OTOMO

2016年11月02日

内戦後に奇跡の復活!ベイルートの国立博物館の所蔵品の数々

ベイルート国立博物館は1942年開館のレバノン最大の考古学博物館です。10万点の遺物を所蔵する。75年から91年までのレバノン内戦ののち、博物館関係者の尽力により、復活を果たしました。

奇跡の宝物の数々を、時代毎に、遺跡毎にご紹介します。

IMG_0569_nakata
DSCF8141
【写真上:外観、下:大型の展示物が多く見所の多い1階部分】

P1010796_hosono
【写真上:コンクリートで周りを固めて保護した当時の映像。ビデオ上映ではグリーンライン上にあった博物館の所蔵品を、内戦の際にどのように保護したかを見せてくれます】

―ブロンス時代 (紀元前3200~1200年)―

〈ビブロス出土〉
DSCF8132
IMG_0553_nakata
【写真上と下:王家の墓で発見された、紀元前10世紀のアヒラム王の石棺の一部。ここに最古のフェニキア文字が残ります。フェニキア人は当初はヒエログリフを使用しましたが、不便なため、フェニキア文字を発明した。これは、アフファベットの元となり、地中海世界全体に広がりました。文字は右から左に読みます】

R0015900_kaneko
【オベリスク神殿から発見されたオベリスク。紀元前19世紀のビブロス王が寄進したもの。「ラー神に愛される王」との記載があります】

DSCF8119
【窓のある手斧で、オベリスク神殿で他の短剣や弓矢とともに出土しました。女神アナトもしくはリシェフ神にささげられました】

DSCF8120
【オベリスク神殿の下から出土のブロンズ製の兵士像。ヘルメットやエジプトの王冠に似た円錐形の髪飾りを身に着けている男性】

―鉄器時代 (紀元前1200~333年)―
〈エシュムーン出土〉
IMG_0557_nakata
【神殿の至聖所から発見された祭壇。写真は後側に彫られたアポロ神を中心とするオリンポス12神(上段)と踊り子と音楽演奏家の姿。大理石製】

DSCF8130
【フェニキア碑文のある子供の像。子供の治癒に感謝した両親が健やかな子供の像をエシュムン神に奉納しました】

〈シドン出土〉
IMG_2299
【豚の頭を象ったテラコッタ製のリュトン。アッティカとして知られたアテネ周辺からのもたらされた黒釉の彩色が特徴的な陶器。当時地中海交易が行われていたことを示す】

R0015898_kaneko
【大理石製の双頭の雄牛の柱頭。鉄器時代の後期、紀元前5世紀。シドンが当時のペルセポリスとスーサから強い影響を受けていたのがわかります】

―ヘレニズム期 (紀元前333~64年)―
IMG_0557_nakata
【エシュムーンの神殿から出土した紀元前350年の祭壇。フェニキアの都市で製作された「トリビューン(護民官)」と名づけられた祭壇はギリシャ彫刻の典型的な例で、レリーフの上段には竪琴をもつアポロとギリシャの神々が並び、下部には踊り子や楽隊が並びます】

―ローマ時代 (紀元前64~紀元後395年)―
〈ティール出土〉
IMG_0545_nakata
【大理石製の石棺。レリーフはトロイ戦争のエピソードで、パトロクロスを殺され復讐を遂げたアキレスがヘクトールを引きずっているのがわかります】

IMG_0546_nakata
【石棺(紀元後2世紀)。被葬者の夫婦像の下には、酔っぱらったキューピットが描かれます】

IMG_0556_nakata
【ラムセス2I世の石碑。軍神ラーハラクティの前で、敵を束ねて打ち砕くラムセス2世】

〈ビブロス出土〉
IMG_0561_nakata
【エウロペ神話のモザイク。紀元後3世紀。雄牛の姿をしたゼウス神にさらわれるビブロスの王女エウロペ(ヨーロッパの語源となる)。エウロペを探しにギリシャに渡った兄カドモスが、古代ギリシャ人にアルファベットを伝えたといいます】

〈バールベック出土〉
DSCF8142
【紀元後2世紀の七賢人のモザイク】


国立博物館ももちろん訪れます!レバノンのツアー催行状況はこちらから!
西遊旅行 レバノン一周8日間

otomo_saiyu at 17:00|Permalink

2015年06月17日

暗殺教団 アラムート城へ!

