レバノン

2016年11月02日

内戦後に奇跡の復活!ベイルートの国立博物館の所蔵品の数々

ベイルート国立博物館は1942年開館のレバノン最大の考古学博物館です。10万点の遺物を所蔵する。75年から91年までのレバノン内戦ののち、博物館関係者の尽力により、復活を果たしました。

奇跡の宝物の数々を、時代毎に、遺跡毎にご紹介します。

IMG_0569_nakata
DSCF8141
【写真上:外観、下:大型の展示物が多く見所の多い1階部分】

P1010796_hosono
【写真上:コンクリートで周りを固めて保護した当時の映像。ビデオ上映ではグリーンライン上にあった博物館の所蔵品を、内戦の際にどのように保護したかを見せてくれます】

―ブロンス時代 (紀元前3200~1200年)―

〈ビブロス出土〉
DSCF8132
IMG_0553_nakata
【写真上と下:王家の墓で発見された、紀元前10世紀のアヒラム王の石棺の一部。ここに最古のフェニキア文字が残ります。フェニキア人は当初はヒエログリフを使用しましたが、不便なため、フェニキア文字を発明した。これは、アフファベットの元となり、地中海世界全体に広がりました。文字は右から左に読みます】

R0015900_kaneko
【オベリスク神殿から発見されたオベリスク。紀元前19世紀のビブロス王が寄進したもの。「ラー神に愛される王」との記載があります】

DSCF8119
【窓のある手斧で、オベリスク神殿で他の短剣や弓矢とともに出土しました。女神アナトもしくはリシェフ神にささげられました】

DSCF8120
【オベリスク神殿の下から出土のブロンズ製の兵士像。ヘルメットやエジプトの王冠に似た円錐形の髪飾りを身に着けている男性】

―鉄器時代 (紀元前1200~333年)―
〈エシュムーン出土〉
IMG_0557_nakata
【神殿の至聖所から発見された祭壇。写真は後側に彫られたアポロ神を中心とするオリンポス12神(上段)と踊り子と音楽演奏家の姿。大理石製】

DSCF8130
【フェニキア碑文のある子供の像。子供の治癒に感謝した両親が健やかな子供の像をエシュムン神に奉納しました】

〈シドン出土〉
IMG_2299
【豚の頭を象ったテラコッタ製のリュトン。アッティカとして知られたアテネ周辺からのもたらされた黒釉の彩色が特徴的な陶器。当時地中海交易が行われていたことを示す】

R0015898_kaneko
【大理石製の双頭の雄牛の柱頭。鉄器時代の後期、紀元前5世紀。シドンが当時のペルセポリスとスーサから強い影響を受けていたのがわかります】

―ヘレニズム期 (紀元前333~64年)―
IMG_0557_nakata
【エシュムーンの神殿から出土した紀元前350年の祭壇。フェニキアの都市で製作された「トリビューン(護民官)」と名づけられた祭壇はギリシャ彫刻の典型的な例で、レリーフの上段には竪琴をもつアポロとギリシャの神々が並び、下部には踊り子や楽隊が並びます】

―ローマ時代 (紀元前64~紀元後395年)―
〈ティール出土〉
IMG_0545_nakata
【大理石製の石棺。レリーフはトロイ戦争のエピソードで、パトロクロスを殺され復讐を遂げたアキレスがヘクトールを引きずっているのがわかります】

IMG_0546_nakata
【石棺(紀元後2世紀)。被葬者の夫婦像の下には、酔っぱらったキューピットが描かれます】

IMG_0556_nakata
【ラムセス2I世の石碑。軍神ラーハラクティの前で、敵を束ねて打ち砕くラムセス2世】

〈ビブロス出土〉
IMG_0561_nakata
【エウロペ神話のモザイク。紀元後3世紀。雄牛の姿をしたゼウス神にさらわれるビブロスの王女エウロペ(ヨーロッパの語源となる)。エウロペを探しにギリシャに渡った兄カドモスが、古代ギリシャ人にアルファベットを伝えたといいます】

〈バールベック出土〉
DSCF8142
【紀元後2世紀の七賢人のモザイク】


国立博物館ももちろん訪れます!レバノンのツアー催行状況はこちらから!
西遊旅行 レバノン一周8日間

otomo_saiyu at 17:00|Permalink

2013年09月03日

LEBANON-レバノン・フェニキアの魅力-

今日は、私の大好きな国・レバノンについてご紹介します。

レバノンは、日本の岐阜県程の小さな国です。
しかし、その中には深い歴史とたくさんの魅力がつまっています。

国旗


レバノンは…
ビールとワインと料理が美味しく…
美男美女が多く…
そして幾つもの異なった宗教・宗派がいづれも多数派を形成することなく国家内で共に暮らす…
不思議な国です。

