サマルカンド

2017年06月13日

【ウズベキスタン】青の都・サマルカンド

東京本社の荻原です。

先日「文明の十字路 ウズベキスタン」のツアーに同行させていただきました。
本日はツアーで訪れるサマルカンドの町をご紹介いたします。

サマルカンドは中央アジアで最も古くから繁栄した都市で、「青の都」とも呼ばれています。
かつて13世紀にはチンギス・ハン率いるモンゴル軍により徹底的に破壊されましたが、
その後14~15世紀にはティムール朝の首都となった際に多くの青い建造物が建てられました。

DSC_0084_ogihara
▲英雄ティムールとその息子たちが眠る「グル・エミル廟」

DSC_0276_ogihara
▲ティムールが愛妃のために建造した「ビビ・ハニムモスク」

DSC_0456_ogihara
▲かつてサマルカンドの都が築かれ、その後モンゴル軍に破壊された「アフラシアブの丘」

何本ものシルクロードが交わり、様々な文明の交差路となっていたサマルカンド。
その中心地となっていたレギスタン広場には3つのメドレッセ(神学校)が配置されています。

DSC_0092_ogihara
▲3つの神学校があるレギスタン広場

メドレッセの1つ「シェルドル・メドレッセ」の入り口に動物と人間が描かれた面白い絵柄があります。これは偶像崇拝が禁止されているイスラム教で、建築家が自分の権力を誇示しようとしたためだといわれています。しかし信者たちから強い批判があり、建築家は責任をとって自殺したという伝説が残されています。

DSC_0099_ogihara
▲200スム札にも描かれているシェルドル・メドレッセ入口アーチの絵

ツアーでは、ティムールの孫で天文学者であるウルグベクが建造した「ウルグベク天文台」にも訪れます。ウルグベクは聡明な学者肌の人物で、詩や音楽の鑑賞も好んだといわれています。

DSC_0405_ogihara
▲ウルグベク天文台

ウルグベクは恒星時1年間を365日6時間10分8秒と計算しましたが、これは現在の精密機器で計算した時間とわずか1分の誤差で、当時の技術でどう割り出したのか詳細には判明していません。

DSC_0406_ogihara
▲ウルグベク像

ティムールやその孫・ウルグベクの人物像や、彼らの建てたブルーの建造物が織り成す世界に魅了されながら、文化・文明・歴史の交差路であったことを肌で実感できるサマルカンド。

ツアーではサマルカンドに2連泊し、じっくりと建造物や町をじっくり見学いたします。
ぜひ青い世界に足を踏み入れてみませんか。
次回は中世隊商都市・ブハラをご紹介いたします。

世界遺産のヒヴァ、ブハラ、シャフリサブス、サマルカンド四都周遊
文明の十字路ウズベキスタン


ogihara_saiyu at 14:02|Permalink

2014年01月20日

【記事紹介】今、こんな旅がしてみたい!2014 トルクメニスタン

今、こんな旅がしてみたい2014 (1)

西遊旅行中央アジア担当の記事が載った雑誌のご紹介です。

「地球の歩き方」編集部が選んだ、「今、こんな旅がしてみたい!2014年に行くべき旅先」の秘境紹介ページでトルクメニスタン(地獄の門)と、ウズベキスタンのサマルカンドを紹介しました。

今、こんな旅がしてみたい2014 (2)

西遊旅行の中央アジアチームの2014年のお勧めは昨年から好評のトルクメニスタン「地獄の門」訪問を含む自然を満喫するコース、そして根強い人気のウズベキスタン周遊コース、2014年からリニューアル再開するカザフスタンのマンギスタウとウスチュルト台地、そして西遊旅ならではの山岳中央アジア、タジキスタン・ワハーン渓谷とパミール・ハイウェイのコースでしょうか。2014年の4~10月のコースは1月下旬に発表いたします。

今、こんな旅がしてみたい2014 (5)

各地の書店で発売中です!

西遊旅行 中東・中央アジアチーム


西遊旅行のマンギスタウへの旅
地獄の門と奇跡の大地 9日間
地獄の門と奇跡の大地 10日間


sawada_saiyu at 22:34|Permalink

2013年03月15日

「緑の街」シャフリサブスで結婚式に遭遇しました!

今年も好評いただいてます、西遊旅行のウズベキスタンツアーは、これからシーズンを迎えます。

ウズベキスタンはホラズム王国の都ヒヴァや「青の都」サマルカンド、隊商都市ブハラなど、中央アジア5カ国の中でも屈指の見所満載の国です。今回はサマルカンドからブハラまでの移動の途中に見学いたします、シャフリサブスの街をご紹介します。

サマルカンドがその壮麗な建築物の色から「青の都」と呼ばれているなら、シャフリサブスは名前が「緑の街」という意味です。この地域もほかのウズベキスタンの地域同様乾燥していて、土漠に囲まれていますが街に近づくとポプラ並木や牧童が羊やヤギなどをつれている緑のまばらな牧草地も広がります。ティムールが活躍した700年ほど前はもっと緑が広がっていたのでしょうか。

ツアーではサマルカンドを朝出発して、5時間ほどでティムールの故郷であるこのシャフリサブスへ入ります。ティムールはシャフリサブス近郊の小さな村で生まれました。アクサライ宮殿はティムールの夏の宮殿で、彼が残した最も壮大な建築物ですが、現在は宮殿入り口のアーチのみが残ります。ホラズムの職人たちを移住させて1380年にはじめ1404年になって完成したという巨大な建築であった。現在はその門にだけその壮大さがみてとれる。中央部のアーチ部分は破壊で落ちてしまい左右にその巨大なフレーム分かれた形でありますが、高さは現在38m。それでも十分すぎるほど大きいのですが、中央のアーチ部分があった当初は65mとも言われています。残された門には青のアラビア語のカリグラフィーと幾何学文様がきれいにみてとれました。


IMG_6152画像 081


宮殿の中心だった所には現在ティムールの立像があり、ちょうど訪れたとき、隣の結婚式場から出てきた数組のカップルがこの立像の前で記念写真を取っていました。炎天下の中、大音量を響かせながらお祝いしてくれる親戚に囲まれながら、恥ずかしそうに歩いていく花嫁の姿が印象的でした。

CIMG8417IMG_1026

CIMG8421












西遊旅行で行く「文明の十字路ウズベキスタン」はこちら!

ひとりで自由気ままに、シルクロードへ。個人旅行で行くウズベキスタンはこちら!


otomo_saiyu at 19:29|Permalink