パキスタン旅行事情

2018年06月06日

待ち時間も楽しい!イスラマバード国際空港

2018年5月にパキスタンの首都・イスラマバードに開港した新空港、その名もイスラマバード国際空港 Islamabad International Airport

前回記事では弊社専属の日本語ガイド、サリームさんが開港翌日に撮影してきてくれた写真をご紹介しました!

この空港は、旧国際空港に比べてパキスタン各地のアートにふれられるように工夫されているとパキスタンのニュースで読み、また、雑誌「きんと雲」パキスタン特集号で取材したトラックアーティスト、ハイダル・アリさんが装飾の一部を担当したと仰っていたこともあり、サリームさんにデコトラ装飾を見つけたら追加で写真を撮ってもらうようお願いしていました。
すると、さっそくサリームさんが追加の写真を撮ってきてくれました!

AE68BD82-C065-4D95-A059-A4A17C357FE6

なんと、場所はターンテーブルのようです。

FFB4A899-DDE6-44D5-8AEE-944DB5C0F538

奥の壁に描かれているのは。。

516828E3-EF1F-4348-B1AF-3A48714E3D1F

デコトラ!

90270749-804D-4A9E-8ECA-5DD5F2845FB1

デコトラ!

79821DCE-E5FA-4319-9A70-E57CAE907399

デコトラの全面、側面、背面のデザインが、壁一面に描かれています!

C2844CDB-7215-48B8-A065-8BACD91E8B8F

時には荷物が出てくるまでものすごく待たなければならない、このターンテーブル空間。新空港では、壁の装飾を楽しみながらお待ちいただくことができるようです

C5D56589-0EDD-4513-AD82-58CB9616AE2A

そして、今度はハイダルさんに、どの装飾を担当されたんですか?と写真を見せて聞いてみました!すると、

今回の空港装飾プロジェクトの中で、トラックアートだけでも10以上の地域から40人以上のトラックアーティストが集結し、分担して装飾を担当したとのこと。その中で、このターンテーブル奥の装飾の中では、

EF1507D7-5C0C-4EE8-8753-16D639EE8C6D

この絵をハイダルさんとその仲間が描いたとのこと(イスラマバードのシンボル、ファイサルモスクの上下に、ようこそ!イスラマバードと描かれています)。また、空港の他の場所に飾られている、

E60D2948-C765-49DE-BE73-7F2AD79FFDFF

こんな絵や、

D1B72E4D-7280-41D4-BD38-A8431DDD5AA0

こんな絵も担当されたとのこと。さらに、

498E0474-CE4D-4043-98E1-33010A1C1560

空港用の絵を準備している時に撮影した写真もお送りくださいました!

0788B067-46DE-4140-87C7-B2F67273FAA3

20627645-6F38-48B0-B22A-B434CE753373

尚、余談になりますが、ハイダルさん率いるトラックアーティスト集団「プールパッティ」は、現在ヨーロッパ〜アメリカでのお仕事旅行中。

ブルガリアではデコトラ柄のバスや路面電車が街を走り、ドイツでは車や自転車に、オーストリアではギャラリーの床にデコトラ柄を描き、現在はアメリカにいらっしゃるようです。

ハイダルさんと仲間たちは、パキスタンのイメージをネガティブなものからポジティブでカラフルなものにできるよう、今日も活動を続けています!

090247E3-DAB4-4D04-9292-DF66BD4E838F

ハイダル・アリさん@アメリカ

Photo by Saleemullah Baig , Haider Ali


nakatani_saiyu at 17:00|Permalink

2018年05月10日

イスラマバードに新しい国際空港が完成!

5月4日、パキスタンのイスラマバードに新しい空港が誕生しました!その名も

イスラマバード国際空港 Islamabad International Airport

です!

今までお世話になった、ベナジール・ブットー国際空港とはお別れです。。

今回は、パキスタン・フンザ出身の日本語ガイド、サリームさんが、早速新しい空港の写真を撮ってきてくれたのでご紹介します

31945229_10216695627761855_9041745098336894976_n

以前のベナジール・ブットー国際空港に比べて、びっくりするくらい綺麗になったイスラマバード国際空港。

31913934_10216695627601851_6092709832941371392_n

2階建になり、中央には長い階段やエレベーターが作られました。パキスタンのみなさんの中には、こんなに長いエレベーターを見たことがない人が多く、びっくりした人もいたそうです。

31901813_10216695625481798_7442441449313927168_n

パキスタンの首都、イスラマバードの町からカシミールハイウェイなどを使って大きいバスなら30〜40分で新空港に到着します。

31905665_10216695627441847_8327130813082632192_n

空港が新しくなって、一番良かったのは、駐車場が広くなったことだとサリームさん。大型バスも駐車できるようになりました。

以前の空港ではバスが近くまで入れず、お客様には荷物を持って歩いて移動していただかなくてはならなかったからです。

31947722_10216695623401746_8235622493277126656_n

空港が実際に使われ始めたのは5月5日。この日は巡礼から帰ってくる人が多く、外の芝生に座ってご飯を食べている人の姿も見られました。

また、以前皆様にお送りした冊子「きんと雲」のパキスタン特集号でご紹介した、トラックアーティストのハイダル・アリさんが「新しい空港の装飾を担当しているんだ〜」と仰っていましたが、今回のアートチームのリストの中に、本当にハイダルさんの名前が!

内部の装飾の様子は、こちらのリンク先からご覧いただけます

トラックアートのほかにも、現代アート、書道、絨毯、木彫り、タイル装飾まで、パキスタンの様々な「美」を一度に堪能できます。

パキスタンにご旅行に行かれる方は、ぜひ新しくなった空港と、空港内のアートにご注目ください!