11世紀、イランの山岳地帯に暗殺を旨とする教団が存在したのをご存知でしょうか。
彼らが拠点としたアラムート城へ、この5月にいってきました。その時の様子を、写真を載せてご紹介します。

アラムート城までの基点となるガズウィーンの町はテヘランから160kmほど。そこからどんどん標高を上げて2,330mの峠を越えていきます。舗装道路が続いてはいますが、ヘアピンカーブの多い山道が続いて、羊を放牧している光景が見えました。峠から少し下った小さな町でタクシーを頼み、チェスで暇つぶししていたドライバー達を集めて4台に分乗して進むことにしました。

DSCF3076

















【きれいな舗装道路が続いています】

DSCF3075

















【100頭以上いるでしょうか。羊も放牧されています】

DSCF3079

















【カーブの続く山道は遠くまで見渡せました】

ガズウィーンからおよそ2時間前後、くねくねのこの道を進んだ先にアラムートの砦が見えてきます。周辺のエルブルース山脈から独立した岩峰の頂上にその城は見えます。

DSCF3090






















【写真のちょうど真ん中にある岩山の上に小さく見えるのがアラムート城です】

アラムートの城砦は天然の岩山の上にあり、まずは麓にある食堂で食事した後、歩き始めました。ちなみにここのチキンケバブは柔らかくてとても美味でした。

IMG_5422

















頂上までは通常30分ほどで到達できるようです。その途中15分ほど歩いた場所に休憩箇所がありますので、そこで小休止。麓からここまではロバを片道3ドル程で手配する事ができるようです。この休憩箇所からは500段ほどの石段が続きます。砂利が多い坂で滑りやすくなっています。

DSCF3159
DSCF3155
DSCF3158【写真左と次の写真:直立した岩山を回りこむように石段が続いています】











































【写真左:遠目ですがロバで登ってくる人もいるようです】





















城は現在修復用の足場やトタン屋根が掛けられていて近づくと見栄えが悪いのは残念でした。しかし眼下の景色は素晴らしく、エルブルース山脈の雪山も遠くに見えます。山脈からの小川がいくつも流れ、そこからの灌漑用水によって作物を多く育てている様子が見て取れます。かつて暗殺教団を創始したハサンが、穀倉地帯といえるこの地を選んだ理由に納得がいきます。遺跡としては世界遺産の暫定リストに入っているらしく、英語の看板もサイト毎に掲示されていました。アーチの残るモスク跡、小部屋、また特にこの山の頂上に掘られた井戸も3つほど残り、掘った当初は水が出なかったのですが運良く1年後に起こった地震で湧き出してきたといいます。カナダからの体の大きなインド人グループも大変そうにしながら登ってきていました。同じ道を下山、麓ガズウィーンまで戻りました。

DSCF3137 【このような井戸の跡が3つも残ります】
















DSCF3131【頂上に残る住居跡、周りの景色もすばらしいです】















DSCF3140【かつてのモスク跡】



















アラムート城と暗殺教団
ペルシャ全域に支配を広げていたスンニ派のセルジューク朝と同じスンニ派で、バグダッドに都を置くアッバース朝の圧政に不満を持ち、宗教家を目指していたハサン・サバーフはカイロに渡ります。当時シーア派でイスマイリー派(古代ギリシャの哲学者の著作から議論の方法を学び、異端とされていました)を国教としていたファーティマ朝で勉強しました。イスマイリー派の秘儀を伝授したハサンはペルシャに戻り、布教を始めます。啓蒙された信者を異端とみなしたスンニ派のカリフや宰相等は、教団信者に迫害を強めていきます。これに少数の僧兵や領民の蜂起で対抗するのですが、戦力にはやはり限界があり、いつも多勢に無勢なハサンはピンポイントで敵対勢力の要人を狙う、暗殺というテロを国家的なスケールで組織化して対抗しました。これが暗殺教団の始まりです。1090年にハサンはエルブルース山脈の支脈ハウデガーン山の麓の単独峰アラムート山に、上で写真に載せたような強固な山城を築き、地下には貯水池や穀物、ワイン、蜂蜜などの膨大な貯蔵庫、さらに寺院、図書館などを構築して、セルジューク朝の強敵を相手に数ヶ月に亘る篭城で耐え忍んで生き延びることが出来たほどの自治領国家を誕生させました。1256年モンゴル帝国の西方司令官フラグによって落城させられるまでの160年間に現在のイラン、シリア領内に実に300余りのこの教団の砦が存在したといいます。


