ツアー紹介

2016年08月12日

様々な魅力溢れる国 オマーン

 先月発表いたしました今シーズンの西遊旅行のオマーンのツアー。ハイキング、トレッキング、キャニオニング、キャンプなど、様々なアクティビティーに富んだ4つのツアーを発表いたしました。

aDSC_0031

                     【ルブ・アル・ハーリーの大砂丘】 

 オマーンは南北に広がる国のため、同じ国でも地域によって様々な異なる風景が広がります。
北部にはハジャール山地が連なり、麓には緑溢れるオアシスを持つ村々が点在します。ツアーでは、緑溢れるナツメヤシ畑や果樹園の中をウォーキングします。

KOJI4550

                     【緑溢れるハジャール山地の麓を歩く】

 この豊かな緑を培っているのが、ファラジという感慨システム。世界遺産にも登録されたオマーンの灌漑システムの歴史は古く、紀元前3000 年(5000 年前)にイラン系住⺠の⽂化から来たと考えられています。

KOJI0768_yamada

                【ミスファット・アル・アブリーン村に巡らされた水路】

KOJI0774_yamada

                        【貯水池で泳ぐ子供達】

 イランと地理的にも近いため、イラン本土のザグロスやエルブルース山脈の灌漑システムであるカナートの文化が伝わったのだと思われます。
 オマーンではオマーン海からの湿気が⻄ハジャル⼭脈にあたって⾬を降らせ、ファラジと呼ばれる独特の灌漑システムが生まれました。
ファラジは何を⽔源とし、どのような供給路で⽔を運ぶのかによって3 つに分類されます。
Ghaili :ワディを⽔源とするもので、ファラジの約半分(48%)を占めます。
Aini :⼭中の涌き⽔を⽔源とする。ファラジの28%が該当。
Daoudi:地下⽔を⽔源とする。ファラジの24%が該当。

今でも引き継がれているファラジの文化を垣間見ながら、緑溢れる村々での散策をお楽しみ下さい。

KOJI4572KOJI4573
                  
              【左:水路から流れる豊かな水       右:巨大なナツメヤシの木が茂る村の中】


  第二の都市・サラーラを擁する南部は、インド洋の影響を強く受けた気候のため、竜血樹やボトルツリーの植生が点在する珍しい自然体系を持ちます。
そしてオマーンで何と言ってもルブ・アル・ハーリー砂漠です。アラビア半島南部の3分の1を占める世界最大級の砂砂漠で、サウジアラビア南部、オマーン、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメンの4カ国に広がります。アラビア語では、アッ=ルブア=ル=ハーリーと呼ばれ、英語では「空虚な4分の1(一角)」(the Empty Quarter) と訳され、「何も無い所」というのが本来の意味。長さ1000キロメートル、幅500キロメートル。最近まで大部分が探検されてきませんでした。1931年にバートラム・トマス(Bertram Thomas)が、史料に残る最初の西洋人としてこの砂漠を横断しています。


KOJI4629

                【ルブ・アル・ハリーの砂丘の上から見る光景】

KOJI4636

                         【砂丘に昇る朝日】


   砂漠化は、この1000年間に進行したと考えられ、3世紀頃までは乳香交易のキャラバンがこの地を横断していましたが、砂漠化がこの地をキャラバン交易路が横切るのを困難にしたといいます。
西遊旅行の4つのツアー全て、このルブ・アル・ハーリーで2泊のキャンプ泊をお楽しみいただきます。
昨今、治安の関係でサハラのツアーが少なくなっていますが、サハラ以外で本物の大砂丘をお楽しみいただけるのは、このルブ・アル・ハーリーだと思います。

  さて、キャラバンの衰退の原因は砂漠化だけでなく「季節風の発見により海洋航路の発達」により、過酷な砂漠のキャラバンをしなくても良くなったことのほうが大きな要因だと考えられます。海のシルクロードの発達です。かつては、ツアーで訪れる「失われた都市」ウバル (Ubar) もこのような砂漠の中の交易都市でしたが、海のシルクロードの発達により、アラビア海沿いのホール・リーリのような都市国家が発展したのでした。これらの交易都市は、オマーン特産の乳香を各地に輸出して益を成していました。乳香は現在のオマーンの家庭でも、香として広く使われています。

