そして第2部は<音楽を通してパキスタンを見てみよう>との内容で、DVDの上映、最後にはパキスタンで知らない人はいない、という著名なカッワール、ヌスラット
( Nusrat Fateh Ali Khan)の紹介と彼の音楽を鑑賞しました。

麻田先生

昼食は、パキスタン大使館専属のコックさんが腕を振るって用意してくれたパキスタン料理。
こちらのパキスタン料理は本当に絶品です。本日のメニューは、ダール(豆)、チキン、マトンコールマー、チキンビリヤーニー、ナーン、そしてデザート。しっかりとした味の、美味しいパキスタン料理をお腹いっぱいいただきました。

P3016083

午後からの旅行説明会では、観光コースと山旅コース、それぞれ担当からご案内させていただきました。観光の部ではパキスタンの基本情報や旅行事情、そして今年発表しました7つのコースを[クンジュラブ峠]、[カラーシャ]などキーワードに関連付けてご案内させていただきました。
山旅の部では、美しく大迫力のパキスタンの山の写真をご覧いただきながら、それぞれコースのご案内。装備の説明や高山病対策、西遊旅行で行くトレッキングツアーの魅力…などもりだくさんの内容だったかと思います。

P3016215

そして、会の最後には毎年恒例のパキスタン航空無料航空券の抽選会も行われました。
レヘマット・アリさんがくじをひきます。
緊張の一瞬・・・

P3016297

当選された方、おめでとうございます!! ぜひこの航空券、ご利用ください。

P3016133

ご参加の方全員にフンザの干しアンズをプレゼント

P3016245

パキスタングッズの展示

今年もパキスタン大使館のご協力のもと、パキスタン説明会を開催することができました。
2014年もパキスタンの魅力を伝えるべくチームパキスタンx 現地法人SAIYAH ともに
力を合わせて頑張っていきます。


チーム・パキスタン一同

パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら



hashimoto_saiyu at 14:57|Permalink

2014年02月20日

神田明神参拝して豆まき行事をやりました!!

皆さんこんにちは、

この前野本主任と神田明神で豆まきをやりました。
とてもとても楽しかったです。
初めてこのような日本の文化を見ました。
IMG_5004
(神田明神にあるおに)
ものすごく混んでいて交代で豆まきのをやりました。
たくさんの会社員や商売している人も来ました。
IMG_5005
(神田明神の七福神)
イスラーム教では1人の神様アッラーを信じていますが,
日本では色々な神様がいます。
神田明神は商売の神様で、未来の商売がうまく行くように
いっぱいの人々が参拝しました。
IMG_5016
(神田明神に参加した方)
神田明神で税務署所長が面白い話をしました。
商売がうまくできるようにちゃんと税金を払ってくださいと言いました。
豆まきでたくさんのみかんと豆を取りました。
さいわいなことに皆より私の身長が高くていっぱいの物を取りました。
IMG_3031
(そろそろ豆まきが始まります)

IMG_3032
(よしたくさんの物をとりましょう)
神田明神の豆まきの行事で日本の有名な女優と俳優も来ました。

IMG_5029
 (神田明神に来た女優と俳優)
イスラーム教の行事の多くは動物を生贄にしてお祝いします。
イスラーム教では、こんな行事はないので、初めて、見てびっくりしました。

神田明神は面白くて楽しかったです。

Rehmat Ali
アリ

パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら


rehmat_saiyu at 11:58|Permalink

2014年02月13日

パキスタン日本語ガイド、アリの日本体験!東京タワーへ行きました!