アラムート城へ、ケバブを食べて登ってみませんか!?
西遊旅行新企画 ペルシャからアナトリア 悠久の歴史遺産を訪ねて

otomo_saiyu at 08:00|Permalink

2015年05月16日

光と氷の世界グリーンランドへ ①イヌイットの生活技術

アイスランドのレイキャビクから東グリーンランドの沿岸に近づくと、窓の外には流氷を浮かべた海が現れます。

DSCF5446








【写真上:エアグリーンランドの窓から流氷の海が見える】

アンマサリック地方の玄関口であるクルスクの空港に到着し、機外に出ると高緯度のせいか晴天なのに太陽の光も弱いようにも感じられます。せいぜい教室2つ分ほどの大きさしかない空港ターミナルへ。ここでグリーンランドの入国スタンプを記念に押してくれました。

空港出口ではグリーンランドの手配会社のガイドがやってきました。アンマサリック地方ではあまり車での移動は一般的でなく、砂利道の坂道を20分ほど下っていくとクルスクの港に着きます。周りに家などはほとんどなく、雪山と流氷の海ばかりが広がります。ついに極地に近づいたという感じがしてきました。

港ではすでにボートがきていて、乗り込む前に防寒着にここで着替えてもらいました。しかしまだ干潮の時間帯で、荷物と人が乗るには30分は必要というのでこの辺りで待ちました。その間海岸に転がるムール貝を見つけては、開いて生のまま食べて見たりしました。新鮮でクリーミーで、とても美味しかったです。結局1時間ほど待った後乗ることができました。流氷が海面にひしめくぐらい多いときだと、移動にもかなり時間がかかったり、出航できないこともあるのですが、幸いこの時流氷の量は少なく、ボートもすぐ高速で進み始めました。ボートに乗る前、防寒着を着込んでいると暑いぐらいでしたが、風を切って進んで行くととても寒いです。

IMG_3679









【写真左:海岸に転がるムール貝をそのまま試食。美味です。】

DSCF7895
DSCF7898

【写真上2枚:流氷の間を縫うようにしてボートで進む】

45分ほどでタシーラックの港へ。上陸後荷物のケアはガイドさんに任せて歩いてホテルへ。坂道を20分ほど景色を見ながら登って行きます。海からすぐせり上がる地形に、斜面にカラフルな家々が並び、遠くには雪をいただく山並みも見えます。この港にも巨大な氷塊が漂い、ホテルから見下ろしたこの景観はおもちゃ箱の中を覗いているような、そんなときめくような気分にもなってしまいます。

DSCF7916





【写真左:アンマサリックホテルから見下ろすタシーラックのカラフルな町と、氷塊浮かぶ港】

タシーラックの町を歩いて、小さな博物館へ。古くから沿岸のこの地で暮らすイヌイットの人々はアザラシ猟を生業としていて、彼らの使う狩猟や生活道具が展示されています。ひとり乗り用のカヤック、捕鯨用で大きめのウミヤックを使っての伝統的なアザラシ漁の仕方を案内してくれました。銛の先にアザラシ皮に空気を入れて膨らませた浮き袋をつなぎます。刺した後アザラシは海にもぐろうとしますが、浮き袋のせいで逃げることはできないという仕掛けです。また木は育たない地形ですので仮面や、部屋の中に飾る魔除けの人形も流木でります。当時のイヌイットの写真、伝統衣装(赤ちゃんをおぶったまますっぽり着るコート)なども展示されていました。

