イマーム広場

2013年02月21日

古都イスファハン

こんにちは。大阪支社の中田です。

年末年始にかけて訪れたイランのなかで、最も印象的な都市の一つ、イスファハンをご紹介させていただきます。

「イランの真珠」と例えられるイスファハンは、サファヴィー朝時代に首都として定められ、
発展してきました。
シルクロードでも重要な位置を占め、経済・文化の中心として繁栄してきました。

中でもイマーム広場は、イランと聞いてイメージする景色ではないでしょうか。
ここは、その広さと美しさから「世界の半分」と称えられたほどでした。


IMG_2156


実際に訪れても、まずはその広さに驚きます。
大きな噴水を囲むように、宮殿、モスク、スークが立ち並んでいます。

アリカプ宮殿では、内部の階段を登り、テラスから広場が一望できます。


IMG_2147


また、宮殿内部の最上階は、かつて音楽鑑賞室として使われており、
ミニアチュールで飾られている天井は、音の吸収を効果的にする為に計算して
造られました。


IMG_2152


完成まで17年かかった、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、
ドーム全てのモザイク画の美しさが印象的です。

IMG_2161


光の差し込み加減で、天井には孔雀が羽ばたいている様子が伺えます。

IMG_2178

IMG_2175



スークはお土産物から、生活雑貨まで、幅広い品ぞろえの店が立ち並び、現地の人も多く
訪れています。


IMG_2141IMG_2227








「ペルシャ歴史紀行」では、広場の見学をお楽しみいただき、夜景も鑑賞いたしました。

IMG_2248IMG_2236







アザーンの鳴り響く中、夜空に浮かぶ青いタイルは、お昼に見る景色とは異なる幻想的なものでした。


総合ツアーパンフレット133号では、4月以降のコースも発表させていただきました。
既に4月コースも催行が決まり、5月出発も催行間近となっています。
4,5月は春のベストシーズンとなるイラン。是非、ご検討ください。

西遊旅行でゆくイランのツアーはこちら
●ペルシャ歴史紀行 11日間

nakata_saiyu at 09:00|Permalink