マス料理
[新鮮な野菜とオリーブオイルをふんだんに使うレバノ料理、その美味しさはアラブ一と謳われる]

レバノンについてお話したいことはたくさんありますが…

今日は、

「この国ほど、大昔から歴史の舞台に登場し、一度も消え去ったことがない、
世界の歴史にこれほどの影響力を持ってきた国は他にはないだろう。(P.K.ヒッティ)」

そう言わざるをえない理由を作った
「フェニキア人」についてお話したいと思います。

ブロンズ兵士像
[フェニキア時代の神殿より発掘されたブロンズの兵士像(ビブロス遺跡出土)]

紀元前3000年頃、現在レバノンと呼ばれる地域に住んでいたのは、
「カナン人」というセム語を話す人々でした。
彼らのうち、ギリシャと貿易をした人々はギリシャ人から「フェニキア人」と呼ばれました。

彼らは、地中海を舞台に盛んな海上交易を行った民族で、
西は北アフリカ・イベリア半島にまで進出し、当時の地中海の覇権を握っていました。

彼らが取り引きしていたのは、貴金属やブドウ酒、美しい紫色の染料、
そして彼らの故郷の海岸の背後に聳える山々から切り出される「レバノン杉」です。

フェニキアの巻貝
[紫色の染料がとれる巻貝(「フォニケス」といい「フェニキア」の語源になったともされる)レバノンの海岸で
獲れ、非常に高価な値段で取り引きされた]


レバノン杉は、その木目の美しさと腐りにくさで、建築資材として最適であり、
当時の支配者たちはこぞってこの木材を欲しがりました。

レバノン杉
[古代からの乱伐で現在は保護区に僅かしか残っていないレバノン杉、世界の文明はこの森を
伐り出しながら繁栄した]


旧約聖書にはソロモン王が宮殿内部を全てレバノン杉で装飾したと書かれています。
そして、エジプトのツタンカーメンの棺や太陽の船もこのレバノン杉で作られています。
アレキサンダー大王の無敵艦隊もペルセポリスの石造建築の梁材もレバノン杉でした。

またレバノン杉から抽出された樹脂はミイラの防腐剤として使われました。
このため、古代よりエジプト王朝とフェニキア人は盛んに交易を行っており、深い関係にありました。
多くの発掘品にその証拠が残っています。

オベリスク神殿
[エジプトとの関係を物語る、エジプトから送られた大量のオベリスクが残る神殿跡]

このレバノン杉を主要な交易品として、地中海で活躍したフェニキア人。
彼らが運んだものの中で、最も偉大なものといえば、それは「アルファベット」でしょう。

アルファベットという12個の符号を発明し、西方に伝えたのは彼らなのです。
フェニキアの貿易商人が用いていた「フェニキア文字」が、ヨーロッパと中東をまたいで、
「アルファベット」として進化し、世界に広められていきました。

アヒラヒム王の石棺
[最古のアルファベット・フェニキア文字が刻まれた石棺(ティール遺跡出土)]

アルファベットと共に彼らによって伝えらえたものは他にもあります。

レバノンは、当時、メソポタミアとエジプトという二大文明の間に挟まれており、
それでいて地中海と接しているという環境でした。
文明の揺籃期に重要地点にあり、それが西方へのアクセスを持っていたのです。

つまり古代文明の産物は、
物質的なものも
精神的なものも、
ここへ運ばれ、ここから西方へ伝えられていったのです。

文明者たちの思想や神話や知識を地中海の寄港地に運び、
それがギリシャ文明の黄金期、ひいては西欧文明の誕生にもつながったと言っても過言ではないでしょう。

彼らはまた、パピルスも取り引きしており
彼らの記録はパピルスに残されました。
そのため、皮肉なことに文字の発明者である彼らの記述は、腐食し、現存しません。
彼らを知る手がかりは僅かな発掘品と、
その痕跡はローマやイスラムといった後の征服者たちの遺跡のさらに深く下に眠っています。

ビブロス
[パピルスの語源となったとされるビブロスの街、高度な航海技術を持っていたとされるフェニキア人は
この海から遠くスペインまでの航海にくりだしたに違いない]


そんな僅かな手がかりにロマンを求めて、
彼らが地中海へと繰り出した港から同じ大海原を眺めに、
レバノンの旅へ出かけてはいかがでしょうか。

▼西遊旅行で行くレバノンの旅
レバノン一周  レバノン杉の森や数々の歴史遺産が残るレバノンを巡る8日間の旅


バッカス神殿①
[レバノンを代表する遺跡・バールベック、ナイル川とメソポタミアを往来していた隊商たちが通る重要な交易路上に建てられている。]


sasaki_saiyu at 18:00|Permalink

2011年08月17日

バイブルの語源となったビブロス遺跡(レバノン)

