ヨルダン ペトラ遺跡

2016年10月10日

ヨルダン、赤く輝くペトラ遺跡を目の前に

ヨルダンは中近東地域のほぼ中心に位置している国ですが、その神秘の姿を一目見ようと世界各国から観光客が絶え間なく訪れています。その所柄、危険だ、怖いと思われがちな国ですが、外務省の危険情報もレベル1(十分注意してください)の地域がほとんどで(2016年10月時点)、弊社ツアーの中でも人気のコースとなっています。

本日はヨルダンの最も有名な観光地の一つ、ペトラ遺跡をご紹介いたします。
この地は、古代ナバテア人が紀元前1世紀ごろに暮らしていた都市といわれており、その位置から人々や物が行き交う地として栄えました。砂漠を旅していたキャラバンたちの中継地としても機能し、非常に多くの富をナバテア人にもたらしたといわれています。1985年にはユネスコの世界遺産に登録され、ヨルダンといえばペトラ遺跡を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■DSC_3573

▲ペトラ遺跡といえばこの景色「エル・ハズネ」

遺跡全体が赤く輝いているのは、赤砂岩で作られているから。赤砂岩は光の当たり方によってその赤色の濃度が変わるので、昼と夜、そして天候などによって様々な姿を見せてくれます。

ペトラ■DSC_3833

▲「スィーク」を抜けると見えてきます。

ガイドブックで必ず登場するのが、「エル・ハズネ」とラクダのツーショット。

■DSC_3600

▲このツーショットは必見。間近にラクダの姿が。

エル・ハズネは、狭い岩の裂け目の通路スィーク(Siq)を抜けると、突如その姿を現します。砂岩で作られたその繊細で緻密な遺跡が訪問者を待ち受け、実際に訪れるとその大きさやその赤さに圧倒されます。前に佇むラクダたちからも趣深さが窺え、エル・ハズネの印象をより深いものにしてくれます。


夜には「ペトラ・ナイト」が催されます。西遊旅行のツアーでは皆さんにもご参加いただき、ろうそくの火に照らされたエル・ハズネの一層赤い姿をご覧いただきます。現地の方々が民族音楽を演奏してくれます。
皆さんもその音色を聴き、紀元前の空気に浸りに出掛けませんか。

ペトラバイナイト■DSC_4018

▲夜のペトラをご覧いただくには「ペトラ・ナイト」に行くしかない!美しい赤の世界をお楽しみください。

▼ツアーの詳細は西遊旅行ホームページをご覧ください。
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GEJO12/index.html


arima_saiyu at 09:00|Permalink

2013年11月27日

ペトラ シク「砂岩の回廊」を歩く

ペトラ シク (1)
朝陽を浴びるエル・ハズネ

ペトラ遺跡の内部へと導く砂岩の狭い岩の裂け目の通路をシクSiqといいます。砂岩の岩山が長い年月の間に雨で浸食され、また近く変動を受け作り出されたできた天然の回廊です。古代ナバタイの人々はこのシクに壁面に神殿や祠、水路を設けました。古代ナバタイの人々にとってシクは聖域へと通じる、神聖な道であったと考えられてます。

遺跡のゲートから歩くこと800m、およそ1.2キロに及ぶシクは、ペトラで最もドラマチックな光景、映画「インディ・ジョーンズ・最期の聖戦」の舞台ともなったエル・ハズネへと至ります。シクを歩くこと自体がペトラ遺跡訪問のハイライトです。

シクの入り口からエル・ハズネまでのみどころをご紹介します。

ペトラ シク (2)
シクの入口へ向かう道  右手の方形建物はジン・ブロックDjin Block。アラビア語でジンは「霊」を指し、何のために建てられたのか不明のままですが、初期の塔墓やペトラの入り口を守護する信仰の対象であったなど、想像されています。

