2016年10月10日

ヨルダン、赤く輝くペトラ遺跡を目の前に

ヨルダンは中近東地域のほぼ中心に位置している国ですが、その神秘の姿を一目見ようと世界各国から観光客が絶え間なく訪れています。その所柄、危険だ、怖いと思われがちな国ですが、外務省の危険情報もレベル1(十分注意してください)の地域がほとんどで(2016年10月時点)、弊社ツアーの中でも人気のコースとなっています。

本日はヨルダンの最も有名な観光地の一つ、ペトラ遺跡をご紹介いたします。
この地は、古代ナバテア人が紀元前1世紀ごろに暮らしていた都市といわれており、その位置から人々や物が行き交う地として栄えました。砂漠を旅していたキャラバンたちの中継地としても機能し、非常に多くの富をナバテア人にもたらしたといわれています。1985年にはユネスコの世界遺産に登録され、ヨルダンといえばペトラ遺跡を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■DSC_3573

▲ペトラ遺跡といえばこの景色「エル・ハズネ」

遺跡全体が赤く輝いているのは、赤砂岩で作られているから。赤砂岩は光の当たり方によってその赤色の濃度が変わるので、昼と夜、そして天候などによって様々な姿を見せてくれます。

ペトラ■DSC_3833

▲「スィーク」を抜けると見えてきます。

ガイドブックで必ず登場するのが、「エル・ハズネ」とラクダのツーショット。

■DSC_3600

▲このツーショットは必見。間近にラクダの姿が。

エル・ハズネは、狭い岩の裂け目の通路スィーク(Siq)を抜けると、突如その姿を現します。砂岩で作られたその繊細で緻密な遺跡が訪問者を待ち受け、実際に訪れるとその大きさやその赤さに圧倒されます。前に佇むラクダたちからも趣深さが窺え、エル・ハズネの印象をより深いものにしてくれます。


夜には「ペトラ・ナイト」が催されます。西遊旅行のツアーでは皆さんにもご参加いただき、ろうそくの火に照らされたエル・ハズネの一層赤い姿をご覧いただきます。現地の方々が民族音楽を演奏してくれます。
皆さんもその音色を聴き、紀元前の空気に浸りに出掛けませんか。

ペトラバイナイト■DSC_4018

▲夜のペトラをご覧いただくには「ペトラ・ナイト」に行くしかない!美しい赤の世界をお楽しみください。

▼ツアーの詳細は西遊旅行ホームページをご覧ください。
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GEJO12/index.html


arima_saiyu at 09:00│ ヨルダン ペトラ遺跡 | 世界遺産