こんにちは。大阪支社の米谷です。
今日はレバノンの遺跡の中でバールベックについで有名なビブロス遺跡をご紹介します。

ビブロス遺跡はもともとフェニキア人によって造られた町。古くは紀元前3000年頃から人が住み始めたと言われています。フェニキア人はレバノン杉で造った船を利用し、地中海交易を支配し、北アフリカ各地にまでその拠点を広げた「海の民」と呼ばれる民族です。

ビブロス遺跡
≪地中海を望むビブロス遺跡≫

アルファベットの元になったフェニキア文字もこの地で発明されたと言われ、アルファベット発祥の地とも言われています。また、ビブロスという町の名前はギリシャ語でパピルスにも由来していると言われています。かつて、フェニキア人によるエジプトとの交易の中で、レバノン杉がレバノンから輸出され、パピルスがエジプトから輸入されていました。そのパピルスがビブロスを経てギリシャに運ばれていたので、ギリシャでは紙の事を積出港の「ビブロス」と呼んでいたそうです。その後、この「ビブロス」という単語から本を表す「ビブリオン」という言葉ができ、さらに聖書を意味する「バイブル」が生まれたと言われています。

十字軍の城塞跡
≪十字軍の砦跡≫

遺跡に入ってすぐに見える建物は十字軍時代の城跡。ここからは古代ビブロスの遺跡、現在のビブロスの町の両方を眺めることができます。

ローマ劇場海に近いところにはローマ劇場があります。十字軍時代に砦の建設のため、たくさんの石がここから利用され、現在では5段の客席とステージしか残っていません。






オベリスク神殿十字軍の城の南側にはオベリスク神殿があります。紀元前18世紀にビブロスの王が築いたもので、2~3mのオベリスクが26本立っています。ここからは金が施された多数のブロンズ兵士像が多数発見されています。




地中海を望むビブロス遺跡

現在のビブロスは地中海に面した美しいロケーションです。春の3月~5月には野花が咲き、遺跡に彩りを加えてくれます。

レバノンは岐阜県ほどの大きさしかない小さな国ですが、その中に世界遺産が5つもあり、見所は非常に豊富です。これから秋になると季節も良いベストシーズンを迎えます。是非、秋のご旅行の候補にご検討下さい。

西遊旅行でゆく レバノンの旅 2011~2012
関連ツアー:レバノン一周
WEB写真集はこちら
添乗員レポートはこちら













yonetani_saiyu at 20:17|Permalink

2011年06月10日

レバノンの至宝・バールベック遺跡

みなさんこんにちは。大阪支社の米谷です。

今日はレバノンが誇る中東三大遺跡のひとつバールベックをご紹介したいと思います。

バールベック遺跡の全景を遠望
≪バールベック遺跡の全景≫

バールベック遺跡はレバノンの東部、ベイルートの北東に約85kmいった、ベカー高原に残る古代遺跡です。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、シリアのパルミュラ遺跡、ヨルダンのペトラ遺跡と並んで中近東を代表する遺跡として有名です。

バールベックが残るベカー高原は、レバノン山脈とアンティ・レバノン山脈の間に横たわる標高約1000mの高原地帯です。北部にはオロンテス川、南部ではリタニ川が流れ、灌漑水路が発達し、レバノンで最も肥沃な土壌を作り出しています。気候的な条件とシリア、トルコを結ぶ地理的な条件からも古代から都市が築かれました。

そのひとつがバールベック遺跡です。バールベックとはローマの植民都市になる以前のフェニキアの主神であったバール神に由来しています。後にギリシア・ローマ系の神々と習合し、神はジュピター・ビーナス・バッカスと呼ばれるようになりました。 バールベック遺跡はこれら三神を祀る三つの神殿から構成されています。

バッカス神殿: ローマ神話の酒の神様バッカスに捧げられた神殿で、かつてはワインやアヘンなどが捧げられたと言われています。アテネのパルテノン神殿よりも大きいにもかかわらず、バールベックでは小さい神殿と呼ばれています。神殿の保存状態は良く、今でも全体像が良く分かります。特に天井部分に残る彫刻は素晴らしく、当時の技術の高さを伺い知ることができます。