皆様こんにちは、

先週東京タワーを見て来ました。とても楽しかったです。
高い所に上って見たいと言う夢がかないました。
電車に30分ぐらい乗って出口から出たらちょっと
遠くに東京タワーが見えました。
IMG_4972
東京タワー

歩いて約15分で近くに見えまして最初写真を取りました。
夕方の時間でしたので赤い電気がついていて、
遠くからきれいに見えました。
高いたてものを近くから見れたのは私にとって初めての経験でした。
高くてずっと上まで見ようと思いましたが、
あまりにも高くてだんだん首が痛くなりました。

東京タワーの近くにある高いビルも低く見えましたのでもっとこわかったです。

IMG_4968
東京タワーの150メートルの展望台から取った写真

それから日本人の友人が上りましょうと言いました。
高い所から下を見るのはにがてなので最初断わりました。
しかし、「ここまで来てタワーに上らないとここに来る意味がない」て言われたから,
友人と上りました。

最初150メートルまで上りました。
エレベーターでだんだん高い所まで上って行ったら心がどきどきしました。
上って150メ―トルまで行ったらもうこわくなって、
下を見たら長い時間いることができなくなってしまいました。
友人が「さらに100メートル上りましょう」と言ったのですぐことわりました。
そして「早く下りましょう」と言いました。
IMG_4967
明るい時に取った東京タワーの写真

しかし、150メートルでもゆれたと感じたのでこわかったです。
もし高い所にいた時地震が来たらどうしようと思いました。
昔から日本でよく地震があると聞きましたのでこわくなりました。

それから早く下りられましたので安心しました。
こんど友人と一緒にスカイツリーに上るよていがありますが、
ぜったいに上りません。

私の人生で高い所に上るのはこれが最初でしたが最後にしました。


rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら



rehmat_saiyu at 17:09|Permalink

2014年01月30日

パキスタン日本語ガイド、アリの日本体験 上野にある国立博物館に行きました!!

皆様こんにちは。
先週日曜日会社の休みで友だちと一緒に上野にある、
東京の国立博物館に行きました。
とても楽しくていい勉強になりました。

私は仏教に興味がありまして、いっぱいの仏像を見ました。
仏像の中で観音菩薩がほとんどでした。

石や土や漆喰で作った仏像がもっとたくさんあると思っていましたが、
石や漆喰の仏像は少なかったです。

パキスタンの仏像は漆喰や石ですが、
初めて木で作った仏像を見てびっくりしました。

木で作った仏像をそんなにきれいに彫刻したなんて信じられないです。
六世紀から八世紀の奈良から持って来た仏像がたくさんあり
こんど機会があれば奈良に行って見たくなりました。

IMG_4980
木で作った仏様の仏像

IMG_4991
仏様の仏像

日本の歴史はだいたい紀元後3世紀と思ったけどもっと古い歴史
があるなんて知りませんでした。
上野の国立博物館に展示された物は紀元前の物もあって
感動しました。

IMG_4988
紀元前に造られた像

これからは奈良や鎌倉に時間があれば行って見たいです。

行きたい所がまだまだあります。
日本に来て新しい体験を楽しんでいます。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




rehmat_saiyu at 14:27|Permalink

2014年01月17日

パキスタン日本語ガイド、アリの京都の体験!!

皆様こんにちは、
日本到着してから西遊旅行の社員旅行で京都に行きました。
私の夢の一つがかないました。

京都はとても古い歴史を持っている町です。
京都は日本の古い都でした。
京都に色々な神社やお寺があります。
私は日本の友だちと一緒に京都の金閣寺や八坂寺や清水寺
の観光してとても楽しかったです。
日本に来る前、日本人がお寺や神社に行ってお祈りしないと思いましたが
たくさん日本人がお参りに来るのを見てびっくりしました。

京都に行くという夢がかない、私はとても満足です。

そして社員旅行のイベントの一つで初めて舞子さんを見ました。
日本人の何人かの友だちも「舞子さんと初めて会いました」と言いました。
日本人もなかなか舞子さんを見ないと知ってびっくりしました。
なかなか日本人も見えない物も見られて本当に日本に来られてよかった
と思っています。

IMG_20140111_084123
清水寺にはお地蔵様がたくさんありました。

IMG_1947
舞子さんとゲームをしました

これからこのブログで初めて日本の体験を
いろいろ書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら


rehmat_saiyu at 10:06|Permalink

2014年01月14日

パキスタンより日本語ガイドのアリさんが来日!!