IMG_3684






【写真左:カヤックとアザラシ皮の浮き袋】

IMG_3685
IMG_3686

【写真上2枚:赤ん坊を背負ったまま着る事ができる服(当時の写真と現物)】

博物館の外には、復元されたイヌイットの住居がありこちらの内部も見ることができました。グリーンランドでは7ヶ月続く長い冬の間は、4家族25人にもなる大所帯で共同生活します。マイナス40度にもなるため外には出られず、また生活水も不足するため、人目もはばからず住居の中で排泄した小便は、洗い物に使用するようです。奥さんを他の男性と共有するという文化もあります。しかしここ100年ほどの間でながく続いてきた犬ぞりやカヤックの作り方、アザラシ漁の仕方など覚えている人間は少なく、若い人は忘れてしまったとのことです。もともとなかったアルコールの文化が入ってきたせいで人々は働かなくなってしまったことも大きな問題です。寒冷地のためアルコール発酵ができず、お酒の文化のなかったグリーンランドですが、西洋文化が入ってきてから飲酒の習慣も生まれました。デンマーク政府は、イヌイットへのアルコール類の販売量を厳しく制限していますが、月に1度アルコール類を購入できる日は、人びとがほとんど例外なく泥酔するといいます。

DSCF7909
DSCF7904

【写真上2枚:猟で獲ったアザラシを持ち帰る人】

村の若いイヌイットの女の子からイヌイット語をいくつか教わりました。
  こんにちは グッダァ
  ありがとう コヤナ
  ご機嫌いかがですか カリピー
  元気です アイギダガ
  さようなら デギウー
※カナダに住むイヌイットを区別してカラーリット語といい、このグリーンランド東部で話されている言語と西部で話されている言葉は少し違うようです。



7月限定企画、西遊旅行で行くグリーンランド12日間のツアーはこちらからご参照ください。
グリーンランド 光と氷とイヌイットの大地



次回はいよいよフィヨルドの海を渡り、キャンプやハイキングの様子をご紹介します。

otomo_saiyu at 00:00|Permalink

2014年09月05日

乳香とムサンダムの絶景クルーズ!見どころ満載のオマーンへ!

今回はアラビア半島にある王国・オマーンの魅力をご紹介します。

まず有名な世界遺産・乳香の道に登録された南部のドファール地域の中心地サラーラへ。モンスーンのお陰で夏でも比較的過ごしやすいサラーラは湾岸諸国からの客が年間にして40万人にもなります。

マスカットから国内線でサラーラへ移動し、そこから内陸のワディドカール公園へ。標高870mのカラ山地ははっきりとモンスーンの影響を受け、5月から8月までの3ヶ月間は降雨が続きます。この山地は緑に溢れ牛やラクダ、ヤギの放牧が行われています。山地を越えてしまうと砂漠地帯。この岩石砂漠が良質の乳香を産する木を育てるのです。野生の樹齢300年の木を傷付けると白い樹液が出てきて1,2週間で固化して乳香となります。その場で燃やすと、スークで焚かれているような独特の香りが漂います。そばには政府がフェンスで管理している若い乳香の保護林もありました。

DSCF8669
DSCF8661

【写真上:荒涼とした砂漠には乳香保護地域があります】

DSCF8647
DSCF8677

【写真上:カラ山地はモンスーンの間の降雨で緑が広がります】

サラーラ郊外にあるアルバリード遺跡に付属の乳香博物館は歴史ホールでその入港をめぐる歴史とオマーンの航海の歴史を知ることもできます。それによると、ドファール地域でも海岸から80kmまでのエリアの、20〜38℃の気候帯でしか乳香は育たない、さらに樹齢50年から採取が可能となり、老木の方が質が良いようです。また1キロあたり20リヤル(5400円相当)の高級品(お香よりも胃薬として使うようです)から、1キロ1リヤルのものまで、等級もさまざまです。