Photo by Saleemullah Baig




nakatani_saiyu at 11:30|Permalink

2018年02月09日

【2/24(土)2/25(日)東京・大阪開催】イベント「パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会」

いよいよ今月末に迫ってきました、西遊旅行恒例のイベント「パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会」

パキスタンを何度も訪れている西遊旅行のスタッフが、パキスタンの基本情報や、パンフレットでは伝えきれないそれぞれのツアーの魅力をご説明します。

パキスタンってどんな所なんだろう?治安は?現地での服装は?旅の予算は?などなど、どんなことでも、お気軽にスタッフにご質問ください

東京会場・パキスタン旅行説明会は、シルクロード情緒溢れるレストラン「キャラヴァンサライ パオ」をお借りしての開催。チャイと軽食をご用意しております。

東京会場・トレッキング説明会では小松 由佳さんによる講演会を予定しております。小松さんは、日本人女性として初めて世界第二の高峰K2を登頂された方。あの山の頂上からは、一体どんな景色が見えたのでしょうか?お話をお聞きするのが楽しみです!

27
バルトロ氷河・コンコルディアから望むK2

大阪会場では、説明会のあとに心斎橋のAli's Kitchenにて懇親会&お食事会を企画しました。パキスタン料理として、日本で初めてミシュランビブグルマンに掲載された人気のレストランです!

この機会に是非、一人でも多くの方にパキスタンの事を知っていただければと思います。
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

IMG_4212
※写真は2017年の懇親会の様子です。今年とは会場が異なります。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタン旅行説明会
2/24(土) 14:00~16:30 (開場13:30)

会場:キャラヴァンサライ パオ(東中野)
定員:40名様  参加費:無料
※途中、チャイと軽食をご用意してのチャイブレイク有り

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタントレッキング説明会
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料
講演会
講師:小松 由佳さん
2006年、"世界で最も困難な山"と称される世界第二の高峰K2(8,611m)に日本人女性として初めて登頂を果たした小松 由佳さんをお招きし、 K2登頂時のエピソードやカラコルムの山々の魅力についてお話しいただきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
■トレッキング説明会:13:00~14:45
■観光説明会:15:00~16:30
会場:西遊旅行大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 懇親会&お食事会
2/25(日) 18:00~19:30
会場:Ali's Kitchen(心斎橋)
定員:20名様  参加費:2500円(雲の会会員様:1500円)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お申し込み ・お問い合わせ方法
ご参加の際は、事前にインターネットまたは電話にてご予約ください。
インターネット:お問い合わせフォーム
電話:フリーダイヤル 0120-811391


※詳しくはこちらのページをご覧ください。

nakatani_saiyu at 17:01|Permalink

2018年01月12日

【イベント情報】パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会

3月からの杏の季節を皮切りに、2018年パキスタン北部の観光シーズンがスタート
パキスタンの観光ツアーから山旅まで、旅行の最新事情、今年の新企画など担当から詳しくご案内するイベント「パキスタンを知ろう!パキスタン旅行説明会・講演会」を今年も開催いたします

12

東京会場・トレッキング説明会では小松 由佳さんによる講演会を予定しております。この機会に是非、一人でも多くの方にパキスタンの事を知っていただければと思います。

説明会の後には個別の旅行相談会も開催。団体ツアーだけでなく、個人旅行のご相談も承ります。スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタン旅行説明会
2/24(土) 14:00~16:30 (開場13:30)

会場:キャラヴァンサライ パオ(東中野)
定員:40名様  参加費:無料
※途中、チャイと軽食をご用意してのチャイブレイク有り

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【東京】 パキスタントレッキング説明会
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料
講演会
講師:小松 由佳さん
2006年、"世界で最も困難な山"と称される世界第二の高峰K2(8,611m)に日本人女性として初めて登頂を果たした小松 由佳さんをお招きし、 K2登頂時のエピソードやカラコルムの山々の魅力についてお話しいただきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 パキスタン旅行説明会(トレッキング、観光)
2/25(日) 13:00~16:30 (開場12:30)
■トレッキング説明会:13:00~14:45
■観光説明会:15:00~16:30
会場:西遊旅行大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【大阪】 懇親会&お食事会
2/25(日) 18:00~19:30
会場:Ali's Kitchen(心斎橋)
定員:20名様  参加費:2500円(雲の会会員様:1500円)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お申し込み ・お問い合わせ方法
ご参加の際は、事前にインターネットまたは電話にてご予約ください。
インターネット:お問い合わせフォーム
電話:フリーダイヤル 0120-811391


※詳しくはこちらのページをご覧ください。
※上記は2017年1月12日現在の情報です。

nakatani_saiyu at 06:13|Permalink

2017年01月16日

ラホール旧市街の風情を楽しむフードストリート

パキスタンの古都ラホールの世界遺産、ラホール城と、その向かいにあるバードシャヒーモスク。

その2つの建築物の南側は、ヒーラーマンディー、ダイヤモンドストリートと呼ばれていました。

夜になると踊り子たちが舞い、それを楽しみに男たちが集まっていたこの通り。治安の関係で観光客が近づきにくい雰囲気がありましたが、近年リノベーションされ、歩行者天国のフードストリートになりました。

image

バーベキューの香りに包まれる夜のフードストリート。

image

カリミーリーチャエ(カシミール地方のナッツ入りのピンクチャイ)などの屋台もでます。

image

踊り子たちはいなくなり、かわりに着飾った家族連れが訪れる観光スポットになりました。

image

当時使われていた建物がギャラリーとして修復、公開されています。

当時置屋として使われていた建物はホテルやギャラリーになり、ルーフトップレストランからはすばらしいバードシャヒーモスクのライトアップが見られます。

image

レストランのひとつ「Haveri」は一番展望が良いのでオススメです。

その他にも、ラホールを周遊する観光バスが毎日運行していたり、観光用の豪華なリキシャーが走っていたりと、観光に力を入れているラホール。外国人観光客の姿はあまり見られませんが、地方から多くの国内旅行者が訪れ、古都の雰囲気を楽しんでいます。