1月10日、寒さ厳しい成田空港に、パキスタンツアーでおなじみの
現地日本語ガイドアリさんが到着しました。
3月中旬まで西遊旅行東京本社にいる予定です。


*********************************************************
皆様私はパキスタンからまいりましたアリと申します。
先週日本に着きました。海外は初めての経験です。
ずっと昔から日本に来る夢でしたが、やっと来れました。

IMG_20140110_121116


これからこのブログで初めて日本の体験を
いろいろ書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

rehmat ali レヘマット アリ


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら



rehmat_saiyu at 13:33|Permalink

2014年01月07日

「世界の秘境40」で紹介したパキスタン

西遊旅行は2013年12月をもって創立40周年を迎えました。
そこで、記念本として「世界の秘境40」を幻冬舎より出版。

世界の秘境40 パキスタン (4)
パキスタン記事の執筆担当の一人、中谷愛

「記念」といっても、そこにはこれまで取り扱ってきたデスティネーションへの思いがいっぱいです。
「パキスタン」は40あるテーマのうち4つのテーマとして紹介しています。

テーマ02.ふるさとへ帰ろう 桃源郷フンザ
テーマ03.カラーシャの谷へ
テーマ39."Killer Mountain"ナンガパルバット
テーマ40.K2展望地コンコルディアへ バルトロ氷河を歩く

世界の秘境40 パキスタン (3)
大好きなフンザの景色を紹介

世界の秘境40 パキスタン (2)
「秘境を旅するヒント」のページでは、映画「草原の椅子」、フンザの干し杏、フンザの帽子も紹介。

西遊旅行 世界の秘境40 パキスタン (3)
本の最終章のテーマを「コンコルディア」で飾れたことはパキスタン担当としてもうれしい限り。
各章は西遊旅行でこれまでパキスタンの旅を担当、添乗・コーディネートしてきたスタッフによる記事・写真で構成されています。

パキスタンに行ったことのない人にも、行ったことのある人にも見ていただきたい、思い入れたっぷりのパキスタンの記録です。

西遊旅行 Team Pakistan パキスタン担当

本の詳細、購入に関してはこちら 「世界の秘境40」 


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




sawada_saiyu at 13:44|Permalink

2013年12月22日

パキスタン講演会&旅行説明会 2014 のお知らせ

2009年3月20日フンザ滞在 (135)

西遊旅行でも毎年恒例となった、パキスタンについての講演会と旅行説明会を開催いたします!
今年は、東京会場では麻田豊先生(元東京外国語大学准教授)による講演会やパキスタン料理のランチもご用意。

【東京】 3/1(土) 10:30~16:30
会場:在日パキスタン大使館
定員:100名様  参加費:500円 (昼食代金)

【大阪】 3/2(日) 13:00~16:30
会場:大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

そして、今年の説明会では・・・
パキスタン航空■パキスタン航空無料航空券を1名様にプレゼント
パキスタン航空の協賛により、パキスタン往復航空券を抽選で東京・大阪 会場からそれぞれ1名様にプレゼント。弊社の募集型企画旅行ご参加の際にもご利用いただけます。





フンザのアプリコット■ご参加者全員にプレゼント
フンザのドライ・アプリコット(杏)を参加者全員の方にプレゼントさせていただきます。





■東京会場では「まだまだ知らないパキスタン講演会」を開催
講師:麻田豊先生(元東京外国語大学准教授)
東京説明会では、日本でも映画祭で高い評価を受けたパキスタン映画「神に誓って Khuda KayLiye」(2007)、「Bol~声をあげる」(2011)の日本語字幕を監修、またウルドゥー文学、インド・イスラームについて長年研究されてきた麻田先生をお招きし、お話しいただきます。

パキスタンからは、西遊旅行現地事務所SAIYAHのガイド、ラフマット・アリが来日し参加する予定です。

パキスタンの旅にご興味のある方、何度もパキスタンに足を運んでいる方も是非、ご来場をお待ちしております!

