デオサイ高原

2016年12月26日

発表!シルクロードパンフレット2017

ナマステ!秋から準備しておりましたシルクロードパンフレットがとうとう完成しました!
2017年夏〜秋にシーズンを迎える、北部パキスタンのツアーが7本掲載されています!

brochure_141_silk


今回注目の新コースはこれ!

「秋の山岳パキスタンを撮る」

7000m〜8000m級の山々を展望するためには、トレッキングやハイキングで展望地へ訪れることがほとんどですが、パキスタンでは歩かずに車で様々な名峰・秀峰の展望地を訪れることができます。
さらに、このコースでは写真撮影をとことんお楽しみいただくため、

・4名様から催行・11名様限定の少人数グループ

・山の晴天率が最も高い、10月出発

・各地で展望や立地にこだわったホテルを指定


…と言った、北部パキスタンを知り尽くした西遊旅行ならではのこだわりでツアーを作成いたしました。

世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)は、カラコルムハイウェイの道路上から、好展望地フェアリーメドウから、フェアリーメドウのさらに奥の展望地から、ラマデオサイ高原山岳フライトからなど、様々な角度・距離でその姿をお楽しみいただけます。

C1


池に映し出されたナンガパルバット


また、秋の北部パキスタンは、ポプラが黄金に輝く季節。金色のポプラと白く聳える高峰、青い空…美しいその景色を存分にご堪能いただく12日間の旅です。この機会にぜひご参加ください!

シルクロードパンフレットは12月末から順次発送。年末までに皆様のお手元に届く予定です。どうぞご期待ください!




nakatani_saiyu at 14:54|Permalink

2015年11月06日

デオサイ高原の夜

Deosai at Night (4)

デオサイ高原の夜、満点の星空に天の川。

ヒマラヤヒグマの観察のため、寒さを覚悟してデオサイ高原に2泊。平均標高が4,100mの高原、その中のバラパニ3,870mにキャンプ。日が照ると日中は長袖シャツにジャンパーを羽織る程度の服装で過ごせますが、ひとたび日が暮れると急激に寒くなります。

Deosai at Night (2)

日没後のキャンプ。火を扱うキッチン・テントが一番暖かい場所です。

Deosai at Night (6)

Saiyahのシェフ、サジャッドさんがデオサイ高原まで来て日本食を用意してくれました。もともとイスラマバードの高級日本食レストランで働いていたサジャッドさん、Saiyahのレストランをまかせられるようになってからは、どんどん外にも出るようになり、パキスタン国内客の野外でのケータリング・サービス、そして車で移動するアドベンチャーコースにも同行して調理をするようになりました。今年は8月にボロギル峠で、9月と10月にはデオサイ高原でクッキング。

Deosai at Night (7)

デオサイ高原での最初の夜は、味噌汁、そして鉄板焼き。ありがたいものです。

Deosai at Night (3)

バラパニの川と星空。

Deosai at Night (1)

スタッフの一人が懐中電灯で空を照らしていました。スタッフみんなで焚き木を楽しみ、あたたまってから就寝。

翌朝のテント内はマイナス10度。7時前、朝日が当たるまでテント内で待ちました。


Photo & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子




sawada_saiyu at 07:30|Permalink

2015年11月01日

デオサイ高原から見るナンガパルバット(8,126m)

Nanga Parbat (2)

デオサイ高原から見るナンガパルバット。
平均標高4,100mのデオサイ高原からは、天気の良い日には北面の山容を望むことが出来ます。
でもどこから見えるのか。
ヒマラヤヒグマの観察に訪れた10月の上旬、素晴らしい天候に恵まれ、デオサイ高原からのナンガパルバットを望むことができました。

Nanga Parbat (1)

アストール渓谷のチリンからデオサイ高原へと標高をあげ、デオサイ高原国立公園にはいった地点からのナンガパルバット。

Nanga Parbat (3)

ショーサル湖畔から望むナンガパルバット。

DSC_102Nanga Parbat from deosai9

ショーサル湖から北上した付近から望むナンガパルバット。

Nanga Parbat (4)

そしてバリラへの道の途中から望む、見事なナンガパルバット。

カラコルム・ハイウェイのタリチ付近や、スカルドゥ・ロード、フェアリーメドゥ、ヘルリヒッコファーBC、ラマ湖などナンガパルバットを望む地点はいくつかありますが、晴れた日のデオサイ高原からの展望もなかなかのものです。

Photo & Text by Mariko SAWADA 澤田真理子


sawada_saiyu at 08:00|Permalink