(写真・文 中谷愛)

nakatani_saiyu at 19:13|Permalink

2016年02月23日

【いよいよ今週末!】2/27(土)パキスタン講演会&旅行説明会@東京

東京本社の中谷です。

いよいよ今週末に迫ってきました、パキスタン講演会&旅行説明会。
絶賛お申し込み受付中でございます。

今回は、当日の見どころをご紹介いたします。

見どころ① 麻田豊先生講演会を開催!!
元東京外国語大学準教授の麻田豊先生より、パキスタン北東部・バルティスタン地域を中心にお話しいただきます。バルティスタン地域ってどこ??という方は、以下の図をご覧ください。

map_g


四季折々、美しい姿を見せるバルティスタン。チベット文化圏の西端でもあり、文化的、民族的にも大変興味深い土地です。また、インドとパキスタンが分離・独立する前、中国や中央アジアからやってきた人々は、バルティスタン地域、カシミールを経てインドへと旅していました。東西の文化が交錯する、交通の要衝でもあったのです。以下はバルティスタンの春、夏、秋のお写真です。

bartistan (4)
春、杏の花咲くシガール渓谷。

bartistan (1)
カシミールの影響を受けた建築様式のモスク。木製です。同じ形のモスクはインドのシュリーナガルにも残っています。

bartistan (2)
夏。カラコルムハイウェイとバルティスタンをつなぐ通称「スカルドゥロード」より、氷河の雪解け水でコーヒー色になったインダス川。インダス川は、チベットを源流とし、ラダックを流れ、バルティスタン地域を経て南へ。パキスタンを縦断し、アラビア海へ流れ込みます。

bartistan (3)
秋。スカルドゥよりインダス川に沿って35キロ地点のショク川との合流地点付近。ここからインドへは95キロ(現在は閉鎖)の道程で、古のカシミール・シュリーナガルへの交易路にあたる道です。 ポプラが黄金に色づき、雪解け水が流れなくなった川は青く輝きます。

そんなバルティスタン地域を、1980年代から訪れている麻田先生。今回は、昔の貴重なお写真や、バルティ語の音楽、音声もお持ちくださるとのことです。この機会をぜひお見逃しなく!

見どころ② パキスタン航空航空券を1名様にプレゼント!
毎年恒例、パキスタン航空の航空券抽選会を開催いたします。
弊社のツアーにもご利用いただけます。ぜひご参加ください。

見どころ③ 弊社添乗員による、パキスタン旅行説明会を開催!
現役添乗員による、旅行説明会を開催いたします。
対象コースは、特集パンフレット「シルクロードの旅」掲載の7本と、花の桃源郷フンザの旅

お席に限りがありますので、ご参加いただける方は、お手数ですが電話・メールにて事前申し込みをお願いいたします。

パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会
【東京】 2/27(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
会場:ICI石井スポーツアースプラザ
定員:50名様  参加費:無料


nakatani_saiyu at 10:00|Permalink

2015年05月21日

夏の桃源郷・フンザへの誘い

こんにちは。
東京本社の山口です。

いつの間にか夏が近づいているのを感じますね。
日中はポカポカと温かい空気に包まれて、清々しい気分になる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は夏季のフンザをご紹介をさせていただきます。








夏のフンザは、新緑の眩しい温暖な季節です。
温暖と言いましても、標高が高いフンザでは日本の夏より涼しく感じます。

1
【ホテルから一望するフンザ谷】





また、夕方から夜にかけて、ディラン(標高7,257m)に夕陽が当たります。
星空に包まれるフンザ渓谷に、最後まで夕陽の微かな光が当たり、幻想的な雰囲気に息を呑むことでしょう。

2
【星空の中、夕陽の微かな光を浴びるディラン】






フンザの朝陽は、ドゥイカルの丘から綺麗に見えます。
目の前にはディラン、右方向にはラカポシ、そして、背後にはウルタルとフンザピーク、レディフィンガーが聳え、フンザから見える高峰群を一望することが出来ます。

3
【力強い朝陽を浴びるラカポシ】

また、1974年まで藩王国として存在していた「フンザ」には弓矢という意味があり、その藩旗には弓矢が描かれています。藩旗はかつての藩主の居城であり、フンザの象徴でもあるバルチット・フォートにて見ることができます。

4
【バルチットフォート】


800年以上の歴史を持つ藩王国時代、藩主の居城だったバルチット・フォート。1990年代に修復が行われ、現在は当時の伝統を偲ぶ博物館となっています。 15世紀にチベット文化の影響を持つバルチスタン地方(スカルドゥ)の王女を迎えたことから、この建築様式にはチベット文化の影響が見られます。


5
【バルティットフォートからフンザを一望】


そして最後に、パキスタンの夏と言えば、マンゴーの美味しい季節です。
南部で採れたマンゴーは、カラコルムハイウェイの長い道のりを経て、フンザにもやってきます。
とっても美味しいマンゴーを是非一度召上ってみて下さい。

6
【露天にならぶマンゴー】



夏季のパキスタン、いかがでしたか?
寒すぎず、暑すぎず、観光するには気温に恵まれた季節の桃源郷・フンザを是非お楽しみ下さい。



■夏の桃源郷・フンザのツアー■

桃源郷フンザへの旅 9日間


クンジュラブ峠越え パミール大横断 9日間


クンジュラブ峠越え パミール大横断 11日間


最後の桃源郷フンザとバルティスタン


秘境・カラーシャの谷とシャンドゥール峠越え







お問い合わせお待ちしております!
TEL:03-3237-1391(東京本社)
TEL:03-6367-1391(大阪支社)
TEL:0120-811391(フリーダイヤル)



東京本社・山口

yamaguchi_saiyu at 10:23|Permalink

2015年01月24日

パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会のご案内

皆様、今年もこの季節がやってまいりました…!

パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会

【東京】 2/28(土) 会場:在日パキスタン大使館
定員:100名様  参加費:無料
昼食代:300円 (雲の会会員様は無料)

【大阪】 3/1(日) 会場:大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

詳しいプログラムはこちら

東京会場では、立教大学名誉教授の小西正捷先生をお招きし、「南アジア世界の魅力」と題してインダス文明をはじめとする南アジア世界の魅力についてお話ししていただきます。

小西正捷先生は、長年にわたり、南アジアの民族学、考古学を研究され、数多くの論文の執筆はもちろん、パキスタンについて勉強しよう!と思ったときにまず手に取る、「もっと知りたいパキスタン」や「南アジアを知る事典」を監修、編集された先生です。

また、今回はパキスタンよりフンザ出身のコックが来日。東京会場のパキスタン大使館ではパキスタン料理とフンザ料理のランチボックスとドリンクを、大阪会場ではパキスタン、フンザのスナックとチャイをご用意しています。

pakistan_1
2014年の説明会の様子@東京会場(パキスタン大使館)

山旅説明会では…

来シーズンの新コース、王道のナンガパルバットとラカポシハイキングやバルトロ氷河トレッキングの他、年に1回しか訪れることの出来ないヤク数千頭とワヒ族の人々の大移動を追うシムシャル・パミールなど珍しい山旅もスライドを交えてご紹介します。

pakistan_5
「王道」バルトロ氷河トレッキングの一コマ コンコルディアから望むK2とブロードピーク

pakistan_4
初めての標高5,000m&氷河歩きに!カラコルム5,000m峰登頂と二大氷河トレッキングの一コマ

パキスタン北部旅行説明会では…

カラコルム・ハイウェイ、パミール大横断の旅、独自の習慣を守る人が暮らす秘境・カラーシャの谷の実際の姿と祭。そして杏の花咲くフンザ、黄金に輝く秋のパキスタンの旅。
ご質問の多い、治安状況、旅のベストシーズンや道路状況、宿泊地の様子など最新情報をご案内させていただきます。

pakistan_2
桃源郷フンザの中心地・カリマバード 山の展望が美しい初夏の風景

pakistan_3
秋・ポプラが色づくギルギット北西部の風景

ぜひ、ふるってご参加ください!

パキスタンを知ろう!パキスタン講演会&旅行説明会詳しいご案内はこちら

nakatani_saiyu at 09:00|Permalink

2014年11月14日

黄金の北部パキスタン~10月のパキスタンの景色

今年の北部パキスタンの「秋」の写真です。
10月半ばに山には雪が降り、例年より少し寒かった場所もありました。

10月のパキスタン (6)
上部フンザ、パスーの山並みとポプラ

10月のパキスタン (1)
バツーラ氷河から家畜を連れて降りてきたと言うワヒ族のクッチ

シムシャールの秋
シムシャール村の朝 牛の放牧へ出かける

10月のパキスタン (3)
シャンドゥール峠への登り口で出会った少年。赤ちゃん羊を抱いていました。

10月のパキスタン (4)
マスツージから望むヒンドゥークシュ最高峰ティリチミールの景色

10月のパキスタン (2)
パンダールの吊り橋で

10月のパキスタン (5)
ヤルフーン渓谷の川と村の景色

チトラールの学校
チトラールの山の学校

10月下旬は北部パキスタンが美しさを極めます。
「春の杏の季節」と「秋の黄金の季節」どちらがいい?と良く聞かれますが、いずれも本当にきれいです。
是非、両方とも体験してください。

Photo & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子





sawada_saiyu at 17:09|Permalink

2014年10月29日

パキスタンの羊たち 羊のしっぽ 

お肉の大好きなパキスタン人、その中でも羊は大好物。
あちこちで羊を放牧したり、連れて移動する人々を見かけます。

スワート渓谷で見かけた気になる羊動画です。



かなり気になるしっぽです。後ろ足と尻尾の半分が白く、尻尾をヘンナでそめたものです。この子はオス、まわりの羊はみんなメスです。



毛を刈られた羊たち、尻尾の先だけ毛がのこされていました。これから冬なのに・・・



長い尻尾、短い尻尾、おしりの丸く大きな羊・・・いろんなタイプの羊が歩いていました。

朝の涼しい時間に歩いて草のあるところへ移動、昼は木陰のある草地でゆっくりし、また夕方に移動していきます。

Movie & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子

sawada_saiyu at 12:07|Permalink

2014年07月15日

パキスタンの魅力

先日、最後の桃源郷でもある「フンザ」と世界一高い峠でもある「クンジュラブ峠」へと行ってきました。
抜群の天気の中、1,300kmのカラコルムハイウェイを走破いたしました。

デコトラ工場

デコトラ工場の男たち

カラコルムハイウェイでよく見かけるデコトラは、塗装に家の購入と同じくらいのお金をかけるそうです。
今回は特別に運転席に乗せてもらうこともできたのです。

「眠れる美女」と呼ばれる、恥ずかしがり屋のナンガパルバット峰も、雲のヴェールの隙間から姿を見せてくれました。

ナンガパルバッド

遠方のナンガパルバッド

昼食は迫力満点のラカポシの真下で行い、見上げる絶景にみなさんご満悦の様子でした。

ラカポシ

レストランから見上げるラカポシ峰(7,788m)