西遊旅行 Team Pakistan パキスタン担当


◉詳しくはこちらをご覧ください→パキスタンを知ろう!パキスタン講演会と旅行説明会


sawada_saiyu at 12:11|Permalink

2013年02月27日

2013年パキスタン講演会&説明会 終了いたしました

2013年2月23日、広尾のパキスタン大使館にて「講演会&説明会」を行いました。
100名を超えるお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございます。

朝は、上部フンザのゴジャール地域の農村開発を研究され、フィールドワークとして足繁くこの地に通われている日本大学教授の水嶋先生をお招きし、カラコルムハイウェイの現状、中・パ国境のクンジュラブ峠の役割、ワヒ族の暮らし、農村開発の流れなどお話していただきました。DSC_0908


午後からの旅行説明会の間には、パキスタン大使館お抱えコックさんが腕を振るったランチタイム。
ここのパキスタン料理は絶品で、毎年我々スタッフも楽しみにしています。100名分のお食事の支度ということで朝からキッチンは大騒ぎでした。ダル(豆)、チキン、マトンコールマー、チキンビリヤニ、ナンなど、しっかりとした味の美味しいランチに舌鼓を打ちました。DSC_0911


午後からの旅行説明会では、山チームからは夏がベストシーズンのパキスタントレッキング、観光チームからは映画「草原の椅子」の舞台になっているフンザやバルティスタンのコースをご紹介しました。DSCN5152


そして、毎年恒例のパキスタン航空無料航空券の抽選会も行われました。パキスタンから日本語ガイド・サリームさんが来日し、緊張の抽選会。来年ももちろんこの抽選会は予定していますので、是非振るってご参加ください。
DSC_0988


今年も1年、パキスタンの豊かな魅力を伝えるべくチームパキスタンx 現地法人SAIYAH ともに
力を合わせて頑張っていきます。是非みなさま、パキスタンに遊びに来てください。

**日本語ガイド・サリームさんから皆さまへのご挨拶の一部
「日本には百聞は一見にしかずということわざがあります。パキスタンの素晴らしさもパネルの写真や
言葉からだけでは伝わりません。是非来て見てください」



chika murata  



murata_saiyu at 20:41|Permalink

2013年02月04日

パキスタン映画DVD上映会 「BOL~声をあげる~」 ご報告

去る、2月2日土曜日にパキスタン映画DVD上映会 「BOL~声をあげる~」をICI石井スポーツにて開催いたしました。
沢山の方にご来場いただき誠にありがとうございました。
お陰様を持ちまして、大盛況のうち閉会させていただくことが出来ました。

今回は、日本語字幕を監修され、ショエーブ・マンスール監督ともご友人である、インド・イスラーム研究者の麻田豊先生をお招きし、映画のみどころなど先生ならではの映画紹介をお話しいただきました。

映画上映前には、映画内で出てくる用語の解説などをしていただき、
また上映後には、パキスタンには日本の倍の人口があり才能のある人材がたくさん眠っていること、いろいろなやりたいことがあっても実現できず、夢を描き続けて生きている人々がいることなどを語ってくださいました。

bol


今回、予定が合わず会場にご参加できなかった方もいらっしゃると思いますが、
3月23日(土)には東京で、24日(日)には大阪で「パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会」も開催いたしますので、そちらにもぜひいらしてください。

