2016年08月

2016年08月12日

様々な魅力溢れる国 オマーン

 先月発表いたしました今シーズンの西遊旅行のオマーンのツアー。ハイキング、トレッキング、キャニオニング、キャンプなど、様々なアクティビティーに富んだ4つのツアーを発表いたしました。

aDSC_0031

                     【ルブ・アル・ハーリーの大砂丘】 

 オマーンは南北に広がる国のため、同じ国でも地域によって様々な異なる風景が広がります。
北部にはハジャール山地が連なり、麓には緑溢れるオアシスを持つ村々が点在します。ツアーでは、緑溢れるナツメヤシ畑や果樹園の中をウォーキングします。

KOJI4550

                     【緑溢れるハジャール山地の麓を歩く】

 この豊かな緑を培っているのが、ファラジという感慨システム。世界遺産にも登録されたオマーンの灌漑システムの歴史は古く、紀元前3000 年(5000 年前)にイラン系住⺠の⽂化から来たと考えられています。

KOJI0768_yamada

                【ミスファット・アル・アブリーン村に巡らされた水路】

KOJI0774_yamada

                        【貯水池で泳ぐ子供達】

 イランと地理的にも近いため、イラン本土のザグロスやエルブルース山脈の灌漑システムであるカナートの文化が伝わったのだと思われます。
 オマーンではオマーン海からの湿気が⻄ハジャル⼭脈にあたって⾬を降らせ、ファラジと呼ばれる独特の灌漑システムが生まれました。
ファラジは何を⽔源とし、どのような供給路で⽔を運ぶのかによって3 つに分類されます。
Ghaili :ワディを⽔源とするもので、ファラジの約半分(48%)を占めます。
Aini :⼭中の涌き⽔を⽔源とする。ファラジの28%が該当。
Daoudi:地下⽔を⽔源とする。ファラジの24%が該当。

今でも引き継がれているファラジの文化を垣間見ながら、緑溢れる村々での散策をお楽しみ下さい。

KOJI4572KOJI4573
                  
              【左:水路から流れる豊かな水       右:巨大なナツメヤシの木が茂る村の中】


  第二の都市・サラーラを擁する南部は、インド洋の影響を強く受けた気候のため、竜血樹やボトルツリーの植生が点在する珍しい自然体系を持ちます。
そしてオマーンで何と言ってもルブ・アル・ハーリー砂漠です。アラビア半島南部の3分の1を占める世界最大級の砂砂漠で、サウジアラビア南部、オマーン、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメンの4カ国に広がります。アラビア語では、アッ=ルブア=ル=ハーリーと呼ばれ、英語では「空虚な4分の1(一角)」(the Empty Quarter) と訳され、「何も無い所」というのが本来の意味。長さ1000キロメートル、幅500キロメートル。最近まで大部分が探検されてきませんでした。1931年にバートラム・トマス(Bertram Thomas)が、史料に残る最初の西洋人としてこの砂漠を横断しています。


KOJI4629

                【ルブ・アル・ハリーの砂丘の上から見る光景】

KOJI4636

                         【砂丘に昇る朝日】


   砂漠化は、この1000年間に進行したと考えられ、3世紀頃までは乳香交易のキャラバンがこの地を横断していましたが、砂漠化がこの地をキャラバン交易路が横切るのを困難にしたといいます。
西遊旅行の4つのツアー全て、このルブ・アル・ハーリーで2泊のキャンプ泊をお楽しみいただきます。
昨今、治安の関係でサハラのツアーが少なくなっていますが、サハラ以外で本物の大砂丘をお楽しみいただけるのは、このルブ・アル・ハーリーだと思います。

  さて、キャラバンの衰退の原因は砂漠化だけでなく「季節風の発見により海洋航路の発達」により、過酷な砂漠のキャラバンをしなくても良くなったことのほうが大きな要因だと考えられます。海のシルクロードの発達です。かつては、ツアーで訪れる「失われた都市」ウバル (Ubar) もこのような砂漠の中の交易都市でしたが、海のシルクロードの発達により、アラビア海沿いのホール・リーリのような都市国家が発展したのでした。これらの交易都市は、オマーン特産の乳香を各地に輸出して益を成していました。乳香は現在のオマーンの家庭でも、香として広く使われています。

KOJI0672_yamada

                 【活気溢れるムトラスークの中の乳香屋さん】

KOJI0674_yamada

                【このような台に炭をともし、その上で乳香を熱します】



 最後は、オマーンで産出される神秘のオイルのお話しです。ハジャール山地の麓にあるアル・ハムラ村。ここでは「モリンガ」という木の実から作るモリンガ・オイルの製造過程を見ることができます。

 
KOJI4559

           【左上から、抽出されたオイル、瓶に詰めたオイル、モリンガの実】


  モリンガから取れるオイルは、カルダモンのような実をつぶして抽出していました。ある化粧品サイトによると “モリンガは、インドの伝承医学アーユルヴェーダで300の病気を予防すると言われる栄養価の高い木で、古代ローマやギリシャ、エジプトでも珍重されてきました。モリンガシードオイルは、世界3大美女の呼び名が高いクレオパトラが愛用していたオイルとしても知られています。モリンガの種から抽出されたモリンガシードオイルは、ヨーロッパの化粧品で昔から美容クリームの材料として使われてきた、隠れた高級オイルでもあります。“とのことです。