日本を発ち4日目……。
私たちはとうとう、「最後の桃源郷フンザ」へ辿り着きました。
連泊3日間。パキスタンにいるとは思えない「温和」な空気に、一同心を癒されました。
連日壮麗な山並みに息をのみ、民家の間を散歩し、フンザの人々の生活に触れることができました。


朝焼けのラカポシ

朝焼けのラカポシ峰

レディーフィンガーとフンザピーク

特徴的な形のレディーフィンガーとフンザピーク

遠望の名峰

遠方に見える名峰(左から、チョコタン・ギルギンディール・ゴールデンピーク)

フンザの街角にて

学校帰りの子供たち


フンザを去る晩には、皆さんの間から「ずっとここに居たい」という声が何度も聞こえました。
土砂崩れでできた湖をボートで渡り、上部フンザのグルミッド村も訪れました。

グルミッドの子供

グルミッド村の双子の少年

グルミッド村の少女

グルミッド村の少女


4,700mという高さのクンジュラブ峠越えに、皆様は不安な様子でしたが、宇宙の荒野を走るような景色に感動の声が漏れていました。
そして岩の隙間にはマーモットが顔を出し、我々を応援しているかのようでした。

中国領に入り、カシュガルへ向けてひたすらにバスを走らせます。
この頃になると、バスでの移動にもみなさん慣れてきていましたね。

カシュガルへ

カシュガルへ向けて

最深部300mの積雪があるといわれる、ムスターグ・アダ(別名:氷河の父)も荒野にあるので、とても巨大に見えました。

ムスターグ峰

カラクリ湖から眺めるムスターグ峰

イスラマバードから峠を越え、新疆ウイグル地区へと、文字通り山あり谷ありの11日間。
「百聞は一見にしかず、パキスタンがあんなにも素晴らしい国だとは思わなかった」と多くの人が帰り際に話していたのが印象深く残っています。
人を魅了する国、パキスタン。

私たちと行きませんか?

▼西遊旅行で行くパキスタンの旅
クンジュラブ峠越え パミール大横断9日間
クンジュラブ峠越え パミール大横断11日間

写真/文:添乗員 森田将平

morita_saiyu at 19:05|Permalink

2014年01月07日

「世界の秘境40」で紹介したパキスタン

西遊旅行は2013年12月をもって創立40周年を迎えました。
そこで、記念本として「世界の秘境40」を幻冬舎より出版。

世界の秘境40 パキスタン (4)
パキスタン記事の執筆担当の一人、中谷愛

「記念」といっても、そこにはこれまで取り扱ってきたデスティネーションへの思いがいっぱいです。
「パキスタン」は40あるテーマのうち4つのテーマとして紹介しています。

テーマ02.ふるさとへ帰ろう 桃源郷フンザ
テーマ03.カラーシャの谷へ
テーマ39."Killer Mountain"ナンガパルバット
テーマ40.K2展望地コンコルディアへ バルトロ氷河を歩く

世界の秘境40 パキスタン (3)
大好きなフンザの景色を紹介

世界の秘境40 パキスタン (2)
「秘境を旅するヒント」のページでは、映画「草原の椅子」、フンザの干し杏、フンザの帽子も紹介。

西遊旅行 世界の秘境40 パキスタン (3)
本の最終章のテーマを「コンコルディア」で飾れたことはパキスタン担当としてもうれしい限り。
各章は西遊旅行でこれまでパキスタンの旅を担当、添乗・コーディネートしてきたスタッフによる記事・写真で構成されています。

パキスタンに行ったことのない人にも、行ったことのある人にも見ていただきたい、思い入れたっぷりのパキスタンの記録です。

西遊旅行 Team Pakistan パキスタン担当

本の詳細、購入に関してはこちら 「世界の秘境40」 


パキスタン添乗員同行ツアーはこちら
パキスタン個人旅行・フリープランはこちら




sawada_saiyu at 13:44|Permalink

2013年12月22日

パキスタン講演会&旅行説明会 2014 のお知らせ

2009年3月20日フンザ滞在 (135)

西遊旅行でも毎年恒例となった、パキスタンについての講演会と旅行説明会を開催いたします!
今年は、東京会場では麻田豊先生(元東京外国語大学准教授)による講演会やパキスタン料理のランチもご用意。

【東京】 3/1(土) 10:30~16:30
会場:在日パキスタン大使館
定員:100名様  参加費:500円 (昼食代金)

【大阪】 3/2(日) 13:00~16:30
会場:大阪支社
定員:25名様  参加費:無料

そして、今年の説明会では・・・
パキスタン航空■パキスタン航空無料航空券を1名様にプレゼント
パキスタン航空の協賛により、パキスタン往復航空券を抽選で東京・大阪 会場からそれぞれ1名様にプレゼント。弊社の募集型企画旅行ご参加の際にもご利用いただけます。





フンザのアプリコット■ご参加者全員にプレゼント
フンザのドライ・アプリコット(杏)を参加者全員の方にプレゼントさせていただきます。





■東京会場では「まだまだ知らないパキスタン講演会」を開催
講師:麻田豊先生(元東京外国語大学准教授)
東京説明会では、日本でも映画祭で高い評価を受けたパキスタン映画「神に誓って Khuda KayLiye」(2007)、「Bol~声をあげる」(2011)の日本語字幕を監修、またウルドゥー文学、インド・イスラームについて長年研究されてきた麻田先生をお招きし、お話しいただきます。

パキスタンからは、西遊旅行現地事務所SAIYAHのガイド、ラフマット・アリが来日し参加する予定です。

パキスタンの旅にご興味のある方、何度もパキスタンに足を運んでいる方も是非、ご来場をお待ちしております!

