KUSUNOKI

2013年08月17日

スパンティーク(7,027m) 別名<ゴールデン・ピーク> 登頂!

アッサラーム・アレークム!
世界の山旅ツアーを担当しております大阪支社の楠です。

7月、私はパキスタン北部カラコルム山脈に聳える7,000m峰の登頂に挑戦しておりました。
その名もスパンティーク(7,027m)。
桃源郷フンザに行かれたことがある方は聞き覚えのある名前かもしれません。
フンザ側からは、北西壁が夕陽で光輝くことから別名ゴールデン・ピークと呼ばれています。
この辺りでは名峰がひしめき合っているのですが、この山容に見覚えはございませんか?

ゴールデン・ピークスパンティーク (ゴールデン・ピーク)

その西側(フンザから見ると右側)にはこんな名峰も聳えているんです。
ディランディラン(7,257m)

ラカポシラカポシ(7,788m)

ちなみに、フンザ随一の好展望地ドゥイカルの丘からはスパンティーク北西壁がきっちりと見えます!

スパンティーク(ドゥイカル①) スパンティーク(ドゥイカル②)もう少しズーム⇒







しかし、この山のノーマル・ルート(一般登山道)はフンザとは逆側にあります。
世界第2位の高峰K2(8,611m)の大展望バルトロ氷河トレッキングの拠点地となるスカルドゥから
4WDで北北東へガタガタの道を走ること約5時間、アランドゥという村に辿り着きます。

アランドゥ村のどかなアランドゥ村

そこから3日のトレッキングでベースキャンプ(B.C.)へ。
カラコルム山脈で一番美しいと云われるチョゴ・ルンマ氷河を詰め上がります。

チョゴルンマ氷河①チョゴルンマ氷河②アブレーション・バレーから氷河上へ






B.C.からはキャンプを3つ張り(C1~C3)、高度を上げ下げ(高所馴化)しながら、頂上を目指します。

BC圧巻の景色が広がるB.C.

DSC_0527背後にスパンティークが聳えるC2

DSC_0619周りにクレバスが多いC3

クライミング①DSC_0545Ready to
summit ?







7月20日早朝5時26分、頂を踏むことができました!
360度広がる景色、朝焼けに染まる山々に感無量。。。
遠望ではありますが、8,000m峰も2座見えました!

<奥にK2<左写>(8,611m)とナンガ・パルバット<右写>(8,126m)>
K2ナンガ・パルバット一番右奥の山がナンガ・パルバットです!⇒⇒⇒





勿論、フンザ側に広がっていく景観も拝むことができました。

フンザ側の景色

パキスタンの山はネパール、インド、中国などとはまた一味違う山容をお楽しみいただけます。
登頂やトレッキングのみならず、山の展望そのものも一つのツアーの醍醐味かと思います。
北部ツアーに行かれる際は、是非パキスタンの山の勇ましさを感じていただければ光栄です。
フンザに行かれた方は、スパンティーク(ゴールデン・ピーク)を一度ご覧あれ!

そんな山々に様々な刺激とパワーをいただき、いざ次なる挑戦の舞台へ・・・。

頂上にて頂上にて。背後にはラカポシとディラン


文・写真 Osamu KUSUNOKI 楠 修

タグ:
パキスタンの山
パキスタンの旅
フンザ旅行徹底ガイド

この時期に私がオススメするコース;
黄金色の桃源郷へ 秋の北部パキスタン周遊
黄金のシルクロード パミールを越えて西域南道へ

kusunoki_saiyu at 16:34|Permalink