ペトラ シク (3)
オベリスクの墓 Obelisk Tomb  上部に4つのオベリスクと風化した人物像が掘り出された墳墓。オベリスクはナバタイ人の葬儀のシンボルであり、1つが1つの魂を象徴すると考えられ、5人の人の墓であると考えられます。また、下の建物はさらに古い時代に建てられたTricliniumトリクリニウムと呼ばれるホールで、死者を追悼して行われた儀式や宴が行われた場所です。このようなホールはペトラで数カ所確認されており、「リトル・ペトラ(ワディ・アル・バリッド)」のホールにはフレスコ画が残されています。

ペトラ シク (4)
ペトラの墳墓は基本的に上から掘り削って作られています。これは彫り始めて建設が中断された墳墓の跡。デザインはアッシリアのクロウ・ステップ。

ペトラ シク (5)
1963年、ワディ・ムーサの洪水がシクに流れ込むのを防ぐため、AD50頃のナバタイのダムの上にダムがつくられました。

ペトラ シク (6)
いよいよシクの入り口です。頭上に張り出した岩山は、60~100mの高さ。入り口にはナバタイの記念アーチがありましたが19世紀末に崩壊して一部を残すだけとなりました。

ペトラ シク (7)
シクを行きかう馬車。ベドウィンの子供、若者、そして大人がペトラで働いています。彼らは1980年代までこのペトラに暮らしていましたが退去させられ郊外の新しい村に住んでいます。今はペトラ内でのツーリストのための仕事に従事し、馬車、ロバのあっせん、おみやげ物の販売をしています。

ペトラ シク (8)
ナバタイの神ドシャラ神を祀った祠。上部の穴は生贄をつるしたと考えられています。

ペトラ シク (9)
こんなところに子猫!

ペトラ シク (10)
ペトラには野良犬、野良猫がたくさん。子猫のために母猫がシクに食料を探しに来ていました。観光客にもおねだり。

ペトラ シク (11)
ローマ時代の石畳の下にはナバタイ時代の石畳が。道に沿って水路が築かれています。

ペトラ シク (12)
古代ナバタイの人々が作った2000年前のテラコッタの水道管が一部残されているところもあります。

ペトラ シク (13)
水路の水を濾すためのフィルターとなる沈澱池。シクを通るキャラバンの水飲み場にもなっていたと考えられています。

ペトラ シク (14)
シクの通路はほぼ天然の岩ですが、場所によってはキャラバンの通行の妨げにならないように削って幅をひろくした跡があります。

ペトラ シク (15)
文字通り、薔薇色の回廊。

ペトラ シク (16)
ナバタイの神、ドシャラの祭壇。右手の洞穴は司祭暮らしたと言われています。

ペトラ シク (17)
サビノス・アレキサンドロス・ステーション Sabinos Alexendros Sration  アドラ(現シリアのダラ)から来たサビノスという司祭が作ったドシャラ神を祀る祠。

ペトラ シク (18)
ラクダを連れたキャラバンのレリーフ。残念ながら浸食風化により足元しか残っていません。アラビア半島南部からきた遊牧民であるナバタイの人々。エジプト、アッシリア、ギリシャ、ローマと交易をし、その文化を吸収してこのペトラに「聖なる都」を築きました。

ペトラ シク (19)
シクの前方がが明るくなりエル・ハズネが見えてきます。エル・ハズネ、「失われた都」ペトラで最も美しい建築物が目の前に現れます。

ペトラ シク (20)
午後の光を浴びたエル・ハズネ。

文・写真 Mariko SAWADA  澤田真理子

西遊旅行のおすすめサイト
西遊旅行のヨルダンツアー特集 ヨルダン再発見
みどころガイド ヨルダン
西遊旅行の添乗員同行ツアー 「王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン」 
個人旅行で行くヨルダン 5日間、6日間、7日間、8日間










sawada_saiyu at 19:23|Permalink

2013年10月18日

2014年をペトラで!12/26発 ヨルダン8日間を追加設定!