また、ウェブサイトでもパキスタンの魅力に迫るコンテンツを随時更新しています。是非あわせてごらんください。

■パキスタン観光ツアーはこちら
□パキスタントレッキングツアーはこちら
■パキスタン個人旅行はこちら

□パキスタンエリアガイドはこちら
■パキスタンみどころマップはこちら
□パキスタン基本情報はこちら
■フンザ徹底ガイドはこちら

nakatani_saiyu at 17:08|Permalink

2012年12月22日

2月23日 パキスタン説明会開催

h2_paki

毎年恒例となりましたパキスタン大使館で行う説明会を2013年も行います。

パキスタン旅行の最新事情、今シーズンの特別企画、パキスタンの山旅など、
担当から詳しくご案内いたします。

東京会場では水嶋一雄先生(日本大学教授)による講演会行います。
水嶋先生はパキスタン北部地域ゴジャール地区や、シムシャール渓谷に暮らすワヒ族の農牧業と生活基盤の変化、灌漑システム、地域開発による生活の変化などについて研究されていらっしゃいます。
長年のフィールドワークで収集された貴重な写真とともに、昔ながらの暮らしを続ける人々の生活文化や風習についてお話していただきます。

また、大使館お抱えコックさんが作る好評のパキスタン料理のランチを今年もご用意しています。

更に、フンザ出身の控えめな性格と穏やかな笑顔が人気の日本語ガイド・サリーム氏が来日。
なんと彼は、2月23日公開の映画「草原の椅子」に出演しています!

チームパキスタン一同、皆さまのご来場をお待ちしています。
まだパキスタンへ行かれたことのない方は、パキスタンへのイメージが一変されること
請け合いです。


説明会詳細は→こちら

chika murata


チームパキスタンがご案内 春のパキスタンツアー続々催行決定

3/22発 花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間 (東京発着)  催行決定

3/22発  春の大パキスタン紀行  18日間 (東京発着)       催行決定

3/23発 花の桃源郷フンザとバルティスタン 13日間 (大阪発着)  間もなく催行決定

3/27発 シムシャール村・タガムの祭りと杏の里めぐり 15日間 (東京・大阪発着)  満席

3/29発 花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間 (東京発着)  催行決定

3/29発 花の桃源郷フンザを歩く 11日間 (東京発着)  催行決定

3/30発 花の桃源郷フンザとバルティスタン 13日間 (大阪発着)  間もなく催行決定

4/5発  花の桃源郷フンザとバルティスタン 11日間 (東京発着)  催行決定

4/5発 花の桃源郷フンザを歩く 11日間 (東京発着)  催行決定

※上記催行状況は1/10現在のものです。最新の状況はチームパキスタンまでお尋ねください。


murata_saiyu at 17:10|Permalink

2012年12月16日

続々出発確定  最後の桃源郷フンザへの旅

Picture 038

私たちチームパキスタンにとって、とっても大切な季節がまたやってきます。
3月のフンザへの旅は、私たちにとっては新年の仕事初めのような気分です。
毎年、今ごろになると誰が春のフンザへ行くかと話が持ちきりになります。

IMG_0065

あの景色を見るといつも、優しい気持ちにさせられます。
来る人を優しく歓待する、人を「戻ってきた」気持ちにさせる桃源郷フンザ。

DSC_0151

毎年のように春のフンザへ添乗員としてご一緒させていただいていますが、
ほとんどのお客さまは「パキスタンに持っていたイメージと全然違うところだった」と
いう感想を持って帰られます。

DSC_0344
白銀の高峰、薄ピンクに染まった渓谷、穏やかな人の笑顔・・・。
凝った体も心も癒してくれるところです。


chika murata

<日本初!フンザを舞台にした映画「草原の椅子」 2月23日公開>
http://www.sougennoisu.jp/



murata_saiyu at 13:58|Permalink

2012年12月09日

パキスタン映画DVD上映会 「BOL~声をあげる~」開催決定!

みなさま、「パキスタン映画」といえば、どんな映画を想像されますか?

私がラーホールに住んでいた8年前、パキスタン人の友人たちは口を揃えて言っていました。
「パキスタン映画はバイオレンスばかりで面白くない」
「見る価値がない」
「パキスタン映画を見るくらいなら、インド映画を観たほうがいい」

MOVIE
パキスタン映画(イメージ)

(もちろん、その当時もよいパキスタン映画はあったのかもしれませんが…)

当時、パキスタンの映画館ではインド映画は殆ど上映されていませんでした。
にもかかわらず、皆テレビや(恐らく海賊版の)DVDなどでインド映画ばかり観ていました。

昨年9月に福岡で開催された「アジアフォーカス福岡国際映画祭」で、そんなパキスタン映画 「BOL~声をあげる~」が福岡観客賞を受賞!

