2015年11月

2015年11月11日

ヘカトンピュロス見聞記

 先日、「キャビール砂漠と失われた都・ヘカトンピュロス」のツアーの添乗に行って参りました。長年の憧れでしたパルティアの都・ヘカトンピュロスの遺跡に立ち、日本ではほとんど知られていないヘカトンピュロスをこの目で見てきました。今回は、謎に満ちたヘカトンピュロスの様子をご紹介いたします。


  紀元前247年、アレキサンダー大王の家臣セレウコスが KOJI3066_yamada
興したセレウコス朝を破り、トルクメニスタンからイラン、メソ
ポタミアまで支配したパルティアは、3つの都を建てました。
最初の都は、トルクメニスタンの首都アシガバート近郊に残
るニサ。ミトラダテス王の名から、ミトラダトケルタとも呼ばれ
ていました。

     


        【パルティア兵士の像:テヘラン考古学博物館蔵】


  その次の都がギリシャ語で「百の柱」という意のヘカトンピュロスです。ダームガーンから国道A83号線を西へ走ったクーシェの村にヘカトンピュロスはあります。このA83号線は、かつて中央アジアからレイ、タブリーズを経てアナトリアへ向かうシルクロードの幹線でした。今でも、沢山のキャラバンサライの跡が残っています。

KOJI4167KOJI4165

      




         

        【ヘカトンピュロスの遺跡近くに残るサファビー朝時代のキャラバンサライと内部】


  そして、ヘカトンピュロスからこのシルクロードを南に下るとイスファハンに繋がります。
ヘカトンピュロスは貴重な考古遺跡のため、ダームガーンの町から警察が同行しました。遺跡に降り立つと、イスラム以降の時代の土器のかけらが沢山落ちていました。92年前と89年前の発掘からほとんど調査されておりませんが、56平方キロの広大な面積の遺跡内には、いくつかの丘のような建物跡が残っていました。ヘカトンピュロスは、正確にはパルティアが建てた都ではなく、紀元前5,000年紀から人が住んでいた場所です。かつての発掘では、この頃の土器も出土したそうです。そしてパルティアが去った後も街として機能していたため、前述のイスラム時代の土器も残っているのです。

KOJI4113

                 【遺跡一面に落ちていたイスラム時代の土器】


 我々が最初に訪れたのは、おそらく宮殿として使われたであろう一番大きな建物跡でした。調査は全く行われていないため、地図も看板も何もありません。広大な敷地内を歩き、いくつかの建物跡を見学。どの建物が何に使えわれたのかは謎のままでしたが、地下へ通じるトンネルがある建物や、部屋がはっきりとわかる建物もありました。

KOJI4099KOJI4100


      



  
    【宮殿跡と思われる巨大な建物】                  【宮殿の上から見た遺跡】

  パルティアは、セレウコス朝シリアが勢力を拡大し、東に進出した際にヘカトンピュロスの街を捨て、イラクに残るクテシフォンに都を移しました。遷都の際、ヘカトンピュロスにあった物はほとんどが地中に埋められたといわれています。ツアー中、どうしてパルティアは地中に埋めて街を捨てたのか?という談義になりました。全くの仮説ですが、パルティアはセレウコス朝シリアが去った後に、またヘカトンピュロスに戻って来るつもりでいたのではないかという話しも出ました。そのため、ヘカトンピュロスには主要な建物だけは残っているのではないかという話が出ました。

KOJI4121KOJI4128







 【メルブに残るキズカラと似た建造物】               【広大な敷地内を歩いて見学しました】


KOJI4141KOJI4138








【建造物が点々と連なって残っています】                【壁で仕切られた部屋の内部】


 クテシフォンに遷都した後、パルティアは最盛期を迎えます。そして当時の西の超大国はローマと、「パルティアン・ショット」の戦法を駆使して、8回にわたる泥沼の戦争を繰り広げました。しかし紀元224年、パルティアはクテシフォンで、長年の宿敵ローマではなく、ササン朝ペルシャに滅ぼされます。そして、かつての都、ヘカトンピュロスに戻ることはなかったのです。

KOJI4143KOJI4133







    【邸宅と思われる建物内の広間】                    【ヘカトンピュロスを歩く】

  かつてヒルカニアと呼ばれたこの地のシルクロードの要衝にあったヘカトンピュロス。西アジア史に歴史を刻んだパルティアの面影を、遺跡に吹く歴史の風の中に見た気がしました。


【4月、5月のツアーの紹介はこちら】
キャビール砂漠と 失われた都・ヘカトンピュロス


yamada_saiyu at 11:40|Permalink ツアー紹介 | イラン