シク

2013年11月27日

ペトラ シク「砂岩の回廊」を歩く

ペトラ シク (1)
朝陽を浴びるエル・ハズネ

ペトラ遺跡の内部へと導く砂岩の狭い岩の裂け目の通路をシクSiqといいます。砂岩の岩山が長い年月の間に雨で浸食され、また近く変動を受け作り出されたできた天然の回廊です。古代ナバタイの人々はこのシクに壁面に神殿や祠、水路を設けました。古代ナバタイの人々にとってシクは聖域へと通じる、神聖な道であったと考えられてます。

遺跡のゲートから歩くこと800m、およそ1.2キロに及ぶシクは、ペトラで最もドラマチックな光景、映画「インディ・ジョーンズ・最期の聖戦」の舞台ともなったエル・ハズネへと至ります。シクを歩くこと自体がペトラ遺跡訪問のハイライトです。

シクの入り口からエル・ハズネまでのみどころをご紹介します。

ペトラ シク (2)
シクの入口へ向かう道  右手の方形建物はジン・ブロックDjin Block。アラビア語でジンは「霊」を指し、何のために建てられたのか不明のままですが、初期の塔墓やペトラの入り口を守護する信仰の対象であったなど、想像されています。

ペトラ シク (3)
オベリスクの墓 Obelisk Tomb  上部に4つのオベリスクと風化した人物像が掘り出された墳墓。オベリスクはナバタイ人の葬儀のシンボルであり、1つが1つの魂を象徴すると考えられ、5人の人の墓であると考えられます。また、下の建物はさらに古い時代に建てられたTricliniumトリクリニウムと呼ばれるホールで、死者を追悼して行われた儀式や宴が行われた場所です。このようなホールはペトラで数カ所確認されており、「リトル・ペトラ(ワディ・アル・バリッド)」のホールにはフレスコ画が残されています。

ペトラ シク (4)
ペトラの墳墓は基本的に上から掘り削って作られています。これは彫り始めて建設が中断された墳墓の跡。デザインはアッシリアのクロウ・ステップ。

ペトラ シク (5)
1963年、ワディ・ムーサの洪水がシクに流れ込むのを防ぐため、AD50頃のナバタイのダムの上にダムがつくられました。

ペトラ シク (6)
いよいよシクの入り口です。頭上に張り出した岩山は、60~100mの高さ。入り口にはナバタイの記念アーチがありましたが19世紀末に崩壊して一部を残すだけとなりました。

ペトラ シク (7)
シクを行きかう馬車。ベドウィンの子供、若者、そして大人がペトラで働いています。彼らは1980年代までこのペトラに暮らしていましたが退去させられ郊外の新しい村に住んでいます。今はペトラ内でのツーリストのための仕事に従事し、馬車、ロバのあっせん、おみやげ物の販売をしています。

ペトラ シク (8)
ナバタイの神ドシャラ神を祀った祠。上部の穴は生贄をつるしたと考えられています。

ペトラ シク (9)
こんなところに子猫!

ペトラ シク (10)
ペトラには野良犬、野良猫がたくさん。子猫のために母猫がシクに食料を探しに来ていました。観光客にもおねだり。

ペトラ シク (11)
ローマ時代の石畳の下にはナバタイ時代の石畳が。道に沿って水路が築かれています。

ペトラ シク (12)
古代ナバタイの人々が作った2000年前のテラコッタの水道管が一部残されているところもあります。

ペトラ シク (13)
水路の水を濾すためのフィルターとなる沈澱池。シクを通るキャラバンの水飲み場にもなっていたと考えられています。

ペトラ シク (14)
シクの通路はほぼ天然の岩ですが、場所によってはキャラバンの通行の妨げにならないように削って幅をひろくした跡があります。

ペトラ シク (15)
文字通り、薔薇色の回廊。

ペトラ シク (16)
ナバタイの神、ドシャラの祭壇。右手の洞穴は司祭暮らしたと言われています。

ペトラ シク (17)
サビノス・アレキサンドロス・ステーション Sabinos Alexendros Sration  アドラ(現シリアのダラ)から来たサビノスという司祭が作ったドシャラ神を祀る祠。

ペトラ シク (18)
ラクダを連れたキャラバンのレリーフ。残念ながら浸食風化により足元しか残っていません。アラビア半島南部からきた遊牧民であるナバタイの人々。エジプト、アッシリア、ギリシャ、ローマと交易をし、その文化を吸収してこのペトラに「聖なる都」を築きました。

ペトラ シク (19)
シクの前方がが明るくなりエル・ハズネが見えてきます。エル・ハズネ、「失われた都」ペトラで最も美しい建築物が目の前に現れます。

ペトラ シク (20)
午後の光を浴びたエル・ハズネ。

文・写真 Mariko SAWADA  澤田真理子

西遊旅行のおすすめサイト
西遊旅行のヨルダンツアー特集 ヨルダン再発見
みどころガイド ヨルダン
西遊旅行の添乗員同行ツアー 「王の道が貫く砂漠の国 ヨルダン」 
個人旅行で行くヨルダン 5日間、6日間、7日間、8日間










sawada_saiyu at 19:23|Permalink