西遊旅行 Team Pakistan パキスタン担当


◉詳しくはこちらをご覧ください→パキスタンを知ろう!パキスタン講演会と旅行説明会


sawada_saiyu at 12:11|Permalink

2013年04月30日

パキスタン・ジャパン・フレンドシップ・バザール2013 終了致しました!

4月27日(土)と28日(日)に上野公園で開催された『パキスタン・ジャパン・フレンドシップ・バザール』に西遊旅行がブース出展致しました。

両日ともゴールデンウィーク前半のお休みと晴天ということもあり、多くのお客様が遊びに来てくださいました。

pb2
フンザの旅に関するパネル展示やパキスタンのお土産展示コーナー

pb3
たくさんのお客様が西遊旅行のブースに足を運んでくださいました

西遊旅行のブースでは、パネルやスライドによるご旅行案内、フンザの干し杏やお茶のプレゼントを行いました。パキスタンのお土産展示コーナーでは、ペシャワールで購入したブルカの展示が予想以上の人気でした。実際にかぶってお写真を撮る方や、「これは懐かしい、売ってほしい」というペシャワール出身日本在住のパキスタン人の方もいらっしゃいました。

pb5
東京本社中村とブルカをかぶったお客様

ステージでは、ミスター・ハンサム・パキスタンコンテストやエレガント・パキスタンコンテスト、パキスタンの神秘主義歌謡カッワーリーの演奏などが行われました。
レストランブースではカレーやナンだけでなくカタタクやニハリなどパキスタンならではの珍しい料理も並びました。

pb_matsumotoms_1
31名の中から選ばれたミスター・ハンサム・パキスタンコンテスト上位3名(写真提供:松本悠香様)

pb_yoshidamr_2
約30名の中から選ばれた、エレガント・パキスタンコンテスト優勝者(写真提供:吉田悟様)

土曜日はゲストとしてアントニオ猪木氏が登場。氏は1978年、パキスタンのカラチで当時の英雄アクラム・ペヘルワーンと試合を行って以来パキスタンと交流があり、今年パキスタンとの「スポーツ親善大使」にも任命されたそうです。また日曜日には鳩山由紀夫元首相と幸夫人が登場。西遊旅行のブースも訪問され、パンフレットをお渡しすることができました。

pb_yoshidamr_1
パキスタンとの「スポーツ親善大使」に任命されたアントニオ猪木氏(写真提供:吉田悟様)

最終日、フィナーレでは全ての出演者、スタッフが壇上に上がり、国旗を手に「Jive Jive Pakistan」の歌を大合唱し盛り上がりました。

pb6
出演者、スタッフ総出でのフィナーレの様子

西遊旅行では観光、トレッキングともに毎年様々なコースを発表しているパキスタンですが、まだまだ一般的な旅行地としては知名度が低いと言えます。上野公園での2日間では、そんなパキスタンをより身近に感じていただけるきっかけになったのではないでしょうか。

イベント参加のきっかけを下さり、成功のために尽力されたパキスタン大使館の皆様、ボランティアスタッフの皆様、お休みにも関わらず、ブースに足を運んでくださったお客様に心より御礼申し上げます。

nakatani_saiyu at 16:26|Permalink

2013年02月27日

2013年パキスタン講演会&説明会 終了いたしました

2013年2月23日、広尾のパキスタン大使館にて「講演会&説明会」を行いました。
100名を超えるお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございます。

朝は、上部フンザのゴジャール地域の農村開発を研究され、フィールドワークとして足繁くこの地に通われている日本大学教授の水嶋先生をお招きし、カラコルムハイウェイの現状、中・パ国境のクンジュラブ峠の役割、ワヒ族の暮らし、農村開発の流れなどお話していただきました。DSC_0908


午後からの旅行説明会の間には、パキスタン大使館お抱えコックさんが腕を振るったランチタイム。
ここのパキスタン料理は絶品で、毎年我々スタッフも楽しみにしています。100名分のお食事の支度ということで朝からキッチンは大騒ぎでした。ダル(豆)、チキン、マトンコールマー、チキンビリヤニ、ナンなど、しっかりとした味の美味しいランチに舌鼓を打ちました。DSC_0911


午後からの旅行説明会では、山チームからは夏がベストシーズンのパキスタントレッキング、観光チームからは映画「草原の椅子」の舞台になっているフンザやバルティスタンのコースをご紹介しました。DSCN5152


そして、毎年恒例のパキスタン航空無料航空券の抽選会も行われました。パキスタンから日本語ガイド・サリームさんが来日し、緊張の抽選会。来年ももちろんこの抽選会は予定していますので、是非振るってご参加ください。
DSC_0988


今年も1年、パキスタンの豊かな魅力を伝えるべくチームパキスタンx 現地法人SAIYAH ともに
力を合わせて頑張っていきます。是非みなさま、パキスタンに遊びに来てください。

**日本語ガイド・サリームさんから皆さまへのご挨拶の一部
「日本には百聞は一見にしかずということわざがあります。パキスタンの素晴らしさもパネルの写真や
言葉からだけでは伝わりません。是非来て見てください」



chika murata  



murata_saiyu at 20:41|Permalink

2012年05月14日

今年のゴールデンウィークは・・・

アッサラームアレイクム。
大阪支社の川口です。

R0022436


皆様、今年の連休はいかがだったでしょうか?
何かとニュースで耳にすることの多かったパキスタン。その後、どうなっているのか気になる方も多いとは思います。
現在、ギルギットの町も落ち着きを取り戻し、私たちもいつも通りフンザへと向かうことが出来ました。

そしてそして、
今年は全体的に杏の開花が遅めだったようで。

フンザ対岸のナガール(ホーパル村の辺り)で満開の杏に出会うことが出来ました。
通常、ゴールデンウィークの時期には花は終わっている事が多いので、何だか得した気分です。
DSC_0397DSC_0346