KOJI4560
       【マカダミア・ナッツに似たモリンガの実】


KOJI4563

                   【両手で実をこねて、右にオイルを溜めます】


  オマーンでは今なお伝わる素朴な製造方法により作られていて、小瓶が1本3リアル(約1,000円)で売られていました。


  自然、文化、歴史、たくさんの魅力に溢れたオマーン。すでに催行決定、満席のツアーも出ています。この秋から冬にかけて、皆様のお越しをお待ちしています。

魅力溢れる4つのオマーンのツアーはこちら  ↓ ↓ ↓ ↓

オマーンアドベンチャー 砂漠と海と緑のアラビア
オマーン南北縦断
南部オマーン・ドファールをゆく
オマーン最高峰ジュベル・シャムス登頂とルブ・アル・ハーリー大砂丘


yamada_saiyu at 20:30|Permalink ツアー紹介 | オマーン

2016年08月02日

不思議なカザフスタンの首都アスタナ

今日はカザフスタンの首都アスタナをご紹介したいと思います。
1997年にアルマトイから遷都され、カザフスタン共和国の首都となったアスタナ。アスタナと呼ばれる前はアクモリンスク、ツェリノグラード、アクモラなどという地名でした。「アスタナ」とはカザフ語で「首都」という意味があります。人口はカザフスタンではアルマトイに次いで2番目に多く、首都となってからの発展が目覚ましい。何よりも奇抜な建築物が建て並ぶ町並みは訪れる人々に不思議な印象を与え、中央アジアにいる事を忘れてしまうほどです。このアスタナの都市計画は、1998年のカザフスタン政府主催の国際コンペで1位に選ばれた日本の建築家・黒川紀章の計画案に基づいており、現在も開発が続けられています。

まずは町のシンボルともいえるバイテレクタワーです。
DSC_9505_yonetani
このタワーはナザルバエフ大統領の発案で、この町のシンボルとして建設されました。高さ105mの塔は展望塔になっており、展望台までエレベーターで上がることができます。バイテレクとは古代サカ族の神話などに登場する「生命の木」の事だそうです。展望台にはナザルバエフ大統領の手形があり、カザフ人がたくさん記念撮影していました。

DSC_9495_yonetani
少し離れた場所から見るとこのように見えます。どこかSF映画の未来都市の様な印象さえ受けます。

続いては大統領府です。両脇にある黄金のタワーではなく、正面の青いドームの建物が大統領府です。バイテレクから大統領府までの間は広い公園通りの様になっており、奇抜な金色の塔とその奥に大統領府という眺められます。残念ながら大統領府には入る事はできませんが、公園通りから写真をとる事ができます。
DSC_9503_yonetani


このピラミッドの様な建物は“平和と調和の宮殿”と呼ばれるコンベンションセンターです。イギリス人の建築家によって建てられ、会議などがない日には内部を見学することもできます。
DSC_9453_yonetani


ハズィレット・スルタン・モスクは2012年に建てられたばかりの新しいモスクですが、内部の装飾が素晴らしい荘厳なモスクです。敷地は11ヘクタール、ミナレットは高さ77m。5000人の礼拝者を収容できます。一般の観光客も内部への入場が可能です。礼拝ホールは男性と女性用にロープで仕切られていて、ミフラーブのある所までは男性しか行くことができません。歴史のあるモスクではありませんが、、豪華絢爛な雰囲気は一見の価値があります。
DSC_9463_yonetani
ハズィレット・スルタン・モスク外観

アズィレスルタンモスク_yonetani
荘厳なモスクの内部

カザフスタン国立博物館は2014年に開館した巨大な博物館です。展示面積が1万4000平方メートルあり中央アジアで最大の博物館です。
DSC_9384_yonetani


4階建てで、大きく次のセクションに分かれています。黄金のホール(Hall of Gold)、古代から中世の歴史ホール(Hall of Ancient and Medieval History)、民俗学のホール(Hall of Ethonography)、独立のホール(Hall of Independent)、アスタナのホール(Hall of Astana)、近代美術のホール(Hall of Modern Art)。メインとなるのは黄金のホール、古代から中世の歴史ホール、民俗学のホールとなり、特に黄金のホールはサカ族の古墳(クルガン)から発掘されたゴールデンマン他、多くの金の埋葬品の展示があり一番の見どころ。2階にはクルガンを発掘した際の様子が再現されています。

DSC_9430_yonetani
黄金のホールに展示されているゴールデンマン

その他にも奇抜な建物が新市街の中心部にはたくさんあります。一番西の端にあるショッピングセンター・ハーンシャティールからバイテレク、大統領府手前まで歩くと、途中に様々な面白いビルがみることができます。歩くところはずっと公園になっており、日中は治安も良く安心です。

DSC_9546_yonetani
奇抜な建物が並ぶアスタナの中心地。どこかドバイの町並みを思わせる雰囲気です。

DSC_9517_yonetani
波打った形のビル。

DSC_9560_yonetani
オペラ劇場

DSC_9549_yonetani
ハンシャティール・ショッピングセンター

アスタナという町は首都でありながらツアーで訪れることは非常に少ない都市です。弊社のツアーでは「近未来都市アスタナとアルティン・エメル国立公園」のツアーで訪れます。昨年からアシアナ航空がソウル/アスタナ間に週一便ですが就航。まだまだ知られざる首都アスタナも是非訪れてみてください。

ツアーの詳細はこちらをクリック↓
近未来都市アスタナとアルティン・エメル国立公園

10月04日(火) ~ 10月09日(日) 6日間 298,000円 催行間近です!


yonetani_saiyu at 09:30|Permalink カザフスタン