IMG_2820









【写真左:サラーラの乳香市場で得意げに見せる青年】

アルバリードは500年前まで栄えましたが津波で甚大な被害を出し、現在のサラーラに人々は移りました。当時のスルタンの宮殿跡や、15あったモスクのひとつ、神学校などをカートで巡ることができます。乳香を積みインド洋へと船出していったダウ船の波止場は現在も外洋に続く水路として残っていました。

DSCF8682【写真左:かつて住民が住んでいたアルバリード遺跡】

このドファール地域では漁業が有名で、特にイワシ漁が盛んに行われています。30人がかりで投網を行い、四輪駆動車で網を引く漁を行っているのが見えました。消費しきれないイワシは干して5,6日経ったものを牛やラクダの餌としますが、干しイワシを食べ続けたラクダの乳はイワシの味がするという話です。

DSCF8716









【写真左:アラビア海で漁をする人々】

ホールリーリ(古名スムハラム)は世界遺産「乳香の土地」に登録されている重要な遺跡です。旧約聖書・列王記の中でシバの女王もソロモン王への贈り物としてここに2回訪れ最高級の乳香を積んでいったという話が残されています。遺跡には乳香の貯蔵庫跡などが保存され、当時港として使用された天然のラグーンが見下ろせます。丁度イタリアとオマーンの共同チームが発掘しているところでした。

DSCF8728
DSCF8735

【写真上:かつてシバの女王も訪れたホールリーリ遺跡と発掘隊】

さらに北部のUAEアラブ首長国連邦の中に飛び地としてあるムサンダム半島へ。この半島で見られるフィヨルドの地形は2億年前の最後の氷河期に形成されたものです。中心であるハッサブの港から出航するダウ船クルーズも見どころのひとつです。

ハッサブはホルムズ海峡を挟んでイランのゲシュム島、ホルムズ島から65km、スピードボートで片道2時間と近距離にあります。イランの貿易港として有名なバンダレアッバースからも3時間です。物資の取引で1日の往来は通関なしでも認められています。イランからはヤギ、ハッサブ側からは服、タバコ、車部品などが取引されています。ホルムズ海峡にはウミウ、タカ以外に鳥は少ないのですが魚は多く、660種類を数えます。サメ、クジラ、マグロが獲れ、この旅行中にも2、3度イルカを見ることができました。そのうち一回は船と同じスピードでついてきてジャンプもすぐそばでしてくれました。ハッサブの海では大型漁船は許可されず、魚群探知機を使わない投網や仕掛け網、竿釣りなど伝統漁のみ行われています。

DSCF8868
DSCF8841



【写真上:ムサンダム半島のダウ船クルーズと船と並走するイルカ】



クルーズの最後には、たくさんの魚やサンゴとともにシュノーケルを楽しみました。

DSCF8849








ご紹介した南北の見どころだけでない、オマーンの魅力をぜひ体感してみてください!
西遊旅行で行く魅力満載のオマーンはこちらから!

otomo_saiyu at 18:30|Permalink

2013年05月09日

タジキスタン、その歴史とひとびと

今回は中央アジアの小国・タジキスタンを紹介します。タジキスタンは中央アジア南東部の内陸国で周りをウズベキスタン、キルギス、アフガニスタン、中国に囲まれています。中央アジアで唯一、91年の独立後に内戦を経験しています。現在の国境はロシア革命後にスターリンによって確定されたもので、この時イラン系言語であるタジク語を話す定住民国家として歴史上初めて成立しました。ほかの中央アジア諸国がトゥルク系民族の国家なのに対して、このタジキスタンのみイラン系民族です。

PICT0495
PICT1732

【左:ドゥシャンベ郊外の農村で見かけた人々】
【右:ペンジケント郊外のひまわり畑】


タジク人が多く居住するブハラやサマルカンドは国境画定の際にウズベキスタン領となり、かつて文化的・歴史的に同じルーツを持つ重要な都市を失ったことに対して残念に思う国民が多いそうです。かつてブハラを都としたサーマーン朝もイラン系民族の国家で、中央アジアで初めてアラブのカリフから独立したイスラム国家です。イスマイル・サマーニーの王の時代にトゥルク系民族の侵入を抑えるなどして、勢力的にも、文化的にも最盛期を向かえました。世界遺産ブハラ旧市街に残るサーマーニーの霊廟は当時の建築水準の高さを知る上でよい例です。
現在の首都ドゥシャンベ独立広場に堂々と立つ彼の像は、タジク人の誇りをあらわしているようです。