KOJI0672_yamada

                 【活気溢れるムトラスークの中の乳香屋さん】

KOJI0674_yamada

                【このような台に炭をともし、その上で乳香を熱します】



 最後は、オマーンで産出される神秘のオイルのお話しです。ハジャール山地の麓にあるアル・ハムラ村。ここでは「モリンガ」という木の実から作るモリンガ・オイルの製造過程を見ることができます。

 
KOJI4559

           【左上から、抽出されたオイル、瓶に詰めたオイル、モリンガの実】


  モリンガから取れるオイルは、カルダモンのような実をつぶして抽出していました。ある化粧品サイトによると “モリンガは、インドの伝承医学アーユルヴェーダで300の病気を予防すると言われる栄養価の高い木で、古代ローマやギリシャ、エジプトでも珍重されてきました。モリンガシードオイルは、世界3大美女の呼び名が高いクレオパトラが愛用していたオイルとしても知られています。モリンガの種から抽出されたモリンガシードオイルは、ヨーロッパの化粧品で昔から美容クリームの材料として使われてきた、隠れた高級オイルでもあります。“とのことです。

KOJI4560
       【マカダミア・ナッツに似たモリンガの実】


KOJI4563

                   【両手で実をこねて、右にオイルを溜めます】


  オマーンでは今なお伝わる素朴な製造方法により作られていて、小瓶が1本3リアル(約1,000円)で売られていました。


  自然、文化、歴史、たくさんの魅力に溢れたオマーン。すでに催行決定、満席のツアーも出ています。この秋から冬にかけて、皆様のお越しをお待ちしています。

魅力溢れる4つのオマーンのツアーはこちら  ↓ ↓ ↓ ↓

オマーンアドベンチャー 砂漠と海と緑のアラビア
オマーン南北縦断
南部オマーン・ドファールをゆく
オマーン最高峰ジュベル・シャムス登頂とルブ・アル・ハーリー大砂丘


yamada_saiyu at 20:30|Permalink

2015年12月25日

2016年シルクロードパンフレット発表!

 皆様、お待たせいたしました。今年も「シルクロードの旅」のパンフレットが完成しました。中国の新疆からコーカサスまで、新コースを含んだ多彩なラインアップです。
 今年の新コースを、少し紹介いたします。

               「春のキルギスへ ワイルドチューリップを求めて」

4月下旬から5月上旬だけに咲くキルギスの野生のチューリップ。専属のフラワーガイドが同行し、春のキルギスの花々について詳しくご案内いたします。この季節だけ限定の特別企画です。

               
5


11

               【4月下旬から5月上旬だけに咲くチューリップ】


               「近未来都市アスタナとアルティン・エメル国立公園」

近年カザフスタンのツアーが増えましたが、なかなかツアーでは訪れない首都アスタナを訪問。そして、アルマトイ北東イリ川沿いに砂漠と岩山の絶景が広がるアルティン・エメル国立公園を訪ねます。人気の「神秘の大地マンギスタウ トゥズバイル塩湖とウスチュルト大地」のツアーに連続参加が可能です。

10

                         【近未来都市アスタナ】

4

                  【絶景が広がるアルティン・エメル国立公園】

            「ペルシャから東トルコ縦断 知られざるアジャリア自治共和国へ」

テヘランからスタートし、イラン北西部を通って東トルコへ。ここからジョージアに入り、アジャリア自治共和国に抜けます。黒海沿岸のアジャリア自治共和国は、ギリシャ神話の「アルゴナウタイ物語」に登場するアルゴ―号と王女メディアの舞台であったコルキス王国のあった地です。

c2 otomo

                 【イラン北西部に残るゴンバデ・スルタニエ】

c4 123rf

                   【アジャリア自治共和国の首都・バトゥミ】

                「山岳シルクロード 世界の屋根パミールへの道」

パキスタンのイスラマバードからスタートし、途中7つの峠を越えて中国、キルギス、タジキスタンを訪れるコースです。「新シルクロード構想」によって近年外国人にも開放された国境を越え、ヒマラヤ、カラコルム、ヒンドゥークシュ、天山山脈の圧巻の山岳風景を楽しみながら、かつてのシルクロードを往く新コースです。