今年の連休は快晴にも恵まれ、しっかりと山の景色も堪能してきました。
いつもはカリマバードのホテルからしっかりとみる事の出来るラカポシやディラン。
カリマバード観光で必ず訪れるバルチット城からは、谷が一望でき、いつまでも見ていたくなります。

西遊旅行に入社して、毎年実家で過ごす日々よりもフンザで過ごす日数の方が長い私としては
まさにフンザは第二の故郷なのです。

DSC_0566


DSC_0714そして、バルチット城からバザールをぶらぶらと歩きながら下の方まで降りてくると「CAFE de Hunza」の看板を発見。
ここのクルミケーキは絶品なんです。
フンザ産のクルミがたっぷり詰まっています。

フンザのバザール散策のついでに美味しいケーキをテイクアウトして、ホテルのテラスでゆっくりとティータイムなんて過ごし方も素敵ですね。
開いていないことも多いお店です。開店していたらラッキーですよ。








安全にツアーを進めることは大事ですが、トラブルはつきもの。
今回も道中色々な出来事がありました。


ご参加頂きました皆様のご協力とご理解にスタッフ一同心より感謝いたしております。
本当にありがとうございました。



kawaguchi_saiyu at 22:21|Permalink

2012年03月07日

2012年パキスタン旅行説明会 大阪会場も無事終了

皆様こんにちは。大阪支社の米谷です。

3月4日(土)、先週の東京会場に続いて、大阪会場での2012年パキスタン説明会を無事に終了することができました。当日ご出席いただきました皆様、誠にありがとうございました。

大阪では弊社の大阪支社にて説明会を実施させていただきました。2010年に事務所を移転した際に、30名様位までのお客様を収容できる説明会スペースを設けました。以前の事務所しかご存知ない方は一度、足をお運び下さい。とてもおしゃれなスペースになっています。


さて、当日まず最初は13:00~14:30までパキスタンのトレッキング・山旅の説明会。弊社山担当の城戸、楠の方から説明をさせていただきました。やはりもっとも興味を持っていただいたのはパキスタン・カラコルムトレッキングの決定版ともいえる「バルトロ氷河トレッキング」ではなかったでしょうか?なかなかその姿を拝むことができない世界第2位の高峰K2(8,611m)。トレッキングルートやキャンプの様子、展望できる山々のスライドに興味深々聞き入っておられた方も多かった様に思います。

山旅説明会
<説明会の様子>

山旅の説明会の後はチャイ休憩。今回パキスタンから来日してくれた日本語ガイドのマリックさんがパキスタン流のチャイを作ってくれました。ほんのり甘いチャイがとても美味しいと好評いただきました。

現地からヨーセフ氏とマリック氏
<来日した現地法人サイヤー社長のヨーセフ氏と日本語ガイドのマリック氏>

さあ、その後はいよいよ「パキスタン航空無料航空券抽選会」。このために来たという人もいらっしゃったかもしれませんね。抽選は現地パキスタン事務所の社長ヨーセフ氏にお願いしました。当選されたお客様。おめでとうございます!

抽選会
<抽選の時、緊張の瞬間>

そして最後に観光ツアーの説明会となりました。ここではこれまで定番となっております「パミール大横断」や「北部パキスタン冒険行」に加えて、昨年からスタートしたカラーシャの祭りジョシ見学コースや何百頭もの羊やヤクと共に旅をする「シムシャル・パミール」のコースが斬新で、昨年現地に同行した澤田の話に引き込まれていた方も多くいらっしゃったと思います。

これからも現地法人サイヤーを設けている西遊旅行だからこそできる、パキスタンツアーに一人での多くの方々にご参加いただければと思っています。現地から来日したサイヤー社長のヨーセフ氏、日本語ガイドマリックさんも、パキスタンで皆様とお会いできる日を楽しみにしておられます。

余談ですが、当日は偶然にも私とヨーセフ氏の誕生日でありました。私もまさか一緒の誕生日とは露しらず。
説明会終了後、内緒でスタッフの皆がバースデーケーキを準備してくれるというサプライズもありました。

バースデーケーキのサプライズ


本当にありがとう!

大阪支社・米谷健吾

















staff_saiyu at 15:43|Permalink

2011年12月11日

チョリスタン砂漠 デラワールのキャンプ SAIYAH便り

SAIYAHからの便りです。
11月の「シンド・パンジャーブ紀行」のチョリスタン砂漠デラワールのキャンプの話題です。

デラワールのキャンプ01

冬のパキスタンのツアーといえば、「シンド・パンジャーブ紀行」。
カラチから世界遺産のタッタやインダス文明遺跡のモヘンジョダロなどを見ながらシンド州、パンジャーブ州南部まで走破する人気コース。私たちSAIYAHのスタッフにとってのハイライトはチョリスタン砂漠のデラワールのキャンプ。

デラワールのキャンプ02夏場はパキスタンの山で活躍しているスタッフがデラワール砦のキャンプ担当です。キャンプの準備はグループがデラワールに到着する前から始まります。まず、食料の買出し。食材は種類豊富なイスラマバードで買います。荷物を積んで14時間のドライブでキャンプ地に到着。着いたらお客様の泊まるテントを立てて拭いて干します。そしてキッチンテント、ダイニングテント、トイレテントの設営。お客さま用のテントがきれいになると用意してきたマットレス、寝袋を整えます。
デラワールのキャンプ03お客様が到着するまでの間、料理の下準備をし、地元の住民もやってきてマキ拾いを手伝い、デラワール砦まで行くラクダの準備をしてくれます。そしていよいよグループの到着。デラワール砦の夕陽に間に合うよう、お茶を準備し、グループは砦へ。その間、キッチンテントではコックのワジッドさんが食事の準備をします。たっぷりの野菜と魚、チキンをパキスタン料理、日本食、洋食テイストで準備。スィートも用意し大忙しです。