PICT1790













【94年に建てられたタジキスタンの英雄、イスマイル・サーマーニーの像。右手には7つの代表的な渓谷をモチーフ】


ツアーでは北部のホジャンドからドゥシャンベへ向かう時、二つの峠を越え、急峻なパミールの山々を仰ぎ見ながら深い渓谷を抜けていきます。かつてペンジケントに住んでいたソグド人が王ドゥワシティチとともにアラブの軍隊に追われこのパミールの懐に落ち延びたように、タジク人も現在の山岳地帯に国土を与えられました。しかし、各地で出会う人々と話すと、明るい笑顔の中にここを安住の地として生活しているように感じられました。荒々しい山並みと、そこに暮らす素朴な人々を訪れてみませんか。

PICT0463
PICT0470




【左:ファン渓谷】
【右:アンゾーブ峠での景色】



PICT0432
PICT0429

PICT0389








【途中出会うタジク人たち】


パミールの山々を越えてウズベキスタン南部のテルメズへ、仏教伝来のルーツを訪ねるコースはこちら。
タジキスタンとテルメズの遺産 9日間

さらにパミール山地の最奥へ、タジキスタンを完全周遊してキルギスへ抜けるコースはこちらです。
パミール・ハイウェイとワハーン渓谷 16日間

otomo_saiyu at 14:31|Permalink

2013年03月15日

「緑の街」シャフリサブスで結婚式に遭遇しました!

今年も好評いただいてます、西遊旅行のウズベキスタンツアーは、これからシーズンを迎えます。

ウズベキスタンはホラズム王国の都ヒヴァや「青の都」サマルカンド、隊商都市ブハラなど、中央アジア5カ国の中でも屈指の見所満載の国です。今回はサマルカンドからブハラまでの移動の途中に見学いたします、シャフリサブスの街をご紹介します。

サマルカンドがその壮麗な建築物の色から「青の都」と呼ばれているなら、シャフリサブスは名前が「緑の街」という意味です。この地域もほかのウズベキスタンの地域同様乾燥していて、土漠に囲まれていますが街に近づくとポプラ並木や牧童が羊やヤギなどをつれている緑のまばらな牧草地も広がります。ティムールが活躍した700年ほど前はもっと緑が広がっていたのでしょうか。

ツアーではサマルカンドを朝出発して、5時間ほどでティムールの故郷であるこのシャフリサブスへ入ります。ティムールはシャフリサブス近郊の小さな村で生まれました。アクサライ宮殿はティムールの夏の宮殿で、彼が残した最も壮大な建築物ですが、現在は宮殿入り口のアーチのみが残ります。ホラズムの職人たちを移住させて1380年にはじめ1404年になって完成したという巨大な建築であった。現在はその門にだけその壮大さがみてとれる。中央部のアーチ部分は破壊で落ちてしまい左右にその巨大なフレーム分かれた形でありますが、高さは現在38m。それでも十分すぎるほど大きいのですが、中央のアーチ部分があった当初は65mとも言われています。残された門には青のアラビア語のカリグラフィーと幾何学文様がきれいにみてとれました。


IMG_6152画像 081


宮殿の中心だった所には現在ティムールの立像があり、ちょうど訪れたとき、隣の結婚式場から出てきた数組のカップルがこの立像の前で記念写真を取っていました。炎天下の中、大音量を響かせながらお祝いしてくれる親戚に囲まれながら、恥ずかしそうに歩いていく花嫁の姿が印象的でした。

CIMG8417IMG_1026

CIMG8421












西遊旅行で行く「文明の十字路ウズベキスタン」はこちら!

ひとりで自由気ままに、シルクロードへ。個人旅行で行くウズベキスタンはこちら!


otomo_saiyu at 19:29|Permalink