1

                    【サリタシュから望むレーニン峰】

3

                     【ムスターグ・アタとカラクリ湖】

 このブログでも、随時新コースの紹介ページを作成して参ります。
 
 すでに、ゴールデンウィークのマンギスタウのツアーは催行決定、その他のコースも沢山のお申込みをいただいています。お早目に「シルクロードの旅」のパンフレットを開いていただき、皆様のお申込みをお待ち申し上げます

yamada_saiyu at 18:00|Permalink

2015年11月11日

ヘカトンピュロス見聞記

 先日、「キャビール砂漠と失われた都・ヘカトンピュロス」のツアーの添乗に行って参りました。長年の憧れでしたパルティアの都・ヘカトンピュロスの遺跡に立ち、日本ではほとんど知られていないヘカトンピュロスをこの目で見てきました。今回は、謎に満ちたヘカトンピュロスの様子をご紹介いたします。


  紀元前247年、アレキサンダー大王の家臣セレウコスが KOJI3066_yamada
興したセレウコス朝を破り、トルクメニスタンからイラン、メソ
ポタミアまで支配したパルティアは、3つの都を建てました。
最初の都は、トルクメニスタンの首都アシガバート近郊に残
るニサ。ミトラダテス王の名から、ミトラダトケルタとも呼ばれ
ていました。

     


        【パルティア兵士の像:テヘラン考古学博物館蔵】


  その次の都がギリシャ語で「百の柱」という意のヘカトンピュロスです。ダームガーンから国道A83号線を西へ走ったクーシェの村にヘカトンピュロスはあります。このA83号線は、かつて中央アジアからレイ、タブリーズを経てアナトリアへ向かうシルクロードの幹線でした。今でも、沢山のキャラバンサライの跡が残っています。

KOJI4167KOJI4165

      




         

        【ヘカトンピュロスの遺跡近くに残るサファビー朝時代のキャラバンサライと内部】


  そして、ヘカトンピュロスからこのシルクロードを南に下るとイスファハンに繋がります。
ヘカトンピュロスは貴重な考古遺跡のため、ダームガーンの町から警察が同行しました。遺跡に降り立つと、イスラム以降の時代の土器のかけらが沢山落ちていました。92年前と89年前の発掘からほとんど調査されておりませんが、56平方キロの広大な面積の遺跡内には、いくつかの丘のような建物跡が残っていました。ヘカトンピュロスは、正確にはパルティアが建てた都ではなく、紀元前5,000年紀から人が住んでいた場所です。かつての発掘では、この頃の土器も出土したそうです。そしてパルティアが去った後も街として機能していたため、前述のイスラム時代の土器も残っているのです。

KOJI4113

                 【遺跡一面に落ちていたイスラム時代の土器】


 我々が最初に訪れたのは、おそらく宮殿として使われたであろう一番大きな建物跡でした。調査は全く行われていないため、地図も看板も何もありません。広大な敷地内を歩き、いくつかの建物跡を見学。どの建物が何に使えわれたのかは謎のままでしたが、地下へ通じるトンネルがある建物や、部屋がはっきりとわかる建物もありました。

KOJI4099KOJI4100


      



  
    【宮殿跡と思われる巨大な建物】                  【宮殿の上から見た遺跡】

  パルティアは、セレウコス朝シリアが勢力を拡大し、東に進出した際にヘカトンピュロスの街を捨て、イラクに残るクテシフォンに都を移しました。遷都の際、ヘカトンピュロスにあった物はほとんどが地中に埋められたといわれています。ツアー中、どうしてパルティアは地中に埋めて街を捨てたのか?という談義になりました。全くの仮説ですが、パルティアはセレウコス朝シリアが去った後に、またヘカトンピュロスに戻って来るつもりでいたのではないかという話しも出ました。そのため、ヘカトンピュロスには主要な建物だけは残っているのではないかという話が出ました。

KOJI4121KOJI4128







 【メルブに残るキズカラと似た建造物】               【広大な敷地内を歩いて見学しました】


KOJI4141KOJI4138








【建造物が点々と連なって残っています】                【壁で仕切られた部屋の内部】


 クテシフォンに遷都した後、パルティアは最盛期を迎えます。そして当時の西の超大国はローマと、「パルティアン・ショット」の戦法を駆使して、8回にわたる泥沼の戦争を繰り広げました。しかし紀元224年、パルティアはクテシフォンで、長年の宿敵ローマではなく、ササン朝ペルシャに滅ぼされます。そして、かつての都、ヘカトンピュロスに戻ることはなかったのです。