この一晩のキャンプはSAIYAHのスタッフがみんなで出かける機会でもあり「冬の楽しみ」のひとつになっています。
この冬、皆様をデラワールのキャンプでお待ちしています。

SAIYAHより、ヨーセフ YOUSAF AKHTAR 


西遊旅行のパキスタン南部の旅、チョリスタン砂漠のキャンプも楽しむコース
「砂漠と遺跡のパキスタン シンド・パンジャ-ブ紀行」

sawada_saiyu at 13:36|Permalink

2011年07月21日

Babusar Pass – 花のバブサル峠4,173mを越えて

Babusar Pass 06
7月、花咲き乱れるバブサル峠(4,173m)からバブサル渓谷を望む

イスラマバードからチラース、そして北部の要衝ギルギットへ向かう道はカラコルム・ハイウェイだけではありません。もうひとつ、マンセラからカガン渓谷、バブサル峠を経てチラースでカラコルム・ハイウェイに合流する道、「カガン渓谷・バブサル峠越えルート」があります。冬の間は雪で閉ざされ、道路状況がよくないことから、通行できるのは夏の雪解けから新雪がおりるまでの短い間だけ。さらにはヒマラヤに位置するためモンスーンの影響を受け、夏季にはがけ崩れで道が通行不能になることもあります。
それでも近年の道路状況の改善により、このルートを利用する観光客も増えてきました。今回、チラースからナランへと向かった時の様子をご紹介します。

Babusar Pass 05

インダス川沿い、標高900mほどの町チラースからタク・ナラ(川)への道に入り、川沿いの道を進みます。2010年の夏の豪雨で壊れた道が痛々しく残されていました。チラースからバブサル峠まで50キロ、途中、きれいに耕された段々畑、山の暮らしを眺めながらバブサル村へ。標高2800mの村から九十九折の道を、峠の頂上、4,173mまで登っていきます。

もともとイギリス軍がナランからギルギットへ抜けるため、1892年に馬の通れる道を作ったことからできた道。峠付近は雪解け水でぬかるみ、まだまだ四輪駆動車以外で通過するのは難しい道です。今回は道路状況がよく、コースターで越えることができました。

Babusar Pass 02
(左)峠頂上付近の様子 (右)峠からのバブサル渓谷の景色
峠の手前でバスを降り、歩いて峠の頂上へ。4,173mの空気の薄さと気温を体験し、峠の斜面の花を見ながら歩きました。

Babusar Pass 03

頂上付近には可憐な花たちが。ウスユキソウ、イワベンケイ。斜面にはピンクのビストルタ・アニフィスが群生。そして峠は記念撮影をする、ナランから日帰りでやってきたパキスタン人観光客で賑わっています。

Babusar Pass 04
家畜に荷を積んで峠を越えていく人々。まだまだ伝統的な移動を見ることも。

Babusar Pass 05
(左)夏の牧草地へいくための家畜小屋。ヤギ、羊の群がたくさん。(右)パキスタン人の大観光地ナラン、サイフルムルク湖

バブサル峠から今日の目的地ナランまで66キロ。途中、山で暮らす人々が夏の牧草地へ家畜を連れて行くための夏の住居、ルルサル湖を眺めながら川沿いに下り、やがて避暑地であり、夏の大観光地であるナランに到着。パキスタンの夏休みにあたるこの時期、ナランは家族旅行のパキスタン人観光客でごったがえしていました。ホテル不足からテント村で過ごす人たちもたくさん。パキスタンも国内旅行ブーム、その一番人気のデスティネーションがこのナランなのです。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子



sawada_saiyu at 15:58|Permalink

2011年06月19日

2011年ラマダン 今年は夏真っ盛り

イスラムの根幹となる六信五行の一つ、ラマダン(断食)。
約1ヶ月続くこのラマダンはヒジュラ暦(イスラム暦)に基づいて行われるため、
毎年、時期はずれていきます。

ラマダンとは、もちろん1ヶ月の間、飲まず食わずといったわけではありません。
日没から日の出までは、飲み食いが許され、家族、親族が集まり食事会も
度々行われます。日中の欲求を満たすため、ラマダン月の方がエンゲル係数が
上がる家庭も多いとか。

ただ、日中に関しては当然、食事は規制されますが、ジュースなどの飲み物も我慢。
中には「唾液」を飲み込むこともダメという人もいるらしいです。
となると、2011年ラマダンは「8月」。暑い暑い8月の日中。飲み物も我慢となると
冬のラマダンに比べて非常に厳しくなります。
更に、夏は日照時間が長い。
遅い日の出、早い日の入りの冬。
早起きして暗いうちに朝ごはんを食べ、今か今かと日の入りを待つ夏。
今年のラマダンは厳しくなること請け合いです。

ただ、夏のパキスタン旅行のメインになりますフンザをはじめとする北部山岳地帯に
暮らす多くの人は、「穏健派」ともいわれるイスマイリ派に属する人がほとんどで、
イスマイリ派の人々の教義には断食の義務はありません。
旅行中、私たちも断食をしているスタッフを尻目に気を使いながらランチを食べる
必要もありません。

向こうではそろそろマンゴーのシーズンが始まっています。
8月はマンゴーが絶品。夜のエフタール(断食明けの食事)でマンゴーに舌鼓を打つ
彼らの様子が、今から目に浮かびます。

IMGP0943


chika murata


絶品マンゴーが堪能できるコースはこちら
クンジェラブ峠越え パミール大横断9日間 8月6日(土)発
クンジェラブ峠越え パミール大横断11日間 8月5日(金)発 






murata_saiyu at 14:48|Permalink