皆さんこんにちは。大阪支社の米谷です。
年末年始のご旅行のご予定はいかがでしょうか?
8月に発表しました「王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン」
もともと設定しておりました12/28発コースがおかげさまで満席となったために12/26発で追加設定をいたしました。

追加設定コースは、パンフレット記載の内容と日程順序が異なりますが、訪れる観光地に変更はありません。
また、ヨルダンを代表するナバタイの遺跡ペトラと、死海の2箇所で、5ツ星クラスのモーヴェンピックホテルにご宿泊いただきます。ペトラのモーヴェンピックホテルは遺跡の入り口から徒歩すぐの好ロケーションに位置します。
丁度、大晦日にあたる12/31がペトラ泊となり、2014年をペトラで迎えることができます。大晦日の夜はホテルにて、新年を迎えるガラディナーもお楽しみいただけます。

詳細は下記、ホームページで追加設定コースの概略もご覧いただけます。
詳細な日程をご希望の方は中近東方面担当までお問い合わせ下さい。

王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン ツアー詳細

■モーヴェンピックホテル・ペトラ
モーヴェンピック ペトラ外観
ホテルの外観

モーヴェンピックペトラ プール
モーヴェンピック・ペトラのプール

また、ホームページにてヨルダン特集ページを公開しています。
ヨルダンの新たな魅力を知っていただける、充実した内容となっています。
是非、ご覧下さい。

jordan

特集 ヨルダン再発見 こちらをクリック!

yonetani_saiyu at 21:11|Permalink

2013年08月17日

ペトラ・バイ・ナイト PETRA BY NIGHT

ペトラ・バイ・ナイト (1)

ヨルダン、ペトラの夜。

神秘的なまでのペトラ遺跡で夜を過ごしたい・・・という人も多いはず。ユネスコの世界遺産でもあり管理のしっかりしたペトラ遺跡は日没までに遺跡から出なくてはなりません(夏は19時、冬は17時)。

夜のペトラ遺跡を楽しむ方法がペトラ・バイ・ナイト。毎週月・水・木曜日の夜に行われています。シクを歩いてエル・ハズネまで往復するためおよそ2時間かかりますが、昼間とは違う幻想的な光景に時間を忘れるほどです。

ペトラ・バイ・ナイト (6)
夜20:30頃ペトラ遺跡のメインゲートに集合。ここから歩き始めます。遺跡のメインゲートからシク、そしてシクの内部もろうそくのあかりでライトアップされます。

ペトラ・バイ・ナイト (8)
岩の回廊となっているシクへ入ります。紙に包まれたろうそくの明かりが優しくシクと照らし、エル・ハズネ宝物殿へと導きます。

ペトラ・バイ・ナイト (2)
いよいよ、エル・ハズネへ到着。昼間に訪れた時の美しさにも息をのみましたが、ろうそくの明かりで照らし出されたエル・ハズネの出現はもうひとつのペトラの幻想。美しいです。

ペトラ・バイ・ナイト (5)
エル・ハズネに集まったツーリストにベドウィンのミントティーが振る舞われ、静寂の中ベドウィンの音楽が岩山に響き渡ります。

ペトラ・バイ・ナイト (3)
そして最後にはしっかり記念撮影の時間も。ショータイムが終わると、それぞれ記念撮影をして来た道を戻っていきます。人がいなくなってからの記念撮影をしようとして待っていると、ろうそくの片付けが始まってしまいました。

朝からのペトラ遺跡見学、午後のエッディール僧院登り、そして夜のペトラ・バイ・ナイト。
充実という言葉を通り越したペトラ満喫の一日です!

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子

※情報は2013年8月現在のものであり、訪問の際には最新の現地事情をご確認ください。

西遊旅行で行くヨルダンの旅(添乗員同行ツアー) ホテルも訪問地も厳選・ヨルダンを満喫する旅
王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン8日間

sawada_saiyu at 17:39|Permalink