ウンムカイス

2013年08月23日

ヨルダン アラビアのロレンスの砂漠 ワディ・ラムWadi Rum

ワディ・ラム (4)

ヨルダンの南の砂漠、ワディ・ラム。

ワディ・ラムが有名になったのは「アラビアのロレンス」として知られるT.E.Lawrenceが1917年、オスマントルコの支配からアラブ同盟の独立を目指してファイサル国王とともに行った「アラブの反乱」の舞台の一つとなったことでした。ラクダと馬に乗った騎馬隊がワディ・ラムの砂漠を走り出撃しアカバを攻略、そして北上しダマスカスを目指しました。

一見荒涼とした大地に見えるワディ・ラムの砂漠は現在もベドウィンの人々により使用される薬草が育ち、雨の後には200種を越える草や花が芽吹きます。砂岩の岩山には鳥や爬虫類、ハイラックスなどの小動物が暮らしています。井戸や泉が点在し、先史時代より人が住み、ギリシャ・ローマ時代には葡萄やオリーブ、松の木があったという記録も残されている砂漠。砂岩の岩肌にはアラビア半島南部からやってきた部族やナバタイ人の文字が刻まれてきました。

ツーリストが訪れるワディ・ラムの砂漠は、砂岩の岩山の大地を四輪駆動車で走り、砂岩のアーチ、岩刻画などを巡るちょっとしたアドベンチャー。

ワディ・ラム (9)
砂岩のアーチのひとつ

ワディ・ラム (3)
アラビア半島から北上しこの砂漠を行きかった人々による岩刻画が残されています。

ワディ・ラム (5)
雨と風による浸食を受けた砂岩の岩山

ワディ・ラム (2)
規模は小さいですが砂丘も。砂の上にはラクダの足跡発見。

ワディ・ラム (6)
ツーリストを載せて歩くラクダたちとベドウィンのおじさん。シーズンになるとラクダも足りないほど賑わうことも。私が訪問した7月はオフ・シーズン、ラクダものんびりしたものでした。

ワディ・ラム (7)
岩山の麓にはベドウィンのテントが建てられツーリストを待っていました。

ワディ・ラム (8)
暑い砂漠で暑いミントティーをいただき!(西遊インディアで勤務中の川口佳代さん)

ワディ・ラム
ワディ・ラムを巡るには四輪駆動車のジープ・ツアーに参加するのが一般的です。2時間位のものから一日子コースまで様々。ほとんどの四輪駆動車がピックアップの荷台に座席をつけたタイプのアドベンチャーなものです。

日よけになる帽子、ほこりよけのスカーフやマスク、日焼け止め、サングラスもご用意ください。

ワディ・ラム (1)
ワディ・ラム 浸食された砂岩の岩山が連なる砂漠。この南は紅海、そしてサウジ・アラビア。

文・写真 Mariko SAWADA 澤田真理子

西遊旅行のヨルダンの旅 添乗員同行ツアー
「王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン」
西遊旅行のヨルダンみどころMAP 

sawada_saiyu at 10:40|Permalink