その後10月に東京・大阪で開催される「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」で、数々のインド映画とともにその映画が上映されると聞き、さっそく観に行ってきました。



舞台はラーホールの旧市街。現代の話でありながら、今も残る父権社会の因習や男女格差などパキスタンの抱える問題がこれでもかと突きつけられます。

untitled2
厳しい因習をなんとか改善しようと懸命に生きる主人公ザイナブ

それでも強く生きようとする若者たちの姿、旧市街の美しい建物やパンジャーブの農村風景、タワーイフ(高級娼婦)がいるヒーラーマンディーの人々の暮らし…映画の魅力にすっかり引き込まれてしまう2時間半でした。

untitled4
高級娼婦ミーナー

untitled
ザイナブの家庭とは対照的にリベラルな家庭で育ったムスタファー

「こんなに素晴らしい映画に、日本語字幕まで用意されているのに、日本で3回しか上映されないなんてもったいない」。この映画の字幕を監修された麻田豊先生に、映画上映会をやりたいとご相談しました。

麻田先生はじめ、多くの方のご協力のおかげで、来年2月に映画上映会を開催することが決定しました。
当日は、麻田先生に映画のみどころをご紹介いただき、簡単な解説書もご用意する予定ですので、パキスタンのことを全く知らない方でもお楽しみいただけるのではないかと思います。

貴重な機会ですので、是非見にいらしてください!
座席数に限りがありますので、お手数ですが事前にお申し込みをお願いいたします。

詳しくはこちら

※画像・動画は公式ホームページから引用しました。

nakatani_saiyu at 08:18|Permalink

2012年08月29日

2012年の夏もラマダンもイードも終わり。SAIYAH便り

イスラマバードのSAIYAHより、久しぶりの便りです。

8月20日、ひと月続いたラマダン(絶食月)が明け20~22日の3日間、イードのお休みがありました。今年のラマダン期間中は夏休みにあたり、おかげさまでたくさんのツアーがありました。SAIYAHではラマダン期間中に働くガイドやコック、ドライバーはサービスと安全のために基本的に絶食をしていません。これはコーランの教えのなかにも「旅行中の人は絶食をしなくてもいい、ただしその後に絶食しなかった日数分の絶食をすること」とあるからです。今年はずいぶん多くのスタッフが、ラマダン後に「補償」として後日、絶食をすることになりました。

●DSC00033ラマダン期間中、SAIYAHではイフタール(一日の断食後の最初の食事、「断食を破る食事」)をオフィス前の駐車場で出稼ぎにきている人や十分な食事ができない人たちに振る舞いました(右写真)。
イフタールは皆で仲良く食べることが良いとされています。初めは10人ほどでしたがラマダンが終わるころには100人近くに。イード前にはみんな故郷に帰り始め、そして料理を作るコックさんも帰郷、それぞれが家族とイード過ごしたようです。

SAIYAHでのこの夏一番の話題は、映画「草原の椅子」のパキスタン・ロケでした。スタッフ総動員でスカルドゥ、フンザをめぐり映画撮影のお手伝いをしました。パキスタンではこれまで、「報道」とか「ドキュメンタリー」などの撮影はあっても日本の「映画」というのは初めてのこと。日本語ガイドだけでなく、車両チームまで手伝いに参加、映画作りにかかわれたことを貴重な経験と思っています。
この映画をきっかけにまた、パキスタンに興味を持ち、訪問するお客様が増えてくれればと思っています。映画は来年の初春に公開予定とのこと、われわれパキスタン人スタッフもそのときには日本へ行き、「日本の映画館」でこの作品、パキスタンの映像を見ることを今から楽しみにしています。

イスラマバードより、ヨーセフ
Yousaf Akhtar -SAIYAH

sawada_saiyu at 18:42|Permalink