バッカス神殿外観
≪バッカス神殿≫
バッカス神殿の添乗の彫刻バッカス神殿
≪バッカス神殿天井の彫刻≫      ≪バッカス神殿の入り口から眺める≫



ヴィーナス神殿ヴィーナス神殿:ローマの女神ヴィーナスに捧げられた神殿で、遺跡の入り口の外に位置しています。現在は内部への入場は禁止されています。





ジュピター神殿:建物時代はほとんど残っていないが、高さ22mにも及ぶコリント式の柱が6本現存しており、その昔、この神殿がどれほどの規模であったかを想像することができます。当時は同じ様な柱が54本も張り巡らされていたが、地震により崩壊したと考えられています。背後には遠くにレバノン山脈も遠望することができます。

ジュピター神殿
≪壮大なジュピター神殿≫
フォーラム(広場)フォーラム(広場)
≪ジュピター神殿の前に広がるフォーラム(広場)≫

ライオンの彫刻とジュピター神殿崩れ落ちたジュピター神殿の装飾帯。背後にはジュピター神殿の6本の柱が聳えています。









バールベック観光の拠点となるのはシュトゥーラやザハレの町となります。
西遊旅行のツアーではシュトゥーラにある5ツ星ホテルシュトゥーラパークに2連泊し、バールベック遺跡をはじめアンジャール遺跡やクサラのワイナリーなどをゆっくりと見学します。
シュトゥーラパークホテル外観シュトゥーラパークホテル客室
≪シュトゥーラパークホテル≫

旅の最後にレバノンの最大の見所を訪れ、かつての栄華を偲ぶのはいかがでしょうか?
レバノンの至宝・バールベック遺跡。是非、一度は訪れていただきたい場所です。


関連ツアー:西遊旅行で行く レバノンの旅 2011
        レバノン一周
Web 写真集はこちら

担当者の声はこちら










yonetani_saiyu at 13:40|Permalink

2011年03月22日

カディーシャ渓谷と神の杉の森(レバノン)

こんにちは。大阪支社の米谷です。

今日はかつて中東の交易センターとして栄えたレバノンについてご紹介したい思います。

現在のレバノンを拠点に活躍したフェニキア人は紀元前15世紀頃から都市国家を形成し始め、紀元前12世紀頃からは地中海全域を支配し、海上交易を行って北アフリカからイベリア半島まで進出していきました。また、フェニキア人は現在のアルファベットの基となるフェニキア文字を発明するなど古代オリエント世界に優れた文明を残したことでも知られています。

そのフェニキア人達の重要な輸出品のひとつにレバノン杉がありました。レバノン杉は生長が非常に遅く、そのため組織が緻密で芳香があり虫害や腐食に強いので古代から高級木材として重宝されたと言います。良質の木材は建築材料に適しており、レバノンに住んでいたフェニキア人はこの木を伐ってガレー船を造り、全地中海へと進出したのです。エジプトではギザのクフ王の墓に収められていた太陽の船もこのレバノン杉で出来ているし、世界最古と言われているサッカラの階段ピラミッドでは、崩れかけたピラミッドの中からこの木が見つかっていることがこの事実を証明しています。
レバノン杉の森レバノン杉の森2






≪写真左上:レバノン杉の保護区、右上:国旗に描かれているレバノン杉のモデルとなった木≫

レバノン杉は実際はマツ科ヒマラヤスギ属の針葉樹で、名前に「スギ」が付いていますがスギ科スギ目の近縁ではありません。そんなレバノン杉は古代から近代まで、レバノン杉は地中海世界のみならず、世界中で重宝され、伐採が進み、現在では国内に2000本程しか確認されていません。今、レバノン杉の森は保護区に指定され、レバノン各地で保護されています。特に有名なのがレバノン山脈のコルネ・エル・サウダ山(標高3,087m)の山域にあるカディーシャ渓谷です。レバノンで一番の景観とも言われ、レバノン杉が現在も自生しています。世界遺産にも指定され「カディーシャ渓谷と神の杉の森」と称されています。


レバノン杉のお土産冬の間はスキーリゾートとなるこの辺り一体は、レバノン杉を一目見ようとたくさんの観光客もやってきます。そのため、レバノン杉の枯れ木を利用した、お土産もたくさん売っていて、旅の思い出に最適の品といえるでしょう。今、レバノン杉は国民にもその貴重さは広まり、レバノンの国旗および国章のデザインにも用いられています。
≪写真右:レバノン杉のお土産≫

≪写真下:レバノンの国旗 真ん中にレバノン杉が描かれている≫
レバノン国旗いつの日かレバノン杉の森が再びレバノンの山一体を覆う日が来ることを祈るばかりです。

関連ツアー:レバノン一周

yonetani_saiyu at 20:05|Permalink