KOJI4143KOJI4133







    【邸宅と思われる建物内の広間】                    【ヘカトンピュロスを歩く】

  かつてヒルカニアと呼ばれたこの地のシルクロードの要衝にあったヘカトンピュロス。西アジア史に歴史を刻んだパルティアの面影を、遺跡に吹く歴史の風の中に見た気がしました。


【4月、5月のツアーの紹介はこちら】
キャビール砂漠と 失われた都・ヘカトンピュロス


yamada_saiyu at 11:40|Permalink

2014年11月28日

ソグディアナからスルハンダリヤへ タジキスタンとテルメズの遺産

皆様、師走に入りますがいかがお過ごしでしょうか。12月には昨年より少し早く、シルクロードパンフレットがお手元に届きます。新しいコースも含んだ次のシルクロードツアーのラインナップをご期待下さい。

その中で、今日は毎年人気の「タジキスタンとテルメズの遺産」のコースから、新しいタジキスタンの見どころをご紹介いたします。

今年の10月にこのコースを添乗をしてきました。
タジキスタンは、国土の90%以上が山岳地帯という山岳国家のため、かつてこのツアーはトルケスタン山脈、ザラフシャン山脈、ヒッサール山脈を越えて首都ドゥシャンベへ向かうため、二つの峠越えがありました。峠は3500mを越える標高のため、ゴールデンウィークでも雪が降り、秋も降雪のためにツアーを設定することができませんでした。
しかし、近年中国、イランが峠にトンネルを造り、峠越えをする必要がなくなったため、春や秋の設定をすることができるようになりました。
ペンジケントまでの道中は、峻険な山脈を縫うようにザラフシャン川が流れていますが、10月は黄葉が始まり、美しい風景を見ることができました。

KOJI2539


KOJI2546

    【金を運ぶ川という意のザラフシャン川の黄葉の光景】


次に、ツアーで訪れるドゥシャンベの国立博物館の珍しいコレクションを紹介いたします。通常は写真撮影が禁止されている博物館ですが、はるばる日本から来たツアーということでお願いし、特別に撮影を許可していただきました。
まず、ソグド人の都市ペンジケントからの出土品。これは、ペンジケントにかつて存在したヒンドゥー寺院にあったシヴァ神とパールヴァティーの像です。シルクロードを結ぶ交易上にあった都市だったため、この街に滞在するインドからのヒンドゥー教徒の隊商のために造られたと思われます。

KOJI2580


こちらの写真は、実際の寺院の前でシヴァとパールヴァティーに扮したガイドさんです。

KOJI2509


こちらは、ペンジケント近郊に残る紀元前4000年紀に遡るサラズムで発見された「サラズムの王妃」という女性です。サラズムは、タジキスタンで最初に登録された世界遺産で、工房跡や神殿跡が発掘されています。昨シーズンまでは、ツアーでは訪問することはなかったのですが、来シーズンからサラズムの遺跡をツアーに組み込むことになっています。

KOJI2499
KOJI25708







   【左:ドゥシャンベ国立博物館に眠るサラズムの王妃】
   【右:発掘されたサラズム遺跡の拝火神殿跡】

これからの写真は、タジキスタン南部にあるグレコ・バクトリア時代のタフテ・サンギンからの出土品の数々です。アレキサンダー大王は、東方遠征の際にソグディアナとアフガニスタンへ往復しています。大王がもたらしたギリシャの文化を色濃く残す目を見張る出土品が沢山展示されています。

KOJI7218

       【ギリシャ神のキューピッド】

KOJI2576

       【アレキサンダー大王とされる像】

インドに近かったこともあり、象牙細工が多く、この「アキナケス剣の象牙の鞘」は素晴らしい傑作です。ガイドさんいわく、このような素晴らしい傑作は、後世の人にも見てもらう価値があるため、出土されるのだそうです。

KOJI2578



その他ツアーでは、テルメズでクシャン朝時代の仏教遺跡や、アレキサンダー大王が建てたアムダリアのアレキサンドリアである「アレキサンドリア・オクシアーナ」と比定されるカンプル・テパ、考古学者の加藤 九祚先生が発掘に携わったクシャン朝の最初の首都ダルベルジン・テパ等も訪問。見所の詰まったツアーです。春は野花が咲き、秋は黄葉が美しい自然も魅力のタジキスタン、来シーズンに皆様をお待ちしています。

関連ツアー
タジキスタンとテルメズの遺産


yamada_saiyu at 21:49|Permalink